たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bakery Praat(ベーカリー プラート)

毎日の朝食や、おやつにと日々の生活の中で身近な存在である・・・みんなが大好きなパン、コンビニやスーパーで気軽に購入できるパンや近所にお店を構えている昔ながらのパン屋さん、駅に隣接されているベーカリー、閑静な住宅街の中にひっそりお店を営業されているパン屋さん、はたまた、行き交う人が全くいないような山の中にあるパン屋さんなどなど、今や、いろんな場所で気軽に楽しむことができるパン・・・そんな生活の1部でもあるパンですが、週末は、ちょっと足を延ばして遠くの町のパン屋さんに出かけてみたくなるものです。今回は、小さな店構えながらも本格派のパンを楽しめるベーカリーをご紹介したいと思います。

012_20150319221238b06.jpg

京王線、高幡不動駅から日野バイパス方面へと歩くこと16、7分程でしょうか。日野バイパス、日野郵便局南交差点からすぐの所にお店を構えている小さな対面式のパン屋さん『Bakery Praat(ベーカリー プラート)』、車が多く行き交うバイパスの通り沿いなので、お店の存在に気付かず通り過ぎてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか(日々、多くの人で賑わう『角上魚類 日野店(当ブログ紹介記事)』の隣と言った方が分かりやすいかも知れません)

011_20150319222553e55.jpg

店内に2、3人入れば、いっぱいになってしまう小さなパン屋さんですが、国産小麦と自家製酵母にこだわった手作りパンが評判のパン屋さん『Bakery Praat(ベーカリー プラート)』、香ばしく歯応えのある本格派のハード系や具材とのマッチングが抜群のパン、スイーツかと思わせるほど華やかなデニッシュ系、そして定番のあんぱんやクリームパンなど・・・とても小さなパン屋さんとは思えないほど、豊富なラインナップが揃えられています。小麦の風味が生きたパンをベースに、優しい甘さに仕上げられたクリームやドライフルーツなどの素材本来の味わいを満喫できるパンたちが置かれています。そんな個性のあるパンがずらりと並ぶ『Bakery Praat(ベーカリー プラート)』でいつくかパンを購入してきたのでご紹介したいと思います。


クリームパン(150円、税抜き価格)

013_20150319205903521.jpg

天然酵母の生地はふわふわで柔らかく、中のカスタードクリームも甘過ぎず、濃厚かつ、もったりとした食感を楽しめるクリームパンです。カスタードクリームは卵のコクと深み、そして濃厚な風味が味わえるので、ひと口、口の中に入れた瞬間、甘い香りがふわっと広がってきます。生地やクリームがぎゅっと詰まった濃厚なクリームパン、是非、焼きたてをそのまますぐに味わって欲しい1品です。


シナモンロール(240円、税抜き価格)

014_20150319210003b44.jpg

シナモンロール、独特のシナモンの風味とクセのある甘さにはまっている人も多いのではないでしょうか。しっとりとして、やわらかい口どけが楽しめる『ベーカリー プラート』のシナモンロール、画像を見て頂くと分かると思いますが、ふわふわとしたやわらかい生地が綺麗に巻かれています。見た目も綺麗ですが、その味わいも本格派のシナモンロールを楽しめるようになっています。しっとりとした生地に、シナモンシュガーをたっぷりと巻き込んで、1番上にはアイシング、そして食感と風味のアクセントとなっているクルミがのせらています。そのままでも十分に美味しいですが、温めて食べると、シナモンシュガーが口の中でとろりと広がり、美味しさが増すので、是非、温めて味わって欲しい1品です。


ルヴァン フロマージュ(270円、税抜き価格)

015_2015031921170965e.jpg

パンにチーズとワイン、これは欠かせない組み合わせです。それに最適なハード系をと作られたのが、この『ルヴァン フロマージュ』です。本場フランス仕込みの『ルヴァン フロマージュ』、フランス語で『ルヴァン』とは天然酵母、『フロマージュ』はチーズを意味しています。パンもチーズもフランス人にとって日本人のご飯と漬物のようなものですが、そんな相性抜群の旨味を楽しめるパンとなっています。 ライ麦で作られた生地は表面がカリッとハードな噛み応えが楽しめ、その反対に生地の中はモチモチとした食感が心地よく感じられます。その生地の中に2種類のチーズが何とも言えないハーモニーを醸し出してくれています。このパンもワインやビールとともに、じっくりと楽しみたくなる1品ですが、イチオシの食べ方は、この『ルヴァン フロマージュ』にたっぷりとハチミツをかけて味わうのがオススメです。まるで、ピザのクワトロフォルマッジを味わっているかのように、チーズとハミチツが織り成す美味しい風味を楽しませてくれます。


クロワッサン ダマンド ショコラ(240円、税抜き価格)

