たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー) イオンモール多摩平の森店

平成26年11月20日(木)、JR中央線・豊田駅から歩いて3分程の場所に新しくオープンされた『イオンモール多摩平の森(HP)』・・・新鮮なグルメゾーンが広がるイオンスタイルと約130の専門店からなる大型商業施設です。駅からも近く、また、980台もの駐車場を完備されていることもあり、オープン日からたくさんの人が足を運び、賑わいを見せています。

そんな『イオンモール多摩平の森』ですが、1階のグロメフロアには様々な飲食店が出店されています(八王子にゆかりのあるお店ですと『バーゼル』や『高尾ポテト』も出店されています)、ということでフロア内には多種多様な魅力あるお店が出店されていますが、その中でも手頃な価格でパンケーキを楽しめる『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』が出店されていることを聞いたので、オープン早々、『イオンモール多摩平の森』へと足を運んでみることにしました。


001_2014112316152594f.jpg

最初に明記しておきますが、イオンモール内での撮影は禁止となっています(イオンモールをはじめ、アリオ、イトーヨーカドー、セレオ、コストコなどの大型商業施設の店内での撮影は基本的に禁止となっています(許可がある以外は禁止となっています。個人店、大型商業施設とも許可がないと撮影が出来ませんが、特に大型商業施設内での撮影は厳しく禁止となっています))、ということで『イオンモール多摩平の森』の店内での撮影も禁止となっているので(インフォメーションで確認させて頂きました)、今回、『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』のパンケーキをフードコート内での撮影許可を得るためにインフォメーションにて相談したところ、パンケーキ及びドリンクのみでしたら撮影可ということを得られたので、今回の目的でもある『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』のパンケーキを楽しんできたのでご紹介したいと思います。

『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』は、様々な飲食ブランドチェーン店を展開している『ジローレストランシステム㈱(HP)』が手掛けているパンケーキ専門店のお店です。特に『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』は全国にあるイオンモールでの出店が多く、フードコートで、しかも手頃な価格帯で本格的なハワイアンパンケーキが食べられるとあってか、どの店舗もオープン直後から人気を得ているお店として知られているパンケーキのお店です。

『イオンモール多摩平の森』の広いフードコート内の1番センターコート寄りに店舗を構えている『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』・・・ブルーの壁に白いロゴが目立つ外観で、とっても爽やかに感じます。そして、メニューボードに目をやってみると美味しそうなパンケーキが揃えられています。店舗によってはスイーツ以外のハワイアンフードも扱っているそうですが、こちらの『イオンモール多摩平の森店』ではお店自慢のパンケーキをメインとしたカフェメニューのみとなっているそうです。

『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー) イオンモール多摩平の森店』のメニュー・・・
パンケーキメニュー・・・
トロピカルフルーツ(980円)、ストロベリー&バナナ(900円)、ストロベリー&ホイップ(800円)、まるごとチョコバナナ(700円)、マンゴー&ココナッツ(700円)、サニーオレンジ(600円)、パイン&ココナッツ(580円)、ブルーベリー(580円)、ホイップ&ホイップ(480円)、ホイップバター(380円)となっています。
*パンケーキとドリンクをセットで頼むとドリンク各種が単品価格より50円引きとなります。

トッピングメニュー・・・
パンケーキ1枚追加(100円)、ホイップバター(100円)、ホイップクリーム(100円)、キャラメルソース(100円)、チョコレートソース(100円)、バニラアイスクリーム(150円)となっています。

コナブレンドコーヒーメニュー(ホットのみ)・・・
コナブレンドコーヒー(単品・270円、セット・220円)、コナブレンドカフェラテ(単品・270円、セット・320円)となっています。

ホイップコーヒーメニュー(ホットorアイス)・・・
ホイップコーヒー(単品・320円、セット270円)、キャラメルホイップコーヒー(単品・370円、セット・320円)、チョコレートホイップコーヒー(単品・370円、セット・320円)となっています。

ハワイアンジュースメニュー・・・
パッション&グァバ(単品・390円、セット・340円)、パイン&オレンジ(単品・390円、セット・340円)、トロピカルティー(単品・390円、セット・340円)となっています。

ソフトドリンクメニュー・・・
アイスコーヒー(単品・270円、セット・220円)、アイスカフェラテ(単品・320円、セット・270円)、アイスティ(単品・270円、セット・220円)、アイスホイップティ(単品・320円、セット・270円)、コカコーラ(単品・170円、セット・120円)、メロンソーダ(単品・170円、セット・120円)、Qooオレンジジュース(単品・170円、セット・120円)、カルピス(単品・170円、セット・120円)となっています。



