たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とんかつ酒処 象の仔

織物の街として、繁栄した八王子・・・その中でも八王子の中町や南町界隈には、かつて多摩地域で唯一の花街があり、黒塀の街として大いに賑わいをみせ、華やかな歓楽街として親しまれ続けていた場所でもあります。しかし、その後、時代の流れと繊維業の衰退とともに寂れ始めてしまったそうですが、ここ数年・・・風前の灯となった花街の伝統を守るべく、有志が結成し、柳の植樹運動などを展開し、風情あふれる花街の姿を取り戻そうと活動され、1部の通り(『八王子花街・黒塀通り』)沿いには黒塀が残され、江戸の情緒を今に伝える、美しい町並みを見ることができるようになりました。

今回はそんな風情のある通り沿いに・・・長きに渡り暖簾を構えている1軒のとんかつ屋さんをご紹介したいと思います。甲州街道沿いで14年、そして現在の中町にお店を移転されてから28年と、今年で42年目を迎えている『象の仔』・・・八王子の老舗のとんかつ屋さんとして多くの人に愛され続けているお店です。


030_20130617204224.jpg

風情ある『八王子花街・黒塀通り』や飲み屋さんが軒を連ねている八王子市中町・・・昼と夜とでは別の街に変化したような姿を見ることができる街でもあります。そんな、まさに夜の街とも言うべき中町の1本入った通り沿いにお店を構えている『象の仔』・・・1度、訪れれば、必ずや常連さんになってしまうほどの逸品や・・・お父さん、お母さん(お2人で切り盛りされています)の優しい人柄に、心が癒されてしまう、とんかつ屋さんでもあります。

夜の街『中町』のこともあり、とんかつがメインのお店ですが、営業は夜のみのお店となっています。揚げたての、とんかつや串かつなどをお酒とともにゆっくりと嗜めるお店として常連さんを中心に愛され続けている『象の仔』・・・アットホームな雰囲気もさることながら、ここのお店には逸品とも言うべきオススメのメニューがあります。今回も逸品メニューを味わいに足を運ばせてもらったのですが、その逸品をご紹介する前に『象の仔』で楽しめるメニューをご紹介したいと思います。


1品料理メニュー(とんかつ系メニュー)・・・
ひれかつ(1600円)、ひれ1口かつ(1200円)、ロースかつ(1300円)、串かつ(1200円)、チキンかつ(1000円)、しょうが焼(700円)、えびフライ(1300円)、ステーキ(時価)、ポークソテー(1600円)、カツサンド(1100円)となっています。

1品料理メニュー(その他メニュー)・・・
さしみ(1000円より)、から揚(800円)、なす焼(450円)、焼き魚(600円)、いかてり(600円)、山かけ(600円)、月見(400円)、しいたけ(500円)、いたわさ(400円)、ぎんなん(500円)、あつあげ(400円)、しらすおろし(400円)、冷奴(350円)、生野菜(700円)、お新香(400円)、ししゃも(500円)、お茶漬(600円)、うまい梅(300円)、ポテトフライ(500円)、オニオンスライス(400円)、チーズ(600円)、サラミ(600円)、ライス(200円)、味噌汁(200円)となっています。

飲み物メニュー・・・
御酒(400円)、ビール(500円)、グレープフルーツサワー(450円)、水割り(シングル・400円)、オレンジジュース(350円)、コーラ(350円)、ウーロン茶(250円)、トマトジュース(350円)、スーパーニッカ(ボトル・5000円)、いいちこ(ボトル(2800円)、ジンロ(2500円)、すだち(ボトル・2800円)となっています。


厨房を囲むように設けられているカウンター席、そのカウンターや厨房を望めるように、ゆっくりと腰を落ち着かせて、とんかつを楽しめるお座敷席と・・・どの席にいても、お父さんとお母さんとの会話を楽しみながら過ごせるようになっています。そんなアットホームな空間の中で楽しめる、『象の仔』の逸品をご紹介したいと思いいます。『象の仔』を訪れた際には、是非とも味わって欲しい逸品が、この『ポークソテー(1600円)』です。

031_20130617212109.jpg

食欲を掻きたてるニンニクの香りをフワ~っと漂わせながら登場する『象の仔』のポークソテー・・・厚みのあるボリューム感、重量感・・・肉好きな方にはたまらない姿をしている逸品ではないでしょうか(野菜もてんこ盛りに盛られています)

豚肉料理といえば、とんかつかしょうが焼きが頭の中にすぐに思い浮かぶ品々ですが、ポークソテーも忘れてほしくない1品です。厚めの豚肉の表面をまず強火で焼いてから蒸し焼きにし、まだ完全に中まで火が通らないうちに、バター、お酒と醤油を投入・・・風味はいいやら、香ばしいやら・・・豚肉って美味いなぁ~と思わず、つぶやいてしまう、そんな1品ではないでしょうか。


036_20130617213418.jpg

肉を買ってきて焼けば安く済むかも知れませんが、極厚の豚肉を焼く技術と手間を考えるとCPは高さを感じる『象の仔』のポークソテー・・・厚さは3~3.5センチはあるでしょうか。レモンを搾り、ニンニクが肉の上にかかっているので、全体にニンニクが馴染むように香りづけをしてからガッツリと味わっていきます。程よい醤油の風味(好みで言わせて頂くと、もう少し醤油の味わいが濃くてもいいかなという感じですが)がほんのりと効いていて・・・まさにご飯が止まらなくなってしまいます。

シンプルと言えばシンプルですが、ニンニく&醤油の風味が、また豚肉の味を引き立てていて味わい深く楽しめるポークソテーとなっています。表面をしっかりと香ばしく焼き、中はほんのりとピンク色に仕上げられている『象の仔』のポークソテー・・・足を運ぶほどの価値のある逸品を堪能することができます。


049_20130617213448.jpg

厚い豚肉でも柔らかくてジューシーな旨味が楽しめる『象の仔』のポークソテー・・・ 普通の感覚だと、強火で焼きがちになってしまう厚みのあるポークソテーですが、それでは火が通り過ぎないので、『象の仔』では、弱火でじっくりと優しく焼いていきます。油をひいたフライパンが温まったら、弱火でお肉を焼く・・・これが極厚ポークソテー作りの最大のポイントでもあるので・・・ちょっと時間がかかりますので、注文したら気長に待つことにしましょう。


ひれかつ(1600円)

040_20130617221237.jpg

大きなお皿に盛られてくる『ひれかつ』です。とても厚く切られたひれ肉、そのひれ肉は十分に柔らかく、断面にはまだほんのりと赤みが残っています。味わう毎に感じる柔らかさ・・・その肉の旨味と食感に衣の存在を忘れてしまうほどです。分厚いカツは、中心部をロゼに残して低温で揚げられ、噛めば、脂に甘い香りがあり、肉は繊維がきめ細かくしまっており、歯を立てる喜びを感じさせてくれます。

043_20130617221259.jpg

程よい食感を得られる衣は、油切れが良く軽い感じでしょうか。その衣が弾けて肉に歯が噛み合えば、肉がきめ細やかでほのかに甘く感じます。そこには、柔らかいとんかつを食べていても気がつかないほど、肉を噛む喜びがあって、噛めば噛むほど豚肉の甘い香りが滲み出てくる・・・そんな、ひれかつとなっています。脂も切れよく、臭みなく、レモンとソースをかけることでより美味しく味わえ、ご飯を食べさせる力がある・・・ひれかつを楽しむことができます。


ライス(200円)

044_20130617222849.jpg

上記のポークソテーや、ひれかつなどにはライスは付いてこないので、単品で注文することになります。最初はお酒とともにポークソテーや、ひれかつを楽しもうかなと思ったのですが、味わっているうちにライスが欲しくなってしまい、追加で頼むことにしました(やっぱり、とんかつを味わう際にはライスははずせませんね!!)

038_20130617222933.jpg

どうぞ!!っと言ってサービスで出してくれたお新香です。白菜の漬物、キュウリとニンジンの糠漬けの自家製お新香にゴマがふりかけられています。どれも味が濃い目なので、ビールやお酒が進み、また、このお新香だけでご飯2杯ぐらい食べられてしまいそうです。


カツサンド(1100円)

051_20130617222955.jpg

ひれかつのひれ肉を贅沢に使った『カツサンド』です。今回はテイクアウトしてきたので、パン自体にソースが染み込んでしまいましたが、肉厚で柔らかいひれかつとパンの相性が抜群な1品を楽しめる『カツサンド』となっています。細かく刻まれたキャベツ、パンにカラシが塗られ、ソースがたっぷりとかけられた『カツサンド』はボリュームも十分・・・2切れを食べれば、お腹を十分に満たしてくれるほどです。次回、お店に足を運んだ際はお店でできたてを楽しみたいと思います。

久しぶり!!と言って嬉しそうに暖簾をくぐってくるお客さんを多く見ることができる『とんかつ酒処 象の仔』・・・その対応を見ているだけで・・・このお店は多くの人のお腹を満たし、心を癒し、そして、長きに渡って親しまれ続けているのが分かるほどです。黙々と料理を作り、笑顔が優しいご主人、温かい接客に心が和むおかみさん、下町風情のある御夫婦の控えめな愛想の応対にすっかりいい気持になってしまってしまうお店です。

お腹を満タンにしてくれる『とんかつ酒処 象の仔』・・・八王子の古参格のとんかつ屋さんが時代の流れに負けず、今なお、人の心を魅了する逸品を目の当たりにできる喜びは、なにものにもかえがたいものがあります。こういうお店こそ、長く暖簾を構え続けていって欲しいお店に感じます。気持ちよく、お店を後にできる『とんかつ酒処 象の仔』・・・是非、逸品なるポークソテー、ひれかつ、カツサンドを味わいに足を運んでみては如何でしょうか。



とんかつ酒処 象の仔
住所:東京都八王子市中町11-12
電話番号 042-625-1954
営業時間 17:00~22:00
定休日 日曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR八王子駅北口から徒歩5、6分程です






テーマ:とんかつ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/06/18(火) 21:33:08|
  2. とんかつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インド・ネパール・チベット料理&バー サティー(SATHI) | ホーム | ドーム・シンフォニー(Dome Symphony)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/1038-29829345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。