たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ういろう本店

ほとんどの街がバカンス模様だったお盆中に仕事で小田原へと足を運ぶ機会がありました。お盆中の混雑を避け、余裕を持って小田原に到着したせいか、約束の時間まで約1時間半も前に着いてしまったので、小田原駅周辺をゆっくりと散策してみることにしました。近代的なビルなどが建ち並ぶ駅前を見ていると、小田原も高い建物が多くなったぁ~っと、ちょっと複雑な思いがよぎりましたが・・・その中でも、街中を歩いていると、時折見せる、風情ある造りや老舗のかまぼこ屋さんなどなど・・・長い時を刻まれたような趣のある建物を見ながら小田原の街並みを楽しんでいると・・・そんな時、ふと頭の中によぎったのは『ういろう』の存在・・・小田原のお菓子と言えば『ういろう』と言うほど有名な逸品ですが、久しぶりに『ういろう』の本店へと出向いて、万能薬でもある『透頂香』を購入していこうと思い、いざ『ういろう本店』へと足を運んでみることにしました。

小田原には2つのお城があると言われています(自分だけかも知れませんが・・・)、1つはもちろん小田原の街並みを見守るようにドンッと構えている『小田原城』・・・そして、2つめは小田原市内を通る旧道『国道1号線』沿いに堂々とした店舗を構える『ういろう城』の存在です!!

016_20130822202931065.jpg

上記でも述べましたが『ういろう』と言うと羊羹のような甘いお菓子を真っ先に思い浮かぶと思いますが・・・『ういろう』とは薬屋さん兼菓子屋さんとして長く親しまれ続けている老舗のお店です。お菓子の『ういろう』は説明するまでもないほど、よく知られていますが、この本店でしか購入することができない漢方薬『透頂香(とうちんこう又は、ういろうとも呼ばれています)』が調剤、販売されていることでも知られています。

『ういろう城』の店内はお菓子を売るコーナーと、薬局コーナー、そして喫茶コーナー(茶房が隣接されています。その茶房では抹茶と季節の和菓子がセットになったものや、薬局らしく、薬膳粥なども楽しめるようになっています)が設けられていますが、薬局には薬剤師さんも常勤されており、店内の印象は薬屋さんのイメージが強いでしょうか。そして、本店で調剤するのは『透頂香』など、ういろうに伝わる漢方薬のみで、一般的な病院の処方箋などは受け付けていませんので、ご注意を!!(小田原駅前商店街にある小田原駅前店では各処方箋を受け付けているそうです)

そして『透頂香(とうちんこうorういろう)』は全て人の手によって調剤されているため、1日に販売される数に限りがあります(1人2箱までの販売となっています)なので、お店が開く10時前となると『透頂香』を求めて人が並び始めるほどで・・・ほぼ毎日、昼前には完売してしまうそうです。今回はそんな『透頂香(とうちんこうorういろう)・1000円(141粒)』の小箱を購入してきました。

022_20130822205724409.jpg

そもそも『ういろう』とは何だろうと思いますが・・・書くと長くなってしまいますので、宜しければ詳しい事はお店のHP(下記に掲載してあります)で確認して見て下さい!!

薬のういろう『透頂香』は仁丹のような銀色の極小粒の丸薬で・・・箱の効能書きを見ると、ありとあらゆる症状に効能があると記されているほどの万能薬として、多くの人に愛用されている薬です(あくまで薬ですので、むやみに服用してはいけませんし、常勤されている薬剤師に相談してから購入するようにして下さい)、服用数は症状によって2~10粒、症状が緩和されなければ更に増量し回数を多く服用と書いてあります。また、箱の表には『外郎藤右衛門』と書かれていますが、外郎家では先祖代々この名を襲名しているそうです(現在は二十四代目だそうです)


栗ういろう(800円)

019_2013082221185095d.jpg

お菓子の『ういろう』は今では、白砂糖、抹茶、小豆、黒砂糖など種類も豊富となりましたが、自分がよく購入するのは、この栗ういろうです!!

003_2013082221365973b.jpg

羊羹よりも濃厚な甘さではなく、優しい甘さに包まれる『ういろう』・・・人工甘味料や色素等など一切添加されていないせいか、昔ながらの素朴な味わいが楽しめます。また、米粉が使われていることもあってか、モチモチとした食感はまるで羊羹の餅バージョンを味わっているかのように感じます。

004_20130822213722882.jpg

ねっとりではなく、もっちりと独特の歯応えを楽しめる『ういろう』・・・この暑い夏場は冷蔵庫で冷やして味わうとより美味しさが増したように楽しめます。昔ながら作り方にこだわり、素朴ながらも気品のある淡雅な味を堪能できる『ういろう』・・・お茶とともに味わいたくなる1品です。

国道1号線沿いにお店を構える『ういろう城』・・・箱根に向かう際は必ず、視界に入るのではないでしょうか。万能薬でもある『透頂香』を購入して立ち寄るのもよし(『透頂香』を購入したい場合はお店が開く10時頃に立ち寄って下さい)、お土産品を購入するのもよし、隣接する茶房で、ゆっくりと過ごすのもよしと・・・予定があって先を急がないといけないかも知れませんが、ちょっと『ういろう城』に立ち寄って、風情ある雰囲気を楽しまれてみては如何でしょうか。


ういろう本店(HP)
住所:神奈川県小田原市本町1-13-17
電話番号 0465-24-0560
営業時間
月曜日~土曜日 
10:00~17:30(4月~10月)
10:00~17:00(11月~3月)
日曜日
10:00~17:00 
定休日 水曜日、第3木曜日、大晦日、元旦
駐車場 あり
最寄り駅 小田原駅東口から徒歩15分程です






テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/08/22(木) 22:11:05|
  2. 和菓子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いせかね(伊勢兼商店) | ホーム | 味ん味ん(西八王子店)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/1076-d450a7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。