たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕎麦座 高尾山 高橋家

高尾山を登り、降りてくると午前10時・・・まだ、昼ご飯には早いかなと思ったのですが、ケーブルカー清滝駅前は大混雑・・・そして、その影響もあり、もみじ広場は年末のアメ横状態・・・あまりにも凄いので、近辺のお店をゆっくりと見ることも出来ないので、高尾駅か八王子駅方面へと向かおうかなと思ったところ、丁度、もみじ広場前にお店を構えている『高橋家』が暖簾を出したところだったので、久しぶりに立ち寄ってみることにしました。

047_20121119213100.jpg

高尾山の名物といったらやっぱり『とろろそば蕎麦』ということもあり、高尾山口の参道にはたくさんのお蕎麦屋さんが軒を連ねています。しかし、実際に目の前にすると、どこの店に入ろうかと迷ってしまうものです。しかし、高尾山口で一際、風情ある雰囲気を醸し出している蕎麦屋さんと言えば・・・やっぱり、『高橋家』ではないでしょうか。

049_20121119213125.jpg

天保年間(1830~1839)からお店を構えている老舗のお蕎麦屋さん『高橋家』・・・長い歴史を物語っているような由緒ある外観もそうですが、高尾山の麓で1番良い立地にお店を構えていることもあり、いつ訪れても、たくさんの人で賑わいを見せているお店でもあります。

風情を感じさせる暖簾をくぐってお店の中に入ると、大きな大きな柿の木(樹齢150年以上)が出迎えてくれます。外観の画像(中央に見えるのが柿の木です)も見て頂くと分かると思いますが、お店の屋根を貫いて上にそびえているほどです。その存在感を醸し出している姿に思わず、言葉を失ってしまうほど・・・また店内は広く、テーブル席、右奥には座敷、左奥にも団体や予約などに対応できる膳座(座敷)が設けられています。杉や竹などをたくさん使われた店内は『和』の心地よい空間を楽しめるようになっています。


『高橋家』のメニューの中には、定番の冷たい蕎麦や温かい蕎麦はもちろんのこと、ご飯物や摘物、甘味など魅力のあるお品書きが揃えられています。また、お店のシンボル的な存在でもある樹齢150年以上の柿の木にちなんで柿を使用されたものも見受けることができます。

高橋家のメニューは・・・
冷たい蕎麦メニュー・・・
せいろ(650円)、冷しとろろそば(900円)、冷し山菜そば(800円)、鴨ねぎせいろ(1150円)、天婦羅せいろ(1250円)、小盛り冷しとろろそば(他の献立との組み合わせもできます・500円)、つけとろろ(せいろ(650円)+月見芋(400円)計1050円)となっていて、お蕎麦の大盛りはプラス150円増しとなっています。

温かい蕎麦メニュー・・・
かけそば(650円)、山菜そば(800円)、とろろそば(900円)、鴨ねぎそば(1150円)、天婦羅そば(1250円)、小盛りとろろそば(他の献立との組み合わせもできます・500円)となっていて、お蕎麦の大盛りはプラス150円増しとなっています。

ご飯物メニュー・・・
麦とろめし(1150円)、鴨ねぎ丼(1350円)、天婦羅丼(1450円)、麦めし(300円)、そば湯汁(300円)、小盛り麦とろめし(500円)、小盛り鴨ねぎ丼(600円)、小盛り天婦羅丼(600円)、麦めしの大盛りはプラス150円増しとなっていて、小盛単品は他の献立との組み合わせができるようになっています。

摘物メニュー・・・
月見芋(400円)、そば団子(450円)、焼き味噌(400円)、湯葉こんにゃくの釜揚げ(450円)、みそ漬けのこんにゃくの刺身(450円)、山菜盛り合わせ(500円)、香物(500円)、板わさ(650円)、厚焼き玉子(650円)、天婦羅盛り合わせ(1250円)となっています。

甘味メニュー・・・
くるみそば(300円)、柿日和(300円)、柿珠玉(400円)、白玉ぜんざい(夏季限定・500円)、そばしるこ(冬季限定・500円)、たかおやき(かぼちゃ、切干大根、漬物の3種類、各1個・250円)、ソフトアイス(黒胡麻、バニラ、抹茶の3種類、各1個・350円)となっています。

ドリンクメニュー・・・
オレンジジュース(300円)、アップルジュース(300円)、ノンアルコールビール(450円)、エビスビール(中瓶・650円)、アサヒ熟撰(中瓶・650円)、生ビールエビス(小・450円、中・650円)、生ビールアサヒ熟撰(小・450円、中・650円)、生ビールピッチャー(各銘柄1800ml・2350円)、モルテージ(ウイスキー・550円)、地酒高尾山(常温、お燗200ml・各650円)、田苑(麦焼酎・お湯割り(梅干し入り)、水割り・各450円)、そば湯割り(温・450円)、そば茶割り(温・冷・各450円)、桑の都(グラス一合・650円、ボトル四合・2350円)、月丸(グラス一合・850円、ボトル四合・3150円)、そばビール(355ml・650円)、そばの酒(300ml・850円)、柿の酒(グラス一合・650円、ボトル四合・2350円)となっています。

膳座メニュー(要予約(奉仕料がかかります)、10名様からのメニューで3日前までに予約が必要となっています。また、季節により予約を承れない場合があるそうです)・・・
薬膳弁当(椀、造里、揚物、蒸物、麦とろ又はそば、水菓子が付いて2650円)
歓膳弁当(前菜、椀、造里、焼物、揚物、煮物、麦とろ又はそば、水菓子が付いて3650円)

