たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店

府中の人気のパン屋さんとして親しまれ続けている『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante)』、日々、温度と湿度にこだわり、常に最適な環境を保つことで風味豊かなパンを焼き上げているパン屋さんですが、その『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante)』の店舗が日野市多摩平のお店を構えているので、ジョギングがてらに足を運んでみることにしました。

最寄り駅でもあるJR中央線、豊田駅から歩くと約15分程でしょうか。日野バイパス通り沿いにお店を構えている『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』、下記画像の店舗外観を見て頂くと分かると思いますが、外観からはとってもパン屋さんだとは想像もできないほどお洒落な造りとなっています(近隣の方はパン屋さんだとご存知の方も多いでしょうが、車などで前を通り過ぎただけではパン屋さんだと認識できない方もいらっしゃるのではないでしょうか)、そして、そんなお洒落な造りの店内の1階には広々としたスペースの中に工房と焼きたてのパンがズラリと置かれて、2階には購入したパンをイートインできるスペースが20席設けられています。また朝の7時30分からと早い時間にお店が開くにも関わらず、焼きたてのパンを求めて、次から次へとお客さんが入ってくるほどで、今や人気のパン屋さんとして親しまれているお店です。

008_201502280939421f3.jpg

昨年の9月20日にオープンされた『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』、お洒落な外観もそうですが、店内の吹き抜けには大きなシャンデリアが設けられるなど、とっても開放感のある造りとなっています(まるで大きなお宅に訪問したかのような気分になってしまいます)、また広い敷地内には駐車場も完備され、100種類ほどあるパンのメニューと同様に、そのスケールの大きさに、圧倒されてしまうほどです。

看板商品でもある『BTVブレッド』をはじめとするバターを使用した食パン生地、牛乳を使用された甘みのある、ふわふわとした生地が特徴のミルク生地、サクッとした食べやすい食感が魅力のドーナツ生地、クラフトの歯応えのある香ばしさとクラムのモチモチとした美味しさが楽しめるフランス生地、パイを食べているかのようなサクサクとしたデニッシュ生地、歯切れの良い食感とバターの風味が織り成すクロワッサン生地、もちっとした食感と味わいが堪能できるフォカッチャ生地、レーズンがたっぷりと練り込まれたレーズンパン、豊富な食物繊維と程良い酸味が満喫できるセーグル生地、バターの風味を心地よく楽しめるロール生地、全粒粉入りで生地の風味をしっかりと感じられるコンプレ生地などなど・・・ここ『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』に来れば、様々な生地で焼かれたパンが楽しめるようになっています。定番の食パンからデニッシュ系、サンドイッチ、バーガー類、またロールケーキやプリンなどのスイーツ系など、魅力に満ちた幅広い商品がズラリと置かれているパン屋さんなので、いつ訪れても、いろんなパンが楽しむことができるようになっています(焼き上がりの時間帯によって種類も変わってくるそうです)、そんな『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』で今回もいくつか購入してきたのでご紹介したいと思います。



はちみつとナッツのデニッシュ(221円)

023_20150228094002d35.jpg

バターの風味が豊かなデニッシュ生地の上に様々なナッツがこれでもかというほどトッピングされ、ほんのりと優しい甘さを醸し出してくれている、はちみつとアイシングの存在が美味しさをより高めてくれている1品となっています。サクサク、しっとりとしたデニッシュ生地に香ばしくローストされたマカダミア、アーモンド、ヘーゼルナッツなどが盛りだくさんとなっているので、ナッツの香ばしさとはちみつの優しい甘さが口の中に広がってきます。まるでケーキのような感覚で楽しめる『はちみつとナッツのデニッシュ』、食後のデザートや午後のおやつとして最適な1品ではないでしょうか。


チーズカナッペ(178円)

024_2015022809402168d.jpg

薄く伸ばされたデニッシュ生地にマヨネーズ、サイコロチーズ、ピザチーズをのせて焼き上げられた『チーズカナッペ』、カナッペと言えば、ひと口大に切ったフランスパンやクラッカーなどに野菜、チーズなどをのせたフィンガーフードとして知られていますが、この大きな『チーズカナッペ』は、チーズをたっぷりとのせられて焼き上げられているので、ビールやワインのおつまみとしても楽しめるパンとなっています。パリパリとした食感にチーズの香ばしいコクと旨味が味わえる、この『チーズカナッペ』はチーズ好きな方にはたまらない1品ではないでしょうか。


BTVブレッド(1斤・292円)

