たまはち日記

多摩、八王子の美味しいお店などや、日々、感じたことを紹介していきたいと思っています!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金華あなごや

JR中央線、西八王子駅から徒歩7、8分程の場所にお店を構えている『金華あなごや』・・・最初にお店へと訪れたのは約4年前ぐらいになるでしょうか。本当に月日が経つのが早く感じますが、初めてお店へと立ち寄った時の事を今でも昨日のように鮮明に覚えています。最初にお店へと訪れた際は、テイクアウトで持ち帰ったのですが、その時に店主さんから、次回は是非、お店で味わってみて下さい言われて以来・・・何度かお店まで足を運ばせてもらっているお店です。今回は久しぶりに味わい深い、あなごを味わいたいと思い、お店へとやって参りました。

001_20130203162912.jpg

甲州街道沿いにお店を構えている『金華あなごや』・・・丁度、陣馬街道との分岐点となる追分町の交差点から程近い場所にお店があります。建物の1階にお店があり、横幅がなく縦長の造りとなっている小さなお店ですが(店内は1階にカウンター席が7席と2階にはコース料理や宴会にも対応できるように10席が設けられています)・・・今や、あなご専門店のお店として遠方からも食べに訪れるほど、地道にお客さんの輪を広げていっているお店です。

店名でもある金華は宮城県金華山を意味しています。宮城県金華山沖は、天然うなぎの国内有数の名産地として知られていますが、天然の穴子も多く獲られていることでも知られています。脂が程よくのった、ふっくらとした味は抜群で、白焼きや蒲焼き、天ぷら、寿司ネタなど、穴子の一本握りを看板に評判を上げている寿司店もあるほどだそうです。『金華あなごや』では、その宮城県金華山沖で獲れた天然の穴子を使い、1番美味しく味わうには、やはり、鰻のように味わうことと考えた店主さんが、丁寧に蒸し、焼いて多くの人に美味しい穴子を楽しんでもらいと思い開いたお店だそうです。

しかし、残念ながら現在は震災の影響もあり、宮城県金華山沖で獲れる穴子の収穫量もなく・・・現在は愛媛県産と島根県産の穴子を使い、お店を切り盛りされているそうです。しかし、穴子には人一倍こだわりを持っている店主さんが目利きした愛媛県産と島根県産の穴子は、決して宮城県金華山沖で獲れる穴子にも負けていない美味しさが楽しめるそうです。宮城県金華山沖産の穴子よりも、ちょっと小ぶりだそうですが、脂ののりも良く、蒸すと、よりふっくらとした穴子の身を楽しめるのだそうです。そんな味わい深い穴子が楽しめる『金華あなごや』のメニューをご紹介したいと思います。


『金華あなごや』のメニュー・・・
丼物とお重メニュー・・・
あなごのしらやき丼(あなごの骨だし付き・900円)
あなごのたれやき丼(あなごの骨だし付き・900円)
金華あなご重(あなごの骨だし付き・1500円)
白華あなご重(あなごの骨だし付き・1500円)
黄華ちらし重(あなごの骨だし付き・1500円)
黄金あなかつ重(あなごの骨だし付き・1500円)となっています。

おつまみメニュー・・・
あなご焼きミニ鍋(バター醤油味・800円)、あなご焼きミニ鍋(カレー味・800円)、あなご焼きミニ鍋(和風味・800円)、あなごと生ハム(800円)となっています。

ドリンクメニュー・・・
ウーロン茶(200円)、ノンアルコールビール(350円)、ビール(中瓶・600円)、梅酒(水割り、ロック、お湯割り・各300円)、レモンサワー(小・200円、大・350円)、ハイボール(380円、ソーダ追加は200円、ウイスキー追加は250円)、焼酎(水割り、ロック、お湯割り、ウーロン茶割り・各350円)、焼酎(ボトル・2500円)、日本酒(一合・500円)となっています。

おまかせコースメニュー・・・
梅(2500円)
竹(3500円)
松(5000円)となっています。

2階席特選コースメニュー・・・
1日1組(2名以上)で予算に応じて対応してくれるそうです。

お持ち帰りメニュー・・・
金華あなご弁当(1500円)
白華あなご弁当(1500円)
黄金ちらし弁当(竹・880円)
黄金ちらし弁当(松・1500円)となっています。



今回は『金華あなご重(あなごの骨だし付き・1500円)』と『あなごのしらやき丼(あなごの骨だし付き・900円)』をお願いすることにしました。そして、注文すると、まず出てくるのが『あなごの骨だし』です!!

