たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マルフジ精肉店

様々な商品が揃っている総合スーパーがこれだけ広まっている今なお、お肉はやっぱり専門店(お肉屋さん)で買うのが一番と言われることはさして珍しいことではありません。町のお肉屋さんの強みと言えば、地域と密着しながら、お肉の品質、鮮度であり、その点にこだわりぬくお店が多い中にあって、地元の人達との人間関係をより大切に心掛けされているお肉屋さんの存在は希少ではないでしょうか。お昼のお弁当や夕食になるコロッケや唐揚げなどなど・・・言わば主婦の見方の存在でもある『町のお肉屋さん』、そんな人情味が溢れ、人との対話を大切にされている1軒のお肉屋さんをご紹介したいと思います。

おそらく八王子市内の中でも1番奥地にあるお肉屋さんではないでしょうか。店主さんのその温かい人柄からか、人情味溢れるお肉屋さんとして親しまれ続けている『マルフジ精肉店』、陣馬街道と都道61号線が交差する川原宿交差点近くにお店を構えているお肉屋さんです(美味しい八王子ラーメンを楽しませてくれる『味幸(当ブログ紹介記事)』の斜め向かいといったら分かりやすいかも知れません)


001_20150201171408ba6.jpg

ジョギングコースの1つ(甲州街道~都道61号線~陣馬街道or甲州街道~都道61号線~秋川街道)としてよく利用させてもらっている陣馬街道、八王子市街地から走ってくると緑の山々が目の前に迫ってくるほど、迫力のある自然の豊かさとともにのどかな町並みが広がっている恩方、西寺方地区、その陣馬街道沿いに長きに渡ってお店を構えられているのが、今回、ご紹介させて頂く『マルフジ精肉店』です。

上記でも述べましたが、陣馬街道沿いをジョギングする際はよく立ち寄らせてもらっているお肉屋さんです(今回は、まだ雪が残っていたので、ちょっと走りにくかったですが・・・)、ジョギング中のひと休みをする際に、そして、お腹を少し満たすためにはもちろんですが、いつも元気をくれる店主さんに会いたくて自然と足が向いてしまう、そんなお肉屋さんです。15歳の時に精肉業界に飛び込んだ店主さん、八王子市内の中でも老舗のお肉屋さんと親しまれて続けている『富士屋(当ブログ紹介記事)』などで経験を積まれ独立をされたそうです。

現在の店舗は同じ陣馬街道沿いから移転されてきたそうですが(以前の店舗は陣馬街道沿いにある『正月』という割烹料理店の場所にあったそうです)、精肉業界に携わってから55年という長い歳月が経った今でも精力的に仕事をこなし、忙しい日々を送られています。そんな店主さんが注文をしてから揚げてくれる野菜コロッケからは、どこか懐かしく、優しい味わいが楽しめるようになっています。特にその場で味わう揚げたの野菜コロッケは格別で・・・カリッとした表面の揚げ具合と中のふわっとした優しい食感にはまってしまうほどです。今回も1つはその場で店主さんとの会話を楽しみながら味わったのですが、せっかくなので、その野菜コロッケとこれまた味わい深い美味しさを楽しめる焼豚を購入してきたのでご紹介したいと思います。



焼豚(100g・300円)、下記の焼豚で244g・732円となっています。

017_20150201183647343.jpg

肉自体に甘みがあるので、自家製の焼豚は程よく塩気を効かせて作られています。そのせいか、そのままでも十分美味しいですが、特製のタレが付いてくるので、そのタレをよくなじませてから味わうと、この焼豚が持つ本来の肉の旨味やコクをより感じられる焼豚となっています。脂っこくないのにジューシーで何杯でもご飯が進みでしまう、そんな焼豚は、口に入れた時の適度な柔らかさと歯応えのある食感が交互に楽しめるようになっています。特製のタレもいいですが、からし醤油で食べるとさらに美味しさが増すでしょうか。ご飯にのせるもよし、ビールやお酒にぴったり合う、そんな自家製の焼豚は、じっくりと味わうことで、焼豚の奥深さを楽しめるようになっています。