026_201502280940408ee.jpg

『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』の看板商品でもある食パン『BTVブレッド』、指で押しても、押し返してくるほどの弾力感がある、この食パンをひと口味わってみると、小麦とバターの豊かな香りがふわっと口の中に広がってきます。もっちり、ふわふわとした心地よい柔らかさ、そして、パン耳も極限まで薄く焼かれているので、パン耳まで美味しく楽しめる食パンとなっています。まずは、そのまま、パンの美味しさを味わい、そしてトーストせずにバターやジャムをつけて楽しんでみて下さい。きっと、このパンの美味しさを実感できると思います。また、この柔らかさならばサンドイッチにしてもオススメですし、軽くトーストすることによって表面のカリッとさ、中のモチッとさもより感じられると思います。


ショコララウンド(486円)

028_20150228094100d07.jpg

甘~い香りの漂う『ショコララウンド』、実際に手にしてみると、その重量感に驚くのと同時に切り分けてみると、そのショコラと小麦の生地が織り成すハーモニーに再度、驚かされるラウンドパンとなっています。この『ショコララウンド』、とってもオススメです。今まで様々なラウンドパンを味わってきましたが、この具材がまんべんなく練り込まれ、その食感、風味とも、ここまで満足感を得られるラウンドパンはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。モチッ、フワッとした生地、そして芳醇なショコラの旨味を楽しめる『ショコララウンド』、そのままでも十分に美味しいですが、カットしたショコララウンドをお皿にのせて電子レンジで軽く温め、バニラアイスをのせて、ちょっと贅沢なデザートとして楽しんでみてください。とっても美味しく楽しめますのでオススメです。

食べ続けてこそ良さのわかるパンが置かれている『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』、ひと口目のファーストインパクトよりも、最後のひと口を終えたときに感じる心地よさにこそ魅力があると思います。バケットやクロワッサン、食パンなどの基本的なパン以外にも、素材や組み合わせが吟味された個性的な品揃えが魅力で、思わず、パン選びに迷ってしまう、パン屋さん『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』、2階ではイートインも楽しめますので、是非、豪華な外観の中にある焼きたてのパンを満喫されてみては如何でしょうか。


ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店
住所:東京都日野市多摩平6-17-11
電話番号 042-589-6767
営業時間 7:30~19:00
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は営業、翌火曜日が休みとなります)
駐車場 あり(5台・敷地内)
最寄り駅 JR中央線、豊田駅北口から徒歩15分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/28(土) 19:39:53|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーゲンダッツミニカップ『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃』

ハーゲンダッツが平成27年2月24日に新しく発売したハーゲンダッツミニカップ『華もち』、ハーゲンダッツの濃厚で滑らかなアイスクリームと餅が織り成す新しいコラボアイスクリームとして『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃』の2種類を発売したのですが、発売されてから、まだ数日しか経っていないのにも関わらず、予測を大きく上回る売れ行きとなり、今後、継続して提供することが困難な状況になることから生産体制を整備されるまで、販売を一時休止することになりました。増産体制をとったにも関わらず、人気が止まらないハーゲンダッツミニカップ『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃』、その2種類を偶然にも発売日に購入したのでご紹介したいと思います。

002_20150227214610699.jpg

ハーゲンダッツミニカップ『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃』の『華もち』はハーゲンダッツの濃厚で滑らかなアイスクリームと餅が織り成す新しいシリーズのアイスクリームです。『きなこ黒みつ』はミルクとの相性を追求した風味豊かなきな粉アイスクリームとなっていて、アイスクリームに黒蜜ソースを混ぜ合わせ、その上に柔らかいもちと香ばしいきな粉をトッピングされた味わい深い美味しさを楽しめるようになっています。『みたらし胡桃』はクルミを混ぜ合わせた濃厚な味わいのミルクアイスクリームに柔らかいもちをのせ、深みのある味わいと香ばしいみたらしソースがたっぷりとかけられているアイスクリームとなっています。


『きなこ黒みつ(284円)』

003_20150227215406c97.jpg

きな粉がたっぷりと入っている『きなこ黒みつ』、きな粉、そして柔らかいもち、黒蜜ソース、アイスクリームと全てがマッチした和感覚で楽しめるアイスクリームとなっています。この組み合わせは間違いなしという味わいが楽しめますし、ハーゲンダッツならではの濃厚なアイスクリームと香ばしいきな粉の風味、黒蜜の旨味、もちの食感が織り成すハーモニーをこころよくまで味わえるアイスクリームとなっています。


