たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国技館やきとり(EKIBENYA 八王子店)

もうじき、大相撲7月場所が開催されますが、大相撲の聖地でもある国技館には、大相撲ファンの間で有名な『焼き鳥』があります。その名も『国技館やきとり(5本入り・620円)』・・・作られているのも、なんと国技館の地下だそうで、土俵の下で、毎朝5時半から専用の全自動焼き機で作られているそうです。

そんな国技館の名物の焼き鳥を気軽に楽しんでもらおうと、JR東京駅、上野駅、新宿駅、大宮駅などの主要駅や東北、上越、長野、秋田の各新幹線の車内で販売をされていましたが、八王子市民にとっても1番身近な主要駅『JR八王子駅』構内にある『EKIBENYA 八王子店』でも販売をされているのはご存知でしょうか。


007_20140624210837e71.jpg

JR駅構内で売店などを展開している『㈱日本レストランエンタプライズ(HP)』が運営している『EKIBENYA 八王子店』・・・改札口のすぐ横にあるので利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。自分も『国技館やきとり』をはじめ、美味しそうな駅弁が販売されているとよく利用させてもらっているお店です。

『国技館やきとり(5本入り・620円)』

020_2014062420474306f.jpg

浅草・蔵前に国技館があった頃から60年の歴史を持つ、この焼き鳥・・・鶏は2本足で立ち、手をつかないことから、相撲界では縁起物とされていた『焼き鳥』・・・観戦中に食べるため、冷めても美味しいことにこだわり、6回タレに漬けるなど工夫をして焼かれているそうです。

021_20140624204828cf7.jpg

しっかりと弾力感のある肉質感を楽しめる正肉が3本、つくねが2本入っている『国技館やきとり』・・・1本当たり124円なので、それほど値段も高くない感じでしょうか。画像を見ると一見、タレではなく塩味なのかなと思ってしまうほどタレ感が全くありませんが、ひと口味わってみると、適度にタレが肉に染み込んでいるせいか、バランスよく味わえる焼き鳥となっています。

022_2014062420574950f.jpg

国技館の地下で焼き上げられた大相撲観戦名物の焼き鳥『国技館やきとり』・・・秘伝のタレと独自の製法で作られているので、冷めても美味しく楽しめる焼き鳥となっているので、是非、1度味わってみては如何でしょうか。


EKIBENYA 八王子店(HP)
住所:東京都八王子市旭町1-1 JR八王子駅(改札内)
電話番号 042-627-7349
営業時間
月曜日~金曜日 7:00~21:00
土曜日、日曜日、祝日 7:00~20:00
定休日 年中無休







スポンサーサイト

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/06/24(火) 21:17:37|
  2. やきとり・鶏肉料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

肉のおおまき

八王子市内の中心部を東西を横切るように続いている甲州街道・・・そんな甲州街道沿いは古くから宿場町として栄えていたこともあり、代々引き継がれている商店などが建ち並び、風情ある親しみやすさを楽しませてくれるものがあります。多くの商店街が連なっている八王子の街々・・・その中でも甲州街道沿いに面し、長いアケードが出迎えてくれる『八幡町商店街』は古くから続くお店が軒を連ねている商店街として知られています。

日々、買い物客で賑わいを見せている『関根生鮮市場』や陸海産物が揃っている『まるさや』など個性的なお店が軒を構えている『八幡町商店街』・・・以前の華やかさや商店街特有のガヤガヤワイワイとした賑わいを感じませんが、ゆっくりと商店街を歩いていると、この辺はいいところだなぁ~っと自然に思えてくるところがあります。今回、ご紹介する『肉のおおまき』で揚げたてのコロッケをアツアツ、ホクホクと頬張ったり、古い蔵や風情ある家屋が残っていて・・・歩いているだけで楽しいですし、今まで知らなかったことを知ることができる通りが『八幡町商店街』なのかも知れません。戦火を逃れた蔵など、建物としての資源が残っているだけでなく、近所づきあい、人の温かさといったコミュニティが失われていない商店街といった感じでしょうか。最寄り駅でもあるJR八王子駅やJR西八王子駅からも近いけど、程よく距離感がある、そんな暮らし易い八王子の『まち』の土地柄が、人間関係にも反映されているのかも知れません。そんな人情味溢れる商店街の一角にお店を構えているのが『肉のおおまき』です。


