たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

けむ蔵

焼肉屋さんと言うと・・・どうしても夜のイメージが頭の中に思い浮かんでしまいます。実際に夜のみの営業をされているお店が多く、気軽にランチで焼肉を味わいたいと思っても、なかなか営業されているお店が少ないのが現状ではないでしょうか。また、焼肉ランチと言うと、どうしてもランチ価格での提供なので(原価、単価などを考慮すれば仕方ないところです)・・・肝心なお肉も薄く、数枚盛られている程度なので、ボリューム感や満足感は得られないものです。しかし、今回、ご紹介する焼肉屋さんは、店主さんが食べに来てくれた1人1人がお腹いっぱいになってくれたら・・・という思いが込められいる焼肉ランチメニューが楽しめるお店となっています。

JR八王子駅南口から歩いて5、6分程でしょうか。お店の近くに来ると、お肉の焼ける、いい匂いを漂わせてくる『けむ蔵』・・・店名のとおり、新鮮なホルモンや厚切りのお肉を七輪炭火でモクモクと香ばしい煙を立ち上らせながら、ゆっくりと焼肉を堪能できるお店です。


007_201412182019236f3.jpg

テキパキとお店を切り盛りされている店主さんは、まるで肝っ玉お母さんのようです。そんな明るく出迎えてくれる『けむ蔵』の店内はカウンター8席、お座敷4名テーブルが2卓、お座敷3名テーブルが1卓の計19席が設けられています。またスタッフの方も女性で切り盛りされていることもあり、女性の方が1人でも入りやすい雰囲気となっています。なので、周りを気にせず、1人焼肉をゆっくりと満喫できる、そんなお店でしょうか。

そして、新鮮なお肉はもちろんのこと、『けむ蔵』がこだわっているのが炭火です。牛の栄養素を蓄えている様々なホルモン、そのホルモンの美味しさを引き出すためには炭火は欠かすことができません。炭火の美味しさの特徴でもある強い遠赤外線が肉の旨さの要素を引きだし、味わい深い美味しさを楽しむことができます。


008_2014121820425942d.jpg

焼面が広い角型七輪が使われている『けむ蔵』・・・七輪は火起こしが大変、火力調節が難しい、後片付けが面倒などの弱点もありますが、美味しさは弱点を補って余りあるものがあります。七輪(珪藻土)が熱せられると遠赤外線(赤い光よりも波長が長い熱線)を出し、そして蓄熱効果で美味しく楽しめるのが魅力ですが、その七輪に使われている珪藻土には無数の微細な穴があり、この穴が熱を蓄積し放出してくれる効果を担ってくれています。これらの相乗効果で遠火の強火が可能となり、食材を焦がさずにしっかりと中まで火が通り、美味しく焼けるのが七輪の特徴となっています(但し、『けむ蔵』で使われている角型七輪は網が固定できないものなので、お肉などを焼く際は、ちょっと大変かも知れません)、そんな炭火で香ばしく、じっくりと焼きながら焼肉時間を楽しむことができる『けむ蔵』のランチメニューなどをご紹介したいと思います。

ランチメニュー・・・
牛カルビ 炭火焼きランチ(牛カルビ150g、ご飯、キムチ、ユッケジャンスープ、濃厚自家製杏仁豆腐が付いて850円)
特選牛ハラミ 炭火焼きランチ(特選牛ハラミ150g、ご飯、キムチ、ユッケジャンスープ、濃厚自家製杏仁豆腐が付いて950円)
牛ロース 炭火焼きランチ(牛ロース200g、ご飯、キムチ、ユッケジャンスープ、濃厚自家製杏仁豆腐が付いて1000円)
かすうどん(1玉・620円)、かすうどん(2玉・800円)、牛すじかすうどんとご飯セット(白ごはん、納豆ごはん、ゆかりごはん・890円)、牛すじ丼(単品では販売できません・380円)、麺のトッピング(牛すじ100円、月見100円)となっています。
*ご飯の大盛り無料、キムチ又はサラダから選べます。

肉類メニュー・・・
厚切り牛タン(940円)、牛タンすじオニオン(680円)、和牛カルビ(900円)、角切り上カルビ(カイノミ・1450円)、牛バラ並カルビ(600円)、豚トロ塩たれ(500円)、鶏ヤゲン(500円)、カシラ(550円)、黒センマイ(480円)、牛ロース(780円)、生ラム肉(790円)、和牛カルビ&厚切りカルビ&しまちゅう3点盛り(2210円)、ホルモン3点盛り(840円)、野菜盛り(480円)、チョリソー&いろいろ野菜のピクルス&ホルモン3点盛り(1500円)、和牛しまちゅう(730円)、厚切りハラミ(830円)、おすすめホルモン(300円)、和牛上モツ(680円)、上ミノ(720円)、はつ(500円)、丸ちょう(660円)、国産牛レバー(500円)、おろしポン酢(130円)、ネギ塩たれ(150円)、チャンジャ茶漬け(550円)、豚キムチチャーハン(660円)、豚キムチ納豆チャーハン(730円)、和牛カルビクッパ(750円)、白ご飯(小盛り180円、中盛り250円、大盛り300円)、わかめスープ(420円)、和牛カルビスープ(650円)

おつまみ&サラダメ&デザートニュー・・・
韓国のり(160円)、白菜キムチ(300円)、茶豆(350円)、いろいろ野菜のピクルス(350円)、キムチ納豆(350円)、ゆでトン(豚)とニラのさっぱりポン酢(530円)、冷奴(350円)、ウインナー(420円)、チャンジャ(440円)、とろとろゆで牛タン(600円)、えびの塩焼き(4尾・650円)、ガツネギまみれ(530円)、ねぎとろユッケ(680円)、炭火焼きエッグ(350円)、男爵芋のポテトサラダ(400円)、たたききゅうり(380円)、チョリソー(460円)、出汁巻き玉子(500円)、ざく切りキャベツと塩こんぶ(350円)、巻いて食べるサンチュ(390円)、けむ蔵サラダ(500円)、麦こがしアイス&メイプル(250円)、フローズンマンゴー(280円)となっています。



牛ロース 炭火焼きランチ(1000円)

016_20141218204340c25.jpg

牛ロースが200g、ご飯、キムチ、ユッケジャンスープ、濃厚自家製杏仁豆腐が付いているランチメニューです(ご飯は大盛りです)、画像だと分かりにくいかも知れませんが、見た目以上(200g)にボリューム感を楽しめるランチメニューとなっています。