『みたらし胡桃(284円)』

004_20150227220136a3c.jpg

この『みたらし胡桃』も上記の『きなこ黒みつ』と同様に、表面にたっぷりのみたらしソースがのせられています。その下に柔らかいもちが敷き詰められ、濃厚なミルクアイスクリームの中にクルミが混ぜ合わせられたアイスクリームが土台を支えている構造となっています。深みのある味わいと香ばしいみらたしソースの美味しさも格別ですが、コクのあるミルクアイスクリームに香ばしいクルミの風味を口の中で心地よく楽しめるアイスクリームとなっています。

生産体制が整えられるまで販売を一時見合わせることになったハーゲンダッツミニカップ『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃』の2種類の『華もち』シリーズ・・・生産も止まり、売り切れ店が続出していますが、まだ販売されているコンビニやスーパーなどでも見掛けることができましたので、もし、店頭で目にしましたら、是非とも購入して味わってみて下さい(在庫があって販売されているお店でも1~2日で完売してしまうと思いますので早目にゲットしてみて下さい。また今回、食べられなかった方も販売が再開されてから、是非とも味わってみて下さい!!)






テーマ:アイスクリーム - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/27(金) 22:27:11|
  2. スイーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)

小さくても実力を持ち合わせているパン屋さんは全国にたくさんあると思いますが、今回は、そんな街中にありながらも本格派のパンを日々、焼き続けている1軒のパン屋さんをご紹介したいと思います。お店が開店する午前7時半ともなると、次から次へと、お客さんが入っていく『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』、実力のある職人気質を持った店主さんが作られるパンは、ハード系からフード系、そしてデニッシュ系など様々ですが、それぞれに素晴らしい個性を持ったクオリティーの高いパンが楽しむことができるようになっています。

047_201502262232427af.jpg

最寄り駅でもあるJR立川駅北口から徒歩10分程でしょうか。よく見ていないとパン屋さんだと気付かずに通り過ぎてしまいそうになる小さなパン屋さん『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』、しかし店内に1歩、足を踏み入れてみると、ショーケースの中にズラリと並べられたパンたちにしばし見惚れてしまうほどです。彩りが豊かなデニッシュはまるでケーキのようですし(さすがパティシエ経験のある店主さんが作られているパンだと感じるはずです)、ハンバーグなどがサンドされたバーガー系も魅力ですし、いやいや正統派の食パンやフランスパンもいいではないかと・・・思わず頭の中でどれにしようか駆け巡ってしまう、そんな魅力のあるパンが楽しめるようになっています。今回は、そんな『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』のパンをいくつか購入してきたので、ご紹介したいと思います。


おさつ(220円)

053_20150226214529c35.jpg

黒ゴマがたっぷりと生地に練り込まれ、そのフランスパン生地の中に黒ゴマと同様にさつまいもがたっぷりと入って焼かれているパンとなっています。この『おさつ』は、そのネーミングの通り、優しい甘さのさつまいもと黒ゴマの風味を思う存分、満喫できる1品で、味わうほどにその美味しさを実感できるオススメのパンとなっています。そのままでも十分に美味しいですが、個人的にオススメの食べ方は、ワンカットずつ切り分けた後にバターをのせて、軽くトーストしてみて下さい。まるで、焼き芋パン、スイートポテトパンを味わっているかのような風味を楽しむことができます(バターをのせて軽くトーストした後に生クリームやバニラアイスクリームを添えて味わうのもオススメです)


フランスフルト(ハーブ・210円)

050_20150226213753a3a.jpg

噛み応えのあるフランス生地とともに、ハーブが入ったソーセージが楽しめるフランスフルト、フランスパンは低温で長時間熟成させ、ポークソーセージを包みこんで焼き上げられたソーセージフランスパンです。パッと見た感じは、パンの中にソーセージが入っているだけのシンプルなパンと言う印象ですが、噛み応えのある生地とソーセージの旨味がマッチして、味わい深く楽しめる1品となっています。そのまま食事系パンとして味わうのはもちろんですが、お酒を交えてた、ちょっとしたパーティーに、一口サイズに切ってメニューとして出すと喜ばれるのではないでしょうか。また、味が濃い目なので、一口サイズに切ってワインやビールのおつまみとして楽しむのもいいかも知れません。


三穀(100円)

