たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

根岸屋

JR青梅駅を中心に長く広がるレトロな商店街・・・昭和の風情を心地よく感じさせてくれる場所でもありますが、その青梅駅から東青梅駅方面へと向かっていくと蔵造りの建物が見えてきます。製麺所として開業されてから50年以上、暖簾を守り続けている『根岸屋』・・・深みのある”カレー”とモチモチとしたコシの強さを楽しめる”うどん”のコラボを味わえるお店として、遠方から食べに訪れる人が絶えないほど、人気のうどん屋さんとして多くの人を楽しませてくれているお店です。

045_20121003191832.jpg

古き良き個性ある蔵造りの商家のような建物のような感じでしょうか。蔵造りは「倉」に用いるのが普通ですが、青梅の街並みでは一般の町家で家全体を土蔵造りにしている佇まいを垣間見ることができます。特に厚い壁、大きな鬼瓦と高い棟、どっしりとした風格のある蔵造りを見ていると、まるで建物そのものが博物館のように感じてきます。

だからでしょうか、外観を見ていると、ホレボレするような造りをしています。毎年(まだ2年間だけですが・・・)、出場させて頂いている青梅マラソン・・・その青梅マラソンの最終コーナーを曲がってくると右手に見えてくる『根岸屋』の外観・・・最後の1番、苦しい場所でもあるのですが、この『根岸屋』の外観が見えるとホッとすると同時に最後の力を振り絞れる活力の源?となっている目印的な?お店でもあります。


そんな中で楽しめる・・・味わい深いカレーうどん・・・暖簾をくぐると、これまた外観同様に昭和の風情を感じさせてくれる古民家風の『和』の空間が広がっています。そして、女将さんが温かく出迎えてくれるので、まるで家に帰ってきたかのようなアットホームの雰囲気が過ごせる店内となっています。その心地よい和の空間の中で味わえる『根岸屋』のメニューをご紹介したいと思います。

名物カレーうどんメニュー・・・
カレーうどん(並・680円、大・750円、特々・940円)
もりカレーうどん(並・680円、大・750円、特々・890円)
きのこカレーうどん(並・780円、大・850円、特々・1050円)
山菜カレーうどん(並・780円、大・850円、特々・1050円)
月見カレーうどん(並・780円、大・850円、特々・1050円)
カレー丼うどん(並・780円、大・850円、特々・1050円)となっています。
*また、お持ち帰り用カップ入りカレーうどん(700円)もあります。

たぬきうどん(並・500円、大・550円)、きつねうどん(並・500円、大・550円)、わかめうどん(並・630円、大・700円)、玉子とじうどん(並・630円、大・700円)、肉南ばんうどん
(並・680円、大・780円)、ちからうどん(並・680円、大・780円)、けんちんうどん(並・730円、大・800円)、きのこうどん(並・730円、大・800円)、山菜うどん(並・730円、大・800円)、山かけうどん(並・730円、大・800円)、鴨南ばん(並・780円、大・890円)、十味うどん(並・890円、大・990円)となっています。
*また、お持ち帰り用カップ入りうどん(500円)もあります。

鍋物メニュー・・・
鍋焼うどん(並・890円、大・990円)、すき焼きうどん(並・940円、大・1050円)、みそ煮込みうどん(並・940円、大・1050円)、もつ煮込みうどん(並・940円、大・1050円)、おじやうどん(並・940円、大・1050円)、きのこ雑炊うどん(並・960円、大・1300円)となっています。
*また、各うどんプラスしたセットメニューもあります。各うどんの300円プラスすると炊き込みご飯が付き、プラス400円で炊き込みご飯(味噌田楽2本付き)が楽しめるようになっています。

御膳メニュー・・・
三色御膳(1200円)、根岸屋御膳(せいろ、もり汁、カレー汁、炊き込みご飯、小鉢、味噌田楽、おしんこが付いて1200円・せいろが2枚になると1400円)となっています。

季節ものメニュー・・・
冷たぬきうどん(並・630円、大・730円)、冷きつねうどん(並・630円、大・730円)、冷わかめうどん(並・780円、大・890円)、冷納豆うどん(並・780円、大・890円)、冷きのこうどん(並・830円、大・940円)、冷山菜うどん(並・830円、大・940円)、冷山かけうどん(並・830円、大・940円)、冷十味うどん(並・990円、大・1100円)となっています。

とっぴんぐメニュー・・・
玉子(50円)、あげ玉(50円)、おもち(100円)、わかめ(100円)、玉子とじ(100円)、きのこ(200円)、山菜(200円)、山かけ(200円)となっています。

1品料理メニュー・・・
板わさ(250円)、味噌田楽(3本・250円)、さつまあげ(350円)、さばの味噌煮(500円)、沖めだいの照焼(500円)、もつ煮込み(550円)、豚の角煮(600円)、おでん(600円)、小鉢三品盛り(350円)、小鉢六品盛り(650円)となっています。