トロピカルフルーツ(980円)

002_20141123170100ccc.jpg

店員さんにオススメをお聞きしたところ、オープン記念で100円引きとなっている『まるごとチョコバナナ』を勧められたのですが、彩りが1番華やかで、いかにもハワイアンを感じさせてくれる『トロピカルフルーツ』をオーダーしました(店員さん、いろいろとお聞きしたのにオススメをオーダーしなくて申し訳ありませんでした)

003_20141123170829433.jpg

様々なフルーツと添えられたデンファレがとても南国らしく、見るからに華やかさを感じられる『トロピカルフルーツ』・・・なかなかのボリューム感もあります。まず、鉄板でパンケーキが手際よく焼かれ、三枚のパンケーキがお皿に盛りつけられます。その後にカットされたキウイ、バナナ、イチゴ、パイン、モモ、オレンジがパンケーキの上に盛られ、その横にホイップクリームを綺麗に高~く盛って、ソースをかけ、シュガーパウダーをふりかけ、最後にデンファレが添えられて出来あがりです。

005_20141123171634363.jpg

パンケーキ自体は甘さ控えめとなっていますが、あっさりとした生地でふんわりとしながらもモチモチとした食感を楽しめるようになっています。なので、一緒に添えられてくるメイプルシロップをたっぷりとかけ、フルーツ、お店特製のホイップクリームをたっぷりとつけながら味わっていくのがオススメの食べ方です。

004_201411231720401c1.jpg

こんもりと盛られている、お店特製のホイップクリームは見た目よりも軽くふんわりしているので(甘さも控えめな感じです)、この量でもパンケーキと合わせれば全部食べられてしまいます(ホイップクリームは画像だと多く感じますが、食べ進むうちにホイップクリームが少なく感じてしまうかも知れません。なので、ホイップクリーム感を満喫したい方はトッピングメニューにある『ホイップクリーム(100円)』を足した方がいいかも知れません)


コナブレンドコーヒー(セット・220円)

006_20141123172607a06.jpg

上記のメニュー欄でも明記しましたが、パンケーキとセットで注文するとドリンクは50円引きで楽しめるようになっています。今回はせっかくなので・・・ハワイアン気分でコナブレンドコーヒーをパンケーキとともに楽しませて頂きました。価格帯がどうしても高めになってしまいがちなパンケーキですが、『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』では『ホイップバターパンケーキ』が380円から、今回ご紹介したフルーツたっぷりの『トロピカルフルーツパンケーキ』でも980円と比較的リーズナブルな料金設定で楽しめるようになっています。

また、フードコートという手軽さに加えて良心的な価格でハワイの雰囲気たっぷりに、特製ホイップクリームが自慢のパンケーキが食べられる『Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー)』・・・フードコートで本格的なハワイアンパンケーキが食べられるのは魅力でもあり、お得感もあるのではないでしょうか。是非、立ち寄った際にハワイアンたっぷりのパンケーキを楽しんでみては如何でしょうか(現在、八王子インター北に建設中のイオンモールにも、是非、出店してもらたいものです)



Hawaiian Pancake Factory(ハワイアンパンケーキファクトリー) イオンモール多摩平の森店(HP)
住所:東京都日野市多摩平2-4-1 イオンモール多摩平の森店1Fフードコート内
電話番号 042-843-1812
営業時間 9:00~22:00
定休日 イオンモール多摩平の森に準ずる
駐車場 980台(詳しい情報は『イオンモール多摩平の森のHP』で確認してみて下さい)







テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/23(日) 20:58:15|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おうちcafe 樹と葉っぱ

駅から程よい距離感にありながらも、1歩、店内に足を踏み入れてみると、心地よい雰囲気と静かな空間が過ごせる1軒のカフェがあります。アパートの1室にある秘密めいた可愛らしいカフェ『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・優しい笑顔で出迎えてくれる店主さんがキッチンで料理やコーヒーを淹れ、自然光が店内を温かく照らし、思い思いの好きな空間でまったりと過ごすことができるカフェで・・・窓際の席で本をめくる人、テーブル席で語らうふたり、心地よいBGMに耳を傾ける人、また所々にディスプレーされた各作家さんの作品たちがほんのりと和ませてくれまる心温まるお店です。

037_20141122162654a40.jpg

ドアを開け・・・お邪魔しますと、まるで友人の家に遊びに来た感覚になりますが、笑顔が素敵な店主さんに導かれるように、スリッパに履き替えて店内へと入っていくと・・・心がホクッと温かくなる空間が出迎えてくれます。