048_20150226213831755.jpg

長野県産の小麦と自家製酵母で作られた生地の中に、はと麦、発芽玄米、ライ麦を練り込んで焼かれている、口当たりの優しい三穀パンです。肌の新陳代謝を高める働きがある『はと麦』には美肌、美白効果、むくみに効果があり、コレステロール値を下げる効能や高血圧の改善、血糖値を下げる効果がある『発芽玄米』、食物繊維などの豊富な栄養成分が含まれている『ライ麦』がたっぷりと練り込まれている、この三穀パンは素朴な味わいながらも噛むほどのその穀物の風味が楽しめるようになっています。どこか懐かしい、でもしっかりとした穀物の豊かさを楽しむことができます。


雷山豚生ハムとレッドチェダーのカスクート(340円)

051_201502262206210b1.jpg

福岡県糸島産の雷山豚生ハムとレッドチェダーチーズをサンドされたカスクートです。噛み応えのある生地にバターが塗られ、そこに噛むほどに肉自体の旨味を楽しむことができる塩気のある雷山豚生ハムがまんべんなくサンドされています。その生ハムの味わいをさらに深みのあるものとしているのが、レッドチェダーチーズの存在です。軽い酸味とミルクのコク、そして全くクセがなく、意外とあっさりとしている、このチーズだからこそ、雷山豚生ハムの美味しさを引き立てているように感じます。また食感、風味のアクセントとしてアーモンドが入っているのがポイントとなっています。


リッチミルク(190円)

054_201502262203217b8.jpg

長野県産の小麦で作られた生地の中に、自家製のミルククリームがたっぷりと入っている『リッチミルク』、濃厚なのに軽い味わいとでも言うべきでしょうか。どこか、昭和の菓子パン的な優しい甘さが懐かしく感じます。軽い食感にすべく、クリームに空気を抱き込ませているのがポイントでしょうか。ミルクの風味が生きた味わいはマイルドな舌触り、そして、しっかりと小麦の風味が感じられる生地とバランスがよくマッチしているように感じます。ケーキ並みのミルククリームが味わえる『リッチミルク』、スイーツパンのようですし、『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』へと訪れたら、外すことができない逸品です。

しっかりとした本格派のパンを楽しめる『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』、種類の多く、繊細で魅力あるパンを1つ1つ丁寧に作りあげているのですが、その味わいとは違って、お値段がとってもリーズナブルなところに、正直、ビックリしてしまいました。同規模で同じようなパンを楽しめる他店と比較してしまうと、その満足感がとっても違ってくると思います。丁寧な対応、温かい接客、パンという商品を通して人との繋がりを大切にしているパン屋さんに感じる『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』、JR立川駅からもそれほど遠くありませんので、買物がてらに立ち寄ってみては如何でしょうか。きっと自身の気に入るパンと出合えると思います。


ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)(お店のfacebookです)
住所:東京都立川市高松町3-21-4 アストル1F
電話番号 042-525-2730
営業時間 7:30~19:00
定休日 水曜日、第2・4火曜日
駐車場 あり(店舗前)、近隣にもコインパーキングがあります
最寄り駅 JR立川駅北口から徒歩10分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/26(木) 23:07:04|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高倉町珈琲 みなみ野店

『八王子市高倉町の1号店(当ブログ紹介記事)』がオープンしてから早いもので4号店目となる店舗が八王子みなみ野にオープンした『高倉町珈琲』、一躍、人気の的となったリコッタパンケーキの勢いは凄いものがありますが、ゆっくりと落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと過ごせるスタイルが今のニーズにあっていたのかも知れません。『コメダ珈琲店』や『星乃珈琲店』、そして『高倉町珈琲』のように地名が付いた店舗など、今流行りの郊外型コーヒーチェーン店が相次いで出店していますが、共通して言えることは長時間滞在できる店舗設計とコスト面やスタッフの手間の点で敬遠されていたフルサービス、そしてポストファミレスを視野に入れたフードメニューの充実(人を呼べる魅力のある商品があるというところでしょうか)がされているところではないでしょうか。

郊外型店舗の代表的な存在でもある『コメダ珈琲店』はログハウス調のゆったりとした造りで、看板商品でもあるシロノワールを味わいながら、店内に置かれている新聞や雑誌が多数用意されていて、長い時間ゆったりと過ごすことができますし、ドトールコーヒーの郊外型店舗でもある『星乃珈琲店』は高品質なハンドドリップコーヒーと窯焼きスフレパンケーキが人気ですし、『スターバックス』もインスパイアド・バイ・スターバックスを出店させ、『サンマクルカフェ』や『銀座ルノアール』が展開している『ミヤマ珈琲』など、今や、どのコーヒーチェーン店も郊外店舗を重要視しているように感じます。