野菜コロッケ(1個・70円)

002_20150201191037745.jpg

新鮮なお肉や馬刺しなどをはじめ、ちょっと待つかも知れませんが、注文をしてから揚げてくれる揚げ物やお弁当なども販売されている『マルフジ精肉店』、ここで『マルフジ精肉店』で揚げてくれる揚げ物メニューをご紹介したいと思います。上記画像にも野菜コロッケ(70円)と筆頭に幅広いランナップが揃えられています。

『マルフジ精肉店』の揚げ物メニュー・・・
野菜コロッケ(70円)、メンチカツ(90円)、BEEFコロッケ(120円)、BEEFメンチカツ(130円)、ハムカツ(70円)、ハムチーズ(150円)、えびフライ(170円)、あじフライ(170円)、白身フライ(80円)、ハルマキ(80円)、いかフライ(120円)、かきフライ(50円)、コーンクリームフライ(100円)、かにクリームフライ(90円)、かぼちゃコロッケ(100円)、カレーコロッケ(100円)、ギョウザ(大・70円)、あげシュウマイ(大・90円)、串かつ(100円)、牛かつ(450円)、チキンチーズ(170円)、ロースとんかつ(280円)、若どり唐あげ(100g・160円)、チキンカツ(270円)、若どり竜田揚(350円)、みそとんかつ(350円)となっています。


004_2015020119480599e.jpg

ホクホク、しっとりとしたジャガイモを原材料に使用した自家製の野菜コロッケ、長きに渡って地域で愛され続けている、昔ながらの味が楽しめます。素材のうまさを最大限引き出されたコロッケは何度食べても飽きがこない味・・・そのまま味わうのもよし、ホカホカのご飯とともに味わうのもよし、トーストにキャベツとともにサンドして食べるのもよしと、好みの味わい方で楽しめるようになっています。

朝早くからお店を開けられている『マルフジ精肉店』、様々な所にお肉を卸しているので、朝早くから、その準備に追われるそうですが、シャッターを閉めて黙々と作業をするよりもお店を開けていれば、人に見られている緊張感や町の動きが感じられるので、いつもよりも作業がはかどるんだよと笑顔で語ってくれる店主さんのなんとも温かい人柄が伝わってくるお肉屋さんです。そんな話をしている間にもお客さんが訪れ、これぞ地元で支持される証拠だなぁ~と、しみじみと感じてしまったほどです。お惣菜にはサラダなどもあり、献立に困ったときに駆け込めるありがたいお店でもある『マルフジ精肉店』、日々、変わっていく街の中で、ここに来れば変わらない風景が、変わらない味があり、このままでいて欲しい、そう心から思える『マルフジ精肉店』、どれを選んでもハズレはありませんが、まずは手軽に味わえるコロッケなどから始めてみるのがオススメです。是非、陣馬山、夕やけ小やけふれあいの里などに来ることがありましたらふらっと立ち寄ってみて下さい。


マルフジ精肉店
住所:東京都八王子市西寺方町25-12
電話番号 042-651-5520
営業時間 6:30~19:00(お弁当は開店時間から出来ますが、揚げ物類は10時前後からの販売となっています。但し、揚げ物類によっては、開店してからすぐに揚げてくれるものもあります)
定休日 日曜日
駐車場 なし
最寄り駅 JR高尾駅orJR八王子駅北口などからバスに乗車し『上小田野バス停』で下車、徒歩2分程です







スポンサーサイト

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/01(日) 20:30:52|
  2. ハム・ソーセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤精肉店

子供の頃、数枚の10円玉を持って買いに行ったお肉屋さんのコロッケ、スーパーがまだあまり近くになかった頃、商店街にあった、お肉屋さんや八百屋さん、魚屋さんは地域の交流の場だったような気がします。特に町にあるお肉屋さんは、対面販売で、料理に合ったお肉や、今日のおすすめ食材など、安心安全を第一に考えられた品揃えは、地域の台所を担ってくれている存在でもありました。今回は、そんな昔ながらの風情感を醸し出し、町には欠かすことができない1軒のお肉屋さんをご紹介したいと思います。