ここは時間がゆっくりと流れる、わずか10席の小さなカフェ・・・店名の『おうちcafe』と謳われているように作り手の顔が見えるお店はとても安心感を与えてくれるものがあります。店内の店造りもそうですが、店主さんが作られている料理、各作家さんのハンドメイド作品、そして定期的に開催されている様々な教室・・・まさに1つ1つが手作り・・・店内のどこにいても手作りの温かさが伝わってくる空間となっています。


022_20141122163202d91.jpg

4人掛けのテーブル席が2卓、1人掛けテーブル席が2卓設けられている『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・とても座り心地のよい可愛らしい木製のテーブルとイスが使われています。そのテーブルを囲むように各作家さんの作品がズラリと展示販売されています。毎日なにかが生まれるアートカルチャーな発信地とでも言う感じでしょうか。

店主さんが手作りされるフード&デザートの美味しさはもちろんですが、従来のカフェの枠を越えて、様々なアートの場としてスペースを提供されている『おうちcafe 樹と葉っぱ』、食材の良さを活かされた食事メニューやのんびりとお茶を楽しむのもよし、雑貨探しに立ち寄るのもよしと・・・訪れやすい空間をカフェという形にしてオープンされたお店です。


023_201411221643565a9.jpg

以前、当ブログで『おうちcafe 樹と葉っぱさん(当ブログ紹介記事)』を紹介させて頂いたことがあります。カフェをオープンされる前はめじろ台にある『イタミコーヒー(当ブログ紹介記事)』で焼き菓子を販売、また、年4回、ご自宅を開放されてハンドメイドとcafeの2dayshopを開催し、その他にもアートムーチョへの出店や様々なイベントにお店を出店されたり、ご自宅で手芸の先生として数多くの方に指導されていた店主さん、今回、カフェという形のあるものとして、よりたくさんの人にカフェ&ハンドメイドの良さを楽しんでもらいたいと思い、お店を構えたそうです。

そして、生活の中で、食はとても重要なこと・・・カフェを充実させれば、もちろん人も集まってくるものです。食をきっかけに、カフェというスペースから発信するものや様々な人と人の交流が広がり、足を運べば、きっと新しいことに出会えると思います。そんなカフェは情報発信のお店なんだということをふっと思い起こさせてくれる『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・店主さんのこだわりを感じさせるメニューをご紹介したいと思います(詳しいメニューや情報などはお店のHPで確認してみて下さい)

ランチセットメニュー・・・
キッシュプレート(キッシュ、季節のスープ、デザート、ドリンク(下記に明記したドリンクメニューの中から1品選べるようになっています)が付いて1080円)
ケークサレプレート(ケークサレ、季節のスープ、デザート、ドリンク(下記に明記したドリンクメニューの中から1品選べるようになっています)が付いて1080円)

お食事メニュー・・・
ポテトグラタン・ソーダブレット付き(756円)、ソーダブレットプレート(378円)、ドリア・ミニサラダ付き(756円)となっています。

スイーツメニュー・・・
ホットアップルパイ(バニラアイス添え・432円)、バナナケーキ(324円)、トライフル(486円)、季節のパウンドケーキ(270円)、本日のケーキ(メニュー&金額は問い合わせ下さいとのことです)、揚げたてドーナツ(324円)となっています。

ドリンクメニュー・・・
ブレンドコーヒー(270円)、紅茶(270円)、オレンジジュース(270円)、ホットカプチーノ(324円)、ティーソーダ(324円)となっています。



キッシュプレートランチ(1080円)

026_201411221755160b0.jpg

メインのキッシュ、季節のスープ、デザート、ドリンクが付いているキッシュプレートランチです。メインのキッシュは鶏肉、様々な野菜をカレー風味で仕上げられたキッシュでした(日によってメインのキッシュは変わることがあるそうです)、そのキッシュに新鮮なサラダ、モチモチとした食感が味わえるポテトが添えられています。

028_20141122180237d04.jpg

1つ1つ全てが手作りの『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・卵と生クリームの優しい味わいと生地のさくさく感、鶏肉、野菜の組み合わせがマッチされたキッシュとなっています。そして、アパレイユはカレー風味・・・ブロッコリー、トマト、タマネギのそれぞれの味わいと卵の優しい味にカレーの香りが良いアクセントとなっています。大人から小さなお子さんまで楽しめる味ではないでしょうか。食材1つ1つのバランスが絶妙に絡み合いながら、カレーの風味が食欲を掻きたててくれる1品です。