郊外型店舗によってローコスト運営を可能にし、より確実な採算が確保ができ、利用者のターゲットを絞ることで、回転率を第一に掲げるセルフ式コーヒーチェーン店とはひと味違う、ゆったりとした居心地の良い空間で時間を過ごしたいという客層にぴったりと当てはまったのが郊外型コーヒーチェーンの特徴なのかも知れません。そんな、ゆったりとした空間でゆっくりと過ごせ、看板商品でもあるリコッタパンケーキが楽しめる『高倉町珈琲 みなみ野店』が駅前に聳え建つ『アクロスモール八王子みなみ野(HP)』の1階に店舗をオープンされたので足を運んでみることにしました。


007_20150225200249048.jpg

『アクロスモール八王子みなみ野』の1階にオープンされた『高倉町珈琲 みなみ野店』、最寄りの駅からも少し遠く、利便性がそれほど良いとは言えない場所に店舗を構えていることが多い郊外コーヒーチェーン店の中にあって、最寄り駅でもある八王子みなみ野駅から歩いても3分程という好立地にお店をオープンされた『高倉町珈琲 みなみ野店』、禁煙席74席、喫煙席16席、テラス席12席(雨天時クローズ)、計102席と、ここまで客席を設けているお店は八王子みなみ野にはなかったので、ある意味、貴重なカフェの出店なのではないでしょうか。また、駅前という立地の良さもあるので、待ち合わせや買い物の途中にも気軽に立ち寄れることができますし、朝も7時からオープンしモーニングなどが楽しめ、夜も23時まで対応しているのは有難い存在なのではないでしょうか(メニューなどはお店のHPにて詳しく掲載されていますので、確認をしてみて下さい)

平成27年2月20日にオープンされたばかりの『高倉町珈琲 みなみ野店』、残念ながら『アクロスモール八王子みなみ野館内(HP)』では撮影が禁止になっていますので、館内にある店舗外観は撮影が出来ませんでしたが、店内で味わってきたリコッタパンケーキなどの商品は撮影許可を頂いてきたのでご紹介したいと思います。


フレッシュ苺と苺クリームのリコッタパンケーキ(単品・1200円、スイーツセット(14:00~17:00の間だと飲み物付きで1550円))

013_20150225204234cad.jpg

リコッタパンケーキが隠れるぐらい苺の果汁をたっぷりと使った苺クリームがドドンと盛られ、その上にフレッシュな苺を添えられている『フレッシュ苺と苺クリームのリコッタパンケーキ』、冬の季節だけ楽しめる期間限定のリコッタパンケーキです。

016_20150225204321643.jpg

スポンジ生地やスフレのような、ふわふわ感を出すために、きめ細やかなメレンゲをたっぷりと使い、コクを引き出すためにリコッタチーズを合わせて焼きあげられているリコッタパンケーキとともに苺感をたっぷりと満喫できる『フレッシュ苺と苺クリームのリコッタパンケーキ』、フレッシュな苺はふわっと口の中に広がる爽やかな香りと適度な甘みと酸味が楽しめ、苺の果汁をたっぷりと使われた苺クリームからも苺の風味を活かされた甘酸っぱさが楽しめるようになっています。生クリームと苺果汁を上手く組み合わせることで甘さと酸味、旨味がバランスよく味わえるリコッタパンケーキとなっています。


特製クリームのリコッタパンケーキ(単品・1000円、スイーツセット(14:00~17:00の間だと飲み物付きで1350円))

018_201502252103427c1.jpg

『高倉町珈琲』を一躍、人気店へと押し上げた逸品こそが、この『特製クリームのリコッタパンケーキ』です。なんといっても生地にたっぷりと練り込まれたメレンゲとリコッタチーズというものが、大人の洗練された風味を引き出しているように感じます。そこにクリーミーな特製クリームがたっぷりと加わることで、より魅力ある華やかさを感じられるリコッタパンケーキとなっています。

020_2015022521060061e.jpg

口に運んだ瞬間に優しい食感が楽しめる特製クリームのリコッタパンケーキはオリジナリティに溢れたパンケーキではないでしょうか。表面はしっとりなめらか、中はふんわりやわらかという繊細なリコッタパンケーキは、たっぷりとかけられている特製クリームを溢れるぐらい一緒に盛って味わいたい、そんなリコッタパンケーキとなっています(フォークとナイフではなくて、大きなスプーンで味わいたくなる、そんなリコッタパンケーキです)