もともと肉の卸を生業としてきたお肉屋さん『佐藤精肉店』、高尾界隈をぶらりと食べ歩きするなら、ここのメンチやハムカツ、コロッケ、フライは外すことができません。しっかりと味付られた牛肉とやわらかいジャガイモが織り成す、昔ながらのお肉屋さんのコロッケは病みつきになる味わいを楽しめ、名物の焼豚から鮮度の良いお肉類、そして野菜や生鮮食品類まで販売されている、地域のお肉屋さんとして親しまれ続けているお店です。


011_20150108204524860.jpg

車の往来が多い甲州街道沿いに本店となるお店を構えている『佐藤精肉店』、その本店があるお店から甲州街道と並行して通っている万葉けやき通り沿いにも支店が設けられています(本店と同じく八王子市東浅川町内にあります)。お店を創業した頃からお惣菜の販売もはじめ、昔ながらの製法で作られた、昔ながらのお肉屋さんの揚げ物が楽しめるようになっています。昔ながらの懐かしい味というと、素朴な味を想像してしまいがちになりますが、しっかりとした肉厚なアジフライだったり、具材の美味しさが詰め込まれたコロッケ類などは何もつけずにパクパクと食べられてしまうほどです。

そんな『佐藤精肉店』ですが、コロッケ類やフライ類の揚げたものが販売されているのではなく、注文してから揚げてくれるシステムとなっています。なので、いつ訪れてもホクホクとした揚げたてを楽しめるようになっています。と言うことで、ここで『佐藤精肉店』で楽しめる主な揚げ物メニューをご紹介したいと思います。


『佐藤精肉店』のコロッケ、フライメニュー・・・
野菜コロッケ(80円)、カレーコロッケ(80円)、肉じゃがコロッケ(80円)、カニクリームコロッケ(80円)、コーンクリームコロッケ(80円)、かぼちゃコロッケ(80円)、メンチカツ(80円)、ハムカツ(100円)、串カツ(100円)、チーズハンペン(100円)、うずらフライ(100円)、イカフライ(100円)、アジフライ(120円)、チキンカツ(150円)、豚カツ(200円)などとなっています。



アジフライ(120円)

018_20150108213526b1c.jpg

サクサクッと心地よい音を立てながら、程よい肉厚感を楽しむことができるアジフライです。カリッと香ばしい衣、ふわっと柔らかい身が特徴のアジフライ、ビールのお供にピッタリの1品です。サックサクでありながら、どこか懐かしさを感じる衣、そして、その中にはホックホクでジューシーなアジの優しい旨味が適度に口の中に溢れ出してきます。ソースで味わうのが定番ですが、このアジフライは是非、タルタルソースで味わってみて欲しいです。タルタルソースとアジフライの組み合わせは王道でもありますが、タルタルソースをたっぷりとつけてアジフライを味わえば、おのずと笑みがこぼれてしまうと思います。


メンチカツ(80円)

019_201501082152578f5.jpg

お肉屋さんのコロッケ類を購入するならば、このメンチカツを味わないといけない1品なのではないでしょうか。お肉のプロとも言うべき精肉店が作るメンチカツはジューシーかつ、肉の旨味をしっかりと楽しむことができます。独自の下味をつけたお肉の中から、ジュワ~と出てくる肉汁、ひと口味わうごとに旨さが口の中に広がってきます。揚げたてはジューシーさが増していますので、是非、揚げたてを味わって欲しい1品です。


カニクリームコロッケ(80円)