新鮮なサラダには醤油糀とバルサミコ酢の自家製のドレッシングがかけれていますが、この自家製のドレッシングがこれまた旨味のある味わいを楽しませてくれるものでした。米糀の『酵素』が活きた、とてもまろやかな旨みを持つ醤油糀・・・その醤油糀を、ほのかな酸味を口の中で楽しむことができるバルサミコ酢の存在が、醤油糀の良さでもある、まろやかさと甘さをさらに引き出してくれています。このドレッシングなら、お肉やお魚でも美味しく味わえそうですし、お餅にも合いそうな万能ドレッシングに感じました。

もちもちとしたポテトも美味しい1品でした。ジャガイモ、片栗粉、バター、きび砂糖で丁寧に練りあげ、揚げられたポテトの食感はお餅そのもの・・・ひと口味わってみると、モチッとした弾力とともに、ジャガイモの風味が口に中に伝わってきます。その後にバターのほんのりと旨味、そして最後にきび砂糖の優しく、ほんのりとした甘さが口の中に広がってきます(ミネラル分が豊富なきび砂糖が隠し味となり、まろやかな甘さがふんわりと感じてきます)


季節のスープ

025_2014112218500224c.jpg

月毎に変わる季節のスープ・・・今月のスープはかぶのポタージュでした。真っ白な綺麗なスープ、かぶのポタージュ・・・すりおろしたかぶをスープで煮込み、とろとろした食感が特徴の優しいポタージュスープです。口の中でふわっと優しいかぶの風味が広がってくる味も食感も優しいスープです。かぶの甘み&旨味が詰まった1品とでも言うべきでしょうか。すりおろされたかぶが自然ととろみがつき、口あたりと喉ごしがまろやかにしてくれます。


デザート

033_2014112219013668d.jpg

今回のデザートはキウイとバナナのシャーベットでした。キウイとバナナのみで作られたシャーベットなので、キウイとバナナの美味しさが凝縮されたシャーベットを楽しむことができました。口に入れた瞬間、バナナの芳醇な香りとほのかな甘みを感じ、その後にキウイの爽やかな味わいがふわっと広がってきます。最初にバナナ感の風味、そして最後にキウイの味わいとなっているので、後味もサッパリ感で包まれるシャーベットとなっています。


トライフル(486円)

030_2014112219085626e.jpg

米粉のスポンジケーキ、たっぷりの生クリーム、彩り豊かなフルーツが盛られている『トライフル』・・・画像だと分かりにくいと思いますが、見た目以上にボリューム感を楽しめるスイーツメニューとなっています。

031_20141122191221c2f.jpg

1番下にイチゴジャムがしきつめられ、その上に米粉のスポンジケーキ、そして、食べやすいサイズにカットされたキウイ、バナナ、オレンジ、ブルーベリーが盛られています。その具材にたっぷりの生クリームがかけられているので、ボリューム満点の米粉フルーツケーキを楽しことができます(フルーツと生クリームの相性は抜群です)、米粉のスポンジケーキはふわふわとした程よい弾力感を楽しめ、優しくまろかな味わいに仕上げられた生クリーム、そして、フルーツの美味しさが一体となって口の中に溢れてきます。


ティーソーダ

036_2014112219241628c.jpg

紅茶とソーダの絶妙感を楽しめるティーソーダ・・・丁度よい甘さにソーダの清涼感がたまりません。大きなグラスで出してくれるので、飲み応え感もバッチリのドリンクメニューです(個人的にオススメのドリンクメニューです!!)


心とお腹が満たされ、ふと店内を見渡すと、ユニークな作品や可愛らしい絵など、個性的なものをあちこちに発見することができます。まるで絵本のページをめくるように・・・それらをひとつずつ眺めていくのも楽しい時間に感じます。足を運ぶことで小さなトキメキを持ち帰ることができる『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・

024_20141122192827a95.jpg

一人で行きたい静かなカフェ、誰かを誘いたい元気が出るカフェ、カフェには様々なくつろぎの時間を求めて足を運ぶもの・・・でも共通して言えることは居心地の良さと丁寧なおもてなし・・・その日の気分に合わせてカフェならではのくつろぎ時間を楽しんでみては如何でしょうか。

週3日(火曜日、木曜日、土曜日)営業の『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・下記の看板がお店の前に掲げていればお店が開いている合図です・・・

021_2014112219290464d.jpg

ちょっとしたひと休みに気軽に立ち寄れる『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・コーヒーを飲みにきて、知らなかった作家さんたちのハンドメイド作品に触れてときめいたり、ふと手に取ったチラシから気になるイベントを見つけたりと、まだ知らない素敵な偶然に出会える予感が、ここ『おうちcafe 樹と葉っぱ』の空間に散りばめられています。いつ訪れても新しい刺激にときめくことができる『おうちcafe 樹と葉っぱ』・・・買い物の途中、散策の途中に立ち寄ってみては如何でしょうか。