コンビニコーヒーなどが流行る現在ですが、価格が少々高くても、ゆったりとくつろげる近頃の純喫茶風のカフェも人気となっているそうです。これも昭和の古き良き時代への回帰需要の1つなのかも知れませんが、スタッフとの会話を楽しむお客さんや友人とのおしゃべりに花を咲かせる主婦層、コーヒーを飲みながら新聞を広げるビジネスマンなどなど・・・そんな、様々な客層が気軽に訪れることができるのが郊外型コーヒーチェーン店の1番の魅力なのかも知れません。お洒落過ぎず、高級過ぎない、ほどほどの日常感はセルフ式のカフェではカバーし切れない層を受けいれていることが今のニーズに合っているのだと感じます。

012_20150225214624fa0.jpg

最近、日本に1号店を出店させた『ブルーボトルコーヒー』、オープンする際に、地元の住民にオリジナルの手ぬぐいや招待券を配り、オープン前のレセプションに招待するなど、地域とのつながりを大切にしているそうです。地域との交流を大事にしていくということは、以前の日本でも見られた『町の喫茶店』という、馴染みのあるスタイルの進化形なのかも知れません。より美味しいコーヒーを身近に楽しめるようになった、今の時代、どのお店も美味しい1杯を楽しむことができますし、それにプラスした魅力あるフードメニューやスイーツメニューを組わせることで、より魅力あるお店へとなっていくのではないでしょうか。その中にあって、ゆったりと、ゆっくりと過ごせ、ボリューム感のあるリコッタパンケーキを楽しめる『高倉町珈琲』はその魅力を持ち合わせているように思います。八王子みなみ野に新しく店舗をオープンさせた『高倉町珈琲』、駅からも近く、モーニング、夜も遅くまで開いているお店ですので、買物がてらにふらっと立ち寄ってみては如何でしょうか。


高倉町珈琲 みなみ野店(HP)
住所:東京都八王子市みなみ野1-2-1 アクロスモール八王子みなみ野1階
電話番号 042-683-4940
営業時間 7:00~23:00(LO22:30)
モーニングサービス 7:00~11:00
スイーツセット 14:00~17:00
お食事セット 11:00~14:00、17:00~23:00
定休日 年中無休
駐車場 あり(アクロスモール八王子みなみ野駐車場3・4階、3時間まで無料となっています)
最寄り駅 JR横浜線、八王子みなみ野駅から徒歩3分程です







テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/25(水) 22:21:42|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

馬天使

ゆっくりと歩く速さで暮らしていると見えてくるものがあるのではないでしょうか。日々の忙しさのなかで見過ごしてしまいそうな、小さなこと、でも大切なこと・・・流行や世間の人気に流されてしまっては気づくことができない、誰かの言葉に従っていてはわからない、その本当のよさを自分の目できちんと見て選び取りたい、大切なもの・・・そんな事をゆっくりと歩くことで、普段、何気なく通っている道にも、いつも違った素敵なものが見つかることがあるのではないでしょうか。ふと視点や気持ちを切り替えることで、いままでの日々になかった新鮮なものを教えてくれる、そんな時間の過ごし方やものと人の出合いを優しく向き合うことができる1軒の喫茶店をご紹介したいと思います。

人通りの多い駅前から奥まった場所にひっそりとお店を構えている『馬天使』、この地でお店を構えて40年という長い時間が物語っているように・・・八王子の移り変わっていく風景を優しく見守ってきた老舗の喫茶店です。

001_20150223204657e12.jpg

カウンター席が5席、4人掛けテーブル席が2卓、計13席の小さな喫茶店ですが、長い年月を刻んだものが醸し出す深い味わいが店内に詰め込まれています。いつの時代も変わらずに、訪れた人たちに安らぎを与え続けている『馬天使』、店内に1歩、足を踏み入れてみると、その世界感に浸りたくなる時間が待ち受けてくれています。

どこか山小屋のような雰囲気を醸し出している『馬天使』、まったりと過ごすにはぴったりの喫茶店です。たくさんの本が置かれ、心地よいBGMが流れる空間、そしてマスターの穏やかな人柄もお店の空気を形成する要素のひとつで、なんとも心地よい時間を過ごせるようになっています。