015_2014012619150730a.jpg

厳選された国産の牛肉、豚肉、鶏肉など良質な食肉販売と手作りの惣菜をメインに長きに渡り、『八幡町商店街』のお肉屋さんとして親しまれ続けている『肉のおおまき』・・・揚げたてのコロッケや唐揚げを中心とした自家製の揚げ物は約20種類も揃えられているほど豊富な惣菜メニューが楽しめるようになっています。また、ショーケースの中に置かれていなくても、注文をすれば、約10分程で1品からでも揚げてくれる人情味溢れたお肉屋さんとして親しまれ続けているお店です。

そんな良質な食肉、揚げ物メニューが充実している『肉のおおまき』ですが、イチオシのオススメ商品は何と言っても看板商品でもある『自家製の焼き豚』・・・そして、その『焼き豚』とともにオススメなのが、この季節にしか味わうことができない大粒の『カキフライ』を今回購入してきたので、ご紹介したいと思います。


自家製の焼き豚(900円)

020_201401262007069f3.jpg

まずは『肉のおおまき』のイチオシでもある『自家製の焼き豚』をご紹介したいと思います。無添加、無着色、保存料を一切使用せず、じっくりと丁寧に1つ1つ作られている『自家製の焼き豚』・・・100g、360円で販売されています(スライスカットはせずに、上記のようにブロックでの販売となっています。なので、1本当たり・・・小さいもので900円、大きいもので1300円前後で販売されています)

国産、豚肩ロースを使用し作られた『自家製の焼き豚』は大きく分けて3種類から選べるようになっています。脂がついていないもの、適度に脂がついているもの、脂が多めについているものと・・・好みに合わせて『自家製の焼き豚』を選べるようになっています。


021_2014012620204169b.jpg

豚肉の成型から製造、熟成と行い・・・特に季節やその時々の肉質等によって微妙に変わるものですが、長年の経験でベストなタイミングで仕上げられている『肉のおおまき』の『自家製の焼き豚』・・・肩ロースには脂身が多い部分と少ない部分がありますが、それぞれに違った味わいを楽しむことができます。 脂身の多めの焼き豚はジューシーでしっとりとした味わいで、脂身少なめの焼き豚はあっさりとしていて、豚肉の本来の旨味の美味しさを楽しむことができます。


カキフライ(1個・80円)

019_2014012620350937e.jpg

この季節に店頭に並べられる大粒のカキフライ・・・高めの温度で短時間でサッと揚げられていることもあってか、衣はサクサク、中はプリプリでジューシーなカキフライを楽しむことができます。カキ独特の旨味がギュギュッと詰まった『肉のおおまき』のカキフライ・・・上記でも述べましたが、店頭に置かれていなければ、その場ですぐに揚げてくれますので、是非、熱々の揚げたてを楽しんでもらいたい逸品です。

街の台所でもある商店街は専門知識の宝庫であり大切なコミュニケーションの場ではないでしょうか。商店街に出掛けていって、ゆっくりと周りを見渡せば『こんなものまで売ってたり』、『そんなことは知らなかったなど』、日常の中の非日常が展開されているのが商店街の魅力でもあり良さなのかも知れません。ただ、19時頃には殆どの店が閉まってしまう、日曜日に開いている店が少ないなど、現代の生活時間帯と合いにくいことは事実です。是非、日曜日も開けてみるか(『肉のおおまき』は日曜日も営業されています)、と思ってもらえるくらい賑わって欲しい商店街です。個性的なお店が軒を連ねている『八幡町商店街』・・・点が線になり、線が面になりつつある商店街は・・・どこか、なんかほっこりとする土地柄の魅力を感じられる場所でもあります。『肉のおおまき』の揚げたての唐揚げ、コロッケやカキフライを頬張りながら、ゆっくりと1軒1軒巡ってみては如何でしょうか。きっと新しい何かを発見できると思います。


肉のおおまき
住所:東京都八王子市八幡町3-14
電話番号 042-622-5530
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR八王子駅北口から徒歩25~30分程です(バス便もあります。京王八王子駅or八王子駅北口から楢原町行きや繊維団地、松枝住宅行きなどに乗りバス停『織物組合』で下車すぐ目の前となっています)







テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2014/01/26(日) 21:07:22|
  2. やきとり・鶏肉料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ミートショップ寿々木

日々、開発が進むJR橋本駅&京王橋本駅界隈・・・今や駅前には『ミウィ』、『イオン』、そして多くの商業施設が入っている『アリオ』などが点在し、また周辺には住宅、マンションが多く建ち並び・・・相模原市緑区の地域商業の核として、重要な役割を担っている街でもあります。そんな開発が進む橋本駅から程近い場所に古くから橋本の台所と呼ばれ、新鮮な肉や魚、野菜などを売るグルメショップや、生花、衣服、クリーニング、メガネなどの生活に密着したお店が軒を連ねている『フォレストショッピングセンターはしもと』があります。

現在も多くの人が行き交う場所にあり、『ミウィ』、『イオン』、『アリオ』などがオープンしても『最寄品』や『買回り品』、そして『地域の台所』としての役割を担い続けているショッピングセンターです。そんな『フォレストショッピングセンターはしもと』には『岩岡服装店』、『青果の山田』、『石橋園芸』、『さかなや魚勝』『ホワイト急便モトムラクリーニング』、『ミートショップ寿々木』、『クリーンメガネ』がお店を構え、雑多な要素を上手に取り入れながら、活力あるショッピングセンターとして市民に親しまれて続けています。どこか懐かしく、そして、ふらっと立ち寄りたくなる『フォレストショッピングセンターはしもと』・・・そんな、ショッピングセンターに来ると必ず立ち寄ってしまう『ミートショップ寿々木』・・・お店の前を通るといつもいい匂いを漂わせてくるお肉屋さんです。


010_2014011421094203d.jpg

町田にも姉妹店を構えている『ミートショップ寿々木』・・・貴重な部位や新鮮なお肉を購入できるお店として長く親しまれ続けているお肉屋さんですが、橋本駅界隈に来ると、必ず『やきとり』を購入してしまいたくなるお店です。『やきとり』の肉&タレが焼ける、香ばしい匂いに、いつも釣られてしまう『ミートショップ寿々木』・・・自分と同じように、ついふらっと立ち寄ってしまう方も多いのではないでしょうか。

生活に密着したお肉屋さん『ミートショップ寿々木』ですが、もう1つある事でも有名なお店として知られているのはご存知でしょうか。『ミートショップ寿々木』の社長さんは東日本ドーベルマンクラブの部長を務めるほどで、ドーベルマンの原産国でもあるヨーロッパの犬と交配し、日本のドーベルマンを世界のスタンダードに近づけたいと日々、精力的に活動されていることでも知られています。

ということで今回はドーベルマンのご紹介ではなく(^^;)・・・『ミートショップ寿々木』に立ち寄ると必ずや購入してまう『ミートショップ寿々木』の『やきとり』をご紹介したいと思います。

015_2014011421102798b.jpg

かわ(1串・90円)・・・焼けた香ばしい匂いがしっかりとしみ込んでいる『かわ』、噛み応えと噛むほどに楽しめる肉のジューシーさを楽しめる1串です。

ぼんじり(1串・90円)・・・1つ1つはそんなに大きくはありませんが、ぼんじりの持つ脂の旨味をしっかりと楽しむことができます。


016_20140114211046fb9.jpg

とんとろ(1串・90円)・・・適度な弾力感と口に入れると、トロリとした舌ざわりと豚肉特有の美味しさが相まって、満足の味わいを楽しむことができる1串です。

白もつ(1串・60円)・・・噛むほどに旨味が増してくる白もつ、この白もつとビールの相性は抜群です。

つくね・・・小ぶりのつくねですが、肉の旨味が凝縮された美味しさが楽しめる1串です。


013_201401142111025c6.jpg

手羽先(1串・160円)・・・焼き鳥の王道とも言うべき手羽先、ジューシーな旨さと肉の弾力感をしっかりと楽しむことができる、やきとりです。

なんこつ(1串・110円)・・・コリコリとした食感とあっさりとした肉の美味しさを楽しめる、なんこつは1串で2度美味しさを楽しむことができます。


今は寒さが厳しくなってきたので、ちょっと無理かも知れませんが、お店の前にテーブルとイスが置かれているので、そこで焼きたてを味わうのが1番のオススメです。ズラリと並んだ『ミートショップ寿々木』の『やきとり』は一度や二度、足を運んだくらいでは把握できるものではなく、豊富な種類にやみつきになる人もいるのではないでしょうか。