おうちcafe 樹と葉っぱ(HP)
住所:東京都八王子市台町4-39-7 はいつひろ105号室
電話番号 042-627-5510(営業日のみ)
営業日 火曜日、木曜日、土曜日
営業時間 10:00~17:00
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR中央線、西八王子駅南口から徒歩6、7分程です







テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/22(土) 20:22:14|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伝説のすた丼 八王子東浅川店

週末になると高尾近辺までジョギングする機会が多いのですが、走った後にエネルギー補給しようとよく立ち寄るお店があります。それは・・・たまに無性に食べたくなる1品『すた丼』です!!ニンニクを効かせたガッツリと味わえる丼物はスタミナ補給にはぴったりの1品です。

現在は東京都内を中心に68店舗(平成26年11月21日現在)を展開している『伝説のすた丼』・・・カリスマ的要素を持ち合わせている丼物のお店ですが、八王子市内にも今回ご紹介する『八王子東浅川店』をはじめ、『八王子店』、『堀之内店』、『野猿街道店』と4店舗の『伝説のすた丼(当ブログ紹介記事)』がお店を構えています。その4店舗の中で1番新しいお店が・・・この『八王子東浅川店』です。


045_201411212115535f1.jpg

最寄り駅で言うと京王高尾線、狭間駅orめじろ台駅から歩いて20分程でしょうか。JR中央線・高尾駅から西八王子駅方面へと続いている万葉けやき通り沿いにお店を構えている『八王子東浅川店』・・・カウンター席、テーブル席と設けられていますが、それほど大きいお店ではありません。しかし、入口に置かれている券売機で購入し、サッと食べてパッと帰れる気軽さや、テイアウトもできるので、昼時や夜ともなるとひっきりなしにお客さんが訪れるほどです。

『伝説のすた丼 八王子東浅川店』のメニュー・・・
丼物メニュー・・・
すた丼(玉子、味噌汁付・630円、肉増し・780円、飯増し・730円、肉飯増し・880円)、ミニすた丼(530円)、生姜丼(玉子、味噌汁付・630円、肉増し・780円、飯増し・730円、肉飯増し・880円)、ミニ生姜丼(530円)、塩すた丼(とろろ、味噌汁付・730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、ミニ塩すた丼(630円)、とろすた丼(玉子、味噌汁付・730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、ミニとろすた丼(530円)、とろ生姜丼(玉子、味噌汁付・730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、豚キムチ丼(玉子、味噌汁付・730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、肉玉丼(玉子、味噌汁付・730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)となっています。

炒飯メニュー(味噌汁付)・・・
チャーハン(630円、飯増し・730円)、ミニチャーハン(530円)、キムチチャーハン(730円、飯増し・830円)、ミニキムチチャーハン(630円)となっています。

カレーメニュー・・・
すたみなカレー(680円、肉増し・830円、飯増し・780円、肉飯増し・930円)、ミニすたカレー(580円)、カレー(550円)、ミニカレー(450円)、から揚げカレー(730円)、ミニから揚げカレー(630円)となっています。

定食メニュー・・・
から揚げライス(680円、飯増しは780円)、肉ニラ炒めライス(730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、塩すたライス(730円、肉増し・880円、飯増し・830円、肉飯増し・980円)、すたみなライス(630円、肉増し・780円、飯増し・730円、肉飯増し・880円)、生姜ライス(630円、肉増し・780円、飯増し・730円、肉飯増し・880円)、元祖!しゃぶづけライス(630円、肉増し・780円、飯増し・730円、肉飯増し・880円)となっています。

麺類メニュー・・・
ラーメン(550円)、油そば(630円)、チャーシューメン(800円)、麺大盛(プラス120円)となっています。

セットメニュー・・・
餃子セット(すた丼、餃子、玉子、味噌汁付・830円)、ラーメンセット(すた丼、ミニラーメン、玉子、味噌汁付・950円)、油そばセット(すた丼、ミニ油そば、玉子、味噌汁付・990円)、レディースセット(ミニすた丼、玉子、味噌汁、デザート付・700円)となっています。

サイドメニュー・・・
餃子(200円)、半餃子(140円)、から揚げ(280円)、プチサラダ(120円)、とろろ(120円)、杏仁豆腐(160円)、キムチ(120円)、高菜(120円)、玉子(60円)、温玉(60円)、マヨネーズ(30円)、味噌汁(60円)、ライス(200円)、半ライス(100円)、生ビール(500円)、瓶ビール(500円)、ノンアルコールビール(280円)、各種持帰り(容器代・プラス10円)となっています。
*上記以外にも期間限定メニューや季節メニューも楽しめるようになっています。