017_20141218204421b3a.jpg

厚みのあるカットで盛られてくる牛ロース・・・このランチ価格で200グラムも楽しめるのなら十分に満足感を得られる内容ではないでしょうか。この牛ロースのお肉だけでランチ価格の半分ぐらいの原価を超えているように感じます。そんな牛ロースですが、サーロインやリブロースなどと比べると柔らかい感じはありませんが、普通に噛み切るには問題ないロース肉を楽しめます。あまり火を入れすぎると硬くなりがちなので、ミディアムレア位がオススメでしょうか。赤身ならではのしっかりとした牛肉本来の味が楽しめ、この価格でしっかりとした厚みのある牛ロースを食べられると思うと・・・お得感を感じると思います。


特選牛ハラミ 炭火焼きランチに付いてくる特選牛ハラミ150gです

018_20141218204442603.jpg

この特選牛ハラミ(150g)は特選牛ハラミ炭火焼きランチに付いてくるお肉となっています。横隔膜の薄い部分のハラミ・・・牛1頭からわずか2~3kgしかとれない貴重な部位としても知られています。また、見た目は赤身の牛肉にも見えますが、実は肉を卸すとき、肺が付随してくることから内臓扱いになっているお肉だそうです。適度な脂肪と柔らかい肉質が楽しめる『けむ蔵』の特選牛ハラミ・・・ジューシーな旨味があり、ローカロリーとしても知られているので、女性の方が好んで注文される1品だそうです。


厚切り牛タン(940円)

010_201412182045111b4.jpg

『けむ蔵』の三大看板メニュー(和牛しまちょう、牛タン、カルビ)の1つでもある厚切り牛タン・・・1本のタンから通常6~8人前しかとれないタンを厚切りで楽しめる1皿です。牛タン特有のプリッとした食感と旨味が溢れてくる肉汁が楽しめる『けむ蔵』の厚切り牛タン・・・大ぶりのタンなので、ハサミで食べやすいサイズにカットして楽しんでいきます。塩、レモンを程よく効かせた味わい加減が牛タン本来の旨味を引き立たせてくれています。


上ミノ(720円)&おすすめホルモン(300円)

013_20141218204530e75.jpg

上ミノ・・・さっぱりとした味わいと、そして何とも言えないコリコリとした噛み応え感がたまらない上ミノ、その食べ応えを求めて焼肉屋さんに来ると必ずや注文してしまう1品です。ホルモン系の中でも噛めば噛むほど味が出てくる上ミノ、肉厚で甘みもあり、コリコリした食感は最高の逸品に感じます。

おすすめホルモン・・・『けむ蔵』のオープン当時から人気の1品で、一皿、300円という庶民的な価格で楽しむことができる『おすすめホルモン』、赤字覚悟で美味しく新鮮なホルモンを楽しんでもらいと創業当時から価格を変えずに出されているそうです。口の中で溶けてしまうようなプルプルとした柔らかさ、そしてジューシーな旨味と甘みを満喫できる脂の美味しさがたまりません。


アットホームな雰囲気の中でゆっくりと焼肉時間を満喫することができる『けむ蔵』・・・1人でも気軽に立ち寄れる焼肉店ですし、スタッフの方も女性ですので、女性同士でも気楽に入ることができる焼肉屋さんではないでしょうか。厚切りにカットされたタンやお肉を味わうのもよし、リーズナブルな価格で味わうことができるランチを楽しむのもよしと・・・ランチ、夜とも満足感を得られるメニューが揃えられています。JR八王子駅南口からも程近い場所にありますので、是非、七輪で楽しめる焼肉を味わいに足を運んでみては如何でしょうか。


けむ蔵
住所:東京都八王子市子安町3-5-15
電話番号 042-649-2967
営業時間
昼 12:00~14:30
夜 17:00~23:00
定休日 無休(但し、水曜日のランチはお休みです。また火曜日もたまにお休みするそうです)
駐車場(約100m西側のコムパーク(全21台)で、会計4000円につき1時分無料になります)
最寄り駅 JR八王子駅南口から徒歩5、6分程です







スポンサーサイト

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/20(土) 19:38:43|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

江華(カンファ)

お母さんが作る、温かくて懐かしい味わい・・・そんな家庭的な韓国料理と焼肉を楽しめるお店があります。八王子市役所から程近い住宅街の中にお店を構えている『江華(カンファ)』・・・店に入ると『いらっしゃいませ!!』と、元気で気さくな、お母さんが出迎えてくれるお店です。

『江華(カンファ)』がある通りは所々にお店や会社などがありますが、1軒家が建ち並ぶ閑静な住宅街の中にあります。以前は法務局があった通りなので、移転前は多くの人が行き交う通りだったそうです。しかし、法務局が移転した今では賑わっていた面影もなく(法務局の建物はまだそのままですが)、近隣に住まわれる方々が利用する生活道路となっているので、お店を閉めてしまったところも所々に垣間見ることができます。そんな住宅街の一角にお店を構えている『江華(カンファ)』ですが、以前からお店へと足を運んでいた人が、その優しい味わいを求めてよく足を運ばれてくるそうです。


028_201311192111042f6.jpg

韓国料理は肉と一緒に野菜をたっぷりと食べられるので、ある意味、ヘルシー感覚で楽しめる料理ではないでしょうか。肉をカリカリに焼き上げて余分な脂を落とし、ニンニクやキムチ、ネギなどと一緒にサンチュで包んで食べたり、鶏肉に高麗人参やナツメ、もち米などを入れて煮込む『サムゲタン』、ご飯の上に数種類のナムルとお肉を混ぜて食べる『ビビンバ』など・・・どれも滋養強壮に良いだけでなく、お肌にうれしいタンパク質やコラーゲンがたっぷりと含まれています。さらに唐辛子入りのメニューと組み合わせて食べれば、新陳代謝も良くなるなど、いろんな楽しみ方ができるのが韓国料理の良さなのかも知れません。

オモニ(お母さん)が家族の健康を考えて作る家庭料理が味わえる『江華(カンファ)』・・・旨さや辛さだけじゃなく、愛情のこもった韓国料理を美味しく楽しめるメニューが揃えられています。今回はランチで訪れたのですが、『江華(カンファ)』で楽しめるメニューをご紹介したいと思います。


ランチメニュー・・・
カルビ定食(850円)、カルビクッパ(750円)、カルビうどん(700円)、クッパ(600円)、ビビンバ(700円)、冷麺(700円)、温麺(700円)、ビビン麺(1000円)、石焼ビビンバ(1000円)となっています。

