たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内沼きのこ園

三寒四温という言葉があるように、寒暖を繰り返している今日この頃ですが、綺麗に咲き誇っていた桜も散りはじめ、新芽が顔を出し始めるなど、少しずつですが、新緑の季節が近づいてきているように感じます。そんな日々、草花の成長を感じられる、この季節ですが、旬の味覚を楽しめる季節でもあります。美味しい食を、美味しい時に味わう幸福感、そんな新鮮なうちに旬の物を楽しもうと味覚狩りに足を運んでみることにしました。

味覚狩りと言うと秋という感じですが、日々、暖かさを感じてくる春にも美味しいものがたくさん存在します。この春の季節の味覚狩りで代表的なものと言うと苺が真っ先に思い浮かびますが、筍などの野菜も、この春を楽しむうえで欠かすことができない逸品です。今回はその中でも、厳しい冬の寒さにじっと耐えて栄養価、香りも高まり、身が締まった美味しさが楽しめる椎茸狩りに出掛けてみることにしました。


019_20150412181209255.jpg

一般的に、きのこは秋が旬という印象が強いかも知れませんが、冬を越した春の椎茸は味も香りも食感も美味しさがギュギュッと詰まっているという知らせを聞いて・・・今回は東京都内で椎茸の原木栽培をされている『内沼きのこ園』へと足を運んでみることにしました。

自然が広がる青梅市成木の地で長年に渡り、椎茸の原木栽培をされている『内沼きのこ園』、園内では、入園料200円(大人は200円、子供は100円となっています)を支払い、外とハウスで育てられている椎茸を100g・300円(税抜)で買い取るシステムで香り豊かな椎茸狩りができるようになっています(椎茸狩りは事前に予約が必要になっています)。また、もぎとった椎茸を炭火焼き(1名200円・要予約)やバーベキュー(要予約)が楽しめ、隣接しているカフェでは栽培したきのこをふんだんに使ったピザやきのこトマトカレーなどが楽しめるようになっています(カフェは予約なしでも利用ができるようになっています)

椎茸狩りをする際に『内沼きのこ園』のご主人が注意事項や椎茸のもぎとり方を丁寧に説明をしてくれます。何でも、きのこの栽培方法には、大きく分けて2通りの栽培方法があるそうです。おがくずを利用して、栄養剤や補給剤を添加する『菌床栽培』、そして、原木を使用して自然のまま作り上げる『原木栽培』です。現在は安定した収穫量が見込める『菌床栽培』が主流だそうですが(一般的なスーパーなどに置いてあるきのこのほとんどがこの『菌床栽培』となっています)、 今回、訪れた『内沼きのこ園』では、昔ながらの『原木栽培』で、外とハウスでこだわりのきのこを育てられています。

『内沼きのこ園』で椎茸狩りができる場所は外で栽培されている2箇所の『原木栽培(上記画像と下記画像)』とハウスで栽培されている『原木栽培(下記の2番目の画像)』の3箇所でできるようになっています。

021_201504121856554c3.jpg

昔ながらの「原木栽培」方法で、外とハウスでこだわりのきのこを育てている『内沼きのこ園』、原木栽培は、きのこ本来の味、香り、食感を引き出すための栽培方法でもありますが、原木栽培にはまず無駄がありません。木は根を残して上の方を切ることで、再生しますし、古くなった原木は、粉砕して土に還すこともできます。菌が入っているので分解速度が早く、近隣の農家の方々の畑に腐葉土として使ってもらっていますと語るご主人、そのこだわりを感じられる原木栽培・・・外では原木を2本を交互に立て掛けられものと三角形に積み上げる『三角積み』を用いています(ハウスでは『三角積み』を用いています)

この原木積みをよく見てみると、紐やワイヤーはもちろん、釘などでも一切固定されていません。長さや太さなど同じようなサイズの原木を選び、積み重ねて崩れないように水平を保たれて栽培されています(バランスよく積み上げられた原木は、まさに職人技とでも言うでべきでしょうか)


028_201504121857142d9.jpg

原木椎茸というのは、ナラやクヌギなどの広葉樹にしいたけの菌を植え、1年以上自然の中で栽培して生産された椎茸のことを言いますが、その原木からニョキッと育った椎茸は丸くて肉厚、そして太く短い石突きが印象的な椎茸で、一目見ただけで、その良さが感じ取れるものばかりです。

椎茸はスーパーでも売られているポピュラーなきのこですが、一般的にスーパーで販売されている椎茸は原木では栽培されていません。ほとんどが、上記で説明した、おがくずベースのブロックに生えた菌床で育てられた『菌床栽培』ものです。当然、同じ椎茸でも原木で栽培されたものは全くの別物で・・・ひと味もふた味も違う美味しさが楽しめるようになっています。


032_20150412185732076.jpg

椎茸の食べ頃を皆さんはご存知でしょうか。主な見分け方としては、椎茸のカサが開いているかどうかで分かるそうです。成長中の椎茸は、カサの部分が内側に丸まっていますが(よくスーパーなどで見掛ける椎茸です)、完熟された椎茸は、カサがしっかりと開いて裏にひだがあるそうです。ということで、完熟された椎茸の見分け方やもぎとり方などを説明されてから・・・収穫した椎茸を入れるビニール袋をもらい、いざ椎茸狩りの始まりです(ハウス内には椎茸狩りに関する注意事項などが書かれた掲示板が置かれていますし、グラム数を計ることができるハカリが置かれています。ハカリがないと、今、どれぐらいのグラム数なのか分かりませんし、ついついもぎとりに夢中になってしまい、採り過ぎに歯止めをかけることができるので、途中、途中、グラム数を計りながら椎茸狩りをすることをオススメします)

020_20150412202821756.jpg

成長中の椎茸は、かさが内側に入っていて・・・かさが外に開いていると完熟椎茸・・・とつぶやきながら、椎茸のもぎとりの始まりです。外、ハウスとも原木から育った椎茸がニョキニョキと出ていて・・・まさに園内は椎茸祭りです。

022_2015041220334393f.jpg

成長中、完熟・・・そして、もぎとった物を炭火で楽しむものと、自宅で味わうものを振り分けながら椎茸狩りを楽しんでいきます。

026_2015041220340563b.jpg

個人的な見解ですが、外で育てられた原木椎茸は水分を多く含み、やや重みがあるでしょうか。それとは反対にハウスで育てられた原木椎茸は外とは比べて、少し軽く感じます。なので、外とハウスではグラム数に変化があると思いますので、これから椎茸狩りに行かれる方は参考にしてみて下さい。

027_20150412203911e99.jpg

自然の恩恵を受けて育った椎茸の存在感に圧倒されてしまいます。どれもこれも肉厚で大きくて、もぎとりがいがあります。原木椎茸の軸はしっかりとしているので、その軸の先を持ち、ゆっくりと上下左右に動かすとにもぎとることができます。意外と簡単のようで、意外と力を入れないともぎとれません。

035_2015041221032172a.jpg

もぎとりした原木椎茸・・・素材の美味しさを楽しみたいのなら、やっぱり、シンプルに味わってみたいものです。と言うことで事前に予約をしておいた七輪での炭火焼きを楽しむことにしました。

034_20150412210112faf.jpg

完熟した椎茸の美味しい焼き方は、まず石づきをとって、カサの部分と軸の部分を切り分けます。カサの外側に×の切り込みを入れ、ひだの面から焼いていきます。黄色く焼き色が付いたらひっくり返します。ひだに水が出始めたら食べごろです。さらに、椎茸は、軸の部分に旨味がたっぷりと入っているので、捨てずに縦に2等分してから焼いて楽しみます(詳しい焼き方などは各テーブルに説明された紙が置かれていますので、ゆっくりと椎茸の炭火焼きを堪能することができるようになっています)

037_20150412210934225.jpg

すぐに焼いて楽しめるように準備をしてくれているので、手ぶらで・・・気軽に楽しめるようになっている『内沼きのこ園』、十分炭に火が回ったら,網を置いてカサ部分を下にして焼いていくと、椎茸の内側からジュワ~っと透明な汁が出てきます。旨味成分が染み出ている、このつゆこそが美味しさの秘密です。

カサの内側に汁がたまってきたら食べ頃のサイン・・・あとは熱いところを何もつけずに、はふはふしながら食べるだけです。プリプリの身にうっとりすること間違いなしですし、よく『森のアワビ』などと言われていますが、その意味が初めて分かったような気がします。秋とは違った春の原木椎茸、今だけの旬の味をお腹一杯堪能できるのも、ここ『内沼きのこ園』の魅力なのではないでしょうか。

039_20150412211401b36.jpg

まずは、何も付けずに、そのまま味わってみると、椎茸の中から溢れだしてくる水分が口いっぱいに広がってきます。椎茸の旨味成分ともでも言うべきなのでしょうか。ほんのりと甘みも感じてきます。今まで味わったことのない濃厚な風味、普段食べている椎茸とは比べることができないぐらいの香りや厚みのある食べ応え感はたまりません。醤油、塩とシンプルに楽しむのが1番の『内沼きのこ園』の原木椎茸、1度味わうとまた食べたくなる、そんな椎茸を満喫することができます。

そして、せっかくなので、『内沼きのこ園』のカフェメニューで人気の『きのこピザ(1100円)』も一緒に楽しむことにしました。

040_2015041221295787a.jpg

上記でも説明しましたが『内沼きのこ園』では、きのこを使った料理を楽しめるカフェが併設されています。その中でも1番人気なのが、この『きのこピザ』です。手作りの石窯で焼かれた『きのこピザ』は、きのこを納品しているフランス料理店のシェフからレシピを考案、指導をされたそうで・・・薄く焼かれたピザ生地は外側がカリカリ、そして中央部分は生地のモチッと感も楽しめるようになっています。その生地の上にはスライスカットされた、たっぷりの椎茸、ベーコン、ネギがのせられ・・・そして、たっぷりのチーズが何とも言えない美味しさがマッチし、本格派のピザを満喫することができます。

自宅用にもぎとってきた原木椎茸です・・・

086_20150412214330ad0.jpg

上記が外でもぎとったもので・・・下記がハウスでもぎとったものです・・・

087_20150412214508c9c.jpg

それぞれ・・・そのまま焼いて醤油で味わったり、バターで焼いてみたり、ホイル焼きで楽しんでみたり、炊き込みごはん、はたまたアヒージョで堪能することができました。フリージングバックで3ヶ月以上、保存もできるので・・・長く楽しむこおtができるので、次回、訪れた際は、もう少し多めにもぎとってこようと思っています。

030_20150412214930e3d.jpg

今までにも原木椎茸を味わったことがありますが、実際に自分の手でもぎとり、すぐに味わう機会はなかったので、とっても貴重な体験をすることができましたし、ご主人からいろんな原木栽培された椎茸についての話を聞くことができたので、今回、『内沼きのこ園』に足を運んで良かったなぁ~っと実感することができました。なかなか、流通にでることがない完熟された椎茸など・・・この場所にくれば、きのこが持つ本当の美味しさを楽しむことができるのではないでしょうか。きのこに限らず他の食材でも当てはまることですが・・・自然の中で育てるには手間暇がかかり、収穫時期は極端に短いですが、だからこそ、食材本来の旬や本当の味を知ることができると思います。気候もよくなって、外に出掛けたくなる季節がやってきます。是非、この季節にしか味わえない味覚狩りに足を運んでみては如何でしょうか。


内沼きのこ園(HP)
住所:東京都青梅市成木1-90
電話番号 0428-74-4528
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜日
駐車場 あり
詳しいアクセスなどはお店のHPに掲載されていますので、確認をしてみて下さい






テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2015/04/12(日) 22:34:06|
  2. 味覚狩り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<釜めし なかい | ホーム | 茶屋 草木万里野 熊谷店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/1352-ac8e9564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。