すた丼(肉増し・780円+容器代・10円)

047_20141121214329f44.jpg

今回はテイクアウトで『すた丼』を購入してきました。テイクアウトにすると玉子が温玉で付いてくる『すた丼』・・・自宅で『すた丼』を食べると家中がすた丼の香りで包まれてしまいますが、秘伝のニンニク醤油ダレを効かせた味付けに箸の進み具合がとまらなくなってしまいます。

ガッツリ系で食欲をそそる味、1度食べ出したらとまらなくなる、それが『すた丼』です!!


049_201411212143517d2.jpg

厳選されたホエー豚バラ肉をたっぷりと使ったボリューム満点の『すた丼』・・・秘伝のタレでホエー豚バラ肉、ネギ、ニンニクを絡め、なんとも絶妙な塩梅で炒めあげられています。ジューシーなホエー豚バラ肉、味わうごとに肉の旨味を感じ、温玉をつぶしてよ~く具材全体を絡めることにより、タレとホエー豚の脂身の味がよりマイルドな味わいを楽しむことができます。

美味しいとか美味しくないとかそういう次元を超えているように感じる『すた丼』、丼の上に大量のホエー豚肉、ネギがドッサリと盛られ、鼻を刺激するニンニクの香り、それをガッツリと口の中に放り込む、まさしく豪快に楽しむことができる丼物です。美味しいとか、旨いとかではなく・・・思わず、うめ~っと声が洩れてしまう、そんな1品でしょうか。仕事で疲れて帰ってくる時、運動をした後のスタミナ補給になどなど・・・ガツンと味わいたい時には欠かすことができないお店『伝説のすた丼』・・・安くて量も適度に楽しめる牛丼チェーンもいいですが、すた丼は注文を受けてから1品1品炒めて作っていくので、作り置きの料理にはない旨さがあります。決して極上の美味しさではありませんが、日常的に楽しめるガッツリ系が『すた丼』の良さに感じます。



伝説のすた丼 八王子東浅川店(HP)
住所:東京都八王子市東浅川町562-1
電話番号 042-673-7566
営業時間 11:00~24:00
定休日 無休(年始に臨時休業あり)
駐車場 あり(6台)
最寄り駅 京王高尾線、狭間駅orめじろ台駅から徒歩20分程です







テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/21(金) 22:44:02|
  2. 洋食・定食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブーランジェリー ラパン

街の顔の1つでもある『パン屋さん』・・・地元のお客さんが食パンやバゲットを買い求めていくような街なかにある身近なパン屋さんの店頭には、定番の食パンをはじめ、メロンパン、アンパン、タルトやデニッシュ、惣菜パンなどがズラリと並んでいます。とりわけ珍しいものが並んでいるわけではありませんが、素朴で・・・庶民的で・・・なんだかほっとする、そんなパンを楽しむことができるのが街なかパン屋さんの魅力に感じます。今回は、そんなオープン以来、街なかのパン屋さんとして親しまれ続けている1軒のパン屋さんをご紹介したいと思います。

多摩ニュータウン通りにお店を構えている『ブーランジェリー ラパン』、初めてお店を訪れたのはラパンがオープンされた日、訪れた人がみなラパンの看板商品でもあるクリームパンを購入していたのが、今でも鮮明に頭の中に残っています。そんなオープン以来、愛され続けている『ブーランジェリー ラパン』・・・店頭のテーブルや棚の上には定番の食パンをはじめ、フルーツや野菜などを混ぜ込んだパンや惣菜パンなど、多いときには20種類程度のパンが並ばれているパン屋さんです。

009_20141119213010858.jpg

お店の外観も、店内も、雰囲気も、置かれているパンも・・・どこか、ほんわかしたイメージがありますが、食パン、菓子パン、惣菜パンなど、様々な種類が揃えられているので、店主さんは朝早くから厨房に入り、パン生地の仕込みを始めるそうです。仕込みをし、生地を分け、形を整えていく、そして開店前に徐々にパンを焼き上げ、店頭に並べていく・・・閉店後も、翌日に焼くパンの仕込みなどが続くなど、気力、体力が続かないと厳しい仕事です。