020_20150108220515bcb.jpg

手作り感に溢れ、丁寧に仕上げられた味わいのクリームコロッケの魅力は何といっても、あの「とろ~り」とした食感、その口当たりが優しく、なめらかなクリームが入っているカニクリームコロッケとなっています。適度なカニの風味と甘みを活かされた、とろとろしたクリームは味わい深さを楽しむことができます。カニクリームソースのほどよい濃度で、絶妙なとろり感を楽しめる『佐藤精肉店』のカニクリームコロッケ、ご飯、パンと・・・どちらにも合うオススメのコロッケです。


ハムカツ(1枚・100円)

021_20150108222908abb.jpg

適度な厚さにカットされたハムに、小麦粉をまぶし溶き卵をくぐらせ、パン粉をまとわせ油で揚げられたハムカツ、揚げると、中身のハムよりもまわりの衣が多いこともあってか、衣のサクサクした食感を楽しむことも、ソースに浸したときの風味を楽しむこともできるハムカツとなっています。使われている食材はどれも決して高級なものではないですが、それでもハムカツを食べたという満足感はしっかりと得ることができます。そこが多くの人々に親しまれ、人気のあるハムカツの魅力でもあるように感じます。パンやバンズを買ってきて、ハムカツサンドやハムカツバーガーとしても美味しく楽しむことができる『佐藤精肉店』のハムカツ、このハムカツもアツアツ、そしてホクホクとした揚げたてを是非とも味わって欲しい1品です。

小学生の頃、母親がお肉屋さんでコロッケやフライを買ってきては、そのままおかずとして出していた頃をふと思い出させてくれる『佐藤精肉店』のコロッケやフライ・・・昔のお肉屋さんのコロッケはこういうものだったように感じます。小さい頃食べていた懐かしさが口に広がるような、守りたい味を楽しむことができるお肉屋さんです。

1つ1つ手間がかかる揚げ物を長年の熟練の技で作りあげ、昔ながらの製法を大事にする『佐藤精肉店』ならではの味わいを楽しむことができます。日々、変わっていく町の中で、ここに来れば変わらない風景が、変わらない味があるように感じます。このままでいて欲しい、そう心から思える『佐藤精肉店』、どれを選んでもハズレがないですが、まずは手軽に味わえるコロッケ類から始めてみるのがオススメです。高尾界隈を散策中に小腹が減ったときは、是非とも立ち寄ってみて欲しいお肉屋さんです。


佐藤精肉店
住所:東京都八王子市東浅川町278
電話番号 042-661-0151
営業時間 10:00~19:00頃まで
定休日 日曜日、第2・4土曜日
駐車場 なし
最寄り駅 JR中央線or京王高尾線、高尾駅北口から徒歩20分程です







テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

  1. 2015/01/08(木) 23:16:20|
  2. ハム・ソーセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シュトゥーベン・オータマ

食の安全や健康志向、癒しのスポットを求めて、手軽に行ける近郊の『直営レストラン』や『ファームレストラン』・・・生産者側も、自分たちが作ったものを直接生活者に届けたいと、一次(生産)、二次(加工)、三次(販売)などを目指すお店が増え・・・自然と大地が恵んでくれた、とびきり新鮮な食材をすぐにレストランで楽しんでもらいたいと工場がすぐ隣接している『直営レストラン』や、生産者が営む『ファームレストラン』を手掛け・・・そのレストランに立ち寄る人が増えているそうです。

今回はそんな工場直営のレストランを味わいに行こうと思い・・・久しぶりに福生にある『シュトゥーベン・オータマ』へと足を運んでみることにしました。福生の2大ハムメーカーの1つ、大多摩ハムが運営されている『シュトゥーベン・オータマ』・・・伝統とこだわりの製法で作られた『TOKYO-Xハム』をはじめ、ドイツ式ベーコンや無添加ソーセージなどを気軽に楽しむことができる大多摩ハム直営のレストランです。


012_201403091750519b5.jpg

JR青梅線、福生駅東口から徒歩3分程でしょうか。大多摩ハムの直営のレストラン『シュトゥーベン・オータマ』・・・オレンジ色のカラフルで可愛らしい壁と三角屋根のお洒落なローテンブルク調の建物が見えてきます。横・裏手に工場を構え、1階には工場で作られたロースハム、ベーコン、ソーセージなどが販売されている店舗、そして2階には7メートルもの高さがとられた贅沢な空間の中で、ブランド霜降り肉『TOKYO-Xハム』を使ったランチや料理などが楽しめる直営レストランが兼備されている・・・福生、多摩を代表するドイツ風レストラン&ハム直売店のお店です。

大多摩ハムは・・・戦後まもない1949年マッカーサーGHQ本部は、大多摩ハムが衛生も品質も欧米の水準であることを評価し、GHQ本部から衛生標準に適格であると認められたハム製造工場を背景とし・・・平成12年に直営レストランをオープンされたそうです。GHQから日本で初めて衛生基準合格認証された大多摩ハム・・・そんな味わい深いハムやソーセージを今回はランチ時に訪れたので、ゆったりと落ち着く空間の中で楽しめる『シュトゥーベン・オータマ』のランチメニューをご紹介したいと思います(詳しいメニューはお店のHPで確認してみて下さい)

『シュトゥーベン・オータマ』のランチメニュー(平成26年4月1日から価格変更になりますので、詳しい価格やメニューなどはお店のHPを確認してみて下さい)・・・
TOKYO-X福生ドッグ(単品・483円、スープ付きは630円、またスープ付きを注文した場合はソフトドリンクを210円で注文することができます)
ソーセージランチ(スープ、サラダ、本日のソーセージ、ライス又はパン、コーヒー又は紅茶付き・945円)
ブレートバーグランチ(スープ、サラダ、ライスまたはパン、コーヒー又は紅茶付き・735円)
シュトゥーベンサンド(ハム・ベーコン・新鮮野菜・ポンフリッツのサンドイッチとソーセージ、コーヒー又は紅茶付き・777円)
ハムステーキランチ(スープ、サラダ、ライス又はパン、コーヒー又は紅茶付き・1155円)
TOKYO-Xランチ(TOKYO-Xロースハム、ボンレスハム、ショルダーベーコン、ヤークトヴルスト、あらびきウインナー、絹びきウインナー、TOKYO-Xカツレツ、スープ、サラダ、ライス又はパン、コーヒー又は紅茶付き・1470円)
ジェノバソースのパスタランチ(スープ、サラダ、コーヒー又は紅茶付き945円)
明太子と生ハムのパスタランチ(スープ、サラダ、コーヒー又は紅茶付き945円)などとなっています。



ソーセージランチ(スープ、サラダ、本日のソーセージ、ライス又はパン、コーヒー又は紅茶付き・945円)

017_20140309190505518.jpg

メットヴルスト、デューベルスブリッカー、ヴァイスヴルストの3種類のソーセージにベーコン、TOKYO-Xロースハム、ボンレスハムなどが付いてくるソーセージランチとなっています。それぞれの美味しさが持つ肉の風味と・・・肉本来が持ち合わせている旨味と濃厚な味わいがギュギュッと凝縮された3種類のソーセージ・・・味&肉、そしてジューシーな脂が食欲をそそるベーコン・・・そして肉の旨さをあらためて感じさせてくれる3種類のハムを味わい深く楽しむことができるランチメニューとなっているので、いろんな味わいを楽しみたい方にはぴったりのランチメニューではないでしょうか。

018_20140309194406830.jpg

メットヴルスト・・・オーソドックスな荒挽きノンスモークタイプのソーセージです。黒胡椒とガーリックがほんのりと効いたオーソドックスなタイプで、ご飯にも合うメットヴルスト・・・なので、日本の食文化に合ったソーセージとでも言うべきでしょうか。お子さんから年配の方まで美味しく食べられるソーセージでもあり、ビールにぴったりと合うソーセージを楽しめます。

デューベルスブリッカー・・・しっかりと肉の味と食感が感じられるソーセージです。深い味わいとコクがあり、濃い旨味と引き締まった食感が特徴のソーセージとなっています。