017_20150319213744e7c.jpg

サクサクと軽い食感が楽しめるクロワッサンの層の重なりをクレームダマンドが惜しげもなく覆い隠している『ベーカリー プラート』の『クロワッサン ダマンド ショコラ』、ラム酒感はほとんど感じませんが、クロワッサン生地の中に柔らかいショコラクリームがサンドされ、さらに生地の下にもショコラクリームがしかれています。小さいお子さんから大人まで幅広い年齢層から好まれるクロワッサン ダマンドでしょうか。サクサクとした軽い食感とダマンド&ショコラの優しい甘さに包まれている『クロワッサン ダマンド ショコラ』、口当たりの良さを実感できるクロワッサン ダマンドとなっています。


オリーブと塩のパン(180円、税抜き価格)

016_20150319215702101.jpg

カリカリとした表面はハード系、しかし生地の中はしっとり、モチモチとした弾力感が凄く感じられるパンとなっています。一見、見た目は素朴でシンプルなパンに感じますが、噛みしめるほどに小麦の旨味とオリーブのほんのりとした香り、塩の奥深さを楽しめるようになっています。温かいスープとともに味わうのがオススメですが、輪切りにカットしてチーズや野菜など、様々な具材をサンドして楽しむのもオススメです。


スコーン(ピーナッツ・210円、税抜き価格)

018_20150319220406d60.jpg

通常、いろんなフレーバーを味わえるスコーンと言うと生地の中に具材を練り込まれていることが多いのですが、『ベーカリー プラート』のピーナッツスコーンは生地と生地の間にたっぷりのピーナッツクリームがサンドされているスコーンとなっています(まるで、ハンバーガーのようにピーナッツクリームがサンドされています)。サクッ、ザクッとした食感が楽しめるスコーン生地に濃厚なピーナッツクリームが堪能できる『ベーカリー プラート』のピーナッツスコーン、このスコーンもオススメの1品なので、是非、お店に立ち寄ることがありましたら味わってみて下さい。

落ち着いた色合いのショーケース棚に並べられている『ベーカリー プラート』の様々なパンたち・・・人を優しく包み込むような穏やかな雰囲気のお店は、ちょっとのんびりしたいときにぴったりのパン屋さんではないでしょうか。パンの特徴や味など、なんでも教えてくれるので、自分好みのパンを買えるのも、対面式のいいところです。『対面式であれば、お客さんと話をすることができますし、仲良くもなれる、そして好みも分かります』と語る店主さん、ここに並ぶ豊富な種類のパンからは、そんな人の温かみがプラスされて生み出されているような気がします。小さなパン屋さん『ベーカリー プラート』、ここには優しさに溢れたパンが置かれています。是非、近くに来ることがありましたら、ちょっと足を延ばして立ち寄ってみて下さい。


Bakery Praat(ベーカリー プラート)
住所:東京都日野市大字宮370-1
電話番号 042-843-4102
営業時間 6:30~19:00
定休日 月曜日、第2・4火曜日
駐車場 あり(店舗横に4、5台駐車できるスペースが設けられています)
最寄り駅 京王線、高幡不動駅から徒歩16、7分程です







スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/03/19(木) 23:21:25|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店

府中の人気のパン屋さんとして親しまれ続けている『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante)』、日々、温度と湿度にこだわり、常に最適な環境を保つことで風味豊かなパンを焼き上げているパン屋さんですが、その『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante)』の店舗が日野市多摩平のお店を構えているので、ジョギングがてらに足を運んでみることにしました。

最寄り駅でもあるJR中央線、豊田駅から歩くと約15分程でしょうか。日野バイパス通り沿いにお店を構えている『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』、下記画像の店舗外観を見て頂くと分かると思いますが、外観からはとってもパン屋さんだとは想像もできないほどお洒落な造りとなっています(近隣の方はパン屋さんだとご存知の方も多いでしょうが、車などで前を通り過ぎただけではパン屋さんだと認識できない方もいらっしゃるのではないでしょうか)、そして、そんなお洒落な造りの店内の1階には広々としたスペースの中に工房と焼きたてのパンがズラリと置かれて、2階には購入したパンをイートインできるスペースが20席設けられています。また朝の7時30分からと早い時間にお店が開くにも関わらず、焼きたてのパンを求めて、次から次へとお客さんが入ってくるほどで、今や人気のパン屋さんとして親しまれているお店です。

008_201502280939421f3.jpg

昨年の9月20日にオープンされた『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』、お洒落な外観もそうですが、店内の吹き抜けには大きなシャンデリアが設けられるなど、とっても開放感のある造りとなっています(まるで大きなお宅に訪問したかのような気分になってしまいます)、また広い敷地内には駐車場も完備され、100種類ほどあるパンのメニューと同様に、そのスケールの大きさに、圧倒されてしまうほどです。