004_20130203180003.jpg

まるで土瓶蒸しを楽しむかのように・・・目の前で火をつけ、沸騰し湯気が立ち上り始めたら飲み頃となる『あなごの骨だし』・・・湯気から立ちのぼってくる香りがたまりません。

007_20130203180028.jpg

穴子の頭と骨が入っていることもあり、より旨味が増し、美味しさを堪能することができる『あなごの骨だし』・・・思わず、旨い!!っと唸ってしまうほどの美味しさを楽しめます。穴子からたっぷりと取ったダシを口に含んでみると・・・旨味が喉を通っていくのが分かます。含んで感じ、味わって楽しむ・・・ダブルの旨味を楽しみながら味わえる逸品です(くれぐれも舌が火傷しないように、チビチビと味わいながら楽しみましょう!!)

008_20130203180048.jpg

とっても美味しいので、グビグビと一気の飲み干してしまいそうになりますが・・・全部は飲まずに、最後にお茶漬けとして楽しむので・・・その分は必ず確保しておくことが必須ですのでご注意を!!


金華あなご重

014_20130203190653.jpg

70~80センチの肉厚の穴子が使われている『金華あなごや』・・・丁寧にさばいてから、ふっくらと蒸し、そして焼いていくので、ふわふわとした柔らかい食感と焼きの香ばしさを楽しめるようになっています。

とろけるような煮穴子とは違う、焼くからこそ味わえる身の美味しさを楽しめる、あなご重はシンプルながらも口の中に広がる穴子の旨味と香りを存分に味わうことができます。また、程よい甘さのタレがより美味しさを増すアクセントとなり上品な美味しさを引き立てているように感じます。穴子好きには堪らない逸品・・・それが、この『あなご重』です。


そして最後にお茶漬けとして楽しめるようにと・・・小さなお茶碗も用意してくれます。

005_20130203190727.jpg

お茶碗にご飯と穴子を盛りつけ・・・後は上記の『あなごの骨だし』を注いでいきます。

019_20130203190745.jpg

『あなごの骨だし』の良い香りと、穴子の風味、ご飯にかけられているタレの旨味がバランスよく混ぜ合わさり・・・食欲をそそられる香りが立ちのぼってきます。

021_20130203190802.jpg

適当な大きさに切り分けて、ご飯にのせ、熱い『あなごの骨だし』をかけて味わっていきます。新鮮な穴子をふっくらと蒸し、特製の調味ダレで香ばしく焼かれた穴子をお茶漬けとして味わう幸福感・・・う~ん、旨いっと唸ってしまいます。あっさりとしつつも、穴子の美味しさが一体となり、穴子のまた違った美味しさを堪能することができます。この美味しさなら何杯でも食べられそうです。


あなごのしらやき丼

009_20130203182844.jpg

丼物の中にタレがかけられたご飯、その上に錦糸玉子、白焼きにされた穴子がのっています。穴子にはワサビも盛られ、それぞれの穴子にまぶしながら味わっていくようになっています。どちらかと言うと淡白な味わいの穴子なので、焼き過ぎてしまうと風味が良くなくなるのですが、『金華あなごや』のしら焼きは絶妙な焼き加減となっています。

012_20130203182913.jpg

一緒に添えられてくる塩を穴子にパラパラと振りかけて味わうと、より旨味が引き立ち、味の変化が楽しめるようになっています。ビシッと塩を効かせた穴子の白焼きは香ばしく、噛むほどに上質な旨味が溢れ出てきます。旨味を引き出すのは主に塩と火加減ですが、また、ワサビとともに味わうことで、穴子の脂をよりあっさりと味わえるように工夫されています。

思わず、冷えたビールを飲みたくなるほど・・・適度に脂がのった穴子は、普通の白焼きとは一味違う、繊細な風味と身の柔らかさを楽しめます。さらに必見は、上記のあなご重と同様に『あなごの骨だし』を加えて、お茶漬けとして楽しめるところです。ワザビと塩を一緒に味わうことで全体の深みにリズム感が生まれ、そのコンビネーションや見事というべきの美味しさが楽しめます。



