たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寿庵忠左衛門

四季折々の自然と・・・美味しい空気・・・そして緑の山々に囲まれた場所”あきる野市”・・・その場所にいるだけで心身共に癒され、健康になれそうな雰囲気があります。空気の良い場所に小鳥の声が聞こえ、美味しい水と綺麗な空気がある静かな山の中の街”武蔵五日市”で、ゆったりとした気分でお食事を楽しめるお蕎麦屋さんがあります。

JR武蔵五日市駅から檜原街道沿いを歩いてくると、一際、風情がある建物が見えてきます。見るからに歴史を感じさせる外観・・・その佇まいに思わず、足を止めてしまうほどです。名店が多いことでも知られている武蔵五日市周辺・・・その中でも、いつ、訪れても人が絶えないほど、人気がある蕎麦屋さんとして知られている『寿庵忠左衛門』・・・江戸時代から炭問屋兼製麺業を営んでいた『寿美屋』が開業した手打ち蕎麦と日本料理のお店です。


091_20120613211429.jpg

下記の画像は本店入口から入った場所のすぐ右側にあるお座敷部屋です。どの部屋も『和』を感じさせる大人の雰囲気が漂っているので、落ち着きながら、ゆっくりと食事が楽しめるようになっています。また、大正時代の昔ながらの商家の雰囲気をそのままに残された母屋には、大人数に対応できる広間や茶室が設けられている和室、約200年前の農家の古材を梁として使われている掘り炬燵席などがあります。

097_20120613211716.jpg

伝統が息づく拡張高い玄関が出迎えてくれます。訪れる人が何度でも訪れたい・・・懐かしく優しい気持ちにさせてくれる・・・まるで・・・昔の時代にタイムスリップしたかのような趣のある空間・・・様々な趣向を凝らしたおもてなしに、心も体もたっぷりと癒されます。風情ある間も特徴的で、訪れる全ての人の心をとらえて離さない魅力がたくさん詰まった蕎麦屋さんに感じます。誰でもすんなりと受け入れてくれるような懐かしい和の佇まいに、日常生活で感じることのないゆったりとした時の流れが心地よく感じてきます。

ゆったりとした『和』の空間を楽しめる『寿庵忠左衛門』のおしながきは・・・
冷たい麺のおしながきは・・・
おせいろ(850円、大・1250円)、田舎そば(950円、大・1400円)、しらゆき(1200円、大・1800円)、三色そば(1400円、大・2100円)、天せいろそば・うどん(2000円、大・2500円)、つけ鴨そば・うどん(1900円、大・2400円)、つけとろそば・うどん(1700円、大・2200円)、つけうどん(850円、大・1250円)、梅卸しそば・うどん(1300円)、胡麻汁うどん(1200円)となっています。

温かい麺のおしながきは・・・
天婦羅そば・うどん(2100円、大・2600円)、山かけそば・うどん(1800円、大・2300円)、かけそば・うどん(1000円、大・1500円)、釜上げうどん(850円、大・1250円)、鴨南蛮そば・うどん(2000円)となっています。また、お昼のコース料理(3800円~)や懐石料理(要予約・5500円~)なども用意されています。

1品料理のおしながきは・・・
そば焼味噌(350円)、ふきのとう味噌(500円)、独活キンピラ(500円)、山独活酢みそ(600円)、青森県産新じゅん菜三杯酢(1000円)、生ゆばお造り(900円)、水茄子と茗荷レモン漬(700円)、真鯛の有馬煮(900円)、そば寿司(600円)、磯つぶ貝田舎煮(1100円)、サラダカボチャと壬生菜柴漬(700円)、甘酢大根とのらぼう昆布〆(800円)、小蛤の酒蒸し(1300円)、かつをのお造り(2000円)、鯛のお造り又は薄造り(2300円)、生バチ鮪お造り(3000円)、出汁巻玉子(1000円)、そばがき(1200円)、庵のどら焼き(うす茶付・600円)、桜のようかん(うす茶付・500円)、麦こがしのアイスクリーム(800円)などとなっていて、また、上記以外にも旬の食材を使った月替わりメニューも用意されています。(月替わりの逸品が楽しめるので、お店で直接、確認してみて下さい。)

飲み物のおしながきは・・・
大吟醸(1合・1200円)、しろやま桜(吟醸・700円)、純米旨辛口(680円)、生酒(600円)、燗酒(650円)、アサヒビール(600円)、キリンビール(600円)、エビスビール(650円)、ノンアルコールビール(キリン・サントリー・各500円)、麦焼酎いいちこ(ボトル・3000円)、そば焼酎黒麹(ボトル・3000円)、そば焼酎そば玉(ボトル・2500円)、焼酎グラス(650円)、オレンジジュース(300円)、コーラ(300円)、そば茶(300円)、ウーロン茶(300円)となっています。また季節限定で楽しめる日本酒も置かれています。



天せいろそば(2000円)

104_20120613211503.jpg

見た目が綺麗で艶がある・・・やや太めのお蕎麦は、コシがしっかりとあり、やや固めの歯応えのある食感です。噛みしめて味わうタイプの蕎麦ですが、繊細な部分もほのかなに感じ、味わっていると蕎麦の風味がフワッとした香りが豊かに楽しめる蕎麦となっています。また、しっかりとした歯応えのある蕎麦は噛みしめた時の味わいが良く、出汁の香りが高いつゆとの相性がとっても良く感じてきます。

101_20120613211525.jpg

天婦羅は、海老、茄子、かぼちゃ2切れ、シシトウ、キス、きのこ、エリンギとボリューム満点・・・季節の旬のものがカラッと揚げれています。海老のプリッとした歯応え、そしてカリッ、サクッとした衣、茄子のジューシーさ、かぼちゃのホクッとした優しい甘み、キスの柔らかい食感、きのこ、エリンギの風味・・・それぞれに持つ風味と旨味を活かされた天婦羅を味わい深く楽しむことができます。

薬味は・・・大根おろし、ワサビ、ネギとなっています。

095_20120613211554.jpg

露払いとして、口の中をさっぱり、そして蕎麦を美味しく感じさせてくれる薬味・・・口直しとして、口の中に残る蕎麦と汁の味をいったん消し、最後まで飽きずに蕎麦を楽しませる、といった役割を担ってくれています。

蕎麦そのものの味をよくする味の引き立て役でもある薬味・・・ネギは、香りと辛味が、ほどよくあって、口の中を快く刺激して食欲をうながしてくれます。大根は糖類にまで分解する酵素が入っているので、胃壁からすぐに吸収できる状態にしてくれています。そして定番とも言える『ワサビ』・・・殺菌効果もあるワサビですが、口の中や舌の上に残る汁や蕎麦の味を、ワサビの香りでいったん消して、それからまた新たに蕎麦を味わう・・・こうして合間、合間にワサビを使い分けることによって、口直しをした状態で蕎麦を食べれば、最後まで飽きずに蕎麦を楽しむことができます。



つけうどん(850円)

100_20120613211628.jpg

風味が香る蕎麦だけでなく、うどんも味わい深く楽しめる『寿庵忠左衛門』・・・麺類の製造元でもあるので、打ち立てのうどんを楽しめるのも魅力のひとつではないでしょうか。程よいコシと弾力感が楽しめる”うどん”・・・ツルツルとした喉ごしも良く1本、1本、噛みしめながらモチモチと味わえる、うどんです。こちらも蕎麦に負けず劣らず、オススメの逸品です!!

喉ごしの良い、うどんとともに味わう薬味も魅力のラインナップが揃っています。

094_20120613211652.jpg

刻み海苔、ネギ、生姜、鰹節、大根おろし・・・この薬味をたっぷりとつけ汁の中に入れて味わう・・・これ以上のない幸せを感じると思います。


蕎麦湯

103_20120613211739.jpg

蕎麦屋さんの楽しみの1つでもある蕎麦湯・・・蕎麦を茹でる釜の湯が新しいうちは、蕎麦切りの風味が溶け出しやすく、茹であがった蕎麦の香りが薄くなる傾向があるのですが『寿庵忠左衛門』ではそんなこともなく、とっぷりと白濁した濃厚な蕎麦湯を楽しむことができました。蕎麦の実、または産地によって風味も違ってくる蕎麦の香り・・・その蕎麦の豊かな風味を蕎麦湯で楽しむ贅沢さ・・・最後の最後まで楽しめるのが蕎麦の魅力なのかも知れません。


お店の入口の横にはお土産を売られている販売所もあるので、自宅用に買って帰るのもオススメです。

111_20120613211808.jpg

販売所は蕎麦屋さんよりも早くに営業されているので、うどんやラーメンの麺などを買いに来る人が次から次へと訪れるほどです。価格もリーズナブルで、上記のゆでうどんは108円、下記の柚子うどんは250円という安さで購入することができます。

122_20120613211835.jpg

定番のうどん・・・旬の恵みを練り込んだうどんなど、種類豊富に置かれているので、是非、『寿庵忠左衛門』を訪れた際は購入して帰るのをオススメします。どれも風味良く楽しめますので!!

まさに緑の宝庫の中にいるように感じるほど、町全体が緑に囲まれている”武蔵五日市”・・・豊かな自然に囲まれたのどかな場所にいると心も落ち着き安らぐことができます。その美味しい空気の中で美味しい蕎麦を味わうことのできる幸福感・・・時の流れを感じられる静かな空間で楽しむ蕎麦は、より美味しさを増すように感じます。ゆっくりと語り合いながら、蕎麦の風味を味わいたくなったら、何度も足を運びたくなる・・・そんな蕎麦屋さんです。


寿庵忠左衛門(HP)
住所:東京都あきる野市五日市64
電話番号 042-595-2438
営業時間
平日
11:00~15:00
16:30~20:00(LO)
土曜日・日曜日・祝日
11:00~20:00(LO)
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日が定休となります)
駐車場 あり







テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/06/14(木) 23:29:47|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富士見茶屋 | ホーム | 四十九日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/735-81508730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。