ヴァイスヴルスト・・・ヴァイスブルストは、見た目通りのドイツ語で『白いソーセージ』を意味しますが、ふわふわ~っとして、はんぺんのように柔らかい食感で、そして塩分もまろやかで優しい味わいが楽しめるソーセージとなっています。


016_20140309195823520.jpg

今回はライスではなく、パンを選んだのですが、切り分けたソーセージやハム、ベーコン、ザワークラフトを挟みながらと・・・好みの味わい方で楽しむことができるのでオススメです。

014_201403092002299db.jpg

ソーセージランチに付いてくるスープとサラダです。このサラダもそのまま味わうのもいいですが・・・切り分けたソーセージととともにパンに挟んで味わうなど・・・利用の仕方で違った楽しみ方もできるようになっています。


TOKYO-X福生ドッグ(単品・483円)

015_201403092005270a6.jpg

長さが16センチ(国道16号)、太さが23ミリ(ふっさ)のジャンボなTOKYO-Xのソーセージとベーコンが挟まれた福生名物の『福生ドッグ』です。福が生まれるご当地グルメ、福生名物の『福生ドッグ』には掟となるものがあるそうです。①福生らしさを感じられるものでなければならない、②素材を活かしたオリジナルなものでなければならない、③美味しく、安全、安心なものでなければならない、④大多摩ハム、福生ハムが製造する長さ16センチ、太さが23ミリのソーセージを使用すること、⑤パンはこだわりをもったものを使用し、切れ目を横に入れること、⑥福生のまちのホットドッグとしてみんなから愛されるものでなければならないこと・・・以上だそうです。

見るからに食べ応え十分に感じる『シュトゥーベン・オータマ』の『TOKYO-X福生ドッグ』、こだわりのバンズに大多摩ハムのTOKYO-Xのソーセージとベーコンが挟まれているので、TOKYO-Xのソーセージとベーコンを重ねたダブルなジューシーな肉汁が口に中に溢れ、ボリューム感たっぷりに楽しむことができる福生ドッグとなっています。



ペールエール(グラス330ml・504円)

013_20140309202138282.jpg

味わい深いソーセージを味わううえで供にしたのがビールです!!と、言うことで、福生の地ビール『多摩の恵・ペールエール』を楽しむことにしました。明るい銅色をした地ビールで、カスケードホップを使用しているため柑橘系の香りがふわっと口の中に香ってきます。苦味は抑えめで飲みやすく風味豊かに楽しめる地ビールです。

ゆったりとした空間の中で・・・できたてのソーセージやハム、ベーコンを味わい深く楽しむことができる『シュトゥーベン・オータマ』・・・

019_201403092031139ce.jpg

八王子からも近く・・・最寄り駅でもある福生駅からも近いなど・・・手軽に行ける近郊の『直営レストラン』として日々、多くの人に親しまれ続けている『シュトゥーベン・オータマ』・・・とても人気があるレストランとしても知られているので週末ともなると予約を入れたお客さんで一杯になってしまうそうです。生産者の美味しさや想いが詰まったレストラン『シュトゥーベン・オータマ』・・・『直営レストラン』だからこそ味わえる楽しさや美味しさを実際に足を運んで楽しんでみては如何でしょうか。


シュトゥーベン・オータマ(HP)
住所:東京都福生市福生785
電話番号 042-551-1325
営業時間 
平日 11:30~14:00(LO14:00)
   17:30~21:30(LO21:30)
土日祝 11:30~15:00(LO15:00、15:30に一時閉店)
    17:00~21:30(LO21:30)
定休日 火曜日(1階の売店は火曜日も営業(10:00~16:30)されています)
駐車場 あり
最寄り駅 JR青梅線、福生駅東口から徒歩3分程です







テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/03/09(日) 20:48:32|
  2. ハム・ソーセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

氷と肉のあかさか

JR八王子駅北口の繁華街には西放射線ユーロードを中心に東西南北にいく通りもの、多くの商店街通りが存在します。その中の1つ、老舗のお店や新しいお店が建ち並ぶ『駅前銀座通り』には個性溢れるお店が営業されています。ドンキホーテ前にある信号から1つ手前の信号を渡り(JR八王子駅から見ると右側になります)、甲州街道まで続いている『駅前銀座通り』・・・東町、中町、横山町1丁目、横山町2丁目の4つのブロックからなる商店街として親しまれている通りです。

その商店街を甲州街道まで歩いていると、白とオレンジ色の暖簾が一際、目を引く『氷と肉のあかさか』が見えてきます。人が多く行き交う『駅前銀座通り』で、主に氷、ダイヤアイス、氷の彫刻、ドライアイス、食肉全般を営むお店として長きに渡って親しまれ続いているお店です。


020_20131201195022b5a.jpg

創業から80年以上も営業されている『氷と肉のあかさか』・・・当初は氷と炭を主に販売されていたそうですが、戦後は食肉も取り扱うようになったそうです。電気製品の開発の進歩や需要が高まるなか、今もなお、愛され続けている氷は、あかさか自慢の高尾山の純氷で作られた氷を求め、遠くから購入しに訪れる方も多いそうです。じっくりと48時間かけて作られる氷は硬く透き通り・・・夏場でもクーラーボックスに入れると30~40分はとけないそうです。夏場だと八王子市や多摩市で開催されるお祭りのかき氷として・・・バーや居酒屋さんなどで丸い氷として・・・身近なところから言えば、毎年恒例の八王子まつりでは氷の彫刻としてたくさんの人を楽しませくれているので・・・知らずのうちに見ている方も多いでしょうし、口にしている方も多いのではないでしょうか。

また、氷だけでなく、鮮度の良い上質な食肉を販売されている『氷と肉のあかさか』・・・長きに渡って八王子市民の胃袋を支えてくれているお店でもあります。見るからに美味しそうなお肉が販売されている『氷と肉のあかさか』、どのお肉も肉質の良さを堪能できるものが揃えられているのですが、今回は、自分のイチオシでもある、焼豚を購入してきたのでご紹介したいと思います!!

024_201312011950570d6.jpg

『氷と肉のあかさか』で販売されている『焼豚(100g・315円)(上記画像の焼豚は200gになります)』、毎日、売り切れ必至の逸品です。JR八王子駅界隈で焼豚と言えば、『坂本肉店(当ブログ紹介記事)』の焼豚が自分の中ではNO.1なんですが、ここ『氷と肉のあかさか』の焼豚も肉の旨味を凝縮された美味しさが楽しめるので、よく買わせてもらっている1品です。

025_20131201195122583.jpg

ジューシーな旨味を堪能できる焼豚が『坂本肉店』ならば、肉の風味を楽しめるのが『氷と肉のあかさか』の焼豚です。つけ込まれた豚肉を丹精込めて焼き上げられた『氷と肉のあかさか』の手づくりの焼豚です。肉の外側は程よく噛み応えを与え、風味を閉じ込めるためにじっくり強く焼き上げ、中は豚肉の旨味と肉に浸透した秘伝のタレとがうまく混ざり、柔らかく、じんわりと焼かれている焼豚です。タレ&焼き加減、この2つが絶妙な味と食感を醸し出しています。温めることによって焼豚から溢れ出してくる肉汁がたまりません。是非、熱々の状態で味わってみて下さい!!濃厚な旨味を満喫できるはずです!!


氷と肉のあかさか
住所:東京都八王子市横山町5-4
電話番号 042-643-0298
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日、祝日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR八王子駅北口から徒歩4、5分程です







テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2013/12/01(日) 22:07:54|
  2. ハム・ソーセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Mio Casalo(ミオ カザロ)蔵のまち店  

川越マラソンを走った際、川越一番街の中を通り過ぎる時に1番気になったお店があります。川越一番街通り沿いに黒豚をモチーフにされたオブジェが一際目立つ『Mio Casalo(ミオ カザロ)蔵のまち店』です。川越一番街の中を走り抜けている時に風情ある佇まいに見惚れ、また多くの応援の中で走ることができた場所なので、今でも印象深く残っているのですが、その中でも黒塗りの外観と黒豚のオブジェが頭の中にしっかりとインプットされてしまい、これは走り終わったら、このお店に行かないといかなればと思い、マラソン会場から川越一番街に着いた際に1番に足を運んだお店です。

『Mio Casalo(ミオ カザロ)』は川越の大野牧場で自家飼育された小江戸黒豚で作ったハムやソーセージが楽しめるお店として親しまれているお店で、本店は川越市谷中にあり、2店舗目がこの『蔵のまち店』だそうです。


051_20130106105338.jpg

1階ではハムやソーセージの食品類や様々な豚のグッズなどが置かれ、黒豚のホットドッグ、ハンバーガーや焼きたてのソーセージなどがテイクアウトできる商品が販売されています。また、2階では牧場直営のレストランが設けられています。豚グッズが迎えてくれる店内では、ビールに合いそうな自家製のソーセージや生ハムなどが味わえるプレートや小江戸黒豚ポークソテー、小江戸黒豚ハンバーグなどが楽しめるようになっています。また、2階の店内ではほとんどの席が窓際にあるそうなので川越一番街の街並みを見ながら楽しめるような配置をされているそうです。しかし、今回は1階で焼きたてのソーセージを楽しみに訪れたので・・・今回は1階で楽しめる『Mio Casalo(ミオ カザロ)』のメニューをご紹介したいと思います(次回は必ず、2階でゆっくりとランチを楽しみたいと思っています)

食べ歩きメニュー・・・
長いソーセージ(350円)、黒豚まん(450円)、黒豚ドッグ(500円)、黒豚バーガー(500円)となっています。

ドリンクメニュー・・・
COEDOビール(500円)、フレンスブルガー(ヴァイツェン、白ビール・850円)、フレンスブルガー(ドカンケル、黒ビール・850円)、アイスコーヒー(350円)、アイスティ(350円)、ジンジャーエール(辛口・350円)となっています。また、上記の食べ歩きメニューとセットで頼むと50円(生ビールが450円、ソフトドリンクが300円となります)お得なセットメニューもあります。



長いソーセージ(350円)

054_20130106105359.jpg

自家飼育の小江戸黒豚を使った、なが~い、なが~~いソーセージです。小江戸黒豚は川越の名産品でもあるサツマイモを餌として与え飼育されていることもあり脂自体に甘みをほんのりと感じられるソーセージを楽しむことができるようになっています。増量剤、着色料、合成保存料などは一切使わず、丁寧に作られたソーセージは肉の旨味が全然違います。クセのないとても上品な味わいながらも噛んだ際のパリッとした歯応えのある食感と肉汁のジューシーな美味しさはたまりません。肉が持つ本来の旨味を閉じ込めた旨さは言葉が出てこないほど・・・COEDOビールやドイツから直輸入されたビールとともに味わうと、このうえない美味しさを楽しむことができます。

江戸情緒溢れる川越一番街の中に佇む1軒の自家製ハム&ソーセージ屋さん『Mio Casalo(ミオ カザロ)蔵のまち店』・・・味わい深いハムやソーセージを味わうことができ、2階からは風情漂う川越の街並みを見ながら食事を楽しむことができるようになっています。美味しいビールとともにソーセージ、黒豚まん、黒豚バーガーなどを味わう時間はまさに贅沢な時間でもあり、至福のひと時を過ごすことができます。川越一番街には魅力のあるお店が軒を連ねていますが、1軒1軒、少しずつ味わいながら楽しむことができるのも魅力的な街に感じてきます。


Mio Casalo(ミオ カザロ)蔵のまち店(HP)
住所:埼玉県川越市元町1-15-3
電話番号 049-222-2861
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)






テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

  1. 2013/01/06(日) 15:56:53|
  2. ハム・ソーセージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。