小鉢

006_20130203190827.jpg

小鉢もそれぞれの品々に1品付いてきます。今回はキュウリと玉子の和えものでした。キュウリのシャキシャキとした食感と玉子の優しい味わいが口直しとしてピッタリと味わえる小鉢で、またマヨネーズで味付けされていることもあり、よく身近で味わえるような・・・玉子サンドの中に入っている具材のような味わいを楽しめる小鉢でした。

丁寧に穴子をさばき、蒸し、焼くことで美味しい穴子を楽しむことができる『金華あなごや』・・・美味しい穴子を楽しみたいことはもちろんですが・・・どこか、温かい優しさが伝わってくる店主さんの人柄の良さに訪れる方も多いのではないでしょうか(自分のその中の1人ですが・・・)

002_20130203190842.jpg

お店を選ぶ1番の決め手はもちろん美味しい物を食べられることが重要ですが、それ以外にもお店の料理人の志や対応の良さなど、いろんな要素が考えられます(1人1人が違うように・・・思っていることや考えている事が違うので、1番の決め手といっても人様々のように思います)しかし、料理人が頑張っているのが伝わってくるお店というのはどこか居心地の良さを感じてきます。酸味、甘味、繊細な味まで、メリハリのある味と斬新なアレンジが楽しい・・・そんな事を考えながら美味しいものを作りたいと、作り手の一生懸命さが伝わってくるお店は魅力をヒシヒシと感じてくることができます。

技術のみならず、作り手として料理に対する真摯で厳しい姿勢を貫いている『金華あなごや』・・・穴子にこだわり・・・ひとつの道を究めることがいかに大変で難しいか、ということを味わいながら感じさせてくれるお店です。店主さんの熱意が伝わってくるお店『金華あなごや』・・・新鮮な穴子を味わいにお店へと足を運んでみては如何でしょうか。



金華あなごや
住所:東京都八王子市追分町9-11
電話番号 042-623-9515
営業時間
11:00~15:00
16:30~22:00
*土曜日、日曜日、祝日は休憩を入れないで営業されています
定休日 第3月曜日
駐車場 なし(近隣にコインパーキングがあります)
最寄り駅 JR中央線・西八王子駅から徒歩7、8分程です






テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/02/03(日) 22:01:56|
  2. うなぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とんかつ 次男坊(閉店されました) | ホーム | お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼き 竹とんぼ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabehachi.blog24.fc2.com/tb.php/912-6ca92cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スパ

Author:スパ
八王子、多摩、たまに23区内、神奈川県内などの美味しいお店や逸品などを紹介していきたいと思っています。(たまにですが、ライフワークで楽しみながら走っているマラソン大会なども紹介していきたいと思っています!!)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

フレンチ (24)
イタリアン (33)
スペイン料理 (3)
地中海料理 (1)
和食 (19)
お寿司 (22)
うなぎ (12)
焼肉 (25)
ジンギスカン (3)
韓国料理 (4)
中華 (40)
ラーメン (36)
八王子ラーメン (29)
うどん (14)
蕎麦 (33)
ステーキ・ハンバーグ (8)
カレー (33)
洋食・定食 (37)
とんかつ (22)
鉄板焼 (3)
お好み焼き・たこ焼き (10)
居酒屋・バー (12)
やきとり・鶏肉料理 (14)
カフェ (151)
オーガニックカフェ (3)
珈琲豆専門店 (13)
パン (137)
ハンバーガー (9)
スイーツ (157)
コンビニスイーツ (11)
半熟カステラ (8)
ドーナツ (26)
和菓子 (45)
焼き菓子店 (31)
たい焼き (17)
お菓子 (5)
豆腐・こんにゃく屋・乾物など (19)
ハム・ソーセージ (9)
東京ミートレア (12)
その他の食べ物 (16)
調味料 (6)
果物・野菜 (8)
味覚狩り (13)
飲料 (5)
高尾山~陣馬山 (22)
花 (20)
空 (4)
雑貨など (4)
イベント (62)
マラソン・ジョギング (16)
雑記 (41)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

つぶやき!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。