たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕎千花

八王子、多摩地区には蕎麦の風味が心地よく香る名店なるお蕎麦屋さんが軒を構えていますが、その中でも個人的に通い続けている1軒のお蕎麦屋さんがあります。八王子を代表する『坐忘(当ブログ紹介記事)』『いっこう(当ブログ紹介記事)』『杜々(当ブログ紹介記事)』をはじめ、多摩ニュータウン地区には『車家(当ブログ紹介記事)』『一澤(当ブログ紹介記事)』『古譚(当ブログ紹介記事)』と言った蕎麦の美味しさが引き立つお店が暖簾を構えていますが、その名店なるお蕎麦屋さんにも引けを取ることなく(個人的には、この多摩ニュータウン界隈では1番の美味しさが楽しめるお蕎麦屋さんだと思っています)、どのメニューを味わっても満足感を得られるお蕎麦屋さんをご紹介したいと思います。

004_201412311402491c4.jpg

お店に暖簾がかかると、どこからともなく人が集まってくる『蕎千花』、最寄り駅でもある小田急多摩線、唐木田駅から徒歩1分と抜群のアクセスにありながらも、人通りがそれほど少ない駅前通りでもあるので、ある意味、隠れ家的なお蕎麦屋さんなのかも知れません。しかし、ここ『蕎千花』のお蕎麦を1度でも味わえば、また足を運びたくなる、そんな風味豊かなお蕎麦と出会えるお店です。

凛とした暖簾をくぐり、店内へと入ると、小さい間取りながらも清潔感のある空間が出迎えてくれます。入口のすぐ横にそばを打つ作業場があり、店舗の奥が厨房、そして、4人掛けのテーブル席が3卓、2人掛けのテーブル席が3卓と全部で18席が設けられている『蕎千花』、全体的に落ち着いた雰囲気を醸し出している店内にはジャズが流れ、空間の間を見ながらお蕎麦を待っていると、お蕎麦屋さんにいることを忘れてしまうくらい、ゆったりとした気持ちになれる店内となっています。

うまい蕎麦の条件をよく三たて(挽きたて、打ちたて、茹でたて)と言いますが、その時の旬の玄蕎麦を仕入れ、常に新鮮な状態を保っているお蕎麦を出してくれるのも『蕎千花』の魅力の1つかも知れません(入口に今日のそば粉の産地を書かれた看板が立て掛けられています)、そんな、こだわりのそば粉を手打ちされたお蕎麦は・・・エッジを効かせた、とっても綺麗なお蕎麦を楽しむことができるようになっています。


せいろはもちろんこと、玄挽き、変わり蕎麦、二色せいろ、そばとろ、そして、車海老をはじめとする四季折々の旬の天ぷらやかき揚げとどれもオススメのメニューが揃っている『蕎千花』なのですが、その中でも個人的にオススメなのが味わい豊かな『鴨せいろ』です。と言うことで、今回は自分のイチオシメニューでもある『鴨せいろ』を楽しんできたのでご紹介したいと思いますが、まずは店主さんの丁寧な仕事ぶりを随所に感じられることができる『蕎千花』のラインナップをご紹介したいと思います。

蕎千花のメニュー(下記のメニューには掲載しませんでしたが、各種の銘酒やアルコールも揃えられています)・・・
冷たいお蕎麦メニュー・・・
せいろ(750円)、玄挽き(900円)、変わり蕎麦(900円)、二色せいろ(1100円)、蕎麦三昧(1500円)、胡麻汁せいろ(850円)、九条葱せいろ(850円)、辛味大根せいろ(900円)、そばとろ(1000円)、かき揚げせいろ(1250円)、天せいろ(1400円)、鴨せいろ(1480円)、車海老天せいろ(1750円)となっています。
*大盛は250円増しとなっています。
*そば三昧の大盛は300円増しとなっています。
*150円増しで、すべての品の玄挽き、変わり蕎麦でお作りすることができます。

ぶっかけ蕎麦メニュー・・・
お薬味ぶっかけ(1100円)、サラダ蕎麦(1100円)となっています。
*大盛は250円増しとなっています。
*150円増しで、すべての品の玄挽き、変わり蕎麦でお作りすることができます。

温かいお蕎麦メニュー・・・
かけ(800円)、釜揚げそば(800円)、花巻(900円)、山かけそば(1100円)、梅とじ(1100円)、かき揚げそば(1350円)、天ぷらそば(1500円)、鴨南蛮(1580円)、車海老天ぷらそば(1850円)となっています。

天ぷらメニュー・・・
桜海老と旬野菜のかき揚げ(600円)、牡蠣の天ぷら(680円)、百合根と帆立のかき揚げ(730円)、車海老と野菜の天ぷら盛り(1000円)、魚介天ぷら盛り合わせ(1850円)となっています。

1品料理メニュー・・・
クリームチーズの味噌漬け(350円)、焼き味噌(380円)、蛍イカの沖漬け(400円)、わさび三点盛り(450円)、板わさ(500円)、丸ごと出汁トマト(500円)となっています。

夜の1品料理メニュー・・・
彩野菜のマリネ 柚子胡椒風味(450円)、鴨わさ 山葵返し和え(480円)、鴨と野菜の味噌煮(530円)、帆立のサンガ味噌焼き(580円)、牡蠣豆腐(680円)、アボガドサラダ SOBAチップ添え(730円)、出汁巻き玉子(850円、大判・1000円)、そばがき 掻きっぱなし(950円)、そばがき 鬼殻揚げ(1000円)、蔵王鴨の燻製(1000円)、蔵王鴨の陶板焼き(1500円)、鴨汁そばがき(1600円)などとなっています。



鴨せいろ(1480円)

005_201412311513587c6.jpg

趣のある大きな器に盛られてくる『せいろ』、そして心地よいダシの香りを漂わせてくる『つけ汁』、どちらも見た目がとっても美しい盛りつけがされている『鴨せいろ』となっています。見た目は瑞々しく繊細なお蕎麦に感じますが、口に運べばしっかりとした歯応えを楽しめ、そして噛みしめた時の力強い蕎麦の香りが口の中に立ち上がってくるのを楽しめます。鴨からの旨味がしみ込んだ濃いめのつけ汁との相性も抜群で、個人的に好んで注文している1品でもあります。

006_20141231152555fb6.jpg

今回の蕎麦は北海道産のそば粉で打たれた『せいろ』を楽しめました。北海道は7月~8月の夏季の時期に冷涼で、昼夜の寒暖差が大きく、湿度が低い場所で、朝もや霧の発生が多い場所が蕎麦にとっては最良の自然条件の地域だそうで、その上質の蕎麦に育てられた『せいろ』からは風味豊かな香りが広がってきます。早熟で食味、風味が良いのが特徴の北海道産の蕎麦・・・噛むほどに蕎麦の香りを楽しめ、しっかりとした歯応え感も堪能できるお蕎麦となっています。

お蕎麦を見れば、その丁寧な仕事ぶりが感じられるというのが分かるくらい端正で綺麗なお蕎麦をしています。見た目通り喉越しがとてもよく、ツルツルと喉を通っていく、喉ごしの良さ・・・そして、鴨のつけ汁と一緒に味わうことで、より旨さを感じられる『蕎千花』のお蕎麦・・・そのお蕎麦1本1本からは店主さんの魂が込められて打たれた美味しさが伝ってくるように感じられます。


007_20141231152623417.jpg

この鴨せいろ・・・個人的な好みの見解ですが、この界隈ではNO.1ではないでしょうか。クセのない赤身の軟らかな美味しさを堪能できる肉厚な蔵王竹炭水鴨が3切れ、ホクッと柔らかく鴨の旨味が凝縮された自家製鴨団子、表面を香ばしく焼かれ味わうごとに甘みを楽しめるネギ(3切れ)、ジューシーで歯応え感も味わえる大きなシメジ、シャキシャキっとした水菜、そして香り付けに柚子が入っている鴨せいろの『つけ汁』・・・蔵王竹炭水鴨の脂のコクがダシとがバランスよく溶け込み合い、何とも言い難い美味しさを満喫できる『つけ汁』となっています。


最後の1滴まで飲み干したくなるほど、蕎麦湯も逸品の『蕎千花』・・・

010_20141231152642245.jpg

美味しいお蕎麦や鴨肉、天ぷらなどを楽しめるのはもちろんですが、ここ『蕎千花』に訪れたら必ずや味って欲しいのが、この蕎麦湯の存在です。白濁して粘性のある『蕎千花』の蕎麦湯、1口飲んでみると、まるで蕎麦のポタージュスープを飲んでいるかのようです。つけ汁とともに味わうのはもちろんですが、そのまま味っても、蕎麦の栄養分をたっぷりと堪能できる蕎麦湯となっています。

もともとお蕎麦はバランスのとれた栄養食とも言われていますが、その中でも、そば粉に含まれる植物性蛋白質はとても良質なことで知られています。しかし水に溶けやすく、その半分近くがゆで汁に流れ出てしまっています。せっかくの栄養をムダにしないよう、生活の知恵として口にしたのが蕎麦湯を楽しむ始まりとも言われています。ルチン、ビタミン、ミネラルも多量に含まれている蕎麦湯・・・美味しい手打ちのお蕎麦を堪能した後は、蕎麦湯で健康をたっぷりと味わいましょう。


お店の暖簾に書かれている『そばは美味し 愉し。』という言葉がぴったりと当てはまる『蕎千花』・・・若いご夫婦で切り盛りされている小さなお蕎麦屋さんですが、この界隈では1番とも言うべき、名店なるお蕎麦を楽しむことができるお店です。唐木田という場所でひっそりとお店を構えていますが、その実力は都心のお店と比べても引けを取らないお蕎麦屋さんだと思います。基本なるところはしっかりと守り抜き、そして、若い店主さんの発想や工夫が蕎麦という逸品に加わることで、より美味しさが増し、心が満ち足りていくお蕎麦が作り上げられている『蕎千花』の品々・・・是非とも足を運んで味わってもらいたいお蕎麦屋さんです。


蕎千花
住所:東京都多摩市唐木田1-53-15
電話番号 042-313-7652
営業時間
昼の部 11:30~14:30
夜の部 17:30~21:30(LO21:00)
定休日 木曜日、第1・3水曜日
駐車場 あり(店舗の裏側通りから入るようになっています・イリス唐木田共同駐車場1~4番が駐車場となっています)
最寄り駅 小田急多摩線、唐木田駅から徒歩1分程です







スポンサーサイト

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/31(水) 16:35:53|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。