深い透明な茶褐色のコーヒーからたちのぼる白い湯気、まるで柔らかい絹のようにしなやかでふわっとした香りが店内を包み込み、一瞬で心を落ち着かせる空間を作り上げてくれているように感じます。足早に歩き進める街の時間とは違い、ここの時間だけは、ゆったりとした時が刻むような時間が流れています。開店の時刻とともに、次から次へと扉を開けて入ってくるお客さんたちは、それぞれに慣れた席に座って、別々に向かいについた人と旧知の友のように語らい、カウンターに座った人たちはコーヒーの湯気のようにさりげないマスターの会話で、ひとつの緩やかな流れに導かれていくようです。そんな空間の中で楽しむことができる『馬天使』のメニューをご紹介したいと思います。


ごはんメニュー・・・
カレーライス(800円、コーヒー付は1100円)、やきめし(チャーハン・800円、コーヒー付は1100円)、キムチやきめし(800円、コーヒー付は1100円)、雑炊(800円、コーヒー付は1100円)、キムチチゲ(ご飯付き・800円、コーヒー付は1100円)となっています。
*ランチタイム(12:00~13:00)時は、カレーライス(800円、コーヒー付は1100円)のみとなっています。

スパゲッティメニュー・・・
しょうゆ(800円、コーヒー付は1100円)、ケチャップ(800円、コーヒー付は1100円)、ミートソース(800円、コーヒー付は1100円)、カレー(800円、コーヒー付は1100円)、キムチ(800円、コーヒー付は1100円)、トマトソース(800円、コーヒー付は1100円)、カルボナーラ(800円、コーヒー付は1100円)、シーフード(800円、コーヒー付は1100円)、トマトスープ(900円、コーヒー付は1200円)となっています。
*ランチタイム(12:00~13:00)時は、しょうゆ(800円、コーヒー付は1100円)、ケチャップ(800円、コーヒー付は1100円)、ミートソース(800円、コーヒー付は1100円)、カレー(800円、コーヒー付は1100円)、キムチ(800円、コーヒー付は1100円)のみとなっています。

パンメニュー・・・
トースト(400円、コーヒー付は750円)、バナナトースト(500円、コーヒー付は850円)、サンドイッチ(ハムorツナ・600円、コーヒー付は950円)、ホットサンド(ハム・650円、コーヒー付は1000円)、クラブサンド(エッグベーコン(650円、コーヒー付は1000円)、パンと牛肉トマトワイン煮込み(800円、コーヒー付は1100円)、ピザ(650円、コーヒー付は1000円)となっています。
*ランチタイム(12:00~13:00)時は、トースト(400円、コーヒー付は750円)、バナナトースト(500円、コーヒー付は850円)、サンドイッチ(ハムorツナ・600円、コーヒー付は950円)、ホットサンド(ハム・650円、コーヒー付は1000円)、クラブサンド(エッグベーコン(650円、コーヒー付は1000円)、パンと牛肉トマトワイン煮込み(800円、コーヒー付は1100円)となっています。

ドリンク、デザートメニュー・・・
コーヒー(450円)、カフェオーレ(500円)、ウィンナーコーヒー(550円)、アイスコーヒー(500円)、アイスオーレ(550円)、紅茶(450円)、ミルクティ(500円)、チャイ(500円)、アイスティ(500円)、アイスミルクティ(550円)、アイスチャイ(550円)、ココア(500円)、ミルク(450円)、アイスココア(550円)、アイスミルク(500円)、メロンミルク(500円)、ソーダ水(450円)、コーラ(450円)、ジンジャーエール(450円)、トマトジュース(500円)、オレンジジュース(500円)、レモンジュース(500円)、レモンスカッシュ(500円)、クリームソーダ(500円)、コーラフロート(500円)、コーヒーフロート(550円)、アイスクリーム(450円)、レアチーズケーキ(400円)、ベイクドチーズケーキ(400円)、チョコレートケーキ(400円)、ケーキアラカルト(500円)となっています。
*ケーキとコーヒーor紅茶セットは750円、ケーキアラカルトとコーヒーor紅茶セットは800円で楽しめるようになっています。

アルコールメニュー・・・
エビス缶ビール(350ml・500円)、グラスワイン(600円)、焼酎(600円)、泡盛(600円)、ラム(600円)となっています。



カレーライス(800円、コーヒー付は1100円)

006_20150224210829a84.jpg

普通でも量が多いことで知られている『馬天使』のフードメニュー、お腹いっぱいになってもらいたいとマスターの心意気が感じらる1品がこのカレーライスです。大きなお皿の半分にギュギュッと押しこまれたライス、そして、お皿からこぼれてしまいそうなほどナミナミと盛られているカレー・・・画像だと、ちょっと分かりにくいかも知れませんが、ボリューム満点に楽しめるカレーライスとなっています。

