たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

bistro-vin Gare de M(ガレドエム)

八王子の中心部を横断するかのように通り抜けている甲州街道の通り沿いには高層のビルや古くから続く商店、風情感ある建物などがあり、八王子の新旧の街並みを垣間見ることができますが、その甲州街道に沿うように八王子駅から高尾駅まで1本の通りが東西を通っています(八王子駅~高尾駅間の北の通りは甲州街道、八王子駅~高尾駅間の南の通りは南大通り、万葉けやき通りとなっています)、八王子駅南口から高尾駅南口方面へと続く通りは南大通り、万葉けやき通りと場所によって通り名が変わりますが、通り沿いには魅力のあるお店や閑静な住宅街が広がっているなど、今や重要な生活道路として利用されている通りでもあります。今回は、そんな万葉けやき通り沿いにひっそり、こっそりと佇む1軒のフレンチのお店をご紹介したいと思います。

014_201411241642593c8.jpg

JR中央線、西八王子駅からそれほど離れていない(西八王子駅から徒歩5、6分程です)、万葉けやき通り沿いに平成26年8月18日にオープンした『Gare de M(ガレドエム)』は、隠れ家的な雰囲気のフレンチレストランです。お店の名前『Gare de M(ガレドエム)』はフランス語で『Gare(ガレ)』が駅という意味だそうです。たくさんの人が集まる場所『駅』、その駅では待ち合わせで使う人や日々、通勤、通学で使う人など、1人1人が違う時間を通り過ごしている場所です。そんな、たくさんの人が集まる駅のようにゆっくりとお店で思い思いの時間を過ごしてもらいたいという店主さんの思いや願いが込められ『Gare de M(ガレドエム)』と付けられたそうです(店主さん自身が鉄道を好きな事もお店の名前を決めるうえで大きな意味合いを含めているそうです)

爽やかなブルー&木製ドアの外観が印象的な『Gare de M(ガレドエム)』・・・お洒落な木製のドアを開け、店内に足を踏み入れてみると、外観からは想像もつかないほど、広々とした店内が出迎えてくれます。ドアから差し込んでくる明るい陽の光、そして、落ち着いた雰囲気は街の喧噪を忘れさせてくれる空間が広がっています(外観の爽やかなブルー色とは違って、店内はとっても落ち着いた色合いの内装となっています)、入口から横長(厨房と客席が半々のスペースでしょうか)ですが、1番奥に広いスペースが設けられています。そのスペースには厨房に面してカウンター席、4席が設けられ、その他に2人掛け2テーブル、4人掛け2テーブル(2人掛け4テーブルにもなります)が隣席との空間も気になることなく、余裕を持った配置が取られています。そして、カウンター上や壁にはオススメの1料理や定番のメニューなどが黒板に掲げられているなど、ここに座っているだけで、居心地よさを感じさせてくれる造りとなっています。

そして、日々心掛けていることは『ワインを飲みたくなるような料理』・・・ワインといっしょにフレンチを気兼ねなくカジュアルに食べて、楽しい時間を過ごしていただける場所を提供できればと思っていますと語る店主さん、そんな気さくな店主さんの温かい人柄もあってか、じわじわと街のビストロとして人気を得ている『Gare de M(ガレドエム)』・・・オーナーシェフでもある店主さんが時間をかけて仕込をし、仕上げられる料理の数々・・・その料理の主役はお肉やお魚ですが、野菜も主役と考えている料理が揃えられています。

より美味しい一皿を味わって欲しい店主さんの一念から、吟味して選びぬいた食材を丁寧に調理し、彩り豊かな季節感あふれるビストロ料理を楽しめるようになっています。ディナータイムもリーズナブルな価格帯で楽しめる『Gare de M(ガレドエム)』ですが、今回は、より手軽な価格で楽しめるランチタイムにお邪魔したので、ここで『Gare de M(ガレドエム)』で楽しむことができるランチメニューをご紹介したいと思います。


ランチメニュー(価格は外税表記となっています。お会計時に消費税8%が加算されます)・・・
コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮込み・950円)
ハモのフライ バルサミコソース(950円)
デミグラたっぷり!あつあつ煮込みハンバーグ・ゴロゴロ野菜と卵添え(950円)
欧風ビーフカレー 旬の野菜添え(950円)
定番!ローストビーフ・グレイビーソース(1050円)
塩漬け豚バラ肉とザワークラフトの豪快煮(1250円)
*ランチメニュー全品にサラダ、スープ、ドリンク(ドリンクはコーヒーor紅茶(アイスorホット)から選べるようになっています)が付いています
*ライスorパンを選べます
*大盛り、おかわりは無料となっています(但し、ライスからパン、パンからライスへの変更はできません)
*デザートは別途になります(店内にある黒板にその日のデザートが書かれています。ちなみに訪れた日のデザートは、なめらかクレームブリュレ(450円)、NYチーズケーキ(450円)、ガトーショコラクラシック(400円)、フランボワーズのソルベ(400円)となっていました)

アルコールメニュー・・・
サッポロ生ビール(500円)、黒ラベル中瓶(550円)、グラスワイン(白、赤・各500円)、デキャンタワイン(1500円)、ボトルワイン(ワインリストから選べるようになっています・2500円~)となっています。



定番!ローストビーフ・グレイビーソース(1050円)

005_20141124173304923.jpg

メインにサラダ、スープ、ドリンクが付いているランチメニューです。ローストビーフはいかに肉汁を閉じこめて焼かれるか、いかにみずみずしくジューシーなローストビーフに仕上げられるかなどが、美味しさの決め手ですが、『Gare de M(ガレドエム)』のローストビーフの画像を見て頂くと分かると思いますが、表面はしっかりと焼かれ、中心部にいくにつれ、ウェルダンからミディアムレア、レアと最高の状態に仕上げられたローストビーフとなっています(最初に高温で焦げ目をつけているため、肉の回りを固めて、旨みを逃がさないことと表面を殺菌することの2つの調理がしっかりとされています)

008_201411241751147fa.jpg

表面を焼いてから、低温で時間をかけてじっくりと加熱されたローストビーフ・・・上記でも述べましたが、表面に焼き目がついているので、お肉の旨みは閉じ込められたまま、赤身の柔らかさを保ちつつ、お肉の脂が溶けているので、独特の食感と美味しさが楽しめます。しっとりした食感と長時間かけて凝縮された旨み・・・また、余分な油を使わずに作るため、さっぱりと食べられるのも特徴です。柔らかくて旨みのあるお肉をさっぱりと食べられるという点では、女性の方をはじめ、年配の方にも好まれるお肉料理ではないでしょうか。

ローストビーフを調理した際に肉から出た肉汁を利用し作られたグレイビーソースは風味抜群なソースとなって、旨味十分のローストビーフの美味しさを更に引きたててくれます。ソースにたっぷりとつけながら味わうとライスの進み具合がとまらなくなりそうです。


デミグラたっぷり!あつあつ煮込みハンバーグ・ゴロゴロ野菜と卵添え(950円)

010_20141124181022df7.jpg

いい匂いと熱々の湯気を立てながら登場してくる『デミグラたっぷり!あつあつ煮込みハンバーグ・ゴロゴロ野菜と卵添え』・・・画像を見て頂くと分かると思いますが、大ぶりの手捏ねハンバーグに中央にドドンッと盛られ、そのサイドには半熟卵、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリーがゴロゴロと入っている煮込みハンバーグとなっています。

011_2014112418111416f.jpg

器の中にデミグラスソースがたっぷり、ぐつぐつと煮立ったハンバーグ・・・画像だと小さめに感じると思ますが、とっても食べ応え感のあるハンバーグとなっています。手捏ねハンバーグにはチーズ、そして半熟卵が横に盛られているので、そのまま味わうのもよし、チーズとデミグラスソースをたっぷりと楽しむのもよし、半熟卵とともに食べるのもよしと、自分好みで楽しめるハンバーグです。

ハンバーグの肉汁がデミグラスソースにしみこみ、お肉の旨味が口いっぱいに広がる粗挽き感を楽しめる肉々しいハンバーグ、トロトロ、熱々のデミソースが絡み、ライスに合わないわけがありません。ハンバーグを食べきった後のデミグラスソースを半分ほど残ったライスの上にかけます。う~ん、旨い・・・ハンバーグ、そして濃厚なシチュー感覚で楽しむことができる『デミグラたっぷり!あつあつ煮込みハンバーグ・ゴロゴロ野菜と卵添え』・・・ランチで充分に満足できる内容となっています。



ライス(大盛り)

006_20141124184654f8a.jpg

ライスorパンを選べる『Gare de M(ガレドエム)』のランチ・・・もちろん、好みはあると思いますが、男性の方でしたら、ライスをオススメします!!麦ご飯で出してくれるのも嬉しいところですが、大盛り、おかわりは無料(ライスからパン、パンからライスへの変更はできません)となっていますし、大盛りにしてもおかわりが無料となっているのが有難いです。なので、男性の方でも十分にお腹を満たしてくれること間違いなしです。

003_20141124185247626.jpg

その他にランチメニューには上記のサラダ(今回はマカロニサラダでした)、下記のスープ(今回のスープはあっさりとしているけれどもコーンの風味がググッと感じられる玉子コーンスープでした)、コーヒー(コーヒーor紅茶(アイスorホット)から選べるようになっています)もついてきます。

004_20141124185623969.jpg

デザートは別途ですが、店主さん手作りのデザートが楽しめるようになっています(デザートはテイクアウトもできるそうです)・・・ということで、帰りにデザートをテイクアウトしようかなと思ったのですが、鶏レバーペースト(400円)もテイクアウトできるということで、今回は鶏のレバーペーストをテイクアウトすることにしました。画像は掲載していませんが、『Gare de M(ガレドエム)』の鶏レバーペーストは今までに見たことないくらいピンク色をしたレバーペーストでした。レバー感の風味が強い味わいでしたが、味わう毎にレバーの美味しさが実感できる逸品でした。とってもワインに合いますので、是非、お店に行った際には楽しんでみて下さい。

013_20141124185646321.jpg

美味しい1品料理とともに、接客もとても温かく応対してくれる『Gare de M(ガレドエム)』・・・素直に、また来たいと思えるフランチレストランでした。ランチは気軽に・・・ディナーはちょっとした夕食に・・・また、ゆっくりとフレンチワイン居酒屋さんみたいに楽しめるお店です。ランチメニューは上記で明記しましたが、お値段もリーズナブルですし、ディナーも手頃な1品料理が揃えられています。特にその中で気になったメニューは『土鍋のブイヤベース(2人・2400円ぐらいだったと思います)』・・・〆にうどんやご飯を投入して楽しめる料理だそうです。近いうちに再訪して楽しんでみたいと思っています。

小さなフランス料理屋さん『Gare de M(ガレドエム)』・・・シェフが作るお料理は、所々に工夫とアイデアのテイストが取り込められ、老若男女、幅広い年齢層の口に合うフレンチに仕上げられている料理は、素材の旨みを引き出した調理法とソースに思わず微笑んでしまう料理を心地よく楽しむことができます。

002_20141124190344063.jpg

西八王子駅南口から程よい距離感に佇む、素朴でアットホームなフランチ『Gare de M(ガレドエム)』・・・くつろげるという言葉がぴったりと当てはまる店内は、シェフと客との距離感が近く、客の要望にもフットワーク良く対応してくれます。ワインを楽しむ普段着の食堂・・・そんな、ビストロ本来の風景を大切にし、形式ばったコースに囚われない自由さが魅力のお店です。食材の吟味と管理から調理に至るまで全てに妥協を許さず、特に肉料理の火加減の良さを料理を通じて感じることが出来ました。良質の素材を使いながらも、リーズナブルな価格に抑えるシェフの心意気も見事に感じられる『Gare de M(ガレドエム)』・・・是非、お店へと足を運んでみては如何でしょうか。


bistro-vin Gare de M(ガレドエム)
住所:東京都八王子市散田町3-16-23 鷹取ビル102
電話番号 042-673-6860
営業時間 
ランチタイム 11:30~14:30(LO14:00)
ディナータイム 17:30~23:30(LO22:30)
定休日 水曜日
駐車場 店舗前に1台停められるスペースあります(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR中央線、西八王子駅南口から徒歩5、6分程です







スポンサーサイト

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/24(月) 21:57:16|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぽわぶる

お店の雰囲気や料理の盛り付け・・・多くの人は様々な目線でお店を選んでいると思います。でも、誰しも、本当は驚かされるような味に出会いたいはず・・・そんな密かな期待に応てくれるのは経験豊かな料理人さんたちではないでしょうか。お客様ごとにおもてなしの仕方を変えて我々を満足させてくれる熟練の技・・・そんな期待を抱きつつ、幾度となく足を運びたくなる1軒のお店があります。

京王線、調布駅から程近いビルの地下1階(半地下のような場所です)・・・まるで隠れ家的な雰囲気の中にあるお店『ぽわぶる』・・・駅に近い場所にお店を構えていますが、初めて訪れる人は必ず迷ってしまう、そんな場所に存在する小さなフレンチのお店です。

007_20141111204430295.jpg

フランス料理店で修行したシェフが奏でるお料理は一見『フレンチ』のようで『和』のテイストが盛り込まれた絶妙の味わいを楽しむことできるお店です。毎日、神奈川県横須賀市佐島から直送されてくる新鮮な魚&旬な野菜を使った料理は味もさることながら、店内の雰囲気、温かい対応など・・・お店に足を運んでくる人の心を惹きつけてくれるものがあります。

特にランチは特筆もの・・・サラダ、スープ、メイン(メインは日替わり・佐島の魚料理)、ご飯、珈琲or紅茶が付いて900円というリーズナブルな価格で楽しむことができます。だからでしょうか、お店がオープンする前から人が並び、列ができるので、早めに並ぶことをオススメします(店内はカウンター席、テーブル席がありますが、12人程入れば一杯になってしまう小さなお店です。日にもよりますが、11時前後に並べば一巡目で店内に案内されると思います)


並んでいると順番に店内へと案内してくれますが、席数が一杯になると2巡目以降になってしまいますので、ご注意を(丁寧に1品1品を仕上げていくので、カウンター、テーブル席とも2回転ぐらいが限度でしょうか。ですので1日当たり25人前後が一杯かなと思います)!!そして、ぽあぶるのお昼ごはんですが、1品限定メニューなのでオーダーは敢えてすることはなく席につけばサラダ、スープ、メインと順番に出てくることになります(注文をするのは、注文するのは、ドリンクの珈琲or紅茶だけとなっています)


サラダ

008_20141111204805b60.jpg

白いお皿の上に綺麗に盛り付けされた『ぽわぶる』のサラダ・・・大根と人参の千切り、そしてカイワレがまぶされ・・・ドレッシングの酸味を効かせた風味が大根と人参の甘味とがバランスよく調和されて楽しめるサラダとなっています。フレンチの特性を活かされたドレッシングとでも言うべきでしょうか。程良い酸味を効かせていますが、口の中に入ると、強い刺激を感じながらも、ふわっとした心地よい香りが広がってきます。大根、人参の水気、甘味、食感、そして、カイワレのピリッとした辛味がドレッシングとともに爽やかな旨味が口の中を駆け巡ってきます。


スープ

010_201411112048294f4.jpg

今回は豆腐のスープでした。スープの上には、シバ漬け、青海苔、ゴマ、おふ、海苔のトッピングが盛られています。優しい味わいに仕上げられたまろやかなスープは、そのままシンプルに豆腐を風味を楽しめますが、1つ1つの個性あるトッピングを混ぜ合わせることで、いろんな味わいが楽しめるようになっています。和のテイストを織り交ぜながら様々な風味を奏でる『ぽわぶる』のポタージュ、1度味わうとはまってしまう、そんな1品です。


メイン(お魚料理がメインとなっています)

013_201411112048538d2.jpg

お魚は神奈川県横須賀市の佐島港直送だそうです。鰹、カンパチ、アゴナシ、黒ムツ、シイラ、クロカワカジキ、カマス、アナゴ、ワカシ、鱸、カワハギ、赤イカ、コノシロ、メダイなどなど・・・その日、直送されたものがテーブルの上に提供されるとのことです。ということで、ランチ時は魚料理がメインとなっている『ぽあぶる』のお昼ごはんですが・・・天候が悪くて漁師さんが漁に出られない場合はお肉料理に変更されることもあるそうです。

015_20141111204920c1c.jpg

『ぽあぶる』のお昼ごはんで出てくる料理方法はグリルやフリットが多いですが、魚が新鮮なので全く、魚の臭みは感じることがありません。ソースも和をプラスした醤油ベースのものも多いですが、今回のソースはカレー風味を効かせたフレンチ技法のソースを楽しむことができました。

016_201411112049464c7.jpg

大きめにカットされた皮付きの魚は食べ応え十分・・・皮は香ばしく、火が入り過ぎることなく、身が柔らかで絶妙の焼き加減で脂も適度に感じられます。カレー風味のバルサミコ酢のソースにつけると抜群の相性で美味しさが口の中に広がってきます。サラダ、スープ、メインと彩りも豊かで目で楽しめ、舌で味わう・・・お腹も心も満足感で満たされるのが『ぽあぶる』のお昼ごはんに感じます。


ご飯(雑穀米を使用したご飯となっています)

012_201411112050169b7.jpg

大量生産と消費が大変なスピードで繰り返される社会の中で、産地から送られてきた魚、野菜を大切に料理したりと、物を大切にするというスタイルは、とっても温かい気持ちにさせてくれます。心からくつろげるレストランといった言葉がぴったりの『ぽあぶる』・・・魚、野菜を美味しく食べられる幸せに加えて、感心されるのは心遣いができる温かい接客、シェフ、ホールとお2人で切り盛りされている小さなお店ですが、その温かい雰囲気にも心が癒されます。

神奈川県横須賀市佐島で水揚げされたお魚をメインに料理を提供してくれる『ぽあぶる』・・・いつも待ち客が絶えない人気のお店です。洗練された街の中にも、どこか田舎に帰ったかのようなアットホームさを感じる『ぽあぶる』・・・小さな隠れ家的なお店だからこそ出せるアットホームな雰囲気に心が和みます。

018_2014111120504296c.jpg

手間を惜しまないこと・・・仕入れ、仕込み、盛り付けなどなど・・・作業を数えるならキリが無いほど・・・しかし、その手間こそが多くの人が足を運ぶ理由の1つなのではないでしょうか。この料理の質、量、接客で、900円というリーズナブルな価格で楽しむことができる『ぽあぶる』のお昼ごはんはコストパフォーマンスの良さを感じられます。時代は変わっていくけれど、この店は変わらずにいて欲しいと心から思います。


ぽわぶる
住所:東京都調布市布田1-47-4 調布ツインズB1F
電話番号 042-499-2080
営業時間
ランチタイム・火曜日~日曜日 11:30~14:00(ランチは予約不可・おまかせコース料理)
ディナータイム・火曜日~金曜日 19:00~23:00(完全予約制・おまかせコース料理)
ディナータイム・土曜日・祝日 19:00~22:30(完全予約制・おまかせコース料理)
ディナータイム・日曜日 18:00~20:30(完全予約制・おまかせコース料理)
*電話予約可能な時間帯(19:00以降(ランチの予約は不可))
*キャンセル料はコース料金の50~100%(コースは2名様以上から)
定休日 月曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 京王線、調布駅より徒歩2、3分程です







テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/11/12(水) 21:32:42|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

RESTAURANT & BAR SCENE(シーン)

由緒正しい老舗のお店で味わうフルコースのフランス料理は時を積み重ねた歴史が感じられ、綺麗に盛られた1皿1皿を味わうごとに、どこか華やかな気分にさせてくれるものがあります。作り手が料理に込める技術や想い、味わいを実感し、共感できる芸術性に富んだ1品1品をゆっくりと楽しみながら、料理と時間の探求心や想像力を豊かな気持ちにさせてくれる力が料理にはあると思います。1皿から伝わってくる強さと優しさ、そして奥深さなどなど・・・表現力がある料理を味わうと、料理に対する感動や新しい発見と巡りあえるような気がします。今回は、そんな1品1品の料理から・・・いろんな想いや美味しさが伝ってくるお店をご紹介したいと思います。

落ち着いた雰囲気とお洒落なインテリアの中で、正統派のフランス料理を楽しめるお店として親しまれ続けている『SCENE(シーン)』・・・基本を忠実に、手抜きのない仕事ぶりが伺える料理は地元客から長く支持されているお店です。野菜、肉、魚貝にいたる素材を吟味し、その持ち味を活かした1品に仕上げられている料理は、味わうごとに素材の美味しさが伝わってくるほどです。記念日や特別な日の会食に・・・想い出に残るひと時を過ごすにふさわしいお店ではないでしょうか。また、隣接するバー(以前、ブログのオフ会の2次会の場としてお世話になりました)では、カレーなどのリーズナブルなランチを楽しめるとあってか、それを目当てに遠方からも訪れる人が多い・・・八王子を代表する老舗のフランス料理のお店です。


001_201403301059313cf.jpg

京王八王子駅前で20年以上続く、老舗のフレンチのお店『SCENE(シーン)』・・・店舗は地下にあり、レストランとバーの2つの顔を持つお店として親しまれています。地下に店舗があるせいか、日常の気ぜわしさを一切感じることなく、太陽の光と騒がしい外の喧騒を遮断した空間は心を安らぐにはぴったりの場所かも知れません。階下に広がる大人の空間とでも言う感じでしょうか。厳選された旬の素材や演出にこだわったフレンチが堪能できるレストランフロアと、ゆっくりと世界中の洋酒、カクテル、ワインが楽しめるシックな空間のバーフロアを構えている『SCENE(シーン)』・・・大人の隠れ家のような雰囲気が過ごせ・・・どちらも1つのお店として楽しめるのが、このお店が持つ魅力の1つでもあります。

八王子市街地の中でも、なかなか味わえないフレンチの名店との呼び声も高い『SCENE(シーン)』・・・アイボリーを基調にした温もりのあるレストランフロアでは、厳選された旬の素材を使った身体に優しいフレンチのコース料理を気軽に楽しめ・・・シックなバーフロアでは、カレー、ワンプレートランチなどが楽しめるようになっています(下記にレストランフロアで楽しめるランチコースメニュー、バーフロアで楽しめるランチメニューなどを明記していますが、詳しくはお店のHPを確認してみて下さい)

レストランフロア ランチコースメニュー・・・
カジュアルフレンチコース(パン・バケット、本日のスープ、本日の鶏肉料理or本日の鮮魚料理(本日の鮮魚料理はプラス300円となっています)、プティデザート、コーヒーor紅茶が付いて1400円)
お肉のコース(パン・バケット、オードブル(5種類あるオードブルの中から1つ選ぶことができます)、仔羊のフランスパン粉焼き 野菜とビーツのソースor特選牛フィレ肉ステーキ本日のソースで(プラス850円)、本日のデザート、コーヒーor紅茶が付いて2400円)
お魚のコース(パン・バケット、オードブル(5種類あるオードブルの中から1つ選ぶことができます)、本日の鮮魚料理、本日のデザート、コーヒーor紅茶が付いて2400円)
SCENEフルコース(パン・バケット、オードブル(5種類あるオードブルの中から1つ選ぶことができます)、本日の鮮魚料理、仔羊のフランスパン粉焼き 野菜とビーツのソースor特選牛フィレ肉ステーキ本日のソースで(プラス850円)、本日のデザート、コーヒーor紅茶が付いて3600円)となっています。
*オードブルは下記の5種類の中から選べるようになっています。
1・海の幸のマリネ 庭園仕立て
2・鮮魚のカルパッチョ レモンヴィネグレットソース
3・いろどりオードブル盛り合わせ
4・本日のテリーヌ
5・ベルギー産フォアグラのポワレ(プラス1800円)

サイドメニュー・・・
エスカルゴの壺焼き ブルゴーニュ風(小・1200円、大・2400円)、本日のスープ(400円)、フェルミエよりフランス産を中心にしたチーズ(800円~)などとなっています。

季節のおすすめドリンクメニュー・・・
グラスハウスワイン(赤、白・各600円)、シェリー(600円)、自家製サングリア(600円)、グラススパークリングワイン(900円)、ハイネケン樽生ビール(650円)、アップルワインカクテル(600円)、本日のおすすめグラスワイン(700円~)、北海道余市あかね林檎ジュース(650円)、自家製梅シロップのジンジャーエード(550円)、微発泡ミネラルウオーター フェッラレーレ(500円)となっています。

バーフロア ランチSETメニュー・・・
本日のカレーライスとサラダ、コーヒー(990円)
牛ロースカツカレーとサラダ、コーヒー(1500円)
牛ロース100gのワンプレートランチとコーヒー(1500円)
レタスとひき肉、ポーチドエッグのタコライス、コーヒー(1000円)となっています。


ブログのオフ会でお世話になったバーフロアでカレーランチでもと思って足を運んだのですが、時間もあったので、ゆっくりとランチコース料理でもと思い、今回はレストランフロアで2400円のランチコースを楽しむことにしました(お肉のコースとお魚のコース)。厳選された旬の素材を使った料理・・・彩り豊かな1品1品・・・そんな味わい深い美味しさをゆっくりと堪能できる(下記画像のオードブル、メインは2人分です)フレンチのコース料理・・・まず、テーブルの上に素材が持つ独特の艶やかさが魅力のオードブルが出てきます。

いろどりオードブル盛り合わせ

010_20140330170612432.jpg

サラダに4種類のオードブルが盛り合わせになっている『いろどりオードブル盛り合わせ』・・・画像左から、帆立と海苔のテリーヌ、パテ ド カンパーニュ、パセリと豚肉のテリーヌ、スモークサーモンのマリネ・・・と4種類のオードブルが楽しめるので、いろんな種類の味わいを楽しみたい方にはピッタリのオードブルです。

帆立と海苔のテリーヌは、帆立の旨味を詰め込んだ優しい味わいが楽しめ、海苔の香りがふわっと口の中に広がってくるテリーヌとなっています。パテ ド カンパーニュは、濃厚な味わいを楽しめるので、パンにつけながら食べるといいですし、パセリと豚肉のテリーヌはさっぱりとしていながらもパセリのほのかな香りと豚肉の旨味がマッチした美味しさを楽しむことができます。彩り豊かに、それぞれの素材の美味しさを凝縮された1品1品・・・このオードブルを味わうだけで心に満足感を与えてくれるものがあります。



本日のテリーヌ

006_20140330174410acb.jpg

今回のテリーヌは有機野菜のテリーヌでした。サツマイモ、ゴボウ、アスパラ、ネギ、ほうれん草、ニンジンの素材が詰まった有機野菜のテリーヌ・・・甘く煮込まれたサツマイモ、根菜類の特徴でもあるゴボウのカリッとした食感の良さ、春の息吹を感じさせてくれる柔らかいアスパラ、口の中で香るネギの風味、甘みを出すためのニンジンなどを中心に彩り豊かな有機野菜を使用したテリーヌとなっています。有機野菜のコラボレーションとも言うべき1品のテリーヌ・・・1つ1つの有機野菜を温野菜にしてスープで固めているので、体に優しく楽しめる1品に仕上げられています。

このテリーヌは、マスタードベースのソースとつけながら味わっていくのですが、この様々な旬の野菜の味と深みを更に引き出しているのが岩塩の存在です。テリーヌの中に詰め込まれている有機野菜の間に岩塩が一緒に入っているのですが・・・この岩塩がアクセントとなり、それぞれの有機野菜が持つ美味しさをより感じられるテリーヌとなっています。



本日の鮮魚料理

016_2014033018204978e.jpg

今回の鮮魚料理は『マコガレイ ブイヤベースソース』でした。マコガレイのさっぱりとした食感と柔らかい身は、煮漬けや味わいを引き立てるようなソースとともに味わうと、より美味しさが楽しめる魚とも言われている通り・・・新鮮な魚介類と何種類かのハーブやスパイスを使い、ひと手間かけることで味に深みが増されたブイヤベースソースがとってもマゴカレイとあっていました。少し酸味がある、さっぱりとしたブイヤベースソースがマゴカレイによくマッチし、ひと味違った味を楽しむことができました。

また、マゴカレイの上には牡蠣のソテーが盛られていたのですが、この牡蠣がとっても美味しいものでした。しっかりと牡蠣の旨味を閉じ込めるようにソテーされた牡蠣はジューシーな旨味とコクのある味わいを堪能することができました。1皿で2つのメインを楽しんでいるような『SCENE(シーン)』のお魚コース・・・季節が変わる度にいろんな鮮魚料理を味わいに足を運びたくなります。



仔羊のフランスパン粉焼き 野菜とビーツのソース

013_20140330185806cfc.jpg

通常は4枚分の肉があるかと思わせる肉厚な仔羊のフランスパン粉焼きが楽しめる『SCENE(シーン)』のお肉コース・・・レアーな柔らかい仔羊の香草焼きを野菜とビーツのソースとともに味わっていくのですが、柔らかい仔羊の美味しさとフランスパン粉焼きが何ともいい食感を生み出している仔羊のフランスパン粉焼きとなっています。好きな人にはたまらない1品ですし、量も申し分なく・・・男性の方でも満足感が得られる1品ではないでしょうか。

015_20140330191006a98.jpg

鉄分、ミネラル、ビタミンBを多く含み、低カロリー高タンパクの体にとても良い食材『仔羊』を味わい深く楽しむことができる仔羊の香草焼き・・・その仔羊の香草焼きを色鮮やかなビーツソースとともに味わっていきます。ビーツと言えば、ロシアのシチュー、ボルシチにも欠かせない野菜なのですが、最近、フレンチをはじめ、様々な料理でもよく見かけるようになったビーツ・・・鮮やかな濃い色合いが盛り付けの効果的なアクセントになっています。しかも、味にクセがないので、ビーツの甘味がトマトとマッチしたソースが他の食材を邪魔しないところも魅力なのかも知れません。

011_2014033020000428f.jpg

パンは全部で3種類楽しめるようになっています。オードブルの前後、メインと料理を楽しむ頃合いを見て、お店の方が温めてもってきてくれます。

018_20140330200215bd1.jpg

パンは全て自家製だそうです。パン屋さんにお願いしているお店が多いなか、パンからもこだわりを感じれる『SCENE(シーン)』・・・シェフの方たちが朝早くから仕込み、1つ1つ丁寧に焼かれているパンは、料理とともに味わうのはもちろんのこと、ソースにつけたり、一緒に出てくるバターをたっぷりと塗って味わうのもよしと・・・それぞれに風味を楽しみながら味わえるパンとなっています。


本日のデザート

019_20140330201204d2b.jpg

今回のデザートは、クレームブリュレ、チーズケーキ、パウンドケーキ、ベリーのシャーベットと4種類もの贅沢なデザート盛り合わせを楽しむことができました。特にクレームブリュレの表面を焦がしたパリパリの食感とバニラビーンズをたっぷりと使った濃厚なカスタードクリームの味わいがマッチして、とっても美味しかったです。また、チーズケーキの濃厚な味わいやパウンドケーキのしっとり感、さっぱりとしたベリーの風味が満載のシャーベットとそれぞれの違った味わいが楽しめるデザートだったので、とっても満足感を得られるデザートでした。

023_20140330202726a47.jpg

ちょっと秘密めいた雰囲気の空間でありながら、本格的な味わいの料理とバーと2つの顔を持っている『SCENE(シーン)』・・・料理、空間、接客と心地よさの3拍子が揃っているフレンチのお店です。

002_20140330202744b9b.jpg

心温まる接客と美味しい料理をゆっくりと楽しむことができる『SCENE(シーン)』・・・京王八王子駅前とアクセスも良く、階下に広がる大人の空間は心が安らぐこと間違いなしの雰囲気の良さを過ごすことができます。本当は、秘密にしたい地下の隠れ家的なレストランですが、今や知名度もあり、八王子の名店とも言うべきお店なので、秘密にすることはできませんが、『SCENE(シーン)』を訪れたことがない知人や家族を連れていけば、きっと誰しも喜ばれること間違いなしのお店です。


RESTAURANT & BAR SCENE(シーン)(HP)
住所:東京都八王子市明神町4-7-15 落合ビルB1F
電話番号 042-645-8888
営業時間
レストランフロア
11:00~LO14:00
17:30~LO21:00
バーフロア 17:30~翌1:00
定休日 月曜日
駐車場 あり(近隣にもコインパーキングがあります
最寄り駅 京王八王子駅から徒歩1分、JR八王子駅北口から徒歩4、5分程です







テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/30(日) 21:10:53|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レストラン山中亭

リーズナブルな価格で楽しめるランチや、気軽に美味しいフランス料理を楽しみたいのなら、今回、ご紹介する『レストラン山中亭』がオススメです。八王子市椚田町の地で長きに渡って親しまれ続けているフレンチレストランのお店で、一流フランス料理店で修行を積まれたオーナーシェフがもっと日常の中で肩肘張らずに楽しんで欲しいとの思いから気軽に立ち寄れるフレンチレストランとして愛され続けているお店です。何かとフォーマルでかしこまった印象の強いこのジャンルを生活の中で利用できる気さくなお店へと変身させ、まるで、山小屋にいるような居心地の良さの中で、ゆっくりと食事を楽しむことができるとあってか、日々、多くの人が通い続けている人気のレストランです。

009_20140323175433290.jpg

最寄り駅でもある京王高尾線、めじろ台駅から歩くこと15~20分程でしょうか。ヨーロッパのコテージを思わせるような落ち着いた雰囲気の中で、新鮮な食材を使ったフランス料理を楽しむことができる『レストラン山中亭』・・・素材にこだわり、1つ1つ丁寧に仕上げられた料理、デザート、パンはどれも味わい深く、特に各料理に使われているソースは何とも言えない奥深さを楽しむでき、気取らず、リーズナブルに、ちょっとお洒落で贅沢な時間を楽める・・・そんなフレンチレストランのお店です。

また、八王子市街地から程よく離れた場所にあり、散歩がてらにフラッと立ち寄れるとあってか、ランチ時(特に週末のランチ時は混雑します)にはひっきりなしに人が店内へと入っていくほど、多くの人に愛され続けている『レストラン山中亭』の料理・・・こういうフレンチレストランだと1回転するのが良いところだと思うのですが、週末の『レストラン山中亭』と言うと2、3回転もするほどの盛況ぶりを見せています。長く愛され続けている味を大切に守りながらも週替わりのランチなど・・・日々、訪れる多くのお客さんを常に飽きさせない味を作り上げているこそ、多くの人が足繁く通い続けているのかも知れません。今回はランチ時に訪れたので『レストラン山中亭』で楽しめる週替わりのランチメニューをご紹介したいと思います。


リーズナブルに楽しめる『レストラン山中亭』の週替わりのランチメニューは3種類から選べるようになっています。
週替わりのメイン、パン又はライス、コーヒー(紅茶又はオレンジジュース)、サラダ(サラダはデザートにも変更できます)が付いて1100円
週替わりのメイン、パン又はライス、コーヒー(紅茶又はオレンジジュース)、サラダ、デザートが付いて1300円
週替わりのメイン、パン又はライス、コーヒー(紅茶又はオレンジジュース)、おすすめサラダ、デザートが付いて1450円
*上記のランチ価格にプラス450円でスープが付いてきます。
・・・以上が週替わりのランチメニューになっていますが、上記以外にも単品メニューや、山コース、中コース、椚コース、里コースといったコースメニューなども楽しめるようになっていますので、詳しくは下記に掲載してあるお店のHPを確認してみて下さい(週替わりのランチメニューもHPにて更新されていますのでチェックしてみて下さい)


今回はおすすめサラダとデザートが付いた1450円のランチコースを楽しむことにしましたが、『レストラン山中亭』の良さは料理はもちろんのこと、接客の対応の早さも良いところではないでしょうか。さほど待たされることもなく、料理が出てくる手際の良さ・・・週替わりだけではなく、通常のコース料理もベストのタイミングで出てくるところに、とっても好感を持つことができます(厨房と接客の連携、意思疎通がしっかりと出来ているからこそ・・・この手際の良さが回転率の良さを引き出しているのかも知れません)

003_201403231755064d5.jpg

週替わりのランチを頼むと、まず出てくるのが上記画像の『おすすめサラダ』です。優しい甘さとなめらかな口当たりが楽しめる、マッシュカボチャの中にレーズンが入ったサラダです。レーズンの風味が合わさったサラダ『マッシュカボチャ』・・・カボチャの濃厚なまろやかさの中にレーズンの食感が楽しい一皿です。レーズンは普段なかなか口にしない食べ物なのですが、食物繊維が豊富に含まれていますし、カボチャとピッタリ合い、ワインのお供としても、パンなどに添えるもよしと、ランチで楽しむテーブルを一段と華やかにしてくれます。カボチャの腹持ちのよい食材なのでメインの前に楽しむにはピッタリのサラダかも知れません。


ポークシチュー

005_201403231837010a1.jpg

今週の週替わりランチは『ポークシチュー』でした。こだわりソースの欧風メニューで作られた『ポークシチュー』・・・豚肉がとっても柔らかく煮込まれ、赤ワインソースと香味野菜のデミグラスソース仕立てのソースで仕上げられた、コクと深みのあるポークシチューを楽しめました。ナイフとフォークをそえただけでホロッとくずれてしまうほどの柔らかさ、その豚肉を赤ワインソースのさわやかな酸味と程よいスパイスの香りで煮込んでいるので、豚肉をより美味しく味わうことができるシチューとなっています。

ポーク、ソースとも味わい深さを堪能することができますが、その脇役を担っているカブ、ニンジン、ブロッコリーの美味しさも必見です。特にカブとニンジンの甘みを感じる美味しさにはまってしまうほどでした。


006_201403231848160a3.jpg

お腹を満たしてくれるライス・・・そして、今回の週替わりのランチはシチューでしたが、メインで楽しめるソースをつけながら楽しめるパンと・・・ランチやコース料理には上記のライスか下記のパンのどちらかを選べるようになっています。

004_2014032318483540a.jpg

『おすすめサラダ』を味わう際はパンがオススメかも知れません。バターが添えられているので、そのままバターとともに楽しむのもよし、メインのソースをつけて楽しむもよし、また『おすすめサラダ』のメインとも言うべき、マッシュカボチャをパンにのせて楽しむことができるのでオススメです。

マンゴーのムース

007_201403231855392ad.jpg

今回のランチデザートはマンゴーのムースでした。2層に仕上げられたマンゴーのムース・・・マンゴーの甘酸っぱさと香りを濃縮された風味が口に中にふわっと広がってきます。懐石料理には食べる料理の順番が約束事として決まっていますし、フランス料理の場合も同じで、前菜、スープ、魚料理、肉料理などのメイン、サラダ、デザートなどの順に進んでゆくのがフルコースですが、一口にデザートと言っても、複数の材料を組み合わせることによって幾多のバリエーションをもたらしてくれるものがあります。

形は立体形な物から平たい物、丸や四角い形、味に付いては甘いものや果物の酸味、チョコレートの苦味があり、色合も鮮やかな赤い色や淡いパステル調の色彩、渋い茶色と広範囲にまたがります。さらに、食べる際の温度も考え合わせれば、身近にある材料が千変万化するものと言えるのではないでしょうか。身近な材料を何十倍にも変化させて楽しむ事ができるデザート・・・見た目も美しく、食べて美味しく、中に入っている材料の香りや食べた時の触感といい、五感を駆使して味わう食後のデザートにはコース料理を楽しむうえで大きな役目を果たしているのかも知れません。


店内はまるで、フランスの街角にあるカフェのような・・・気軽に立ち寄れる雰囲気が人気の『レストラン山中亭』・・・

008_2014032318555852f.jpg

フレンチと言えば特別な日のコース料理が定番ですが、お子さん連れの家族や仕事帰りに友人たちがふらっと立寄り、ワイン片手にフレンチをシェアする・・・また、散策がてらにリーズナブルなランチを楽しみに足を運ぶ・・・そんな日常使いのフレンチを楽しむことができるのが『レストラン山中亭』の魅力に感じます。店内に入れば、多くの人から愛され続けていることが分かる人気のフレンチレストランです。ちょっと不便な場所にお店を構えていますが、是非、足を運んで『レストラン山中亭』の味を堪能してみては如何でしょうか。


レストラン山中亭(HP)
住所:東京都八王子市椚田町115-1
電話番号 042-666-2153
営業時間
ランチ 11:00~15:00(LO14:30)
ディナー 17:00~22:00(LO21:00)
定休日 水曜日(水曜日が祭日の場合は営業)
駐車場 あり
最寄り駅 京王高尾線、めじろ台駅から徒歩17、8分程です(JR西八王子駅、めじろ台駅、JR八王子駅南口からそれぞれバス便もあります)







テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/23(日) 20:59:47|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フランス料理 アントレー

フランス料理というと、格式が高く、スーツやドレスを着て、かしこまって食べなければいけないイメージがどうしても頭の中をよぎってしまいます。しかし、ひとくちにフランス料理のお店といっても、軽食などを気軽に食べられるカフェから、予約をしなければ行けないようなお店、いわゆるグランメゾンと呼ばれるお店までと幅広いジャンルのお店が存在します。

フランス料理を提供するお店は、大きく分けて『ブラッスリー』、『ビストロ』、『レストラン』、『オーベルジュ』、『グランメゾン』の業態がありますが、『カフェ』は喫茶から軽めの食事まで取れるお店として・・・『ブラッスリー』はアルコールに合う料理などを取り揃えているので、軽い食事とアルコールを楽しみたい時にはオススメですし・・・『ビストロ』は家庭的かつにぎやかなにフランス料理を楽しめ・・・『レストラン』はやや高級なフランス料理店というイメージがあり・・・『オーベルジュ』は宿泊設備のあるフランス料理レストラン(ホテルがメインではなく、あくまでもレストランがメインということを踏まえて、施設全体がコーディネートされているお店です)として・・・『グランメゾン』は格式の高い超高級フランス料理店として認識されていますが、誰と行くか、その時の気分によってなどなど・・・それぞれのニーズに合わせて使い分ければ楽しさも増してくるのではないでしょうか。今回は、八王子で長きに渡って親しまれ続け、家庭的な温かい雰囲気の中で、ゆっくりとフレンチを楽しむことができる『フランス料理 アントレー』へと足を運んでみることにしました。


014_2014012120284347e.jpg

最寄り駅でもあるJR西八王子駅から徒歩3、4分程でしょうか。スーパーアルプスの前にある248ショッピング街の2階にお店を構えている『フランス料理 アントレー』・・・まるで、家に帰ってきたかのような温かく出迎えてくれるフレンチレストランのお店です。20席のみの小さなフランス料理のお店ですが、親しみやすさと四季折々の旬の素材を用いた前菜やメインなどが楽しめるとあってか、いつ訪れても賑わいを見せているフレンチレストランです。今回はランチを味わいに訪れたので、『フランス料理 アントレー』で楽しめるランチメニューをご紹介したいと思います。

『フランス料理 アントレー』のランチメニュー・・・
本日のランチ(前菜、本日の魚料理またはお肉料理、デザート盛り合せ、パンorライス、コーヒーor紅茶が付いて1575円)
サーロインステーキランチ(前菜、サーロインステーキ、デザート盛り合せ、パンorライス、コーヒーor紅茶が付いて2100円)
スペシャルランチコース(オードブル、スープ、本日の魚料理、お肉料理、デザート盛り合せ、パンorライス、コーヒーor紅茶が付いて2940円)
ランチタイムサービスメニュー・・・
グラスワイン(赤白・380円)、デカンタ(赤白・1350円)、本日のスープ(本日のランチ、サーロインステーキランチに付けられます・500円)、スペシャルデザート(プラス400円でスペシャルデザートに変更することができます)となっています。
ドリンクメニュー・・・
オレンジジュース(450円)、ウーロン茶(450円)、コーラ(450円)、ジンジャーエール(450円)、ビール(中瓶・650円)、ノンアルコールビール(430円)となっています。


今回は3種類あるランチメニューの中からリーズナルな価格でフレンチを楽しめる本日のランチ(1575円)に本日のスープ(500円)を一緒に楽しむことにしました。

001_20140121205111b3a.jpg

今回のスープはコーンポタージュスープでした。野菜のポタージュの中でも冬になると無性に飲みたくなる『コーンポタージュスープ』・・・茹でたコーンを丹念にペースト状にし、生クリームとミルクを加えてつくる伝統のスープ・・・コーンの甘みがふわっと生きた至福の一杯です。口の中に含むと、とろ~りと濃厚なコーンスープが口の中に広がり、全身を温めてくれます。寒い冬に味わうと最高だと感じるこの瞬間の至福度はまさに至高の美味しさを楽しむことができます。


イカのマリネサラダ

006_20140125182838352.jpg

イカのぷりっとした食感と野菜のシャキシャキ感が楽しめる『イカのマリネサラダ』・・・彩りもよく、さっぱりとしたドレッシングが食欲がそそります。お酢とビネガーを使ったドレッシングは酸味がマイルドで、すっきりとした味わいに仕上げられています。柔らかなイカの旨みと、程よい厚みにカットした野菜のシャキシャキとした食感が楽しめるマリネサラダです。


仔羊のミートローフ

010_20140125184026c34.jpg

旨味と風味をじっくりと閉じ込めて焼かれた『仔羊のミートローフ』・・・吸い付くような絶妙の焼き加減となった仔羊のミートローフからは肉汁と香り、旨味が折り重なって口の中に広がってきます。ブロッコリー、ニンジン、ジャガイモ、そして、ほんのりと甘く煮込まれたフキが一緒に添えられ・・・見た目も華やかなミートローフに仕上げられています。しっとりとジューシーな焼き上がり&美味しさが楽しめる『仔羊のミートローフ』・・・味わう毎に美味しさが増してくる1品です。


真鯛のムニエル

009_2014012519314947a.jpg

今回のお肉料理は『仔羊のミートローフ』、魚料理は『真鯛のムニエル』でした。肉厚な鯛は皮の部分が香ばしく、脂ものっていて味わい深く楽しむことができますが、何と言っても美味しさを引き立てているのがソースの存在です。程良く酸味を効かせたソースが魚介にとっても合い・・・酸味と香りがすごくいい風味が口の中に広がってきます。

004_20140125195144d2a.jpg

バゲットもしっかりと味が濃いので、料理とバゲットだけでどんどん食事が進んでいきます(普通2切れほどしか出てこないものですが『アントレー』では4切れも出してくれます。しかも違った種類を・・・)、やっぱりバゲットが美味しいと料理も一層美味しく感じてくるものです。これから魚介も美味しさが増してくる季節・・・ひと手間加えられた美味しい料理とともにバケットを楽しみたいものです。


デザート盛り合せ

012_20140125195750ca4.jpg

今回のデザート盛り合せは、キャビネットプリン、ストロベリーシャーベット、抹茶のフィナンシェ、数種類のフルーツでした。フレンチトースト感覚でフルーツと一緒に蒸し焼きにされたキャビネットプリン・・・爽やかな風味と甘酸っぱい香りが口にぶわっと広がってくるストロベリーシャーベット・・・しっとりと心地よい香りが楽しめる抹茶のフィナンシェと・・・それぞれに風味豊かに楽しめるデザート盛り合せとなっています。

安心、安全にこだわり抜いた目線で優しい味わいのフレンチ料理を楽しむことができる『アントレー』・・・店主さんご夫婦の人柄にファンも多く、幅広い年代の常連さんが通いつめる、地元に愛され続けるお店です。

013_2014012519584592c.jpg

日本人の感性に馴染む要素を織りまぜたフレンチをゆっくりと楽しむことができる『アントレー』・・・季節の旬と素材にこだわり、前菜からデザートまで、すべてが手作りで楽しめ、それぞれのスタイルでゆっくりと食事やワインが楽しめる家庭的なレストランです。最寄り駅でもあるJR西八王子駅からも程近く、気軽にふらっと立ち寄れるフレンチ料理のお店ですので、是非、足を運んでみては如何でしょうか。


フランス料理 アントレー
住所:東京都八王子市散田町3-18-11 248ショッピング街2F
電話番号 042-665-9837
営業時間
11:30~15:00(LO14:00)
17:00~22:30(LO21:30)
定休日 月曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR西八王子駅南口から徒歩4、5分程です








テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/01/25(土) 20:24:58|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。