会席弁当メニュー(要予約、季節によって献立の内容が変わるそうです)・・・
浄膳(食前酒、先付、前菜、椀、造里、焼物、煮物、揚物、食事、水菓子が付いて5250円)
精膳(食前酒、先付、前菜、椀、造里、焼物、煮物、揚物、酢物、食事、水菓子が付いて6300円)
養膳(食前酒、先付、前菜、椀、造里、焼物、煮物、揚物、酢物、蒸物、食事、水菓子が付いて7350円)となっています。

団体メニュー(要予約、15名様からのメニューで3日前までに予約が必要となっています。また、季節により予約を承れない場合があるそうです)・・・
麦とろ膳(麦とろめし、茶碗蒸し、椀が付いて1550円)、小盛りそば(プラス300円)、天婦羅(プラス500円)、刺身(プラス500円)となっています。



とろろそば(900円)

054_20121119213155.jpg

山を登る時は心地よい汗をかいたものの、この季節、山を下ってくる時は、すっかりと汗も引き、風が冷たく感じ、体が冷えてしまうものです。そんな時に頂く温かい蕎麦はありがたいものです。温かいお蕎麦にとろろとウズラの卵にとんぶり、小口切りのねぎが添えられています。テーブルには刻み海苔とわさびに一味唐辛子がたっぷりと用意されているので、それを好みで加えながら味わっていきます。

055_20121119213222.jpg

程よい甘口のつゆの中に細打ちの蕎麦が入っています。細みですが、口に入れるとしっかりとした歯応えの蕎麦が楽しめます。噛みしめたときの味わいが良く、甘めのつゆとの相性がよく・・・この蕎麦の中に下記画像の”とろろとウズラの卵にとんぶり”を混ぜ合わせて投入して味わっていきます。とろろの伸びがよく、蕎麦によく絡んで、口当たりの滑らかさを楽しむことができます。

056_20121119213249.jpg

風味、旨味とも個性感をそれほど感じませんが、シンプルな蕎麦と、ねばりと口あたりの良さを楽しめる”とろろ”を味わい深く楽しめる”とろろそば”・・・冷え込む季節になると、なぜか、味わいたくなる逸品でもあります。外観、店内の歴史を物語るような雰囲気の中で味わう1杯は一段と美味しさを感じてくるから不思議なものです。


鴨ねぎ丼(1350円)

058_20121119213314.jpg

鴨の旨味とネギのシャキシャキとした食感と甘さを生かされた”鴨ねぎ丼”です。鴨肉とネギがたっぷりと盛られている”鴨ねぎ丼”と若採りごぼう、漬物、梅干し、赤だしのお椀(なめこ)が付いている丼物です。

059_20121119213337.jpg

歯応えがある鴨肉と甘みのあるネギに刻みがたっぷりと入っている鴨ねぎ丼・・・甘味のタレがご飯にしみこみ、旨味と風味がマッチしていて、癖になりそうな味わいを楽しめる丼物です。

062_20121119213401.jpg

程よい歯応え感が味わえる鴨肉・・・独特な風味を少し感じますが、脂と赤身のバランスがよく、甘めのタレとよく絡み、味わい深く楽しめる鴨肉となっています。ネギのシャキシャキ感、香味・・・甘味の美味しさを楽しめながら箸が進む丼物です。

060_20121119213427.jpg

各テーブルの上に置かれている刻み海苔・・・海苔好きな方はたっぷりと投入して味わうことができる嬉しいシステムとなっています。

050_20121119213451.jpg

高尾山=お蕎麦という図式が出来ているかのように山を登る前の腹ごしらえとして・・・そして、下りてきてからの楽しみとして・・・蕎麦を味わうことは、高尾山を訪れる際の、楽しみの1つにされている方も多いのではないでしょうか。そのせいか、昼時は特に混み合い・・・また、土曜日や日曜日、祝日には大勢の観光客が高尾山に押し寄せるので『高橋家』も待つことが必須となります。混雑しますが、由緒ある建物の中で楽しむ蕎麦は格別だと思いますし、登山の力の源として、また疲れを癒す源として・・・立ち寄ってみては如何でしょうか。


蕎麦座 高尾山 高橋家(HP)
住所:東京都八王子市高尾町2209
電話番号 042-661-0010
営業時間 10:00~18:00(LO17:30、但し繁忙時はLO18:00)
膳座 10:00~21:00(LO20:30)
定休日 無定休(但し、夏期休暇(7月下旬に5日間)、冬期休暇(12月下旬に5日間)がありますので、ご注意を!!)
*会席料理、会席弁当は3日前までに予約が必要となっています。
駐車場 なし(但し、繁忙時(元旦~1月7日、GW、土曜日、日曜日、祝日)を除いた、平日にお会計が3000円以上の方で祈祷殿パーキングを利用の方に限り駐車料金を500円キャッシュバックしてくれます。お会計時にレジにて駐車料金の領収書をご提示下さいとのことです)
最寄り駅 京王高尾線・高尾山口駅より徒歩3、4分です。






テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/20(火) 22:08:24|
  2. 蕎麦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中華料理 五十番 | ホーム | 高尾山(2012・紅葉)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/850-36e54407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。