また、橋本近隣など飲食業を営むオーナーたちが仕入れの場所としても活用され、多くの人の台所として親しまれている『ミートショップ寿々木』・・・何よりも魅力的なのは、『フォレストショッピングセンターはしもと』一帯が人情味溢れている空間であるということ・・・店頭に立ち止まって品定めする人に声をかける店主さんの姿や、買い物するではなくとも、お店の前に立ち止まって談笑する人々の姿などは、最近では失われつつある下町の姿ではないでしょうか。橋本に来たなら、是非、『ミートショップ寿々木』をはじめとする『フォレストショッピングセンターはしもと』に立ち寄ってみて下さい。きっと何かを思い出すと思います。



ミートショップ寿々木
住所:神奈川県相模原市緑区橋本3-14-13 フォレストショッピングセンター1F
電話番号 042-772-4129
営業時間 10:00~19:30
定休日 月曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR橋本駅から徒歩5、6分程です








テーマ:焼鳥屋、居酒屋レシピ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/01/14(火) 21:52:38|
  2. やきとり・鶏肉料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鳥伊勢 関内店

美味しくて忘れられないお店だったり、家族との思い出が詰まったお店だったり、お洒落で落ち着いた雰囲気の良さが過ごせるお店だったり、お店の温かさが満喫できる居心地の良さだったり、家庭的な雰囲気に癒されるお店だったり、1番最初に幸せの時間を感じたお店だったりと・・・誰にでも思い入れ深いお店があるのではないでしょうか。

深く思い入れのあるお店こそ、心の中に存在すれば・・・たくさんの素晴らしいレストランやお店などを知っても・・・時折、行きたくなり、何度訪れても新鮮な気持ちになれるのではないでしょうか。そんなお店の存在が心の中にあることは、とっても幸せなことだと思います。たくさんの人達がそんな特別なお店が心の中に存在するように、自分にとっても思い入れ深いお店が心の中に存在します。そのお店と言うのが今回、ご紹介する『鳥伊勢』というお店です。


003_20131205202718b1a.jpg

上記画像の関内店をはじめ、本店でもある伊勢佐木町本店、桜木町店と3店舗を構えている『鳥伊勢』・・・初めて、お店へと訪れたのは小学生の頃、母親に連れられてきた時が初めてだったのですが、それ以来、我が家のお祝いごとと言えば『鳥伊勢 伊勢佐木町店』というほど、よく足を運ばせてもらっているお店でした。それから学生の頃、横浜松坂屋でバイトしていた頃や(高いお店なので、学生時代はあまり食べに行くことができなかったですが・・・)、社会人になってからは、機会があればよく足を運ばせてもらっている、思い入れのあるお店です。

『鳥伊勢 伊勢佐木町店』は大衆酒場のような、ワイワイと賑やかに楽しむような感じで・・・『鳥伊勢 関内店』はと言うと、サラリーマンが多く、どちらかと言うと大人の雰囲気の中で楽しむような感じでしょうか。学生の頃までは『鳥伊勢 伊勢佐木町本店』、社会人になったら『鳥伊勢 関内店』というように、今もなお、横浜に行くことがあると足繁く足を運ばせてもらっているお店です。今回もゆっくりとお店で楽しみたかったのですが、時間もなかったので、今回はテイクアウトで『鳥伊勢』の焼鳥を楽しむことにしました。



つくね(1本・290円)

023_201312052032538a8.jpg

『鳥伊勢』を訪れたら、必ず注文する3品があります。その3品の1品が、この『つくね』です。備長炭でじっくりと焼かれる『鳥伊勢』の『つくね』は・・・香ばしい風味とともに、しっかりとした焼き上がりが楽しめる『つくね』となっています。『つくね』の中にはコリコリとした食感が楽しめる軟骨と風味が香る山椒がバランスよく混ぜ合わさり・・・肉の旨味と深い味わいを快くまで堪能できるオススメの逸品です。