007_20150224210849a82.jpg

今やカレー料理店やエスニック料理のお店も増えて、刺激的にスパイシーなカレーも多くありますが、この『馬天使』ができた頃は、このカレーを食べた人はきっとかなりスパイシーだと感じただろうなと思えるスパイシーさが口の中で心地よく刺激を与えてくれます。スパイスを程よく効かせている、どこか懐かしいカレーライス、攻撃的ではないですがマイルドとは違う程よいスパイシー感にはまってしまうカレーです。玉ねぎのフレッシュな甘みと、濃厚な旨み、スパイスの香りが口に広がる『馬天使』のカレーライス、さらりとした味わいが特徴の自慢の特製カレー・・・お店の長い年月を経てきた、深みのある1杯を満喫することができます。


ケチャップ(800円、コーヒー付は1100円)

004_2015022421362703f.jpg

ナポリタンではなく『ケチャップ』というシンプルなネーミングに心が惹かれてしまうスパゲッティです。このスパゲッティも上記でご紹介したカレーライスと同様に大きなお皿に盛られてくるので、ボリューム満点に楽しめるメニューとなっています(画像だとボリュームが少なめに感じると思いますが、実際に目の前にすると、オオッとなると思います)

005_20150224213721faa.jpg

ネーミングもシンプルですが、タマネギ、ピーマン、ベーコン、海苔と(ナポリタン系で、海苔がふりかけられているところは珍しいかも知れません)・・・具材もいったてシンプルな『ケチャップ』、しかし、このスパゲッティの1番の魅力となっているのは細いパスタ麺が使われているところです。細いパスタ麺だと茹であがりも早いので、1人で切り盛りされているマスターにとってみたら便利な麺なのかも知れませんが、この細いパスタ麺を使うことで、より美味しさが味わえるスパゲッティを楽しめるようになっています。

パスタと一概にいっても、様々な太さや形がありますが、太いパスタは表面積が小さく、細いパスタほど表面積が大きくなります。なので、表面積が大きいということはソースが多く絡むので濃い味になるということです。ということで、細いパスタ麺を使われている『馬天使』のスパゲッティはケチャップとよく絡み合った1品を味わい深く楽しむことができるようになっています。ネーミングの通り・・・『ケチャップ感』を心ゆくまで味わうことができるオススメの1品です。



珈琲豆を挽いて、1杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーもオススメの『馬天使』・・・豆の状態を見極め、最良の状態になるようにブレンドされたコーヒーを一口すすれば、深みのある香りが体に浸透し、一気にリラックスモードにさせてくれます。

009_201502242204323ce.jpg

外の喧騒とは違う時の流れを感じることができる『馬天使』の空間、マスターは常連さんとお喋りをしていたと思うと、次の瞬間には目の前の挽かれたばかりの珈琲豆と向かって、真剣勝負を繰り広げています。1杯のコーヒーを淹れる、無駄のないその一連の動きを見ているだけでも画になる光景が視界に入ってきます。

003_201502242205024c6.jpg

1杯のコーヒーを淹れる動作は、人生今こそという戦いで、でもそれ限りではなく、1時間という満たない間に幾度となく繰り広げられる光景を見ることができます。喫茶店にとってみれば、日々、当たり前の出来事なのかも知れませんが、日常からちょっと休みたいと思える居心地の良い場所とはこういうところをいうのかも知れません。

人と人を繋ぐ、そして導くきっかけが喫茶店にはあるように感じますし、その1つ1つから様々な時間がここを通り過ぎて行ったことに気付かされます。ひとり静かに過ごしているうちに、今という、この時間もまたお店の歴史の一部となって刻まれていくのを感じ取ることができます。『馬天使』での1杯の美味しいコーヒーを巡る時間は、人々のつながりを間近に感じることができ、普段から自分が求めていていたものだったのか、何かかけがえのないものを見つけたような、安心感でいっぱいになれる、そんな気持ちにされてくます。そんな心地よい1杯を楽しめる・・・今日のこれからの時間を『馬天使』で過ごしてみては如何でしょうか。



馬天使
住所:東京都八王子市明神町3-9-4
電話番号 042-646-3277
営業時間 11:00~22:00
定休日 日曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR八王子駅北口、京王八王子駅から共に徒歩6、7分です







テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/24(火) 22:48:10|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (16)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (39)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (32)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (36)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (146)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (12)
パン (136)
ハンバーガー (9)
スイーツ (156)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (15)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (12)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (19)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (61)
マラソン・ジョギング (15)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR