たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極丼亭(GOKUDONTEI) 東京ミートレア店

大阪の大衆酒場として親しまれている『愉快酒場』のランチメニューの1つとして生み出されたスタミナ極丼、言わば関西風のすた丼とも言うべき丼物ですが、大阪のオフィス街ではビジネスマンの空腹を満たし、そして多くの学生さんや一般の方々にも人気を得ている1品だそうです。そんな大阪の人気店の『極丼亭(GOKUDONTEI)』が東京ミートレア内に店舗を構えているので味わってみることにしました。

018_20150102194347e46.jpg

大阪で愛され続けている『極丼亭(GOKUDONTEI)』の旨さやボリューム感をそのままに、高たんぱくでヘルシーなイタリア産ホエー豚を贅沢に使った料理を楽しめるのが特徴のお店となっています。秘伝のたれを使用した『スタミナ極丼』の他、『極トンテキ丼』、『極ビーフカレー』など、ボリュームたっぷりのメニューが楽しめるうえ、大阪名物のデミスジ串やさっぱりと味わえる関西風出汁のはいからうどん(セットで楽しむことができるメニューです)、オムタコや豚平焼など大阪で親しまれ続けているご当地料理の数々を楽しめるようになっています。

『極丼亭(GOKUDONTEI) 東京ミートレア店』のメニュー・・・
極丼メニュー(まろやかたまご付き)・・・
スタミナ極丼(みそ汁付・790円)、スタミナ極丼ねぎおろしポン酢(みそ汁付・890円)、スタミナ極丼豚キムチ(みそ汁付・890円)、スタミナ極丼かにマヨ(みそ汁付・890円)、スタミナ極丼バターコーン(みそ汁付・890円)、極トンテキ丼(みそ汁付・990円)、極トンテキ丼W(みそ汁付・1490円)、極上かつ丼(みそ汁付・1190円)となっています。
*肉まし(プラス200円)、大盛(プラス100円)、特盛(プラス180円)、メガ(プラス350円)となっています。
*極トンテキ丼の大盛はプラス100円、特盛はプラス180円、トッピング(温泉たまご・プラス100円)となっています。
*極上かつ丼の大盛はプラス100円、特盛はプラス180円となっています。

極丼(まろやかたまご付き)+ミニうどんメニュー・・・
スタミナ極丼+ミニうどん(890円)、スタミナ極丼ねぎおろしポン酢+ミニうどん(990円)、スタミナ極丼豚キムチ+ミニうどん(990円)、スタミナ極丼かにマヨ+ミニうどん(990円)、スタミナ極丼バターコーン+ミニうどん(990円)、極トンテキ丼+ミニうどん(1090円)、極トンテキ丼W+ミニうどん(1590円)、極上かつ丼+ミニうどん(1290円)となっています。
*肉まし(プラス200円)、大盛(プラス100円)、特盛(プラス180円)、メガ(プラス350円)となっています。
*極トンテキ丼の大盛はプラス100円、特盛はプラス180円、トッピング(温泉たまご・プラス100円)となっています。
*極上かつ丼の大盛はプラス100円、特盛はプラス180円となっています。

極カレーメニュー(まろやかたまご付き)・・・
極ビーフカレー(1190円)、極ビーフカレー+ミニうどん(1290円)、極ビーフカレーごろごろ野菜(790円)、極ビーフカレーごろごろ野菜+ミニうどん(890円)、極ビーフカレーキャベツミンチカツ(890円)、極ビーフカレーキャベツミンチカツ+ミニうどん(990円)、極ビーフカレーカキフライ(890円)、極ビーフカレーカキフライ+ミニうどん(990円)、極上かつカレーうどん(1290円)、極上かつカレーうどん+まろやかタマゴごはん(1390円)となっています。
*ルー大盛(プラス200円)、大盛(プラス100円)、特盛(プラス180円)、メガ(プラス350円)となっています。
*極上かつカレーうどんの大盛はプラス100円、特盛はプラス180円となっています。

サイドメニュー・・・
まろやかタマゴごはん(300円)、ミニ丸(ねぎマヨ、シーフード、かつお、ジャコ、キムチラー油、バターコーン、明太フォンデュ、チーズ、トンテキ・各種1個200円)、ミニ丸3個セット(580円)、ミニ丸5個セット(980円)、クワ焼き(鶏ささみ・150円、げそ塩・200円、子持ちこんにゃく・150円、しし唐・100円、生ハムアボカド・200円、トンテキ・200円、豚肉・200円、アスパラ豚巻・250円、アナゴ・250円、ホタテ・200円)、クワ焼きヘルシー5本セット(780円)、クワ焼きボリューム5本セット(980円)、クワ焼き全部盛り10本セット(1580円)、名物デミスジ串(4本・500円)、とんぺい焼き(980円)、浪花のいか焼き(490円)、丼ぶりから揚げ(580円)、屋台風焼きそば(580円)、名物ジャンボ餃子(680円)、浪花の盛り合わせセット(4種盛り・980円)などとなっています。

テイクアウトメニュー・・・
スタミナ極丼(790円)、スタミナ極丼ねぎおろしポン酢(890円)、スタミナ極丼豚キムチ(890円)、スタミナ極丼バターコーン(890円)、極ビーフカレー丼(1190円)、極ビーフカレー丼ごろごろ野菜(790円)、極ビーフカレー丼キャベツミンチカツ(890円)となっています。
*スタミナ極丼類の肉ましはプラス200円、ご飯大盛はプラス100円となっています。
*極ビーフカレーのルー大盛はプラス100円、ご飯大盛はプラス100円となっています。
*上記以外にもアラカルトメニューをテイクアウトできるようになっています。



今回はテイクアウトで、スタミナ極丼(790円)+肉まし(200円)+ご飯大盛(100円)、計1090円を購入してきました。

001_201501022116197ec.jpg

すた丼でも使われているイタリア産ホエー豚、ホエー豚は穀物とともにホエー(乳清)も飲ませて、140~170kg程になるまで育てられるそうですが、イタリアの大自然の中でじっくりと大切に育てられることによって、保水性があり、柔らかで臭みもなく、脂身もしっかりとした優れた肉質を楽しめるようになっています。なので、焼いても煮込んでもジューシーさが保たれ、柔らかさも損なわれることがなく、旨味をしっかりと味わえる豚肉となっています。そのイタリア産ホエー豚を贅沢にたっぷりと使用し、ニンニクを利かせた秘伝の特製タレを絡められた丼物が『スタミナ極丼』となっています。

002_20150102211707f58.jpg

しっかりとした肉質感を堪能できるホエー豚、たっぷりの玉葱、そして刻まれたネギが上に盛られている『スタミナ極丼』、ほんのりと感じる甘み、そしてニンニクを程よく利かせた特製タレがご飯にしみ込まれ、風味よく味わえるようになっています。関西風とも言うべきなのか、ふんわりと甘く、優しい味に仕上げれた特製タレは、ニンニクが入っていますが、それほどガツンとは感じません。良く言えば、優しくて食べやすい味付け・・・しかし、その反面、『すた丼』のようなニンニクの風味をガツンと利かせ、ガッツリとしたパンチ力を感じないのが正直なところでしょうか。

どうしても、このような丼物は『すた丼』やチェーン店の『牛丼』などと比較してしまうところがありますが、極丼亭のスタミナ極丼は肉の厚みも適度にあって量もしっかりと入っているので、ホエー豚を十分に楽しむことができるのですが、他店(丼物系)と比べると値段もやや高めで(程よい厚みのあるホエー豚が入っているので、仕方がないのかも知れませんが)、また食べたくなるような『すた丼』や『牛丼』などのカリスマ性は持ち合わせていないかなと感じてしまいました。

このような丼物系は濃いめの味付けでニンニクをガツンと利かせた方が若い人や男性には好まれるのではないでしょうか。そんな、はまる味付けを持つ丼物としは、ちょっと物足りなさを感じてしまいましたが、様々な味付けで楽しめるところやカレー、そして、ビールなどに合うサイドメニューが充実されているので、東京ミートレアの1000円(平日限定で17時から22時まで)で飲み放題になる『BEER CARNIVAL』でおつまみとして楽しむのがオススメかも知れません。



店舗前の傍らに・・・大阪の幸福の神様と知れている『ビリケンさん』がいます・・・

012_20150102211748997.jpg

大きく突き出した『ビリケンさん』の足の裏を撫でたり、掻いたりするとご利益があると言われ、大阪のシンボル的な神様として、多くの人が足の裏を撫でていくことで知られています。南大沢、東京ミートレアの新しい聖地ともなるか、分かりませんが・・・東京ミートレアを訪れた際には『ビリケンさん』の足の裏を掻いたり、撫でていかれることをオススメします!!


極丼亭(GOKUDONTEI) 東京ミートレア店(HP)
(東京ミートレア(HP))
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6 フレンテ南大沢新館5階
電話番号 042-653-9829
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 不定休(フレンテ南大沢に準ずる)
駐車場 あり(但し、台数に限りがあります。近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 京王相模原線、南大沢駅改札口からすぐ目の前です







スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2015/01/03(土) 00:30:10|
  2. 東京ミートレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もりもり屋(東京ミートレア)

三井アウトレットパーク多摩南大沢の福袋やイトーヨーカドーの千本引き(今回、南大沢店は750本引きでしたが)などで、たくさんの人で賑わう南大沢界隈・・・そんな京王相模原線、南大沢駅前には日本初となるお肉料理のテーマパーク『東京ミートレア』がありますが、開業以来、入出店を繰り返し、現在、オープン当時からあるお店と言えば『GOLD RU$H(ゴールドラッシュ)(当ブログ紹介記事)』のみとなってしまいましたが、駅前という立地の良さと手軽にお肉を楽しめるので、よく足を運ばせてもらっているテーマパークです。

右にあるカテゴリ内でも区分しておりますが、今までに当ブログでご紹介している『東京ミートレア』にある店舗紹介記事です『東京ミートレア(当ブログ紹介記事)』

お店などの入れ替えが度々ありますが、常時7店舗のお店が軒を連ねている『東京ミートレア』・・・『東京ミートレア』はフードコートのような造りとなっているせいか、各店舗は小さめに出てきているので、どうしても座席数には限りがあるのですが、いろんなお肉を楽しみたい方にはぴったりのお肉のテーマパークとなっています。そんな『東京ミートレア』の1角にお店を構えているのが、今回、ご紹介する『もりもり屋』です。昨年の10月10日に新しく『にひゃくてん(当ブログ紹介記事)』の姉妹店としてオープンした『もりもり屋』・・・麺とお肉がガッツリと盛られた『肉そば』やサクサクとした衣を楽しめる串揚げなどがメインのお店として新しくオープンしたお店です。


010_20140102173420834.jpg

肉のせ麺は大盛、特盛、もりもりとガッツリとしたボリューム感が楽しめ、サクサクとした食感が楽しめる串揚げはお酒にぴったりと合うなど、いろんな串揚げメニューが揃えられている『もりもり屋』ですが、新しく『しゃぶしゃぶの食べ放題』を始められたのはご存知でしょうか。ランチではAランチ(980円)、Bランチ(1280円)が90分食べ放題(ラストオーダーは15分前まで)、ディナーでは時間無制限で1680円で『しゃぶしゃぶの食べ放題』が楽しめるのですが、何と言っても魅力なのが、曜日に関係なく、土曜日、日曜日、祝日とも同じ価格で楽しめるので週末のランチ時ともなると店内が満席になってしまうほど賑わいを見せているお店です。

もりもり屋のメニュー・・・
しゃぶしゃぶ食べ放題メニュー・・・
ランチタイム(90分制、15分前でラストオーダーとなります)
ランチA(豚バラ、豚ロース、たまねぎ、もやし、豆腐、オニオンスライス、ご飯、味噌汁、うどんが食べ放題で980円、小学生は780円、小学生未満は無料)
ランチB(豚バラ、豚ロース、牛バラ、たまねぎ、ネギ、キャベツ、もやし、豆腐、オニオンスライス、枝豆、ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、うどん、そば、カレーライスが食べ放題で1280円、小学生は1080円、小学生未満は無料)
ディナー(時間無制限・1680円、小学生は980円、小学生未満は無料)となっています。
*ディナーの食べ放題メニューはお店で確認してみて下さい。

そば、うどん他メニュー・・・
肉そば(並・650円、特盛・850円、もりもり・1050円)、肉うどん(並・650円、特盛・850円、もりもり・1050円)、鶏そば(並・650円、特盛・850円、もりもり・1050円)、鶏うどん(並・650円、特盛・850円、もりもり・1050円)、メンチカツ定食(880円)、メンチカツ単品(200円)、肉ミックスフライ定食(880円)、肉吸い玉子かけごはん(500円)、肉吸い単品(400円9、もりもりフライドポテト(500円)、もりもり冷や奴(500円)、もりもり枝豆(500円)、チャンジャ(500円)、やみつきセロリ(500円)、生ざく切りキャベツ(380円)、もやしナムル(380円)、カクテキ(380円)、ポテトサラダ(500円)となっています。

串揚げメニュー(串揚げ単品は3本からの注文となっています)・・・
おまかせ串5本(枝豆、小鉢付き・800円)、おまかせ串10本(枝豆、小鉢付き・1500円)、肉串5本セット(800円)、玉ねぎ(90円)、長ネギ(100円)、ミニトマト(100円)、ナス(100円)、シシトウ(120円)、鶏モモ(120円)、ハム(120円)、チーズ(120円)、豚ヒレ(150円)、アスパラチーズ(150円)、豚バラミルフィーユ(150円)、ササミ(150円)、ハムチーズ(150円)、ベーコン(180円)、鶏ささみわさび(180円)、鶏ささみチーズ(180円)、玉ねぎ鶏モモ(180円)、鶏モモセロリ(180円)、肉巻トマト(230円)、カマンベール(230円)、アスパラ肉巻(250円)、ベーコンチーズ(250円)となっています。
また上記のメニューなどが期間限定価格で楽しめる企画も用意されています。


今回はランチタイム時に訪れたので、しゃぶしゃぶ食べ放題ランチメニューの中からランチB(豚バラ、豚ロース、牛バラ、たまねぎ、ネギ、キャベツ、もやし、豆腐、オニオンスライス、枝豆、ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、うどん、そば、カレーライスが食べ放題で1280円、小学生は1080円、小学生未満は無料)を楽しむことにしました。

011_201401021736511c7.jpg

ここで『しゃぶしゃぶ食べ放題メニュー』の注意事項と明記しておきます。
①『しゃぶしゃぶ食べ放題メニュー』を注文すると、まず、お肉2種類(豚バラ、豚ロース)、野菜一式、オニオンスライス、ご飯が出てきます。
②つけダレは3種類用意されています(ポン酢(各テーブルに置かれています)、ゴマダレ、好みでポン酢とゴマダレを組み合わせたつけダレも楽しめます)
③残された場合は別途料金が取られます(決して欲張らず、自身の食べられる範囲で楽しみましょう)
④1組1テーブルにつき5品ずつの注文となっています。
⑤おかわりは空いた器と交換になります。
⑥1グループの人数分での注文となっています。
⑦数に限りがあるため、食材がなくなることがあるのでご了承を願うことがありますとのことです。
*くれぐれもお店のルールやマナーを守りながら食事を楽しみましょう!!


・・・ということで、しゃぶしゃぶ食べ放題ですが、まずは最初に出てくるメニューをご紹介したいと思います。上記でも明記ましたが、最初に出てくるお肉は豚バラ、豚ロースとなっています(以下画像は2人前となっていますので宜しくお願い致します)

013_20140102174829941.jpg

大皿で盛られてくる豚バラ、豚ロース・・・しゃぶしゃぶ食べ放題で楽しむのは十分な肉質ではないでしょうか。たっぷりと楽しみたい方にはぴったりですし、1人でも気軽に入れるのが『東京ミートレア』でもありますので、1人や家族、友人でと・・・鍋を囲んでワイワイと楽しむことができます。

014_20140102175435e59.jpg

ちょっと画像がぼやけてしまいまして申し訳ありませんが、たまねぎ、ネギ、キャベツ、もやし、豆腐がたっぷりと盛られてきます。この野菜の盛り方もすごいです(追加で野菜を注文しなくても十分すぎるぐらいの量が盛られてきます)

015_201401021759336cc.jpg

オニオンスライス・・・このオニオンスライスもなかなかのボリューム感があります。下記のご飯とともに女性の方だと量が多く感じるほどではないでしょうか。それほど、上記の野菜とオニオンスライスだけでお腹を満たしてくれるボリューム感を楽しめます。

017_20140102180218de1.jpg

そして、つけダレは3種類用意されていますが最初は2種類用意されます。ポン酢は各テーブルに置かれているので自由に楽しめるようになっていて、ゴマダレは店員さんが持ってきてくれます。そして好みでポン酢とゴマを組み合わせたつけダレも楽しめるようになっています。

012_20140102180502018.jpg

しゃぶしゃぶのつけダレの定番ともいうべき、ポン酢とゴマダレ・・・そして、薬味として、下記の万能ネギとニンニクが一緒に出されるので、好みでつけダレに合わせながら楽しみことができるようになっています。

016_2014010218112400a.jpg

以上が最初に出てくる『しゃぶしゃぶ食べ放題』メニューとなっていますが(後はもう、90分間(注文できるのは75分間)食べまくるだけですが・・・)、これだけでも十分にお腹が満たされてしまうほどのボリューム感となっています。

牛バラ肉です・・・

018_2014010218132583f.jpg

薄くカットされた牛バラ肉ですが、1皿に結構な量が盛られてきますので、1280円で楽しめる食べ放題なら十分に満足できるのではないでしょうか。

019_20140102182004c67.jpg

追加で豚ロース(上記画像)や牛バラ肉(下記画像)などを数回頼み・・・

024_201401021826006c2.jpg

あまりお肉の画像を掲載すると、しつこくなるので、このあたりでやめておきますが、価格からすれば十分に満足感を得られる内容を楽しむことができます。

021_20140102182358ce9.jpg

そして、最後の締めにうどんを楽しみ・・・お腹も満足感で一杯になります。

姉妹店の『にひゃくてん』と同様に接客の対応にとっても好感が持てる『もりもり屋』・・・大型のチェーン店ほど座席数がないからかも知れませんが、店長さんはじめ店員さんの行き届いた対応や心遣いに、あっ、このお店に来て良かったなぁ~っと思えるほどでした。

023_20140102182459ec9.jpg

ランチ時ならランチA(980円)とランチB(1280円)の2種類のランチメニュー、ディナー(1680円)なら時間無制限で楽しめる『もりもり屋』ですが、曜日や祝日に関係なく、毎日替わることなく同じ金額で『しゃぶしゃぶ食べ放題』が楽しめるのも魅力的ではないでしょうか(チェーン店だと週末となもなると金額が平日よりもアップしますし・・・)また、価格帯からみても十分にお腹を満たしてくれる内容となっているので、コストパフォーマンスの高さを随所に感じさせてくれるのも『もりもり屋』の良さでもあり、魅力の1つにも感じます。ランチA(980円)でも十分に満足できる内容となっているので、是非、『東京ミートレア』内にある『もりもり屋』に足を運ばれてみては如何でしょうか。


もりもり屋
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6 フレンテ南大沢新館5F
電話番号 042-682-2407
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 年中無休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 京王相模原線、南大沢駅より徒歩1分です







テーマ:バイキング・食べ放題 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/01/02(木) 19:37:33|
  2. 東京ミートレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stand 4(スタンドフォー)(閉店・東京ミートレア)

平成24年2月17日に”東京ミートレア(HP)”内に新しくオープンした『BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)(当ブログ紹介記事)』と『Stand4(スタンドフォー)』・・・『BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)』の記事と出だしが同じになってしまいますが・・・『BBQ KITCHEN』と『Stand4(スタンドフォー)』のどちらのお店も京王多摩川・アンジュ内や昭和記念公園などにある手ぶらで楽しめるバーベキュー施設などの管理・運営業務などを手掛けている”㈱ヒーロー(HP)”がプロデュースされたお店です。国内唯一のスポーツディスク専門メーカーとしても知られている会社で、八王子市内で言えば・・・上柚木公園内でディスクドッグ教室を定期的に開催されているそうです。

”京王フローラルガーデン アンジェ BBQ VILLAGE(バーベキュー ビレッジ)当ブログ紹介記事”

前回は『BBQ KITCHEN』を紹介しましたので、今回は・・・ビックリする大きさとボリューム満点のバーガーが楽しめる『Stand4(スタンドフォー)』へと立ち寄って見ることにしました!!

003_20120218210843.jpg

『Stand4(スタンドフォー)』のコンセプトはなんといっても・・・特製粗挽きパテはもちろんのこと、ステーキやプルコギ、ローストビーフなどのこだわりの食材を・・・ふんわりとした”バンズ”か、こんがりとした”ライスバーガー”のどちらかを選んで挟み・・・ボリューム満点のバーガーを味わえるのが魅力となっているお店でもあります!!

最初はメニューも多く分かりづらい感じがあるので戸惑うかも知れませんが・・・簡単に説明すると、バーガーを包むべき土台となるもの(バンズかライスバーガー)のどちらかを選び、下記に掲載しているバーガーメニューを決めることです。(バーガーメニューを決めてからバンズ、ライスバーガーのどちらかにするのかを決めてももちろん構いません。)


Stand 4(スタンドフォー)のバーガーメニューは・・・
スタンドフォーバーガー(960円)、サーロインステーキバーガー(1280円)、クラシックバーガー(700円)、チーズバーガー(760円)、ベーコンレタストマトバーガー(780円)、テリヤキバーガー(760円)、スパイシーチリバーガー(740円)、ローストビーフバーガー(730円)、プルコギバーガー(680円)、しょうがやきバーガー(730円)、ロースカツバーガー(730円)、チキンタツタバーガー(720円)となっています。
また、上記のバーガーメニューにセットを付けたメニューもあります。ドリンクセット(プラス200円)、フライドポテトセット(プラス200円)、ドリンク&フライドポテトセット(プラス300円)、アルコールセット(プラス400円)、アルコール&ポテトセット(プラス500円)、アルコールをLサイズにチエンジすると前記の価格にプラス100円で楽しめるようになっています。

サイドメニューは・・・
メイプルシロップバニラスィートドッグ(250円)、フライドチキン(200円)、メガフライドポテト(500円)、カップチョレギサラダ(300円)、カップキャベツサラダ(300円)となっています。

スウィートメニューは・・・
バニラソフト(300円)、キャラメルソフト(350円)、チョコレートソフト(350円)、マンゴーソフト(350円)、グレープソフト(350円)、トリプルベリーソフト(350円)、ピーチソフト(350円)、キウイソフト(350円)となっています。

ソフトドリンクメニューは(MサイズはALL300円、LサイズはALL400円となっています)・・・
ドリップコーヒー、カフェラテ、キャラメルマキアート、カフェモカ、オーガニックティー、アイスマンゴーティー、オレンジジュース、ジンジャーエール、コーラ、ウーロンティー、グリーンティー、ラムネ、ピンクグレープフルーツソーダ、トリブルベリーソーダ、キウイソーダ、ピーチソーダとなっています。

アルコールメニューは(MサイズはALL500円、LサイズはALL600円となっています)・・・
ハイボール、コーラハイボール、ジンジャーハイボール、ピンクグレープフルーツハイボール、トリプルベリーハイボール、マンゴーハイボール、キウイハイボール、グレープハイボール、ピーチハイボール、ラムネハイボール、ドラフトビール、シャンディガフ、レッドワイン、ホワイトワインとなっていて、その他にサワー、カクテル、フルーツカクテル、ホットカクテルなどもあるようです。


ソフトドリンク、アルコールメニューに関しては、経営者さん、プロデュース会社が同じなので『BBQ KITCHEN』と『Stand4(スタンドフォー)』とも全く同じメニューになっています。さて・・・今回は『Stand4(スタンドフォー)』のイチオシメニューでもあるスタンドフォーバーガーを味わってみることにしました!!


スタンドフォーバーガー(960円)

017_20120218210909.jpg

お店の方にかなり大きいですよと言われたのですが、躊躇することなく注文した”スタンドフォーバーガー”・・・実際、どれぐらい何だろうと半信半疑だったのですが、出てきたサイズにビックリ!!重量約520g・・・高さ、おおよそ15~18センチはあるでしょうか。ふわふわのバンズ、ピクルス、半熟目玉焼き、ローストビーフ、厚切りトマト、チーズ、特製粗挽きパテ、厚切りタマネギ、レタス、特製粗挽きパテ、土台のバンズがサンドされたボリューム満点のビックバーガーです!!

016_20120218210926.jpg

どちらから見ても・・・ボリューム感を楽しめる”スタンドフォーバーガー”・・・もう、バーガー自身では支えきれないほど・・・重心が保てないので、トレイに寄りかかって登場します!!

014_20120218210942.jpg

1番上にはマヨネーズソースらしきもの・・・そして間にはケチャップソース・・・また1番下のバンズの上にケチャップソースが注入されています。ジューシーで旨味を味わえる特製粗挽きパテも2枚とボリューム満点のバーガーを楽しむことができます。

018_20120218210957.jpg

豪快に・・・そのままガブッといきたいところですが・・・当然無理なので、一緒に提供されるナイフとフォークでビックなバーガーを堪能していきます!!

019_20120218211013.jpg

トマトのほどよい甘酸っぱさ、タマネギの香味と食感、そして半熟目玉焼きのトロリとした黄身のまろやかさと特製粗挽きパテの肉の旨味と絡み合いながら楽しめる”スタンドフォーバーガー”・・・ボリュームやカロリーを気にしてしまうと頻繁に食べられるものでもないですが・・・2人で味わったり、ガッツリと味わいたい方や話題性で楽しむにはいいかも知れません。

見栄えも良く、ボリューム感を堪能できるバーガーなので・・・楽しめるバーガーでもありますが、上記でも述べたように、1度味わってしまうと満足感なるものがあるので、どうしても頻繁に味わうものでもないように感じてしまします。南大沢の立地なので、特に休日は家族で、2人でと買い物のついでに味わう方が多く訪れると思いますが、平日ともなると人が訪れる機会が少なくなるので厳しいようにも感じますし、駅前にあるマクドナルドなどと競争すると価格やボリューム感から難しさを感じてしまうところも・・・出来ればハーフサイズ(ワンコイン・500円前後で味わえるようなバーガー)もメニューにあればなぁ~っと思ってしまいます。(ハーフサイズにすると、ボリューム感を楽しめるバーガーの良さが無くなってしまうと思いますが・・・)しかし、味付けも濃からず薄からず、丁度良い風味を味わえたので、これから、頑張って欲しいと思います。



Stand 4(スタンドフォー)(東京ミートレア)
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6 フレンテ南大沢新館5F
電話番号 042-679-0076
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 無休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)






テーマ:肉料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/02/19(日) 10:00:00|
  2. 東京ミートレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)(東京ミートレア)

平成24年2月17日に”東京ミートレア(HP)”内に新しくオープンした『BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)』と『Stand4(スタンドフォー)』・・・どちらのお店も京王多摩川・アンジュ内や昭和記念公園などにある手ぶらで楽しめるバーベキュー施設などの管理・運営業務などを手掛けている”㈱ヒーロー(HP)”がプロデュースされたお店だそうです。国内唯一のスポーツディスク専門メーカーとしても知られている会社で、八王子市内で言えば・・・上柚木公園内でディスクドッグ教室を定期的に開催されているそうです。

”京王フローラルガーデン アンジェ BBQ VILLAGE(バーベキュー ビレッジ)当ブログ紹介記事”

まずは・・・店内からジュージューとお肉の焼ける音とともに・・・食欲がそそる香ばしい匂いに誘われるように『BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)』で味わってみることにしました!!

004_20120218093547.jpg

『BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)』のコンセプトは、BBQのプロがお届けするボリューム満点のジューシーなステーキを熱々の鉄板で楽しめるグリルライスのほか、スペアリブやローストビーフ、グリル料理などのBBQ料理を味わえることだそうです。確かに上記で説明したバーベキュー施設などの管理・運営業務などを手掛けている会社がプロデュースをされているので・・・屋内の店舗にいながら本格派のBBQメニューが楽しめるかと思うと自然と期待度も高まってきます。その気になるメニューは、どようなものかと言うと・・・

BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)のメニューは・・・
ワイルドビーフステーキ(980円)、ハーブチキンステーキ(980円)、稀少!ハラミステーキ(1280円)、ワイルドミックスグリルセットA(980円)、ワイルドミックスグリルセットB(980円)、豚バラカルビの厚切りステーキ(980円)、リブロースカットステーキ(1280円)、ワイルドサーロンステーキ(1380円)、ワイルドミックスグリルセットC(980円)、1ポンドワイルドBBQセット(1800円)となっています。
また、上記のメニューについては単品価格となっているので、ごはんとともに味わいたい方は・・・ごはんセット(ごはん+コーンスープ・200円)、サラダごはんセット(ごはん+サラダ+コーンスープ・300円)が用意されています。

その他のメニューは・・・
プルコギグリルビーフライス(780円、大盛りは100円プラス)、ポークジンジャーグリルライス(780円、大盛りは100円プラス)、ほうれん草の焼きキーマカレー(780円、大盛りは100円プラス)、ベイビーバックリブ&ポテト(1480円)、ローストビーフ&フライドポテト(980円)、3種類のジャイアントソーセージ(880円)、ぐるぐる生ソーセージ(980円)、唐揚げ&フライドポテト(680円)、スモークベーコン&フライドポテト(780円)、焼きもろこし&ほうれん草バター(680円)、ごろごろ野菜のダッチオーブンポトフ(980円)、ポテトサラダ(300円)、やみつきキャベツサラダ(300円)、焼きバナナのパンケーキ(650円)、焼きマシュマロパンケーキ(600円)、ミックスベリーのパンケーキ(600円)となっています。

ソフトドリンクメニューは(単品価格は全て300円となっています)・・・
ドリップコーヒー、オーガニックティー、オレンジジュース、ジンジャーエール、コーラ、ターロンティー、グリーンティー、ラムネ、ピンクグレープフルーツソーダ、トリプルベリーソーダ、マンゴーソーダ、キウイソーダ、グレープソーダ、ピーチソーダとなっていて・・・上記のソフトドリンクを1時間フリーで楽しめるソフトドリンクフリー(500円)も楽しめるようになっています。

アルコールメニューは(単品価格は全て500円となっています)・・・
ドラフトビール、シャンディガフ、レッドワイン、ホワイトワイン、ハイボール、コーラハイボール、ジンジャーハイボール、ピンクグレープフルーツハイボール、トリプルベリーハイボール、マンゴーハイボール、キウイハイボール、グレープハイボール、ピーチハイボール、ラムネハイボールとなっていて・・・上記のアルコールを1時間フリーで楽しめるアルコールフリー(1000円)も楽しめるようになっています。

7種類の特製ソースの中から選べるようになっています。
オリジナルシャリアピンソース(すりおろした玉葱がたっぷりと使われているソースなので甘味と旨味がステーキソースと良く合うソースとなっています。お店のイチオシのソースだそうです。)
スタミナガーリックネギ塩ダレ(にんにくが強めなので、ガッツリとスタミナが欲しい方にはオススメのソースです。)
おろしポン酢(大根おろしとポン酢で味わえるので、さっぱり味わいたい時には、このソースではないでしょうか。)
マイルドジンジャーソース(生姜とスパイスが効いている、さっぱりとしていながらもまろやかな旨味と甘味が楽しめるソースです。)
レモンガーリック(さぱりとしたレモンの風味とガーリックバターのガツンしたコクと旨味を味わえるソースなので、お肉を美味しく味わいたい方にはオススメのソースとなっています。)
オリジナルバーベキューソース(お肉に合う濃厚なトマトベースのソースで肉厚なお肉を味わう時にピッタリのソースとなっています。)
スパイシー黒胡椒ソース(黒胡椒のスパイシー感が楽しめるソースで、ジューシーなお肉によく合うソースでもあります。)



ワイルドサーロンステーキ(1380円)

007_20120218093620.jpg

お店の店員さんに1番のオススメはなんですか?っとお聞きしたところ・・・この”ワイルドサーロンステーキステーキ”をすすめられたので頼むことにしました。また、7種類あるソースも1番オススメでもある”オリジナルシャリアピンソース”で頂くことにしました。ジュージューっと焼ける香ばしい匂いを漂わせながら目の前に出てきたのは、熱々の鉄板からはみ出ているサーロンステーキ・・・見た目もボリューム満点に感じる180gのUS産のサーロインステーキとなっています。付け合わせは、モヤシ、ポテトフライ、ほうれん草、トマト・・・そして、白い器の中には7種類から選んだ”オリジナルシャリアピンソース”が添えられています。

009_20120218093636.jpg

”BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)”で使われている主なお肉はUS産だそうです。(聞き間違いかもしれませんが、US産の他にNZ産(少し)のお肉も使われているそうです。)ステーキの王道でもあるサーロインステーキ・・・大きさがあるのでボリューム感を感じますが、実際は厚みがないのでやや薄めのサーロインステーキとなっています。(大きさでボリューム感を出してしまっているので、どうしても厚みのない肉となってしまっています。180gなので仕方のないところかも知れませんが・・・)しかし、肉質は柔らかく、脂分との絶妙なバランスでジューシーに熱々を楽しめるように工夫がされています。

最近ではよく見かけるようになった”ペレット”と呼ばれる突起物があり、このペレットで鉄板が冷めないので、熱々のまま味わえるようになっているところでしょうか。出される時はややミディアムレア感を感じたのですが、このペレットがあるおかげでミディアム、ウェルダンへと好みで焼き加減を楽しみながら味わえるようになっているところです。これもBBQ感覚を楽しんでもらいたいからかでしょうか。ただ、このペレットの近くに添えられているポテトをそのままに放置しているとカリガリと焼きすぎてしまう恐れがあるので、よく見ながら味わっていかないと焼きすぎてしまうので、ご注意を!!なので、ペレットの良さも悪さも活かしながら効率よく好みで楽しんでいくのが・・・この熱々の鉄板を楽しむうえでの味わい方かも知れません。



サラダごはんセット(ごはん+サラダ+コーンスープ・300円)

010_20120218093659.jpg

てっきり、ごはんは付いているものだと思っていたのですが・・・メニューを拝見してから、ごはんは別だと知って、ちょっとだけ、ビックリしてしまったのですが、上記のワイルドサーロンステーキとごはんのセットにすると、1580円、自分が頼んだサラダごはんセットにすると1680円となると・・・う~ん、割高感を感じてしまうところも・・・

011_20120218093721.jpg

今年は特に野菜が高騰しているので厳しいのかも知れませんが・・・サラダと言っても、キャベツの千切り・・・そして、コーンスープは量の少なめの普通のスープ・・・これと言って特徴もあるように感じないので、キャベツの千切りとコーンスープで100円増しを高いと見るか見ないか・・・微妙なところかも知れません。(プレートにモヤシ、ほうれん草(おそらく冷凍物か)、トマトとのっているので、ごはんだけのセットの方が懸命かも知れません(好みの問題ですが))


焼きマシュマロパンケーキ(600円)

005_20120218093737.jpg

デザートメニューもあり・・・しかも焼きマシュマロ(メニューの見栄えもよく・・・BBQで味わう、あのトロトロとしたマシュマロを味わえるのか!!っと思い、迷わず、頼んでしまいました。)

しかし・・・実際、出てきたのは、メニューとは違うもの?っと思ってしまうほど、マシュマロが4個ほどしか入っていなく(メニュー表ではマシュマロがたっぷりと盛られていて美味しそうだったで・・・しかも、とろける食感もなく・・・ただ焦げ焦げになっているだけのマシュマロ・・・)これは・・・いかんと思ったので、お店の方に聞こうかなと思ったのですが、あまりの違いに言葉を失いつつ、取り合えず、味わってみることに・・・

小さめのパンケーキが4枚・・・その中にバニラアイスクリーム、その上に生クリーム、キャメラメルソースが盛られている焼きマシュマロパンケーキとなっています。見た目はボリューム感を感じますが、食べてみると、思ったよりもボリューム感はなく・・・ペロッと味わえてしまいます。味わった後によく考えてみると、お店で出すにはトロトロとしたマショマロを味わうのは無理があるだろうなぁ~っと・・・しかし、マショマロの数が少ないせいか、見栄えが悪かったので・・・ネーミングの通り、マショマロがたっぷりと盛られていれば満足度があるデザートなのかなと感じました。



オーガニックティー(300円)

006_20120218093758.jpg

ごはんが付いていないので・・・どうしてもセットメニューとなり、割高感を感じてしまうところに、また食べに足を運ぼうかなと思う気持ちが湧いてこないのが率直なところでしょうか。お店によってセットメニューなども違ってきますが・・・この価格設定なら近隣にある”ステーキガスト(HP)””ステーキけん(HP)””ブロンコビリー(HP)”などのチェーン展開しているお店で味わった方が良いのではと感じてしまいます。

同じ価格設定なら満足感や充実感、いろんなものが楽しめるお店へと足が自然と向いてしまうのが現状です。特に東京ミートレア内にある限られたスペース内なので・・・サラダバーなども出来ないなど、いろんな制約があり厳しいとは思いますが”BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)”という店名の特色を活かしながら(安全上、無理だと思いますが、店内で卓上バーベキュー(テーブルで楽しめる小さめのグリルなど)などが楽しめるものや、もっとボリューム感が味わえるもの、価格が安くて手軽に食べれるものなど)・・・他店では出来ない良さを楽しめるように・・・これから頑張って欲しいと思います。ただでさえ、店舗の入れ替えが激しい東京ミートレアなので・・・



BBQ KITCHEN(バーベキュー キッチン)(東京ミートレア)
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6 フレンテ南大沢新館5F
電話番号 042-653-9976
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 無休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)







テーマ:肉料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/02/18(土) 20:15:00|
  2. 東京ミートレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豚平(東京ミートレア)

現在は下記でご紹介している店舗前に移転されています!!

北海道・帯広名物として知られている”豚丼”・・・本場、帯広市内では、老舗のお店から新しいお店まで豚丼を味わせてくれるお店が多くあり、それぞれのお店によって独自の工夫を凝らした味わいを楽しめる・・・今や、ご当地グルメとして人気を得ている逸品でもありますが、もともと”豚丼”は北海道の開拓の際につれてきた豚を牛丼のように食べたのが始まりだと言われています。

甘辛い・・・鰻の蒲焼きにかかっているような甘いタレとともに炭焼きをされた豚肉をガッツリと楽しめる”豚丼”ですが・・・南大沢にある”東京ミートレア(HP)”内でも、その炭焼き豚丼を味わせてくれるお店が存在します。


004_20120208205418.jpg

そのご当地グルメでもある”豚丼”を味わせてくれるお店は・・・豊熟もち豚専門店『豚平』です。看板メニューは、上記でも述べたように、帯広のご当地名物丼『名物!炭火豚丼』です。ただ・・・最初に結論から言ってしまうと、丼物よりも麺メニューの方が個人的にはオススメのお店です。なので、オープンしてから何回か食べに訪れているのですが、ほとんど、つけ麺を食べているような気がします。ですが・・・今回はお店の看板メニューでもある『名物!炭火豚丼』を味わいに再訪してみることにしました!!

豚平のメニューは・・・
名物!炭焼豚丼(並・大盛とも880円)、特製ソースカツ丼(並・大盛とも880円)、ソースカツカレー(並・大盛とも980円)、ミートカレー(並・大盛とも780円)、昔ながらのカツ丼(並・大盛とも880円)、スタミナ丼(平日限定17時まで・600円)、炭焼豚つけ麺(並・大盛とも980円)、炭焼豚つけ麺・辛(並・大盛とも980円)、濃厚つけ麺(並・大盛とも780円)、豚平ラーメン(680円)、男の底力ラーメン(880円)、スタミナ豚焼き定食(1200円)、特上とんかつ定食(1200円)となっています。また、丼物、カレー、麺類はプラス100円で特盛に変更ができるようになっています。



名物!炭焼豚丼(並・880円)

085_20120208205500.jpg

備長炭でじっくりと炙った豚肉が丼からはみ出るように盛られている”名物!炭焼豚丼”・・・しかし、いつ見ても感じてしまうところがあります。見た目はガッツリと楽しませてくれる丼物だなぁ~っと思うのですが・・・ただ、最初に出される時に蓋を閉めてくる意味があるのだろうか?っと疑問を感じてしまうところが・・・蓋を開けた瞬間にウワ~、スゴイと思わせる演出効果を狙っているのか分かりませんが、かえって蓋を閉めてしまうことによって豚肉に蓋の後がつくことや衛生的に見ると逆効果になっているように感じてしまいます。

それに見た目ほど、豚肉が薄いせいかボリューム感をさほど感じないところも・・・また、”名物!炭焼豚丼”や下記でご紹介する”昔ながらのカツ丼”もそうなのですが、器がプラスチックなので割安感を感じてしまうところもマイナスのように感じてしまいます。狭い場所なので洗い物なども手早く、そして落としても割れにくい素材を使っているとは思うのですが・・・これが、どうも重量感を感じず、肉のボリューム感があったとしても軽く感じてしまうところなのも知れません。(吉野家などのチェーン店では陶器のドンブリを使用されているところを見ても、その手に持つ重みを感じるだけでも、かなり違ってくると思いますが・・・)なので、毎回、今一、二つに思ってしまう要因なのかも知れません。


091_20120208205517.jpg

胡椒をきかせた豚肉を下記の画像にある一緒に付いてくる甘めの秘伝ダレをつけてから味わっていきます。その秘伝ダレとともに味わう豚肉は、柔らかくて炭火の食欲をかきたてる香ばしさはよいのですが、薄いこともあってかジューシー感は感じず・・・う~ん、いたって普通の風味と食感・・・これといって特徴も感じず、単調になりがちなところも・・・できれば、お店の入口に掲載されているメニュー看板にあるような厚みのある豚肉だとボリューム感も感じ、満足感を得られる丼物になるではと思ってしまう1品です(あまりにも看板メニューとのギャップを感じてしまうので・・・)

086_20120208205538.jpg

丼物、カレーメニューには、上記のお新香と味噌汁が付いてきます。


昔ながらのカツ丼(並・880円)

087_20120208205557.jpg

お新香と味噌汁がセットになっている”昔ながらのカツ丼”です。卵白と黄身が綺麗にちょうどいい状態になっています。見た目美味しそうで・・・カツは注文を受けてからあげているようで柔らかくジューシー、アツアツに仕上がっています。

089_20120208205616.jpg

昔ながらの、卵とじされたカツ丼の味付けはやや甘めになっています。あっさりとしていながらも、がっつりくるタイプが多い昨今、優しい味のカツ丼という感じで食が進みます。肉の食感も、すぐ噛み切れる軟らかさを楽しめるカツ丼となっています。ただ、上記でも述べたように器のドンブリがプラスチックよりも陶器の方が重量感もあって良いのかなと感じてしまう丼物となっています。どうしてもプラスチック容器だと安めに感じてしまうので、良い肉を使っていても割高感の方が強く感じてしまいます。なので、この価格帯ならば、近隣にある”かつや”で食べた方が良いのではと思ってしまう方が多いのかも知れません。

『豚平』で丼物を食べると、上記のような事を毎回、感じてしまうことが多いので、大体、炭焼豚つけ麺や濃厚つけ麺を食べてしまう機会が自然と多くなってしまいます。つけ麺は量もあり満足感もあるのでお腹を満たしたいときにはオススメの品でもあるので、機会があれば味わって見て下さい。また”豚平ラーメン(680円)”、と”男の底力ラーメン(880円)”といった新メニューも増えたので機会を見て味わってみたいと思っています。南大沢駅前にはラーメン店が少ないので、利便性や立地の良さを活かし、いっそ二郎系のインスパイアのお店のような・・・ガッツリとした肉々しいラーメン屋専門店として展開していった方が良いのではと・・・思う今日この頃です。

さて、迷走する肉料理のフードテーマパーク『東京ミートレア』・・・店舗の入れ替えは活性化やマンネリを図るうえでは良いと思うのですが・・・今一つ以上に物足りなさを感じてしまうのも現状ではないでしょうか。もう少し入店する店舗のリサーチや人を呼べるほどの魅力のある商品を手掛けるお店を誘致するとかの努力をしないと今後も厳しい状態が続いてしまうように感じてしまいます。長く親まれて愛され続けるようなメニューを出せるお店の出店を心から願っています。



豚平(東京ミートレア)
住所:東京都八王子市南大沢2-1-6 フレンテ南大沢新館5F
電話番号 042-676-8853
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 無休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)





テーマ:肉料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/02/08(水) 23:00:00|
  2. 東京ミートレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。