ドリンクメニュー・・・
澤乃井(冷・燗、辛口・450円)、澤乃井本醸生(800円)、澤乃井純米冷醸生(1000円)、金兵衛 芋焼酎(450円)、天盛 麦焼酎(450円)、雲海 蕎麦焼酎(450円、瓶・800円)、澤乃井梅酒ぶらり(800円)、キリンラガービール(中瓶・650円)、エビスビール(中瓶・700円)となっています。


それぞれに風味豊かなメニューが取り揃えられている根岸屋ですが、看板商品でもあるカレーうどんは大きく分けて3種類のベースとなっているものを味わえるようになっています。まずは定番メニューでもあり、1番人気が高い『カレーうどん』、つけ麺のように”つけ汁”と”麺”が別々に楽しめる『もりカレーうどん』、麺とご飯が同じ器に入っている『カレー丼うどん』と好みに合わせてカレーうどんを楽しめるようになっています。今回は、その中から『カレーうどん』と『もりカレーうどん』を味わってきたので、ご紹介したいと思います。


カレーうどん(並・680円)

050_20121003191853.jpg

たっぷりとカレーのルーが盛られて出てくる『カレーうどん』・・・かつお出汁とカレーのルーが混ぜり合う、いい香りが漂ってきます。熱々はもちろんのこと、片栗粉を使っていにせいか、滑らかな味わいを楽しめる至福のカレーうどんを楽しむことができます。

051_20121003191912.jpg

見て下さい、この表面張力のなせる技というべきなのか、ある意味、芸術なる盛り方なのか・・・器からこぼれんばかりに盛られているカレーうどん・・・麺は太く、モチモチとしていながらも、やや硬めの仕上がりですが、歯応えのある弾力感、強めのコシを存分に楽しめる麺となっています。また、麺には程良くねじれも入っているので、カレールーとよく馴染み、滑らかな喉ごしの良さが口から喉へと心地よく伝わっていきます。何でも、この手打ちの麺は、モチモチとした食感とコシを出すために2段階で寝かせて作られているそうなので、1日に打てる量も限られているんだそうです。

具材は、玉葱、豚肉、ネギ、海苔と至ってシンプルですが、このカレーのルーと麺の存在感からすれば、他の余計なものはいらないのではと思うほどですが、しっかりとカレーのルーに具材が染み込み、それぞれにカレーうどんの美味しさを引き立てる脇役として担っている旨さを楽しむことができます。



もりカレーうどん(大・750円)

055_20121003191937.jpg

大きなトレイにのせられて出てくる『もりカレーうどん』・・・ツルツルと喉ごしが楽しめる”うどん”と・・・スープの味は、よくある”うど屋さん”のカレーうどんのように出汁が勝るものではなく、あくまで「カレー粉」と「かつお出汁」がマッチし、それぞれの旨味が凝縮されたような風味が特長のカレーうどんを楽しめようになっています。

054_20121003192000.jpg

ガッチリと歯応えのあるうどんと下記のつけ汁がベストマッチ・・・そして、具材は上記のカレーうどんと同じく玉葱、豚肉、ネギ、そして紅生姜がちょこんとのせられています。

つけ汁でもあるカレーはいかにも濃厚そうな綺麗な色合いをしています。その黄色いカレーは、ひとことで言えばクリーミーな口当たりで、どろっとした粘度の高いカレースープです。このドロンとした中にも旨味がしっかりと感じられるのは、カレー粉の渇いた粉とかつお出汁から作られているからこそ味わえる奥深い美味しさなのではないでしょうか。


053_20121003192024.jpg

食べ進めるうちに厚みのある味を感じてきます。色は黄色く、クリーミーで脂っぽさを感じない口当たりのいいカレー味ですが、奥の方にしっかりと辛さが根を張っており、工夫と手間をかけていることをうかがわせる”つけ汁”となっています。

手打ちのうどん屋さんだからこそ楽しめる極太でコシが強いうどん・・・インパクトを感じる”うどん”はその存在感を思いっきり主張していますが、つけ汁も”うどん”に負けず劣らず、うどんの引き立て役として・・・または、カレーそのものが強く前面に押し出してくるところも・・・それぞれに個性感を貫きながらもお互いを尊重して、味わい深さを楽しめるのが”もりカレーうどん”です。

カレーうどんにもいろいろなタイプがありますが、インパクト、旨味という点から考えれば、かなり個性感を楽しめるカレーうどんなのではないでしょうか。うどん・・・カレー・・・じっくりと、ゆっくりと味わうほどに、その奥深さを楽しませてくれる『根岸屋』のカレーうどん・・・カレーとモチモチのうどんが織り成すコラボレーションを味わいに訪れてみては如何でしょうか。カレーうどんの美味しさの幅がきっと広がると思います。


根岸屋
住所:東京都青梅市勝沼1-40-4
電話番号 0428-22-3083
営業時間
11:00~15:00
17:30~20:00
定休日 水曜日
駐車場 あり(店舗横と斜め向かいにあります)
最寄り駅 JR青梅線・東青梅駅から青梅駅方面へ徒歩3、4分ほど






テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

  1. 2012/10/09(火) 22:00:27|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ローズタウンティーガーデン(Rose Town Tea Garden) | ホーム | 鮨処 海えん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/810-4499b454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。