たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手打そば 蕎麦酒房 宗

江戸時代から大衆食として親しまれている蕎麦は日々進化を続け・・・原材料へのこだわりだったり、挽き方へのこだわりだったり、打ち方へのこだわりだったりと、今も魅了して止まない逸品でもありますが、そんな、こだわりを持ったお蕎麦屋さんが八王子市内には多く存在します。

八王子の蕎麦の名店と言うと西八王子駅にある『坐忘(当ブログ紹介記事)』『山泉(当ブログ紹介記事)』『いっこう(当ブログ紹介記事)』、JR八王子駅南口の『蕎麦 もとおか(当ブログ紹介記事)』『まかど(当ブログ紹介記事)』、大和田町の『徳兵衛(当ブログ紹介記事)』、狭間駅の『麦角(当ブログ紹介記事)』、宮下町にある『吾平(当ブログ紹介記事)』、美山町の『富よし(当ブログ紹介記事)』、南大沢駅・京王堀之内駅にある『車家(当ブログ紹介記事)』『一澤(当ブログ紹介記事)』『古譚(当ブログ紹介記事)』、高尾の『杜々(当ブログ紹介記事)』などなど・・・どのお蕎麦屋さんも日々、こだわりを持たれて、多くの人の舌を魅了させてくれています。

そんな、こだわりを持たれた1軒のお蕎麦屋さんが新しく暖簾を構えられたので、ご紹介したいと思います。雄大に八王子市内を流れる浅川から1本入った閑静な住宅街の中に暖簾を構えている『手打そば 蕎麦酒房 宗』・・・多田製粉㈱(八王子市大和田町)が運営する『高尾の里 そば道場(HP)』で講師として活躍されていた店主さんがオープンされたお蕎麦屋さんです。


019_20131124184451554.jpg

八王子市暁町の住宅街にお店を構えた『手打そば 蕎麦酒房 宗』・・・最寄り駅はJR八王子駅or京王八王子駅になりますが、歩くとなると、駅から甲州街道を横切り、そして浅川を渡りきらないといけないので、約30~40分ぐらいはかかるでしょうか(しかし、バス便もあります。京王八王子駅orJR八王子駅北口から『中野団地行き』のバスに乗り『暁町一丁目バス停』で下車(JR八王子駅から約10分程です)、バス停すぐにある『たましん』を越えてから右へと曲がり、浅川方面へ進むと右手にお店が見えてきます)、バス通りや浅川沿いの道路に面していれば分かりやすいのですが、1本入った通り沿いにお店を構えているので、知る人ぞ知るような隠れ家的なお蕎麦屋さんです(以前のお蕎麦屋さんをご紹介する記事でも述べたと思いますが、八王子市内にあるお蕎麦屋さんは今回ご紹介する『手打そば 蕎麦酒房 宗』のように決して便が良いとは言えない住宅街の中にお店を構えているお店が多いように感じます)

風情のある暖簾をくぐり、清潔感のある店内へと足を踏み入れてみると『いらっしゃいませ!!』と温かく出迎えてくれる『手打そば 蕎麦酒房 宗』・・・そして、外観からは想像もつかないほど、広々とした店内は奥に厨房があり、窓に面してお座敷席4人掛けが2卓、お座敷席の反対側に4人席・2人席のテーブルが各1卓ずつ、手打ち場を囲むように配置されているカウンター席が5席設けられ・・・全体的に隣席を気にせず、ゆとりを感じられる店内となっています。そんな、ゆっくりと蕎麦を楽しむことができる空間で味わえる『手打そば 蕎麦酒房 宗』のメニューをご紹介したいと思います。

冷たい蕎麦メニュー・・・
極せいろ(限定10食・780円)、せいろ(680円)、とろろせいろ(880円)、鴨せいろ(1150円)、天せいろ(1380円)、上天せいろ(1680円)となっています。
*100円増しで極そばに変更することができます。

温かい蕎麦メニュー・・・
かけそば(680円)、きのこそば(880円)、とろろそば(880円)、鴨南蛮(1150円)、天ぷらそば(別盛り・1380円)、上天ぷらそば(1680円)となっています。
*100円増しで極そばに変更することができます。

酒肴メニュー・・・
からしこんにゃく(300円)、焼きみそ(350円)、長芋のたまり漬け(350円)、季節の白和え(400円)、板わさ(450円)、和風鴨サラダ(550円)、鴨ロースの燻製(600円)、鴨焼き(650円)、天ぷら盛り合わせ(700円)、上天ぷら盛り合わせ(1000円)、自家製鮎の一夜干(500円)、きすの天ぷら(2尾・500円)となっています。

甘味他メニュー(17:00~20:00)・・・
蕎麦がき(小倉・300円)、蕎麦がき(きなこ・300円)、蕎麦がき(黒みつ・300円)、蕎麦がき(薬味付き・600円)、持ち帰り生そば2人前より(つゆ付、せいろ2人前・1100円)、持ち帰り生そば2人前より(つゆ付、極せいろ2人前・1300円)などとなっています。

飲み物メニュー・・・
瓶ビール(中瓶、プレミアムモルツ・550円)、瓶ビール(中瓶、スーパードライ・500円)、ノンアルコールビール(300円)、琵琶のさざ浪梅酒(熟成ブランデー仕込みロック、350円)、琵琶のさざ浪梅酒(熟成ブランデー仕込みソーダ割り、400円)、ウーロンハイ(350円)、オレンジジュース(200円)、アップルジュース(200円)、ウーロン茶(200円)、日本酒1合(辛口純米 雨後の月・500円)、日本酒1合(久保田 千寿・700円)、限定品1合(鼎 純米吟醸(長野県)700円)、限定品1合(王禄 超辛純米本生(富山県)800円)、限定品1合(獺祭 純米大吟醸(山口県)900円)、限定品1合(十四代 中取り純生(山形県)900円)、芋焼酎1合(富乃宝山(鹿児島県)900円、グラス・450円)、麦焼酎1合(閻魔(大分県)800円、グラス・400円)、蕎麦焼酎1合(佐久乃花(長野県)800円、グラス・400円)となっています。



極せいろ(限定10食・780円)

012_20131124192041154.jpg

北海道産のそばの実を石臼で挽いて、すべて手打ちで楽しむことができる『手打そば 蕎麦酒房 宗』・・・『手打そば 蕎麦酒房 宗』で楽しめる、この『極せいろ』は『せいろ』とでは違う品種のそばの実が使われています。また、そばの実の香りを逃がさないように特別の石臼で挽かれた蕎麦は口に含むだけで、ふわっと心地よいそばの香りを楽しめるようになっています。

その蕎麦をより美味しく高めているのは『つゆ』と『わさび』の存在です。つゆは自家製で厚削りの節でじっくりと出汁を取り、上質の醤油と組み合わせることで、蕎麦の風味をより感じられるものとなっています。そして、わさびは静岡県伊豆市から契約した農家さんから直接取り寄せた生わさびが使われ・・・注文を受けてから1つ1つすりおろしたものが楽しめるようになっています。

013_20131124193854c39.jpg

繊細で上品さが味わえる『極せいろ』は喉ごしがよく、ほのかな甘みと香りが伝ってきます。つゆがなくても、スウ~ッと食べられる感じでしょうか。1つ1つの工程でこだわりを持たれて打たれた蕎麦は毎日打ち立ての蕎麦を楽しむことができるそうです。北海道産の上質なそばの実が使われている『極せいろ』・・・その時期に最適な挽き方、手打ちで味わえる1日10食限定蕎麦・・・蕎麦の美味しさをゆっくりと噛みしながら味わいたくなる蕎麦です。


天せいろ(1380円)

010_2013112419524142c.jpg

細打ちでしっかりとした歯応えがある『せいろ』・・・噛むごとに蕎麦の香りが広がってくる蕎麦を楽しめます。北海道産のそばの実が使われ、石臼で丁寧に挽かれる蕎麦は香りも程良く、コシもあり、喉ごしが良く、味わうことで香りがより楽しめ、旨味が出てくるように感じます。

011_20131124201031382.jpg

細打ちで綺麗に整えられた蕎麦は上記の『極せいろ』と同様に繊細な風味が楽しめます。表面はツルッとしているので口当たりはなめらかですが、噛んでみるとグイッとくる弾力感とふわっとした蕎麦の風味が感じられます。節などの出汁の風味を強くだし、少々濃いめに効かせた醤油の味わいを感じるつゆと味わうことで蕎麦の風味をより楽しむことができる、せいろとなっています。

008_20131124201421278.jpg

厨房から聞こえてくる・・・天ぷらの揚げる心地よい音・・・熱々の状態で揚げたてを楽しめる天せいろに付いてくる天ぷらは、海老、シシトウ、ナス、パプリカ、舞茸、カボチャ×2の計7品となっています。海老はもちろんこと美味しいですが、特に美味しかったのがカボチャの天ぷらでした。ホクホク、そして、ねっとりとした濃厚な甘みがサクッと揚げられた衣とマッチして、味わい深く楽しむことができました。

009_2013112420275194a.jpg

サクサクに揚げられた天ぷらは、優しい味わいに整えられた、天つゆとともに楽しんでいきます。

八王子でお蕎麦のイメージはあまりないかもしれませんが、実は美味しいお蕎麦屋が多く存在します(まだまだ足を運んでいない、こだわりのお蕎麦屋さんも多くありますが・・・)、今回、ご紹介した『手打そば 蕎麦酒房 宗』をはじめ、記事の上記で明記させて頂いたお店は、それぞれに店主さんのこだわりが詰まったお蕎麦を楽しむことができます。

014_20131124202922c74.jpg

蕎麦酒房と店名にもあるように蕎麦に合うお酒も充実されている『手打そば 蕎麦酒房 宗』(夜のメニューでもある甘味・蕎麦がきメニューが気になるので、また近いうちに足を運びたいと思っています)、美味しくて、毎日食べ続けられる蕎麦を楽しめるのが、ここ『手打そば 蕎麦酒房 宗』の蕎麦かも知れません。素直でサラリと喉を通る蕎麦は風味の余韻がふくよかで、蕎麦つゆや薬味を使うのをためらうほど・・・汁と蕎麦が一体となって味覚をくすぐる蕎麦を味わいに足を運んでみては如何でしょうか。『高尾の里 そば道場』で講師として活躍された店主さんが打つ1本1本の蕎麦には心がこもっているように感じるはずです。


手打そば 蕎麦酒房 宗
住所:東京都八王子市暁町1-8-18
電話番号 042-634-8767
営業時間 
11:30~14:30(LO14:00)
17:00~20:30(LO20:00)
定休日 月曜日、第2火曜日
駐車場 あり(4台)
最寄り駅 京王八王子駅orJR八王子駅北口から『中野団地行き』のバスに乗り『暁町一丁目バス停』で下車(JR八王子駅から約10分程です)、バス停すぐにある『たましん』を越えてから右へと曲がり、浅川方面へ進むと右手にお店が見えてきます。








テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/11/24(日) 21:56:50|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新藤鰹節店 | ホーム | 優ゆ家かフェ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/1138-e4f90f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。