看板商品でもある『BTVブレッド』をはじめとするバターを使用した食パン生地、牛乳を使用された甘みのある、ふわふわとした生地が特徴のミルク生地、サクッとした食べやすい食感が魅力のドーナツ生地、クラフトの歯応えのある香ばしさとクラムのモチモチとした美味しさが楽しめるフランス生地、パイを食べているかのようなサクサクとしたデニッシュ生地、歯切れの良い食感とバターの風味が織り成すクロワッサン生地、もちっとした食感と味わいが堪能できるフォカッチャ生地、レーズンがたっぷりと練り込まれたレーズンパン、豊富な食物繊維と程良い酸味が満喫できるセーグル生地、バターの風味を心地よく楽しめるロール生地、全粒粉入りで生地の風味をしっかりと感じられるコンプレ生地などなど・・・ここ『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』に来れば、様々な生地で焼かれたパンが楽しめるようになっています。

定番の食パンからデニッシュ系、サンドイッチ、バーガー類、またロールケーキやプリンなどのスイーツ系など、魅力に満ちた幅広い商品がズラリと置かれているパン屋さんなので、いつ訪れても、いろんなパンが楽しむことができるようになっています(焼き上がりの時間帯によって種類も変わってくるそうです)、そんな『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店』で今回もいくつか購入してきたのでご紹介したいと思います。



はちみつとナッツのデニッシュ(221円)

023_20150228094002d35.jpg

バターの風味が豊かなデニッシュ生地の上に様々なナッツがこれでもかというほどトッピングされ、ほんのりと優しい甘さを醸し出してくれている、はちみつとアイシングの存在が美味しさをより高めてくれている1品となっています。サクサク、しっとりとしたデニッシュ生地に香ばしくローストされたマカダミア、アーモンド、ヘーゼルナッツなどが盛りだくさんとなっているので、ナッツの香ばしさとはちみつの優しい甘さが口の中に広がってきます。まるでケーキのような感覚で楽しめる『はちみつとナッツのデニッシュ』、食後のデザートや午後のおやつとして最適な1品ではないでしょうか。


チーズカナッペ(178円)

024_2015022809402168d.jpg

薄く伸ばされたデニッシュ生地にマヨネーズ、サイコロチーズ、ピザチーズをのせて焼き上げられた『チーズカナッペ』、カナッペと言えば、ひと口大に切ったフランスパンやクラッカーなどに野菜、チーズなどをのせたフィンガーフードとして知られていますが、この大きな『チーズカナッペ』は、チーズをたっぷりとのせられて焼き上げられているので、ビールやワインのおつまみとしても楽しめるパンとなっています。パリパリとした食感にチーズの香ばしいコクと旨味が味わえる、この『チーズカナッペ』はチーズ好きな方にはたまらない1品ではないでしょうか。


BTVブレッド(1斤・292円)

026_201502280940408ee.jpg

『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』の看板商品でもある食パン『BTVブレッド』、指で押しても、押し返してくるほどの弾力感がある、この食パンをひと口味わってみると、小麦とバターの豊かな香りがふわっと口の中に広がってきます。もっちり、ふわふわとした心地よい柔らかさ、そして、パン耳も極限まで薄く焼かれているので、パン耳まで美味しく楽しめる食パンとなっています。まずは、そのまま、パンの美味しさを味わい、そしてトーストせずにバターやジャムをつけて楽しんでみて下さい。きっと、このパンの美味しさを実感できると思います。また、この柔らかさならばサンドイッチにしてもオススメですし、軽くトーストすることによって表面のカリッとさ、中のモチッとさもより感じられると思います。


ショコララウンド(486円)

028_20150228094100d07.jpg

甘~い香りの漂う『ショコララウンド』、実際に手にしてみると、その重量感に驚くのと同時に切り分けてみると、そのショコラと小麦の生地が織り成すハーモニーに再度、驚かされるラウンドパンとなっています。この『ショコララウンド』、とってもオススメです。今まで様々なラウンドパンを味わってきましたが、この具材がまんべんなく練り込まれ、その食感、風味とも、ここまで満足感を得られるラウンドパンはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。モチッ、フワッとした生地、そして芳醇なショコラの旨味を楽しめる『ショコララウンド』、そのままでも十分に美味しいですが、カットしたショコララウンドをお皿にのせて電子レンジで軽く温め、バニラアイスをのせて、ちょっと贅沢なデザートとして楽しんでみてください。とっても美味しく楽しめますのでオススメです。

食べ続けてこそ、その良さがわかる『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』のパンたち、ひと口目のファーストインパクトよりも、最後のひと口を終えたときに感じる心地よさにこそ魅力があると思います。バケットやクロワッサン、食パンなどの基本的なパン以外にも、素材や組み合わせが吟味された個性的な品揃えが魅力で、思わず、パン選びに迷ってしまう、パン屋さん『ブーランジェリー テール・ヴィヴァン』、2階ではイートインも楽しめますので、是非、豪華な外観の中にある焼きたてのパンを満喫されてみては如何でしょうか。


ブーランジェリー テール・ヴィヴァン(Terre Vivante) 多摩平店(HP)
住所:東京都日野市多摩平6-17-11
電話番号 042-589-6767
営業時間 7:30~19:00
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は営業、翌火曜日が休みとなります)
駐車場 あり(5台・敷地内)
最寄り駅 JR中央線、豊田駅北口から徒歩15分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/28(土) 19:39:53|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)

小さくても実力を持ち合わせているパン屋さんは全国にたくさんあると思いますが、今回は、そんな街中にありながらも本格派のパンを日々、焼き続けている1軒のパン屋さんをご紹介したいと思います。お店が開店する午前7時半ともなると、次から次へと、お客さんが入っていく『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』、実力のある職人気質を持った店主さんが作られるパンは、ハード系からフード系、そしてデニッシュ系など様々ですが、それぞれに素晴らしい個性を持ったクオリティーの高いパンが楽しむことができるようになっています。

047_201502262232427af.jpg

最寄り駅でもあるJR立川駅北口から徒歩10分程でしょうか。よく見ていないとパン屋さんだと気付かずに通り過ぎてしまいそうになる小さなパン屋さん『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』、しかし店内に1歩、足を踏み入れてみると、ショーケースの中にズラリと並べられたパンたちにしばし見惚れてしまうほどです。彩りが豊かなデニッシュはまるでケーキのようですし(さすがパティシエ経験のある店主さんが作られているパンだと感じるはずです)、ハンバーグなどがサンドされたバーガー系も魅力ですし、いやいや正統派の食パンやフランスパンもいいではないかと・・・思わず頭の中でどれにしようか駆け巡ってしまう、そんな魅力のあるパンが楽しめるようになっています。今回は、そんな『ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)』のパンをいくつか購入してきたので、ご紹介したいと思います。


おさつ(220円)

053_20150226214529c35.jpg

黒ゴマがたっぷりと生地に練り込まれ、そのフランスパン生地の中に黒ゴマと同様にさつまいもがたっぷりと入って焼かれているパンとなっています。この『おさつ』は、そのネーミングの通り、優しい甘さのさつまいもと黒ゴマの風味を思う存分、満喫できる1品で、味わうほどにその美味しさを実感できるオススメのパンとなっています。そのままでも十分に美味しいですが、個人的にオススメの食べ方は、ワンカットずつ切り分けた後にバターをのせて、軽くトーストしてみて下さい。まるで、焼き芋パン、スイートポテトパンを味わっているかのような風味を楽しむことができます(バターをのせて軽くトーストした後に生クリームやバニラアイスクリームを添えて味わうのもオススメです)


フランスフルト(ハーブ・210円)

050_20150226213753a3a.jpg

噛み応えのあるフランス生地とともに、ハーブが入ったソーセージが楽しめるフランスフルト、フランスパンは低温で長時間熟成させ、ポークソーセージを包みこんで焼き上げられたソーセージフランスパンです。パッと見た感じは、パンの中にソーセージが入っているだけのシンプルなパンと言う印象ですが、噛み応えのある生地とソーセージの旨味がマッチして、味わい深く楽しめる1品となっています。そのまま食事系パンとして味わうのはもちろんですが、お酒を交えてた、ちょっとしたパーティーに、一口サイズに切ってメニューとして出すと喜ばれるのではないでしょうか。また、味が濃い目なので、一口サイズに切ってワインやビールのおつまみとして楽しむのもいいかも知れません。


三穀(100円)

048_20150226213831755.jpg

長野県産の小麦と自家製酵母で作られた生地の中に、はと麦、発芽玄米、ライ麦を練り込んで焼かれている、口当たりの優しい三穀パンです。肌の新陳代謝を高める働きがある『はと麦』には美肌、美白効果、むくみに効果があり、コレステロール値を下げる効能や高血圧の改善、血糖値を下げる効果がある『発芽玄米』、食物繊維などの豊富な栄養成分が含まれている『ライ麦』がたっぷりと練り込まれている、この三穀パンは素朴な味わいながらも噛むほどのその穀物の風味が楽しめるようになっています。どこか懐かしい、でもしっかりとした穀物の豊かさを楽しむことができます。


雷山豚生ハムとレッドチェダーのカスクート(340円)

051_201502262206210b1.jpg

福岡県糸島産の雷山豚生ハムとレッドチェダーチーズをサンドされたカスクートです。噛み応えのある生地にバターが塗られ、そこに噛むほどに肉自体の旨味を楽しむことができる塩気のある雷山豚生ハムがまんべんなくサンドされています。その生ハムの味わいをさらに深みのあるものとしているのが、レッドチェダーチーズの存在です。軽い酸味とミルクのコク、そして全くクセがなく、意外とあっさりとしている、このチーズだからこそ、雷山豚生ハムの美味しさを引き立てているように感じます。また食感、風味のアクセントとしてアーモンドが入っているのがポイントとなっています。


リッチミルク(190円)

054_201502262203217b8.jpg

長野県産の小麦で作られた生地の中に、自家製のミルククリームがたっぷりと入っている『リッチミルク』、濃厚なのに軽い味わいとでも言うべきでしょうか。どこか、昭和の菓子パン的な優しい甘さが懐かしく感じます。軽い食感にすべく、クリームに空気を抱き込ませているのがポイントでしょうか。ミルクの風味が生きた味わいはマイルドな舌触り、そして、しっかりと小麦の風味が感じられる生地とバランスがよくマッチしているように感じます。ケーキ並みのミルククリームが味わえる『リッチミルク』、スイーツパンのようですし、『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』へと訪れたら、外すことができない逸品です。

しっかりとした本格派のパンを楽しめる『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』、種類の多く、繊細で魅力あるパンを1つ1つ丁寧に作りあげているのですが、その味わいとは違って、お値段がとってもリーズナブルなところに、正直、ビックリしてしまいました。同規模で同じようなパンを楽しめる他店と比較してしまうと、その満足感がとっても違ってくると思います。丁寧な対応、温かい接客、パンという商品を通して人との繋がりを大切にしているパン屋さんに感じる『ぱんのお店 ドラジェ(Dragee)』、JR立川駅からもそれほど遠くありませんので、買物がてらに立ち寄ってみては如何でしょうか。きっと自身の気に入るパンと出合えると思います。


ぱんのお店 Dragee(ドラジェ)(お店のfacebookです)
住所:東京都立川市高松町3-21-4 アストル1F
電話番号 042-525-2730
営業時間 7:30~19:00
定休日 水曜日、第2・4火曜日
駐車場 あり(店舗前)、近隣にもコインパーキングがあります
最寄り駅 JR立川駅北口から徒歩10分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/02/26(木) 23:07:04|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし

今日は天候も足の状態も良さそうだったので、久しぶりに橋本方面にジョギングで出掛けてみることにしました。あまり橋本方面には走ったことがないのですが(町田街道沿いはたまに走っていますが)、特に橋本から城山方面は土地勘もなく、知らない場所へとジョギングする場合は目的がないとなかなか走る気力も出てこないので、今回も目的地を決めてジョギングをすることにしました(所謂、食べランです)、と言うことで、今回のジョギングの目的地に決めたお店は、相模原市緑区川尻にお店を構えている『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』、朝早くからオープンし、次から次へと人が訪れる人気のパン屋さんとして親しまれ続けているお店です。

001_201501181800277aa.jpg

今回の食べランはJR八王子駅から出発することにしました。JR八王子駅南口からJR西八王子駅前、めじろ台駅前を通り過ぎ・・・大船町にあるお洒落なカフェ『Cafe July July(カフェ ジュライジュライ)(当ブログ紹介記事)』の前を通過し(最近、来ていないので、近いうちに再訪したいと思っています)・・・その後、『町田あいす工房 ラッテ(当ブログ紹介記事)』がある東京家政学院大学前の交差点を左に曲がり、相原十字路、町屋、東原宿とひたすら道沿いを走っていくと原宿グランド辺りから視界が広がり、綺麗な朝陽を浴びる山々が見えてくると目的地でもある『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』のお店に到着します(およそ13キロ程でしたが、もう少し距離があると思っていたので・・・意外と近かったので、ちょっと拍子抜けしてしまいました)、そして、丁度、お店がオープンした午前7時頃に到着しましたが、早いオープン時間にも関わらず、たくさんの人が買いに来ているほど、さすが人気の高さを伺わせてくれるパン屋さんです。

003_201501181807456e3.jpg

可愛らしいログハウス風の造りをしている『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』、外装はもちろん、内装にもふんだんに木材を使われているせいか、周囲の豊かな自然に溶け込み、温もりが伝わってくるパン屋さんとなっています。そして店内に入ってみると、ほとんどの方がトレイの上にたくさんのパンをのせているなど、魅力のある様々なパンが置かれています。惣菜パンをはじめとするフード系、デニッシュ生地を使ったスイーツ系、そして定番の食パンなど、小さいお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い年齢層から好まれそうなパンが次から次へと焼き上がられ、綺麗に棚の上にズラリと置かれて楽しめるようになっている『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』、今回はたくさんあるパンの中からいくつか購入してきたので、ご紹介したいと思います。


大分とり天コッペ(216円)

008_20150118190556754.jpg

『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』の店内に入ると、真っ先に目につくのが惣菜系のパンではないでしょうか。小さめなコッペパンにサンドされている、様々なパンがラインナップされていますが、その中でも1番人気がこの『大分とり天コッペ』なんだそうです。大分県民のソウルフードとして楽しまれているとり天に、甘いあんかけタレがかけられ、タルタルソースとともに楽しめる『大分とり天コッペ』、下味をつけた鶏肉に水で溶いた衣をつけて揚げられているせいか、カリッとした心地よい食感がアクセントとなっています。とり天の旨味、食感、ソースの味付け、コッペパンの柔らかい美味しさがバランスよく楽しめる1品となっています。


大粒ピーナッツ(130円)

009_201501181954446fc.jpg

この大粒ピーナッツのパンをよ~く見て頂くと分かると思いますが、パンの形がピーナッツの型をしているのが分かるでしょうか。適度なかたさが楽しめる表面と、そして中がふっくらとした食感が味わえる生地の中に、濃厚なピーナッツクリームがサンドされています。そして、なめらかな口溶けで、ピーナッツの素材の味が生きているピーナッツクリームの上には食感の良さを増すために細かく砕かれたピーナッツが散りばめられています。風味はもちろんのこと、食感、形もピーナッツ気分を満喫できる1品です。


フィレオフィッシュ(162円)

013_20150118200933f02.jpg

手作りのタツタルソースがたっぷりと入っている『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』のフィレオフィッシュ、惣菜系の看板と言えばハンバーグやチキン、コロッケ系ですが、それと同じくらい定番のサンド系といえば、このフィレオフィッシュサンドではないでしょうか。どこのパン屋さんでもよく見掛けるフィレオフィッシュサンドですが、白身魚をフライにしてコッペパンにサンドされた、クセになるその味は長く愛され続けているロングセラーなる1品でもあります。また、フィレオフィッシュサンドのウリは、衣がサクッとしていながら中身がフンワリとしている白身魚フライですが、そのフンワリサクサクな食感が口の中でいっぱいに広がり、旨味とコクの美味しさが詰まった自家製のタルタルソースとともに満喫できる『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』のフィレオフィッシュ、もっと大きいサイズで楽しみたくなる、そんな1品です。


北海黒豆パン(140円)

011_20150118202553ee1.jpg

北海道産の黒豆を甘く煮つめ、ふっくら、モチモチとした生地に練り込んで焼かれている黒豆パンです。画像を見て頂くと分かると思いますが、白くて柔らかいパンに黒豆がゴロゴロと入っています。ひと口味わってみると、ふわ~っと優しい甘さが口の中に広がってきます。そして、黒豆からもジュワ~っとした甘さが感じられ、どこを食べても甘さが伝ってくる感じでしょうか。見た目はシンプルでパンも素朴な感じですが、黒豆の存在感を十分に感じながらホクッとした優しい甘さが何とも心地よく楽しめる黒豆パンとなっています。


クランベリークリームチーズ(227円)

012_2015011820385825a.jpg

甘~く煮込まれたクランベリーとクリーミーながらコクのある味わいが楽しめるクリームチーズをサクサクとした食感のデニッシュ生地とともに楽しめるスイーツ系の1品です。また、サクッとしたデニッシュ生地の上には、濃厚な甘さが味わえるようにアイシングされているので、まるで、ケーキを食べているかのように楽しめるようになっています。クランベリーの香り、そしてジュシーな甘み、アイシングの濃厚な甘さをクリームチーズの爽やかさでバランスを整えているように・・・全体を一緒に味わうことで、美味しさを満喫できるようになっています。


やきもちくん(194円)

014_20150118205000579.jpg

一見、地味な感じに見えてしまう『やきもちくん』ですが、この『やきもちくん』には様々な美味しさが詰め込まれているように感じられる1品となっています。まるでお餅を食べているかのようなモチモチとした食感の生地の中に、豆と黒ゴマがギッシリと練り込まれて焼かれている1品となっています。パンというよりも和菓子感覚で楽しめる『やきもちくん』、平べったい焼き大福のように優しい甘さを楽しめますし、お餅&甘党好きな方にはオススメの1品ではないでしょうか。コーヒーよりもお茶とともに楽しみたくなる、そんな1品です。

テラス席が設けられているので、コーヒーを飲みながら、ゆっくりと焼きたてのパンを楽しむことができる『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』、どのパンも幅広い年齢層から好まれるパンが置かれているように、家族連れで訪れる方が多いような気がします。上記でも述べましたが、ほとんどの方がトレイの上に次から次へとパンをのせている光景を見ていると、どの人も、パンを選ぶ顔が笑顔で溢れているように・・・ここのパンは幸せを呼ぶ、そんなパン屋さんなのかなと感じることができました。いろんなパンが楽しめる、そんな魅力に溢れたパンたちが置かれている『Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし』、町田に本店を構えているので、今度、機会があれば町田本店にも食べランで立ち寄ってみたいと思っています(テラス席で、コーヒー1杯をご馳走になり、パンを持ちながら橋本駅までスローランで帰って参りました)


Pain Pati(パンパティ)こむぎのおはなし(HP)
住所:神奈川県相模原市緑区川尻1556-4
電話番号 042-851-2066
営業時間 6:55~19:00
定休日 水曜日
駐車場 あり(50台)
最寄り駅 JR横浜線orJR相模線or京王相模原線、橋本駅、またはJR横浜線、相原駅(どちらも徒歩ですとかなりの時間がかかります)







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/01/18(日) 21:49:21|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)横浜ポルタ

横浜駅周辺で仕事の打ち合わせがあるとよく立ち寄る1軒のパン&カフェのお店があります。横浜駅東口の地下街、横浜ポルタ内にお店を構えている『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)横浜ポルタ』、 一見、見た目はブティックのような趣のある純白のシンプルな内装をしていますが、パンの販売コーナーでは、所狭しと色々な種類のパンが並べられ、併設されているカフェスペースで、買ったばかりのパンをその場で食べられるようになっているお店です。

様々なお店が揃い、競合し合っている横浜駅周辺において、お店がオープンする頃ともなると、焼きたてのパンを求めて、次から次へと人が絶えることがない、人気のお店として、日々親しまれ続けているパン屋さんです。


007_20150113215310faf.jpg

MOF(フランス最優秀料理人賞)受賞シェフ『ジャン・フランソワ ルメルシエ』がプロデュースするベーカリー&カフェのお店です。どれも美味しそうに店頭に並べられている焼きたてのパンは、フランス産小麦の持つ風味と香りを活かし、天然塩などの使用するなど食材にもこだわり、本場フランスのパンを再現されたものがズラリと置かれてます。ジャン・フランソワ独自の製法で、外皮はパリッ、中はモッチリといった、味わい深い美味しさを醸し出されているクロワッサンをはじめ、約60種類以上のパンが楽しめるようになっている『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)横浜ポルタ』、 レシピ、商品構成において、MOFシェフであるジャン・フランソワ氏の監修を受け、他のお店では真似のできないパンを楽しめるようになっています。

また、上記でも述べましたが、購入したパンを店内にあるカフェペースで下記のカフェメニューとともに楽しめるようになっています。パンが販売されている、すぐ隣のスペースにパン&カフェが楽しめるカフェスペースが54席設けられていますが、お店がオープンすると、どこからともなく人が集まってくるほど、人気がある『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』なので、店内に設けられているカフェスペースの席はすぐに埋まってしまうほどです(カフェスペース内に設けらている席は、隣席との余裕もなく、びっしりと席が寄せられているため、席によっては隣席との圧迫感を感じてしまうかも知れません)、そんな、人が絶えることがないほど人気のパン屋さんとして親しまれている『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』で、ちょっとしたカフェタイムを過ごしてきたので、風味が香るパンとともに『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)横浜ポルタ 』で楽しめるカフェメニューをご紹介したいと思います。

『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』のカフェメニュー・・・
コーヒー(Small・350円、Medium・400円)、アイスコーヒー(Small・350円、Medium・400円)、カフェオーレ(Small・400円、Medium・450円)、アイスカフェオーレ(Small・400円、Medium・450円)、豆乳カフェオーレ(Small・430円、Medium・470円)、アイス豆乳カフェオーレ(Small・430円、Medium・470円)、ホットチョコレート(Small・400円、Medium・450円)、アイスチョコレート(Small・400円、Medium・450円)、ショコラオーレ(Small・450円、Medium・490円)、アイスショコラオーレ(Small・450円、Medium・490円)、キャラメルオーレ(Small・400円、Medium・450円)、アイスキャラメルオーレ(Small・400円、Medium・450円)、カプチーノ(Small・400円、Medium・450円)、エスプレッソ(Small・350円、Medium・400円)となっています。

ティーメニュー・・・
ダージリン(Medium・350円)、アールグレイ(Medium・350円)、アイスティー(Small・350円、Medium・400円)、ハーブティー(ラベンダー、レモンジンジャー、カモミール、ローズヒップピーチ、各Medium・350円)、ロイヤルミルクティー(HOT/ICED、Small・450円、Medium・500円)となっています。

アルコールメニュー・・・
グラス白ワイン(ルイ・ラトゥール・アルディッシュ・シャルドネ、500円)、グラス赤ワイン(ビア・ドール・メルロー、500円)、クローネンブルグ(瓶ビール・700円)となっています。

その他のドリンクメニュー・・・
オレンジジュース(Small・400円、Medium・450円)、グレープフルーツジュース(Small・400円、Medium・450円)、マンゴーミックスジュース(Small・400円、Medium・450円)、ミルク(HOT/ICED、Small・350円、Medium・400円)、アップルタイダー(500円)、グレープサイダー(500円)となっています。


 
クロワッサンサンド・ロースハム(399円)

011_20150113201746910.jpg

『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』と言えば、 クロワッサンが看板商品でもありますが、ほっそりとした形に焼き上げられたクロワッサンは、外皮はパリッパリ、中はモッチリとした味わい深い美味しさを楽しめるようになっています。ジャンフランソワ独自の製法によって醸し出された風味は、とても芳醇な旨味が口の中に広がり、食感の良いクロワッサンは外皮を食べているとパラパラと舞ってしまうほどのパリパリ感をています(口の周りについてしまうことは仕方ありません)。

生地の中はバターの香りがしっかりと感じられる濃厚な風味が広がってきます(タルタルソースがアクセントになっています)。その生地にロースハム、パプリカ、レタスが包み込まれているクロワッサンサンドとなっています。軽い食感のクロワッサンですが、もっちりとした旨味をしっかりと楽しめ、バターの旨味と具材の美味しさがマッチして、1度食べ始めると止まらなくなる、そんなクロワッサンサンドとなっています。



キュブ(259円)

010_20150113201842754.jpg

四角い形をしたキュブは、酒種のブリオッシュ生地の中に北海道産小豆のつぶ餡がたっぷりと包み込まれている1品となっています。見た目は小さく感じますが、実際に手にしてみるとズシリとした重さが伝わってくるほど、生地の中に優しい甘さのつぶ餡がたっぷりと入っているアンパンとなっています。また、つぶ餡の中心には、練乳クリームが入っていることもあり、より口当たりが優しく、まろやかな味わいが楽しめるようになっています。薄く焼き上げられた酒種のブリオッシュ生地からはほんのりと酒種の香りが楽しめ、もっちりとした生地は1度味わうと、また食べたくなってしまう、そんなアンパン『キュブ』、見た目も味も、はまってしまう方も多いのではないでしょうか。


マナンド(356円)

009_20150113203021917.jpg

ラム酒が香る特性のダマンドクリームをサクサクのクロワッサンと合わせられたマナンド、いわゆるクロワッサン・オ・ザマンドなる1品ですが、 ジャン・フランソワ特有の外がパリパリ、生地の中はモッチリとした味わいが楽しめるクロワッサンにクレームダマンドがバランスよく合わせあったクロワッサン・オ・ザマンドとなっています。但し、ラム酒の風味やダマンドクリームの風味は少し弱めに抑えられているように感じます。いい意味でクセがなく食べやすいクロワッサン・オ・ザマンド、しかし、その反面、今一つラム酒の風味とダマンドクリームの存在感をググッと感じられない、そんなクロワッサン・オ・ザマンドに感じました(ジャン・フランソワのクロワッサン・オ・ザマンドだったので、もっと濃厚な風味を全面に押し出したような、深い味わいが楽しめるのかなという期待感が大きかったからかも知れません)


サーモントラウトとほうれん草のキッシュ(486円)

012_20150113204704475.jpg

ひと口味わうごとに生クリームと卵の風味がふわっと口の中に広がってくる『サーモントラウトとほうれん草のキッシュ』、う~ん、美味しいです、このキッシュ、サクサクとした食感が楽しめるタルト台はもちろんのことですが、チーズやクリームを混ぜた卵液がベースとなっている生地の美味しさがこのキッシュの魅力となっています。その生地の中にサーモントラウトとほうれん草をメインとしたキッシュからは具材゙の程よい塩気が楽しめるようになっています。卵焼きやオムレツとはまた違った、こってりとした味わいが楽しめるキッシュ、オススメの1品です。


ホットチョコレート(Small・400円)

014_20150113210650a69.jpg

時間帯によっては空いている席がないほど、人気を得ている『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』・・・定番のクロワッサンをはじめ、フード系、スイーツ系と、どれもオススメのパンが置かれていますが、どのパンも魅力に溢れ、思わず、どれを買おうか迷ってしまうほどです。そんな『ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)』のパンは、1品1品、お値段も高めに感じると思いますが(3、4品購入するとあっという間に1000円越えしてしまいます)、きっと自身のお気に入りのパンに出会えると思いますので、是非、横浜駅に立ち寄ることがありましたら、買い物ついでにお店へと足を運んでみては如何でしょうか(表参道や渋谷マークシティなどにも店舗を構えていますので、是非、最寄りの『ジャンフランソワ』のお店で焼きたてのパンを楽しんでみて下さい)


ジャンフランソワ(JEAN FRANCOIS)横浜ポルタ
住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-B1 地下街ポルタ(横浜駅東口地下横浜ポルタ内)
電話番号 045-450-3747
営業時間 9:00~23:00(LO22:30)
定休日 横浜ポルタの休業日に準ずる
駐車場 あり(但し、横浜ポルタの有料駐車場となっています)
最寄り駅 JR横浜駅東口改札、京急線横浜駅中央改札より徒歩1分です。また、東急東横線西口改札、相鉄線2階改札口、横浜市営地下鉄改札から徒歩5分程です







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2015/01/13(火) 22:37:15|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。