たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洋食 おがわ

個人で経営する洋食屋さんや定食屋さんなどのお店に入るとよく耳にする言葉があります。『いらっしゃい、今日は何にしますか』、『いつもありがとう』、『お待たせしました~』などなど・・・普段、気にかけることのない何気ない言葉ですが・・・どうしても次へ次へと、機械的な対応になりがちなファーストフードなどでは中々は感じることができない温かさや人間味があり、なぜか落ち着き、また行きたいなあ~と思えるのが町中にある洋食&定食屋さんだったりします。

料理を提供する飲食店にとって1番重要なのは料理の味ですが、また足を運びたい、食べに来たいかどうかと思えるのは味だけでなく、そのお店の雰囲気や居心地の良さも大切なのではないでしょうか。家庭の延長線上にありながらも、しみじみと実感できるお店が身近にあると嬉しくなるものです。どの町にも必ずある、こういった町の洋食屋や定食屋さん、いつまでも長く残っていてほしいなあ~と思うお店ですが、そんなお店が八王子市内にもいくつか存在します。今回はその中でも、長きに渡って八王子市民に愛され続けている1軒の洋食屋さんをご紹介したいと思います。

北野や八王子などで長く親しまれ続けていた『洋食 おがわ(当ブログ紹介記事・八王子市三崎町で営業されていた時の紹介記事です)』、八王子市民にとって欠かすことができない洋食屋さんですが、その『洋食 おがわ』が西八王子駅から程近い八王子市台町に移転オープンされたので、さっそく足を運んでみることにしました。


001_20150419225317a36.jpg

JR中央線、西八王子駅南口から歩いて3、4分程でしょうか。雑居ビルが建ち並ぶ一角に新たにお店を構えられた『洋食 おがわ』、カウンター席が4席、6・7人掛けテーブルが2卓、2・3人掛けテーブルが2卓と以前の八王子市三崎町にあった店舗よりもコンパクトになった感じでしょうか。しかし、お店がオープンする時間ともなると、『洋食 おがわ』の味を求めて次から次へと人が絶えないお店となっています。

お店を構えて40年という長い年月を経ても、今もなお多くの人の心と胃袋をつかんで離さない洋食店『おがわ』、親子2代はもちろんのこと、3世代で足を運んでいる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな、八王子では欠かすことができない洋食の名店ですが、家族はもちろんのこと、友人、1人でも気軽に立ち寄れるアットホームな雰囲気も魅力となっています。味を伝承しながら、時代に合った味への変革を守り続けている『洋食 おがわ』、大切にされていることは丁寧に調理すること、どんな料理でも作り置きしないことがポリシーだそうです。これを聞くだけでも、料理の味が想像できると思います。

厨房を切り盛りするのはシェフの店主さんと奥様、客席から厨房が見える作りになっているのですが、息の合った夫婦の連携プレーは見ていて気持ちいいほどです。常に客席にも目配りしながら、テキパキ動く様子は、さすが長年連れあった夫婦だなあ~と感心してしまいます。そんな『洋食 おがわ』ですが、子供から大人まで大好きな洋食、ハンバーグやナポリタンと言った定番の洋食から、手の込んだ海老フライやビーフシチューまでと、幅広いメニューを楽しむことができるのが魅力となっています。


洋食 おがわのメニュー・・・
ハンバーグ(ライス付・800円)、ポークカツレツ(ライス付・850円)、ポークソテー(ライス付・950円)、豚ロース生姜焼(ライス付・900円)、海老フライ(ライス付・1150円)、鳥のから揚げ(ライス付・850円)、チキンソテー(ライス付・900円)、鳥の味噌だれ焼(ライス付・900円)、チキンカツレツ(ライス付・850円)、やきにく(ライス付・850円)、ビーフシチュー(ライス&小サラダ付・1250円)、かきフライ(10月~3月・900円)、スタミナライス(小サラダ付・950円)、チキンライス(600円)、オムライス(700円)、ドライカレー(600円)、海老ピラフ(650円)、ナポリタン(550円)、カレーライス(600円)、カツカレー(800円)、ハヤシライス(750円)、ハムエッグ(500円)、オムレツ(550円)、ポタージュスープ(350円)、コンソメスープ(300円)、野菜サラダ(500円)、ツナサラダ(650円)、カツサンド(700円)、パンまたはライス(200円)となっています。

ドリンク、デザートメニュー・・・
アイスクリーム(300円)、コーヒー(250円)、紅茶(250円)、ミルク(250円)、コーラ(250円)、ソーダ水(250円)、コーラフロート(350円)、クリームソーダ(350円)、オレンジジュース(250円)、トマトジュース(350円)、ビール(500円)、日本酒(350円)、ウィスキー(350円)となっています。



ポークソテー(ライス付・950円)

005_20150419225351a3d.jpg

ハンバーグ、スタミナライス、ポークカツレツ、海老フライ、鳥のから揚げなどなど、オススメをあげたら全部がオススメになってしまうほど魅力溢れるメニューが揃えられている『洋食 おがわ』、思わず、どれにしようか迷ってしまうほど、ボリューム満点の1品を楽しめるのですが、その中でも自分がよく注文するのが、このポークソテーなる逸品です。

006_20150419225416954.jpg

画像を見て頂くと分かると思いますが、大きめのお皿の上にたっぷりと盛られているポークソテー、肉厚のポークの食べ応え感はたまりません。柔らかい肉質ですが、しっかりと肉々しい味わいが楽しめると言った感じでしょうか。食欲をそそる香りとともに肉厚なポークソテー、しかも色合いも美しく、量もたっぷり・・・誰が味わっても満足感でいっぱいになれるポークソテーとなっています。

一口頬張ると 柔らかな食感が口の中に広がってきます。この柔らかさは焼くだけでは出せない食感でしょうか(厚めの豚肉の表面をまず強火で焼いてから蒸し焼きにされている感じでしょうか)、そして、まだ完全に中まで火が通らないうちに、味付けをほどこすことで、風味をより味わい深いものへと作りあげられているポークソテーとなっています。ポークソテーを味わっては、ライスを口にする、そんな作業を交互におこなうことで、豚肉って美味しいと思わずつぶやいてしまう、そんな1品がこの『洋食 おがわ』のポークソテーではないでしょうか。



豚ロース生姜焼(ライス付・900円)

002_201504192254342fa.jpg

豚ロースの生姜焼が見えなくなるほどモヤシがたっぷりと盛られている『洋食 おがわ』の豚ロース生姜焼、通常、豚肉の生姜焼と言うと豚肉を大きめにスライスカットされた状態で焼かれたものを想像してしまいますが、『洋食 おがわ』の豚ロース生姜焼は上記でご紹介したポークソテーと同様に豚肉を厚めにカットされたものが使われています。なので、食べ応えはもちろんですが、1度味わうと、また食べたくなってしまう味付けに・・・はまってしまう、そんな豚ロース生姜焼となっています。

表面が適度にカリッと焼かれていますし、濃いめのタレが生姜焼の下にあるので、そのタレを絡ませながら味わっていくのがオススメです(好みですが、各テーブルの上に醤油が置かれているので、醤油を少しかけて味わうのもオススメの食べ方となっているので、是非、試してみて下さい)、モヤシのシャキシャキとした食感と豚肉のジューシーな旨味が楽しめる『洋食 おがわ』の豚ロース生姜焼、ライスをガッツリと味わいたい方には是非とも味わって欲しい1品です。


004_201504192254562b9.jpg

メインの料理はもちろん美味しいですが、その脇役を支えているサラダもオススメなのが『洋食 おがわ』です。ボリューム満点にお肉をたっぷりと満喫できる『洋食 おがわ』ですが、食のバランスを考えて、たっぷりと盛られているキャベツの千切り、トマトなども楽しめるようになっています。そして、メインとともにライスが進む、カレー&マヨネーズで味を整えられたサラダスパの存在も忘れてはいけません(このサラダスパは何ともいい味つけ具合で楽しめるようになっています)

003_201504192255214dd.jpg

男性の方は是非、ライス大盛りでガッツリと楽しんで欲しい『洋食 おがわ』(上記のライスは普通盛りとなっています)・・・どのメニューを味わっても、ライスが進んでしまうメニューが揃えられていますし、そのライス自体が美味しいと思えるのは洋食屋さんならではの醍醐味を楽しむことができるようになっています。いつも、お気にいりの同じメニューも味わうのもいいですが、この『洋食 おがわ』に足を運んだ際は、是非とも、いろんなメニューを味わって欲しいのが正直なところです。なので1度とは言わず、何度も足を運んで欲しい洋食屋さんです。時代、そして世代を越え、人の心をつかんでしまうお店というのはなかなかないのが現状ですが、この『洋食 おがわ』には味もさることながらアットホーム的な雰囲気が心の中に残るような気がします。八王子の洋食文化を支えてきた『洋食 おがわ』、これからも末長く、多くの人のお腹と心を満たしていってくれるのではないでしょうか。


洋食 おがわ
住所:東京都八王子市台町4-45-3
電話番号 042-625-1516
営業時間
11:30~14:15
17:00~21:15(LO21:00)
定休日 水曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR中央線、西八王子駅から徒歩3、4分程です






テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

  1. 2015/04/21(火) 22:50:12|
  2. 洋食・定食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カフェ チョコッティー(Cafe ChocoTea) | ホーム | うかい鳥山>>

コメント

お久しぶりです!!

まちこさん>こんにちは!!
元気にされていますか!!
自分はブログの更新が滞ってしまっておりますが(^^;)
適度に更新を続けていこうと思っておりますので、今後共々、宜しくお願い致します(^^)

『おがわ』さんの2階は娘さんご夫婦の居酒屋だったんですね。
なるほど、なので日中は娘さんが手伝っていたんですね。
ちょっと遠くなってしまいましたが、八王子の老舗の洋食屋さんとして親しまれ続けているお店ですので、是非、機会がありましたら足を運んでみて下さいね♪
  1. URL |
  2. 2015/05/10(日) 12:02:16 |
  3. スパ #-
  4. [ 編集 ]

2階では娘さんご夫婦が居酒屋やられているようですね。
八王子駅の方が便利でしたがこちらにも行ってみたいな♪
  1. URL |
  2. 2015/04/26(日) 14:19:40 |
  3. まちこ #96GZBLBo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/1355-7b3b36c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。