焼き物メニュー・・・
タン塩(1000円)、上カルビ(1500円)、カルビ(1000円)、ロース(800円)、ハラミ(700円)、上ミノ(800円)、レバー(700円)、ホルモン(700円)、ミックスホルモン(1000円)、テッポウ(800円)、センマイ(700円)、イカ焼き(700円)、野菜焼き(700円)、塩豚焼き(700円)となっています。

ご飯・麺類メニュー・・・
石焼ビビンバ(1500円)、ビビンバ(700円)、クッパ(700円)、カルビクッパ(850円)、テグタンクッパ(850円)、ライス(250円)、冷麺(800円)、温麺(800円)、ビビン麺(1000円)、カルビうどん(800円)などとなっています。

1品料理メニュー・・・
チャプチェ(春雨料理・1000円)、チジミ(1000円)、チャンジャ(500円)、イカ塩辛(500円)、サンゲタン(2500円)、ゲジャン(2500円)となっています。

スープ類メニュー・・・
コムタンスープ(800円)、テグタンスープ(700円)、カルビスープ(700円)、野菜スープ(500円)、ワカメスープ(700円)、玉子スープ(500円)、トック(韓国餅スープ・800円)、マンデゥ(韓国風餃子スープ・800円)などとなっています。

鍋物(チゲ)メニュー・・・
チゲ鍋(魚・1800円)、豆腐チゲ(1200円)、キムチチゲ(1200円)、ホルモンチゲ(1500円)、海鮮チゲ(2~3人前・2500円)となっています。

キムチ・サラダ類メニュー・・・
キムチ(白菜・500円)、カクテキ(大根・500円)、オイキムチ(キュウリ・500円)、盛合わせキムチ(1000円)、サンチュ(500円)、サンチュムチム(サラダ・500円)、ナムル(500円)、ワカメの酢物(500円)となっています。

飲み物メニュー・・・
ビール(中・500円)、生ビール(中・500円)、日本酒(1合・400円)、生冷酒(300ml・600円)、レモンサワー(400円)、ウーロンハイ(400円)、高麗人参サワー(500円)、真露(700ml・2000円)、赤ワイン(720ml・2000円)、赤ワイン(300ml・1000円)、白ワイン(720ml・2000円)、マッコリ(1000円)、オレンジジュース(250円)、サイダー(250円)、コカ・コーラ(250円)、ウーロン茶(200円)となっています。



カルビ定食(850円)

069_20131119211200d94.jpg

『江華(カンファ)』で楽しめるランチメニューの中で焼きメニューはカルビ定食しかありませんので、ランチで味わうカルビ定食は自身で焼くスタイルではなく、お母さんが厨房で焼いてきてくれるスタイルとなってます(他の焼き物メニューは各テーブルで焼いて楽しめるようになっています)、醤油をベースに、数種の果物と野菜で作る風味豊かな自家製ダレがカルビとマッチし・・・ご飯が進む味付けとなっています。

066_20131119211223932.jpg

お皿に盛られて出てくるので、いたってシンプルに感じてしまいますが、噛むほどに肉汁&自家製ダレが口の中に広がってくるとでも言うべきでしょうか。1口味わう毎に、次の1切れを味わいたくなる・・・そんな味わい豊かなカルビを楽しめます。そしてカルビ定食には、上記のカルビ、ライスをはじめ、下記のスープとキムチ、オイキムチが付いてきます。

077_20131119211244740.jpg

モヤシとニンジンが入った、さっぱりとしたスープです。口直しにはピッタリかも知れません。


冷麺(700円)

072_201311192113081fa.jpg

リンゴの千切り、オイキムチの千切り、さっぱりとしたキムチ、茹で玉子が入った『江華(カンファ)』の冷麺・・・コシのある麺とあっさりとしたスープはオモニ(お母さん)が作る本場の家庭的な味わいが楽しめるように仕上げられています。程良く酸味を効かせ、さっぱりとしながらもコクのある、本場韓国風冷麺です。焼肉の締めくくりや昼食として楽しむには、ぴったりの1品かも知れません。

080_201311192113581f0.jpg

細麺ですが、冷麺特有の・・・とっても弾力感のある麺を楽しめます。そして、せっかく焼肉屋さんに来たので焼き物メニューの中から1品『ミックスホルモン』をお願いすることにしました。


ミックスホルモン(1000円)

059_20131119211422dca.jpg

一口にホルモンと言っても実はいろんな部位があります。こってり系からあっさり系まで・・・いろいろな歯応えや風味をそれぞれに楽しめますが、このミックスホルモンは色んな部位を少しずつ楽しめるので食べ比べができるのでホルモン系が好きな方には嬉しい1品ではないでしょうか。

いろいろな部位が楽しめるようにミックスされたホルモン・・・自家製ダレで漬けこまれているので焼く前によ~く揉み込んで焼くもよし、事前に塩、こしょうを好みで揉み込みのよしと自身の好みにアレンジして楽しむのもよいのではないでしょうか。コリコリ、ムチムチとしたホルモン独特の食感と味わいを思う存分楽しんで欲しい1品です。


053_201311192115198a5.jpg

サービスで出される『キムチ』と『オイキムチ』・・・実はこの2品が美味いんです!!お母さんが漬けこんで作られる『キムチ』と『オイキムチ』は家庭的な味わいの延長線上にあるような・・・優しい味付けとなっていますが、食べ出すと止まらなくなってしまう・・・そんな『キムチ』と『オイキムチ』を堪能することができます。濃からず、薄からず・・・絶妙なバランスが取られている『キムチ』と『オイキムチ』・・・オススメの2品です(思わず、おかわりしたくなってしまいます)!!

056_20131119211540e71.jpg

テーブル席、お座敷席と座席数は少なめですが、気兼ねなく庶民的感覚で、ゆっくりと食事を楽しむことができる『江華(カンファ)』・・・様々な韓国の家庭料理を楽しめるお店ですが、1番の魅力は、お母さんの温かく包みこむような優しい人柄にお店へと足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。焼肉や韓国料理に舌鼓を打ちながら・・・お母さんと会話を楽しみながら過ごせる、そんな温かさを感じられるお店です。


江華(カンファ)
住所:東京都八王子市元本郷町2-9-5
電話番号 042-628-4040
営業時間 11:00~22:00
定休日 不定休
駐車場 なし
最寄り駅 JR中央線、西八王子駅北口から徒歩15分程です







テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/11/19(火) 22:55:00|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あかぎ

繁華街もあり、学生街でもあり、閑静な住宅街もある・・・そして今や多くの人が足を運ぶ高尾山もある、そんな、様々な顔を併せ持った八王子・・・東西南北がとっても広く、自然と調和しながら、それぞれに違った雰囲気を過ごせる街並みが広がっています。そんな広い八王子市の中央部に位置するのが『川町』です。大沢川が流れ、元八王子丘陵と恩方丘陵との間にある自然豊かな風景を望める場所ですが、そんな、のどかな町の中に1軒の隠れた家的な焼肉屋さんがあります。

住宅街、町工場や企業が建ち並び、どこか昭和の風情が漂う庶民の街とも言うべきでしょうか。のどかな田園風景も望める『八王子市川町』・・・最寄り駅でもあるJR高尾駅やJR西八王子駅からは距離がありますが、肉質にこだわりをみせる焼肉屋さんと親しまれ続けている炭火焼肉『あかぎ』・・・住宅街と町工場に囲まれた場所にお店を構えている隠れた焼肉屋さんです。


051_20131027110443bab.jpg

ちょっと複雑な場所にお店を構えている炭火焼肉『あかぎ』・・・簡単に説明すると、陣馬街道から61号線(八王子川町郵便局方面)へと抜ける道沿いから1本奥まった場所にあるといった感じでしょうか。城山中北交差点近くにあるパチンコ店の手前を右へと曲がり、陣馬街道方面へと抜ける道を進んでいくと、すぐ左手に炭火焼肉『あかぎ』の看板が見えてきます。この通りを利用する方やご近所の方でないと、お店の存在に気付く方は少ないのではないでしょうか。それほど奥まった場所にお店を構えているのが、この炭火焼肉『あかぎ』です。

050_2013102718060021e.jpg

八王子にそれぞれに個性感を醸し出している焼肉屋さんが多く存在し、どのお店も特徴があり魅力的です。そんな中でも、肉質にこだわりを持ち、そしてお店独自の個性感を生みだしているお店の1つが、この炭火焼肉『あかぎ』です。平屋建ての店舗の中に入ってみると、外観からは想像もできないほど、広々とした空間が広がっています。広くスペースを取られたお座敷を中心に庶民的で入りやすい造りとなっています。

店主さんご夫婦で切り盛りされている炭火焼肉『あかぎ』・・・とても気持ちの良い応対をしてくれますし、最高レベルの肉を仕入れた『特選和牛』の他、並のお肉でも柔らかくて十分に満足できるラインナップが揃えられています。脂のノリ具合、柔らかさなど・・・十分に満足のできる肉質を楽しめる『あかぎ』のメニューをご紹介したいと思います。


焼き物メニュー・・・
特選ロース(2100円)、特選カルビ(2048円)、上タン(2100円)、上ハラミ(味噌、醤油、塩・1450円)、ロース(たれ、塩・1260円)、カルビ(たれ、塩・1155円)、タン(たれ、塩・1390円)、ミノ(たれ、塩・893円)、ハラミ(味噌、醤油、塩・1050円)、エビ焼(788円)、骨付きカルビ(683円)、ラムチャップ(骨付き・683円)、レバー(787円)、シロ(ホルモン・787円)、豚ホルモン(683円)、金沢産地鶏(683円)、鳥軟骨(683円)、ホタテ(578円)、イカ(525円)、ねぎ焼き(11月~3月・525円)、しいたけ(473円)、野菜(420円)、ソーセージ(368円)、砂肝(368円)となっています。
*店内にもオススメのメニューが掲げられています。
*すりにんにくは頼むと出してくれます。

1品類メニュー・・・
豚足(473円)、おしんこ(263円)、ナムル(420円)、キムチ(368円)、オイキムチ(368円)、サラダ(420円)、牛煮込(525円)、トマト(420円)、トーフチゲ(1575円)、ワカメスープ(地鶏入り・420円)、野菜スープ(地鶏入り・420円)、玉子スープ(地鶏入り・420円)、カルビクッパ(地鶏入り・893円)、玉子クッパ(地鶏入り・683円)、クッパ(地鶏入り・683円)、石焼ビビンバ(1785円)、ビビンバ(みそ汁付・683円)、冷麺(788円)、ライス(みそ汁付・210円)となっています。

飲み物メニュー・・・
生ビール(大ジョッキ・788円)、生ビール(中ジョッキ・578円)、ビール(中瓶・578円)、ノンアルコールビール(210円)、日本酒(大・578円)、日本酒(小・294円)、冷酒(945円)、ウイスキー(シングル・420円)、お湯割(420円)、水割(420円)、水割W(630円)、ワイン(フル・3150円)、ワイン(ハーフ・2100円)、麦酎(420円)、ボトル(2625円)、芋ボトル(3300円)、氷(315円)、水(263円)、自家製サワー(青リンゴ・420円)、青リンゴサワー(420円)、グレープフルーツサワー(420円)、レモンサワー(420円)、ウーロンハイ(420円)、ウーロン茶(158円)、オレンジジュース(210円)、リンゴジュース100%(210円)、コーラ(210円)、ラムネ(210円)、シャーベット(210円)などとなっています。



上タン(2100円)

057_20131027184532e4c.jpg

『あかぎ』の上タンの特徴的なのは、何と言っても、その柔らかさ・・・肉の繊維と平行にカットされた上タン・・・繊維に沿うように切ることで一味違った食感を引き出しています。焼いても、その柔らかさを保ち、塩味がより肉の旨味を増しています。また、胡椒がふりかけているので、この胡椒がキリッと効いていてタンの脂の美味しさを生みだしいるように感じます。タン特有のザクッ、サクッとした食感と適度な脂の旨味を感じながら・・・とっても柔らかい食感が心地よく楽しめる上タンとなっています。


上ハラミ(塩・1450円)

060_201310271845532af.jpg

表面に肉汁が出だしたら裏返しにして約15秒・・・このハラミの美味しさを堪能するうえでの焼き加減ですが、この時間で焼くことによってハラミが持つ脂のジューシーな旨味と柔らかい肉の食感を十分に楽しめることができます。また塩、胡椒で味わうことで、あっさりとした味付けが楽しめ、脂のしつこさやくどさを抑えて、優しい味も楽しむことができるようになっています。胡椒が適度にかかってはいますが、ニンニクや香辛料に頼っていないので、肉が持つ本来の味が引き立っているように感じます。


ロース(たれ・1260円)

058_20131027184714fe0.jpg

コクのある醤油をベースとしたタレで味わうロース・・・さっぱりとした後味で、脂の甘みと旨味のバランスがとれた味わいが楽しめます。霜降り脂肪が適度にあり、風味が良いロース・・・きめが細かく旨みが濃いので、もっと深みのある味わいを楽しみたい方には、すりおろしたニンニクとともに味わうと、より味わいのある深さを楽します。


ミノ(たれ・893円)

062_20131027184802c6f.jpg

かなり歯応えがあるので包丁で切り込みが入ってるミノ・・・その切り込みを入れたことによって切り開いた形が簑傘に似ていることからミノと呼ばれるようになったホルモンですが、『あかぎ』のミノは肉厚で純白に近い白色をしています。画像を見て頂くと分かると思いますが、大ぶりにカットされたミノを自家製の味噌に漬けこまれた味わいは箸がとまらなくなるほどです。焼くことによって得られる味噌の香ばしい風味・・・コリコリとした歯応え十分の食感・・・噛むほどに味わいが増す肉の旨味・・・ライスのお供にピッタリのミノ・・・オススメの1品です。

053_201310272022404e3.jpg

無料で出してくれるサンチュと味噌ダレ、そして、辛さを好みで楽しめる調味料も出してくれます。

054_20131027202833f26.jpg

パリッとした歯ざわりが良いサンチュ・・・焼肉を包むのに最適です。

055_20131027202857959.jpg


玉子スープ(地鶏入り・420円)

063_20131027203407de9.jpg

まるで、大きな器の一面に玉子の花が咲いたように中華風の出汁が効いた、ふわふわの玉子スープです。溶き卵が上手くふわふわと散らされ、スープ全体が優しい色合いの黄みがかかられています。玉子と中華のいたってシンプルなスープかも知れませんが、ふわふわとしたその玉子の美味しさと食欲をそそる中華風の出汁の旨さを快くまで堪能できるスープとなっています。ゴマがアクセントとなっている、この玉子スープ・・・とってもオススメの1品です。

脂の旨味と甘みを味わえる特選和牛を楽しむはもちろんのこと・・・並のお肉も、肉の持つ美味しさを楽しむことができる炭火焼肉『あかぎ』・・・お店の善しあしは、並レベルのお肉でもどれだけ美味しいのかで決まるところもあるのではと思っています(そこにお店の心意気が現れるのものです)

052_201310272034321f2.jpg

炭火で焼くことによって旨味をと香ばしさを堪能することができる炭火焼肉『あかぎ』・・・それぞれの肉を味わう毎に感じ・・・噛むたびに旨味と脂が出てくる独特の食感を楽しむことができます。肉、米、肉・・・そして醤油、塩、味噌と絡み合う最高の美味しさ・・・ライスをより美味しく感じられる焼肉を味わうことができます。

そして、新たな試みとして、気軽に楽しんでもらいたいとランチタイムも始めた炭火焼肉『あかぎ』・・・ランチメニューは『焼肉定食(1000円)』と『クッパ(500円)』の2種類のみとなっていますが、手始めにお店へと足を運んでみたいと思った方はランチタイムに足を運ばれてみては如何でしょうか。



あかぎ
住所:東京都八王子市川町24-11
電話番号 042-651-7161
営業時間
ランチタイム 11:30~13:30
17:00~23:00
定休日 火曜日
駐車場 あり







テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/10/27(日) 21:09:19|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大幸園

その場の雰囲気や、その場を一緒にする人や、その食べ物に関する名前や由来などを知ることによって、味はいくらでも変化するように感じます。食べ物はコミュニケーションとでも言うべきでしょうか。コミュニケーションは食べ物や飲み物の味をより美味しく変化させてくれる意味を持っているように感じます。その場の良い雰囲気の中で食べれば、同じものでも味はずっと美味しく感じるものです。同じ食事でも、1人で食べるよりは親しい友人と食べるとか、家族で仲良く食べる方が美味しいとか・・・お酒を1人で寂しく飲むよりは、好ましい楽しい雰囲気の中で、誰かと一緒に飲む方が美味しいなど・・・快い会話が味をより良くしてくるように思います(もちろん、1人でゆっくりと楽しみたい時もありますが・・・)

そんな事を思い起こさせてくれて・・・アットホームで心地よい雰囲気の中で美味しい焼肉を楽しませてくれる1軒の焼肉屋さんがあります。八王子市小宮の住宅街に暖簾を構えている『大幸園』・・・知る人ぞ知る焼肉の名店です。場所はJR八高線・小宮駅から徒歩10分程でしょうか。チェーン店や個人店が多く軒を連ねている59号線とは違い、ひっそりと静寂された住宅地の中にお店を構えています。


002_20131014172740306.jpg

初めてお店へと訪れる、ほとんどの方が、ええっ!こんなところにっ!!と思うような住宅街の中にお店を構えている焼肉屋さん『大幸園』・・・暗闇の中に煌々と光る赤い看板と白く光り輝く焼肉の文字が目印の焼肉屋さんですが、1度味わえば、また足を運びたくなる・・・そんな味わい深い焼肉を楽しませてくれる名店です。八王子市内には高級感があるお店、大衆店など、たくさんの焼肉屋さんが存在します。高くて美味しいもの、安くてリーズナブルに食べさせてくれるものなど・・・お店毎にいろいろと工夫しながら楽しませてくれる・・・魅力に溢れたお店が軒を連ねています。まだ自分も八王子市内にある焼肉屋さんは数えるほどしか巡っていないのが現状ですが、その中でも・・・この『大幸園』は、また是非とも足を運びたいと思えるほどの焼肉を楽しませてくれるオススメのお店です。

そんな美味しい焼肉を味わえるとあってか、店内に設けられている、お座敷席、テーブル2卓(1卓・4人掛け)、カウンター席がすぐに埋まってしまうほど・・・毎日、人の笑顔で賑わいを見せている『大幸園』・・・味はもちろんのこと、肉1つ1つに妥協を許さない店主さん、温かく接してくれるお母さん、そしてハキハキとして礼儀正しい接客に久しぶりに気持ちの良さを感じさせてくれた店員さん(2名の店員さん)・・・焼肉の味だけでなく、心地よいアットホームな雰囲気の中で焼肉時間を楽しめる空間となっています。

004_20131014180421f69.jpg

モクモクと煙が立ち上る『大幸園』・・・お店に来る際は煙ってもよい服装で来店するのがオススメです。しかし、この立ち上る煙こそが肉の脂と火力の強さを融合させた美味しさを楽しめるものです。そんな美味しさを存分に楽しめる『大幸園』のメニューをご紹介したいと思います。

肉類メニュー・・・
カルビ(980円)、ロース(980円)、ハラミ(980円)、ヒレカルビ(1380円)、上ハラミ(1480円)、上ロース(1680円)、上タン塩(1380円)、タン中(850円)、タン先(580円)、上ミノ(980円)、ホルモン(850円)、ギアラ(680円)、ハチノス(680円)、レバブツ焼(680円)、センマイ焼(680円)、ホルモンミックス(1380円)、塩ナンコツ(680円)となっています。
*他に特選三点盛りやローストビーフなど、オススメ品とともに店内に掲げられているのでチェックしてみて下さい。

1品他メニュー・・・
キムチ(400円)、カクテキ(400円)、オイキムチ(400円)、キムチ3種(780円)、豚足(700円)、センマイ刺し(750円)、ハチノス刺し(750円)、チョレギサラダ(550円)、サンチュ(500円)、ユッケジャンクッパ(950円)、コムタンクッパ(1180円)、ライス(220円)、冷麺(980円)、コムタンスープ(980円)、ユッケジャンスープ(750円)、ワカメスープ(450円)、タマゴスープ(450円)となっています。

飲み物メニュー・・・
アサヒスーパードライ(生ビール・500円)、アサヒスーパードライ(瓶ビール・550円)、ノンアルコール(ドライゼロ・450円)、生グレープフルーツハイ(500円)、生レモンハイ(480円)、生梅干しハイ(480円)、レモンハイ(400円)、ウーロンハイ(400円)、緑茶ハイ(400円)、ハイボール(400円)、日本酒(1合・450円)、コーラ(180円)、ウーロン茶(180円)、オレンジジュース(180円)などとなっています。


どのメニューを味わっても満足度が高い『大幸園』の肉類メニュー・・・その中でも、まず味わって欲しいのが、下記の上タン塩(1380円)です。

010_2013101418362305b.jpg

運ばれてきたお皿を見て、ちょっとビックリしてしまいました。なぜなら上タン塩の色合いがとっても綺麗なこと・・・そして厚切りなところ・・・上タンがドドンッとお皿に盛られているではありませんか。繊維の細やかさ、濃厚な旨味・・・サクサクとした食感がたまりません。上質の部分を堪能できる上タン塩・・・オススメの中でも超オススメの逸品です。

011_201310141836454d1.jpg

繊維に沿うように綺麗に切ることで一味違う食感を楽しめるタン・・・見た目通り、柔らかく、肉の旨みがギュッギュッと詰まっている上タン塩・・・塩加減も丁度良く、程良い歯応えを感じながら、噛めば噛むほどタン塩の旨味を楽しめます。厚切りでジューシー、そして塩がキリッと効いてタンの脂を旨くマッチさせている、この上タン塩・・・肉を食べたいという欲求を十分満たしてくれる1品です。


ヒレカルビ(1380円)

007_201310141915297b4.jpg

きめ細かい霜降りの部位を贅沢に分厚くカットされたヒレカルビ・・・焼くことで、ジュージューと音をたてながら、したたり落ちる脂がなんとも食欲をそそられる1品です。鮮やかな赤身と脂のコントランスの色合いもさることながら、口に入れた瞬間に脂がファーっと溶けて、舌の上できれいに消えて行きます。あまりにも刹那的な味わいに、思わず恍惚の表情を浮かべてしまうほどです。ファーっと溶けて行くあの感触・・・たまりません。旨味がギュッと詰まった極上の食感は口の中でホロッと身がくずれるほどです。肉が持つ赤身の旨味と脂の美味しさを堪能できるサシ・・・その両者の美味しさを兼ね備えたヒレカルビ・・・絶妙なバランスの味わいを楽しめます。


上ハラミ(1480円)

013_2013101419545445a.jpg

このお店では、総じてお肉が大きくカットされています。2枚も置いてしまえば網全体の2/3を覆い尽くしてしまうほどです。なので、大きな肉が焼き上がるのを待っているだけで、ワクワク度が止まりません。この上ハラミも食べ応え十分にカットされています。ハラミは牛の横隔膜ですが、不要な脂が少なく消化にも良いと言われているそうです。厚みのある適度な霜降りになっている『大幸園』の上ハラミ・・・食感はとってもに柔らかく適度なジューシーさ・・・独特の柔らかさと旨みを堪能することができます。

上タン塩はレモン汁、ヒレカルビ、上ハラミはお店特製のタレで味わっていきます。

006_20131014201043d26.jpg

美味しい焼肉を食べたいと、いつも心でそう叫んでいる方に、とってもオススメのお店『大幸園』(本当は教えたくないけど・・・)、素晴らしく美味しいお肉を楽しめるお店です。まさに『肉の旨さ』を堪能できること間違いなしです。


レバブツ焼(680円)

015_20131014201650b49.jpg

一目見て名店と分かるほど、この綺麗なレバーの断面・・・このレバブツ焼もオススメの逸品です。お店の照明に反射するほどのテカリ具合を見せるレバブツ焼・・・ほとんどといっていいほど・・・レバーの臭みを感じません。歯触りはサクサクとしていて、キッチリと角が立ってる新鮮な『大幸園』のレバブツ・・・レバーが苦手な方でも『大幸園』のレバブツなら難なく・・・美味しく食べられると思います。

018_20131014201712631.jpg

プリッ感を味わえるレバブツ焼・・・そのレバブツ焼をより美味しく味わうために支えているのが、にんにく醤油と塩ごま油です。どちらもレバーの臭みをほとんどなくし、美味しさだけを口の中で堪能することができます。


ギアラ(680円)

019_2013101420344142c.jpg

ホルモン系もたっぷりと楽しめる『大幸園』・・・どの部位も見れば分かりますし、味わえばなおのこと、鮮度の良さとしっかりと丁寧な仕込みをされているのが分かるほどの美味しさを楽しめます。特に、このギアラは、他の部分に比べて美しく、脂ものっていることから、しっかりとした噛み応えと脂の旨味を楽しめる1品となっています。ぷくっと膨らんで弾力が出れば食べ頃のギアラ、少し焦げ目がつくくらいがちょうど良く、噛めば噛むほど味が出てくるギアラ・・・脂も多く、肉厚な食感もたまりません。


上ミノ(980円)

021_2013101420350372b.jpg

この上ミノも1つ1つが大ぶりです。ミノがもたらしてくれる独特のコリュとした食感、脂の甘さが適度に口の中でジュワァ~っと感じてきます。この食感と旨味・・・思わず・・・う~ん、ウマッと声が出てしまいます。このホルモンの旨さと味噌ダレの美味しさをともに楽しむ相棒は・・・やっぱり、白いご飯ではないでしょうか。