たくさんの種類のパンを用意するのには限度がありますが、お客さんからこんな惣菜パンを作ってほしい、デニッシュパンもほしいなどの要望が寄せられるため、何とか声に応えられないかと試行錯誤の日々が続いているそうです。そんな研究心を怠ることがない『ブーランジェリー ラパン』の店頭には手間ひまかけられたパンがお手頃価格で楽しめるようになっています。今回は看板商品でもあるクリームパンをはじめ、いつくか購入してきたのでご紹介したいと思います。



クリームパン(130円)

028_201411192130321c0.jpg

『ラパン』の看板でもあるクリームパン・・・新鮮な卵と牛乳を使って炊きあげたカスタードクリームをたっぷりと生地の中に包み込まれています。とろり、まったり、もったりとカスタードクリームが織りなす優しい食感と風味が口の中いっぱいに広がってくるクリームパンとなっています。卵と牛乳の黄金比率からなる独特のカスタード感たっぷりのクリーム・・・カスタードクリームはコクもあって軽く仕上がっ た完成度の高いクリームです。焼きたてで味うと、ふわふわの生地で包んだクリームはホクッと心が和んでしまいます。どこか素朴で昔懐かしいパンの味を思い出させてくれます。


メイプルナッツダマンド(190円)

025_2014111921305043d.jpg

土曜日、日曜日、祝日限定で販売されているメイプルナッツダマンド・・・サクッとしたクロワッサン生地の中にカスタードクリーム、メイプルクリーム、クルミがサンドされ、アーモンドクリームでこんがりと焼かれたダマンドです。アーモンドクリームの香ばしい風味、濃厚な旨味とコクを楽しめるカスタードクリーム、優しい甘さが口の中に広がってくるメイプルクリーム、食感のアクセントとなっているクルミ・・・具材1つ1つがその風味を象徴しながらも全体をバランスよく楽しめるダマンドとなっています。


さつま芋むしパン(160円)

026_201411192131095f4.jpg

黒糖を使われた、ふわふわの蒸しパン生地に、ホクホクとした甘いさつま芋がたっぷりと入っている1品です。黒糖とさつま芋の優しい甘さ、黒ゴマの風味がアクセントとなっている、さつま芋むしパン・・・ホクホクしたさつま芋がゴロゴロ入っていて、ちょうどよい甘み、食物繊維やビタミンCも豊富で栄養価の高いさつまいもを加えた柔らかい蒸しパンは、おやつ感覚で楽しむことができます。

様々な仕事や商売にも言えることですが、何か特徴がないと生き残れない厳しい時代です。特に成熟市場と言われているパン業界・・・ありとあらゆる形態のパン屋さんがしのぎを削っています。ひと口にパン屋さんと言っても街なかのパン屋さんだったり、ハード系専門店だったり、雑貨屋のように可愛いお店など、いろんなお店が存在するのが現状です。特に競争が激しい、この昨今、お客さんを呼べる看板商品がお店にあるとか、ぱっと見てお客さんの心を惹きつけるような商品が置かれているなど、様々な魅力や視点を持ち合わせていることが欠かせない時代なのではないでしょうか。もちろん、また来たいと思わせる接客や、パンの美味しさは必要ですし、それがお客さんのリピートにも繋がります。今回、ご紹介した『ブーランジェリー ラパン』にはクリームパンという人の心と足を動かす看板商品を持っている強みがあります。その強みを活かしながら、よりよい美味しいパンを作り続けていって欲しいと思います。


ブーランジェリー ラパン
住所:東京都八王子市堀之内3-6-10第1藤ハイツ1-B
電話番号 042-675-1606
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
駐車場 あり(店舗横に1台)
最寄り駅 京王相模原線、京王堀之内駅から徒歩10分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/20(木) 22:25:12|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グリーンビーンズ

仕事の合間に・・・自宅でちょっとした一呼吸に・・・待ち合わせやひと休みなどなど・・・普段、生活する中で、たった一杯で至福の時間へシフトさせてくれる飲み物『コーヒー』・・・今や、スターバックスなどのコーヒーショップをはじめ、コンビニなどでも気軽に美味しいコーヒーが街中に溢れ、いつでもすぐに至福の一杯を飲める環境が整っています。
 
そんな、コーヒーショップやコンビニコーヒーの普及で需要が増してきているコーヒー・・・特に最近は品質の良いスペシャルティーコーヒーを取り扱う店舗が多く、豆、焙煎、ドリップ方法、パッケージへの深いアプローチなどなど・・・一杯の質に極めてこだわりをもっているお店が多くなってきているように感じます。そんな、質の良いコーヒーを気軽に楽しむことができる時代ですが、お店で飲む一杯と自分で淹れる一杯はまた一味違うような気もします。