025_20131205203312ed5.jpg

秘伝のタレをたっぷりとかけて味わっていきます。肉の旨味をとじこめて焼かれた『鳥伊勢』の『つくね』は・・・1度味わうと、その美味しさにはまってしまう1品です。何とも言えない、食感と深い味わい・・・なかなか他の焼鳥店ではお目にかかれない逸品です。


手羽先(1本・310円)

016_20131205220137753.jpg

必ず注文する2品目は、肉厚な手羽先に鶏の旨みが凝縮された手羽先です。手羽先は元々、ダシを取るのに適した部位のため・・・それだけに味が凝縮された味わいが楽しめます。手羽先が美味しいのは肉厚な部分ですが、香ばしく焼かれた皮のジューシーさとあいまって・・・鳥の美味しさを楽しむには1番の旨味を感じられる部位ではないでしょうか。ジュワ~っと溢れ出してくる肉汁、そして肉と皮の両方を楽しめる贅沢さ・・・焼鳥を楽しむ上で絶対にはずすことができない1品です。


ささみ(1本・250円)

018_20131205223236451.jpg

焼き上がった『ささみ』の上に本わさびを添えて味わう『鳥伊勢』の『ささみ』・・・この『ささみ』もはずすことができない逸品の焼鳥です。『ささみ』なので、ヘルシーでさっぱりとした味わいが楽しめるのが『ささみ』の魅力ですが、本わさびと一緒に味わうことで、『ささみ』の淡白さを爽やかな香りとツーンと心地よい風味が口の中にふわっとした広がりを楽しめるようになっています。それぞれの風味の特色を活かされた味わいを快くまで堪能することができる『鳥伊勢』の『ささみ』・・・この1本も1度味わうと、また食べたくなってしまう・・・そんな1本です。


ねぎ肉(1本・290円)

019_201312052243361c9.jpg

大ぶりのもも肉と香ばしく焼かれたネギが楽しめる『ねぎ肉』は焼き鳥の基本とも言うべき1本ではないでしょうか。肉厚で弾力感のある、もも肉は食べ応え十分・・・そして、その間に挟まれているネギの甘くて瑞々しい旨さが・・・交互に堪能することができる逸品です!!


ぼんぼち(1本・230円)

020_201312052245478fa.jpg

鳥の尻の先端部分が使われている『ぼんぼち』・・・匂いのない、不純物を漉したあとのようなさわやかな脂肪分をパリッと焼き上げ、モチモチとした食感と、旨味の塊のような肉汁が口の中に溢れてきます。香ばしく焼かれた表面はカリッとした歯応えが楽しめ、そして、その香ばしさの後に・・・じゅわ~っとした濃厚な旨みが押し寄せてくる『ぼんぼち』・・・適度な脂と肉のジューシーな旨味をしっかりと楽しめる1本です。


皮(1本・270円)

013_20131205224920f31.jpg

タレでも塩でも美味しい皮ですが、この皮を食べていると、思わず、ビールやお酒を飲みたくなるものです。カリカリのジュワー・・・皮の香ばしさやジューシーな旨味は、どの1本よりもストレートに感じられることができます。備長炭でじっくりと焼くことで、付着している脂肪をそげ落とすことで純粋な皮の味を楽しめる1本です。パリッとした歯触りと、コラーゲン豊富な旨味がジュワっと口の中に広がります。


骨付きもも(1本・600円)

014_2013120522514182b.jpg

自分がお店で味わう時は、『つくね』、『手羽先』、『ささみ』は絶対に食べるのですが、この『骨付きもも』もよく注文する1品です。食べ応え十分の『骨付きもも』・・・ガッツリと、ジューシーな旨さを味わいたい方にはとってもオススメの逸品です。いやぁ~、この『骨付きもも』、とっても美味しいです。あまりにも美味しく、あっという間に軽く1本食べきってしまうほどです。

今回、ご紹介した焼鳥以外にも『ぎんなん』、『ポテト』、『鳥スープ(最後にサービスで出してくれるスープです!この鳥スープ・・・逸品中の逸品です!!)』などなど、オススメの逸品を快くまで楽しめる焼鳥屋『鳥伊勢』・・・どの焼き物も美味しく堪能できるのは、素材の良さ、そして絶妙な味加減と焼き加減があるからこそ・・・塩を振って焼く串には、サラサラの塩を満遍なく両面に振り、肉が厚いものや歯応えのある部位、脂の多い部位には多めに塩を振るなど・・・それぞれの部位に合わせて微妙に変えています。

また、見逃していけないのが、常に肉の中心に串を打ってあるということ・・・肉と肉の間にスキマを開けず、肉の中心に串を打っておかないと、串をひっくり返したときにバランスがとれずに思うように焼けないからです。これが、肉と肉の間にスキマがあると、竹串が焼け焦げてしまい美味しい焼鳥ではなくなってしまうからです。それ以外にも均等に火が通るように肉の厚さと大きさをそろえるなど、いろんなポイントがありますが、そんな丁寧な仕事を1本1本から伝わってくる焼鳥屋さんです。

そして、焼き方にしても、焼鳥を焼き始めてから終わりまで、常に肉の表面が肉汁で輝いている状態を保持しながら焼き上げられる『鳥伊勢』の焼鳥・・・串を並べて炙り、肉の色が白く変わる前に裏返し、裏側も同じ程度炙ってひっくり返す・・・その後、こまめに表裏とひっくり返しながら焼き上げ、両面均等にまんべんなく火を通していくという職人技を見ながら楽しめるお店です。炭火に接している肉面を見ていると、透き通ったしずくが肉からしたたり落ちているのが確認できます。それが炭の上に落ちて・・・ジュ~っという美味しそうな音を立てたり、香ばしい香りを漂わせてくる『鳥伊勢』の焼鳥・・・是非、横浜に行く機会がありましたらお店へと立ち寄ってみて下さい!!自分の横浜の焼鳥屋さんの中でもイチオシのお店です。



鳥伊勢 関内店(HP)
住所:神奈川県横浜市中区港町2-9
電話番号 045-662-9236
予約専用番号 050-5868-8786
営業時間 17:00~23:00(LO22:30)
定休日 日曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR関内駅北口から徒歩1、2分or横浜市営地下鉄関内駅から徒歩3、4分程です







テーマ:鳥料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/12/06(金) 21:56:25|
  2. やきとり・鶏肉料理
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

若どり 鈴

『半身揚げ』・・・鶏1羽の半分をまるごと揚げた、から揚げのことですが、一時期、テレビやメディアなどで取り上げられるなど、数年前に半身揚げブームがおき、多くのお店やテイクアウト専門店が誕生しました。八王子市内にもジューシーな旨味を味わい深く楽しめる『半身揚げ』のお店がいくつか存在しますが、半身揚げブームがおこる、ずっと前から暖簾を構えている1軒のお店があります。

JR八王子駅北口からゆっくりと歩くこと6、7分程でしょうか。八王子の呑み屋さんや食べ物屋さんが所狭しと軒を連なる三崎町に長きに渡ってお店を構えている『若どり 鈴』・・・鶏そのものの美味しさと・・・揚げられた香ばしい風味と食感、そして、まさに1度味わったら、はまってしまうような味加減をじんわりと楽しませてくるお店として親しまれ続けているお店です。


024_20130827211055d20.jpg

初めて『若どり 鈴』に訪れたのは、約4年程前だったでしょうか。美味しい『半身揚げ』のお店があると教えられて足を運んだのが最初ですが、実際に『若どり 鈴』の『半身揚げ』を味わってみたら・・・これが実に旨い!!パリパリとした皮にほんのりと塩で下味がつけられた・・・シンプルだけれども、鶏肉本来の美味さを堪能できる『半身揚げ』に一時期はまってしまったほどです。

それからというものの機会があればお店へと立ち寄り、テイクアウトして楽しむようになった『若どり 鈴』の『半身揚げ』・・・しっかりと味を染み込ませて揚げられている『半身揚げ』の味加減は万人受けする味とでも言うべきでしょうか。多くの常連さんが惜しげもなく通い続けるというのもうなずけるほど・・・塩を中心とした味加減が絶妙の『半身揚げ』を楽しませてくれる逸品です。今回も事前に連絡を入れテイアウトして購入してきたので、ご紹介したいと思います。



半身揚げ(880円×2)

029_20130828195923391.jpg

見事なキツネ色をしている『半身揚げ』・・・見るからにパリパリな皮目、そして揚げたての香りが食欲をそそります。味付けは塩を効かせたシンプルなものですが、しっとりと・・・そして、ジューシーに揚げられた『半身揚げ』は1度味わうとはまってしまうような絶妙な味付けに仕上がっています。

026_20130828200034292.jpg

豪快に・・・そして、無言でむさぼってしまう『半身揚げ』・・・半身揚げの魅力はなんといっても、むね肉、ささみ、もも肉、手羽とそれぞれ異なる味わいの部位を1度に楽しめるところではないでしょうか。そのままでも十分に塩が効いていて美味しいのですが、味の変化をつけるために途中でレモンをかけて味わうのもオススメです。

今回は『半身揚げ』を2つお願いしたので、ちょっと量が多いかなと思ったのですが、食べる手が止まりません。鶏の美味しさ、揚げたての美味しさ、味付けの美味しさと・・・3つの美味しさが加わって食べ進めるスピードは加速していき、あっという間に完食してしまいました。最後までくどさは一切感じることはなく、お腹や胃にもたれるという感じもない『若どり 鈴』の『半身揚げ』・・・オススメの逸品です。



モモ揚げ(450円×4)

027_201308282020042a2.jpg

皮がカリッと揚がったら裏返にして、さらに油をかけながら揚げられる『モモ揚げ』・・・全体がこんがりときつね色になり、身がしっかりしてきたら食べ頃だそうです。そんな、熱々に揚げられた『モモ揚げ』をひと口味わってみると、ジューシーな肉の脂が口の中にジワッ~っと染み出てくるほどです。

028_20130828202032cd3.jpg

しっとり、ジューシーな肉の旨味と皮のパリッパリッとした食感のバランスがとってもよく取れているように感じます。塩を程良く効かせた『モモ揚げ』は、モモ肉と味付けの組み合わせが最強とでも言うべきでしょうか。1個に対して、ご飯2杯はいけそうです。そして、ビールも2、3杯はいけそうです。


手羽先(400円×2)

032_20130828203853bb5.jpg

ビールとの相性が抜群の『手羽先揚げ』・・・蒸したり、焼いたりと色々と調理方法はありますが、中身をジューシーに、そして皮をパリっとさせるには・・・やっぱり、そのまま唐揚げで味わうのが1番ではないでしょうか。じっくりと揚げられていることもあり、旨味が骨まで浸透しているかのようです。

033_2013082820391634b.jpg

好みで胡麻をパラパラ、七味を少々・・・またはレモンをふりかけて・・・どうです?ビールが恋しくなりませんか? 皮のパリパリ度具合も1番の『手羽先揚げ』・・・パリパリというよりもカリカリと言った方がいいかも知れません。それほど、カリッとした心地よい食感を楽しみながら味わえる『手羽先揚げ』・・・揚げたて、熱々で最高に美味い状態で、キンキンに冷えたビールとともに味わう幸福感・・・『手羽先揚げ』とビールの組み合わせは・・・まさに最強です。

鶏肉は瑞々しく、かぶりつくと肉汁が溢れてくるほど・・・揚げ物の美味しさを楽しませてくれる『若どり 鈴』・・・しっかりと火が通っていて、鶏肉本来の美味しさをじっくりと堪能することができるオススメのお店です。また、店内ではメインでもある鶏肉の揚げ料理をはじめ、新鮮な魚介類なども楽しめるようになっていますので、肉、魚と、その日の気分や体調に合わせて楽しむことができるようになっています。気さくな店主さんが切り盛りされている『若どり 鈴』・・・常連さんがこよなく通い続けるようなお店なので、ちょっと入るのに戸惑ってしまうと思いますが、逸品でもある『半身揚げ』をはじめ、1羽丸ごと味わえる丸揚げ(要予約・1750円)など・・・1度味わうとはまってしまうような品々が揃えられているので、是非、足を運んでみては如何でしょうか。


若どり 鈴
住所:東京都八王子市三崎町9-14
電話番号 042-627-2807
営業時間 18:00~23:00
定休日 月初めの日曜日と月最後の日曜日が定休
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR八王子駅北口から徒歩6、7分程です






テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/08/28(水) 22:03:51|
  2. やきとり・鶏肉料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。