014_201310142050426fe.jpg

お肉、お肉と言ってしまっているので肉類メニューにいきがちになってしまいますが、キムチやチョレギサラダなどもオススメです。いわばこれらの脇役が美味しいお店こそ、本当に良い焼肉屋ではないでしょうか。キムチの酸味が食欲を呼び起こしてくれて、いくらでもお肉が食べられるような気さえします。
何度も言ってしまいますが、『大幸園』で楽しめる肉類メニューはどれも素晴らしく、美味しいお肉と巡り合うことができるお店です。

有名店であればあるほど・・・値段が高ければ高いものほど・・・美味しいものと感じてしまうのが正直なところではないでしょうか。こうした考えが着実に人々の心のなかに入り込んできて、料理の値段が極めて高額であれば、料理のすべてが本当に美味なのだと信じ込むという、不思議な状況も生まれているのが現状でもあります。多種多様な食べ物が身辺に満ち溢れている昨今・・・いろんな味が楽しめて良い時代かも知れませんが、本物の味を求めて・・・『実』にこだわる逸品に出会えるお店と巡り合えるのは本当に嬉しく感じます。お金さえ出せば何でも食べられるのではなく、自身の好みに巡り合える喜びを探しに出掛けてみては如何でしょうか。八王子市小宮の住宅街にひっそりとお店を構える『大幸園』・・・決して派手な店構えをしているわけではなく、特別高級な雰囲気を醸し出しているわけでもありません。それにも関わらず、まさに肉の旨さを楽しむには、ふさわしいお店です。是非、足を運んで本物の味を堪能してみては如何でしょうか(小さなお店ですし、週末は特に混雑しますので予約をされて来訪される事をオススメします)



大幸園
住所:東京都八王子市小宮町863-3
電話番号 042-642-1129
営業時間
平日 17:30~23:00(LO22:30)
日曜日・祝日 17:00~22:30(LO22:00)
定休日 水曜日(水曜日が祝日の場合は営業、翌日の木曜がお休みとなります)
駐車場 あり
最寄り駅 JR八高線、小宮駅より徒歩10分程です







テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/10/14(月) 21:24:49|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

穂(イサク)(閉店されました)

週末に時間があくと、よく浅川、南浅川沿いを高尾駅方面へとジョギングするのですが、そのジョギングしている時に、あれ?こんな場所に焼肉屋さんがあったっけ?っと思い、ちょっと寄り道して看板に掲載されているメニューを確認してみると・・・ランチも営業しているとのこと・・・個人店の焼肉屋さんでランチをしているお店は数少なく、ある意味、貴重でもあるので・・・ジョギング後に足を運んでみることにしました。

甲州街道から長房町方面へと向かうと横山橋が見えてきますが、その横山橋を渡りきった交差点の向かい側にある建物の2階(1階に純喫茶『灯台』が入っている建物です)に店舗を構えている『穂(イサク)』・・・まだ、お店をオープンさせて間もない韓国家庭料理を楽しめる焼肉屋さんです。

015_2013091721215236d.jpg

最寄り駅のJR西八王子駅から、ゆっくりと歩くと約20分程はかかるでしょうか。本場韓国の厳選素材を『美味しく楽しく、身体に優しく』をモットーに気軽に韓国家庭料理が楽しめるお店です。古来、韓国の家屋に伝わる風習でもある、もてなしの部屋『サランバン』をモチーフにしたようなお座敷席や各テーブル席と落ち着いた雰囲気の中で韓国料理を楽しめる空間が広がっています。更にお母さんが作る各料理も充実しています。豚肉と野菜の彩りが美しい『サムギョプサル』、豆腐とピリ辛スープが絶妙な『スンドゥブチゲ』、あまり他のお店では味わうことができない『ヤンニョム豚カルビ』など・・・一度味わうとやみつきになってしまうメニューが揃えられています。また、韓国の伝統的なにごり酒『マッコリ』などドリンクも充実し、ランチも630円~1050円までとリーブナブルな価格で気軽に楽しめるメニューが楽しめるようになっています。そんな『穂(イサク)』に今回はお得な価格帯で楽しめるランチを味わいに足を運んでみることにしました。

穂(イサク)のメニュー・・・
ランチメニュー・・・
テンジャンチゲ(630円)、スンドゥブチゲ(630円)、キムチチゲ(630円)、ユンゲザン(630円)、コムタン(630円)、ビビンバ(630円)、水冷麺(630円)、ビビン冷麺(630円)、プルコギどんぶり物(840円)、イカどんぶり物(840円)、豚肉どんぶり(840円)、石焼ビビンバ(840円)、半鶏湯(840円)、カルビ定食(1050円)となっています。

肉類などの焼き物メニュー・・・
カルビ(525円)、上カルビ(1050円)、特上カルビ(1365円)、ロース(525円)、上ロース(1050円)、レバ(525円)、ハラミ(735円)、上ハラミ(1050円)、タン(525円)上タン(840円)、上ミノ(630円)、ホルモン(630円)、三枚肉(サムギョプサル・2人前から・1050円)、ヤンニョム豚カルビ(2人前から・1260円)、セッマイ刺し(945円)、野菜セット(525円)、ニンニク焼き(315円)となっています。

食事類、スープ類メニュー・・・
コムタン(840円)、ユッゲザン(735円)、キムチチゲ(735円)、テンジャンチゲ(735円)、スンドゥブチゲ(735円)、石焼きビビンバ(945円)、水冷麺(735円)、ビビン冷麺(735円)、鶏卵スープ(630円)、タラスープ(630円)、ワカメスープ(630円)となっています。

サラダメニュー・・・
ワカメサラダ(315円)、トマトスライス(315円)、チョレギサラダ(525円)、穂サラダ(525円)、チシャ(サンチュ・315円)となっています。

1品料理メニュー・・・
鶏卵チム(525円)、鶏卵巻き(735円)、プルコギ(1050円)、チャプチェ(840円)、豚肉ポクム(1050円)、イカポクム(1050円)、タコポクム(1050円)、海物チヂミ(1050円)、キムチ・チーズチヂミ(1050円)、ジャガイモチヂミ(735円)、トッポーキ(945円)、チーズトッポーキ(1260円)、ポサム(2940円)、アンコウチム(2625円)、サムゲタン(2625円)、イシモチ煮物(2100円)、イチモチ焼き(735円)、タチウオ煮物(2100円)、ヤンニョムカニ(ケジャン・1050円)、ナムル合わせ盛り(525円)、キムチ合わせ盛り(525円)、ハクサイのキムチ(315円)、キュウリのキムチ(315円)、ダイコンのキムチ(315円)、チャンザ(315円)、のり(105円)、ご飯(210円)となっています。

鍋類メニュー・・・
ジャガイモ鍋(中・2310円、大・2940円)、ブデチゲ(中・2310円、大・2940円)、牛の小腸鍋(中・2310円、大・2940円)となっています。

酒類メニュー・・・
生ビール(472円)、瓶ビール(735円)、ノンアルコールビール(420円)、水割り(367円)、レモンサワー(472円)、グレープフルーツサワー(472円)、うめサワー(367円)、ブドウサワー(367円)、メロンサワー(367円)、ウーロンハイ(367円)、紅酢ハイ(504円)、コン茶ハイ(367円)、マッコリ(大・1365円、1杯・325円)、移動米マッコリ(大・1260円、1杯・262円)、ハイボール(420円)、ジョウンデイ(945円)、白焼酎(1050円)、トクリイチゴの実(1050円)、日本酒(945円)、ジンロ(1890円)、芋酒(1本・3675円)、麦酒(1本・4725円)などとなっています。

ソフトドリンクメニュー・・・
お茶(冷・262円)、トウモロコシ茶(冷・262円)、ウーロン茶(冷・262円)、コーラ(315円)、ブドウジュース(315円)、サイダー(315円)、オレンジジュース(315円)、ジンジャーエール(315円)、お茶(温・472円)、トウモロコシ茶(温・525円)、ウーロン茶(温・472円)となっています。


綺麗な店内でゆっくりと焼肉を楽しめる『穂(イサク)』・・・火力の強い炭火でじっくりと焼肉時間を堪能することができます。

008_2013091721224786b.jpg

七輪で焼いて食べる良さと言えば、なんといっても炭火で焼いて食べること・・・炭火から出る『近赤外線』がお肉の表面をパリッと、中を柔らかく焼き上げ、旨味成分を中に閉じ込めるので、お肉をさらに美味しく楽しむことができます。

ランチメニューを注文すると、すぐに小皿にのったおかずが登場します。お店によっては肉や魚介類を使った小皿料理が2~3品出るところがあったり、こだわりの郷土料理を味わえる韓国の家庭料理・・・こういった小皿が出てくると嬉しく感じてしまいます。

002_20130918201529c81.jpg

自家製キムチに厚揚げの煮物、そして魚肉ソーセージと野菜の和え物の3種類に韓国のりが前菜として出されます。特にこの中でも逸品なのが自家製キムチ、程よい辛さと酸味が効いたキムチは1度食べだすと、とまらなくなってしまうほどです。また、この各前菜はおかわりもできるのも魅力的なところではないでしょうか。


カルビ定食(1050円)についてくるカルビです。

009_20130918203434645.jpg

カルビ定食には、上記の前菜、そしてカルビ、ご飯、サラダがついてきます。ちょっと、ボリューム感はありませんが、1切れごとに厚みがあるカルビを楽しめます。焼肉の醍醐味は肉から出てくる肉汁が炭火に滴り落ちた時のジュ~ジュ~っという音ではないでしょうか。焼けてきた時のいい香り、口に放り込んだときの噛み締めるたびに出てくる美味しさ・・・お肉とご飯を交互に味わうことで至福の時間を過ごせるというものです。


コムタン(630円)

014_20130918204755f66.jpg

牛肉や内臓などをコトコトと長い時間をかけて煮こみ、牛肉の旨味を存分に引き出したスープがコムタンです。白濁しているのが特徴で・・・『コム』はもともと膏飲(コウム)という言葉で長い時間かけて煮出するということで、『タン』はスープという意味だそうです。牛の胸部の肉、スネ肉、肺、胃、腸などの各部位を長時間煮込み、そのスープに茹でた牛肉を薄切りにしたものを具としてのせ、ネギなどの薬味を加えて食べるというシンプルな料理ですが、コクと旨味を抽出した深みのある美味しさを楽しむことができます。このコムタンの中にご飯を入れて味わうのもオススメです。

010_2013091821010502f.jpg

カルビ定食とコムタン、それぞれについてくる、ご飯とサラダです。焼肉のお供と言えば、ご飯・・・そして上記でも書きましたが、コムタンの中にご飯を投入して味わうと、より美味しさを楽しむことができます。


ホルモン(630円)

013_201309182105007f4.jpg

白いご飯が進む相棒と言えば・・・そう、やっぱり、ホルモン!!っと言うことで、単品でホルモンを追加注文してしまいました。『穂(イサク)』で味わえるホルモンは、新鮮なホルモンを秘伝のタレにつけることで、旨味がギュッと凝縮された味わいを楽しめるホルモンとなっています。丁寧に時間をかけて下処理をしていることもあり、臭みが無くホルモンが苦手な方も美味しく味わえるのではないでしょうか。適度な噛み応えとプルプルとした柔らかい食感にはまってしまうこと間違いなしです。


上ミノ(630円)

011_20130918210614356.jpg

ミノは牛の1番目の胃にあたるホルモンで・・・タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンをバランス良く含んでおり、特にカルシウムが豊富なことでも知られています。歯応えがあるため切り目を入れてあり、コリコリとした食感は噛めば噛むほど旨みが湧き出てきます。噛み応え十分、旨味十分・・・特製の味噌ダレとの相性がバランスよく楽しめる1品です。

アットホームな雰囲気の中で、ゆっくりと韓国家庭料理&焼肉を楽しむことができる『穂(イサク)』・・・

001_201309182107365c7.jpg

今回は注文しなかったですが、他店ではなかなかお目にかかれない『ヤンニョム豚カルビ』など、本場、韓国の焼肉や家庭料理を楽しめる、魅力ある品々が揃えられています。綺麗な店内で、ゆっくりとくつろぎながら焼肉時間を過ごせる『穂(イサク)』・・・次回は違ったメニューを味わいに足を運んでみたいと思っています。


穂(イサク)(HP)
住所:東京都八王子市長房町450-1 コーポリバーサイド201
電話番号 042-666-0663
営業時間
月曜日~土曜日 
11:30~14:00
17:00~23:00
日曜日
17:00~23:00
定休日 第1、3火曜日
駐車場 あり(3台)
最寄り駅 JR中央線、西八王子駅から徒歩15~20分程です






テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/09/18(水) 23:16:23|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。