こだわりを持って淹れる方、インスタントで味わう方などなど、人それぞれに至福の一杯の楽しみ方が違うと思いますが、コーヒーを淹れる時、豆の選び方、淹れ方にひと手間かけるだけで、より贅沢な一杯を味わうことができると思います。今回は、そんなこだわりを持ち続け、注文を受けてから手作業による選別と焙煎で鮮度の良いコーヒーを楽しませてくれる1軒の珈琲豆専門店『グリーンビーンズ』をご紹介したいと思います。


008_201411191959090a7.jpg

お店の前に来ると・・・店内から珈琲豆を焙煎する香ばしい香りが漂ってきます。八王子市大塚の地で21年に渡って親しまれ続けている珈琲豆専門店『グリーンビーンズ』・・・香りの良い珈琲豆を求めて、わざわざ遠方からも足を運んでくる方が多くいるほど、珈琲通には有名なお店として知られている珈琲工房のお店です。

このお店が支持されている理由は・・・手作業で丁寧に豆を選別するハンドピックで自家焙煎してくれるところです。生豆の状態と焙煎した後の2回に渡ってハンドピックを行うため、選ばれた、より美味しい珈琲を楽しむことができるようになっています。そんな、コーヒーのいい香り&焙煎された香ばしい風味が充満している店内には・・・常時20種類以上の珈琲豆が置かれています。

003_20141119201304776.jpg

品質の良い珈琲豆を作るために避けられない作業がハンドピックです。コーヒーの生豆も農作物である以上、どんな高級銘柄であっても品質は一定ではなく、良い豆も悪い豆も混合されているそうです。特に悪い豆(欠点豆など)はコーヒーの味に直接悪い影響を及ぼすそうで、黒豆と呼ばれる悪い豆は腐敗して黒く発酵し、たった一粒でも風味を悪くしてしまうそうです。

なので、この悪い豆を取り除く作業(ハンドピック)が重要となり、この手間のかかるハンドピックを行うことで、より風味良く香る一杯を楽しむことができます(注文を受けてから、ハンドピック、焙煎、ハンドピックの工程を手作業で行うので、少々時間がかかりますのでご注意を!!電話予約をしてから来店すると時間もかからないとのことです。でも、是非、店内でハンドピック&焙煎の香ばしい風味に包まれながら、店主さんとの珈琲談義に花を咲かせながら楽しむことをオススメします!!)



マイルドブレンド(200g・920円)

032_2014111920322379c.jpg

忙しい中でも豊かな時間は作れる香り高き一杯のコーヒー・・・思考と思考の間をコーヒーの香りで満たすことで、疲れた頭と心をいったんリセットすることができる至福の一杯はスイッチの切り替えを行う、ひとつのしるしのように、ひと息いれることのできる時間の余白を与えてくれるような気がします。仕事のパフォーマンスの向上にもつながっていくでしょうし、一杯のコーヒーには、ライフスタイルを充実させるアイテムのようにも感じます。

004_20141119204041ecc.jpg

焙煎してくれている最中に美味しい一杯を淹れてくれます(今回は安曇野ブレンドコーヒーを淹れてくれました)、長年の熟練された技で風味豊かな珈琲豆を焙煎してくれる『グリーンビーンズ』・・・より香り高いコーヒーを楽しみたい方にはぴったりのお店です。秋から冬に移り変わっていく、この季節、コーヒーの美味しさも日に日に深みを増していくのではないでしょうか。『グリーンビーンズ』の珈琲を飲めば、コーヒーの楽しみ方の幅もきっと広がるはずです。是非、 足を運んで・・・こだわり抜いた一杯を楽しんでみては如何でしょうか。


グリーンビーンズ(HP)
住所:東京都八王子市大塚621-1神尾ビル102
電話番号 042-675-6950
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜日、水曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 多摩モノレール、大塚・帝京大学駅から徒歩4、5分程です


 




テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/19(水) 21:03:14|
  2. 珈琲豆専門店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (23)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (14)
お寿司 (22)
うなぎ (10)
焼肉 (24)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (37)
ラーメン (32)
八王子ラーメン (28)
うどん (14)
蕎麦 (29)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (32)
洋食・定食 (36)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (134)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (12)
パン (126)
ハンバーガー (9)
スイーツ (149)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (24)
和菓子 (41)
焼き菓子店 (28)
たい焼き (15)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (17)
ハム・ソーセージ (7)
東京ミートレア (11)
その他の食べ物 (16)
調味料 (5)
果物・野菜 (7)
味覚狩り (12)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (21)
花 (19)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (60)
マラソン・ジョギング (15)
雑記 (40)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR